動きだした金利市場、米株下落リスクでコモディティは・・・ [大橋ひろこコラム]
2016/09/14(水) 23:27 大橋ひろこ

いよいよコモディティフェスティバル2016が今週末17日土曜は大阪、来週末24日土曜は東京で開催となります。大阪、東京とコモディティフェスでご講演いただく講師のエモリキャピタルマネジメント 代表取締役 江守哲さんが本日のゲストです。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
17日大阪と24日東京のコモディティフェスの間に
21日の日銀とFOMCがありますので、ひょっとすると
17日の講演と24日の講演ではお話いただく内容がガラリと
変わる可能性も?!現状のコモディティ市況は総じてレンジ相場入りしています。

江守さんは、金利の上昇リスクについて解説くださいました。
ECB理事会以降、世界の債券利回りに異変が生じています。
江守さんは、ECB理事会声明内容やドラギ総裁の発言などを見て
金融市場が金融緩和策の限界を感じ取った可能性を指摘。

異常な低金利時代に突入していますが、低金利であるからこそ
米株の自社株買いが旺盛であったこと、金利のない金市場にも
資金が流入していたという背景が。もし、金利が急騰すれば
この流れが全て逆流するリスクにさらされます。

江守さんは、金融市場の混乱は避けられないと分析されていますが
その場合、金や原油市場の下落も免れない、、、。
リーマンショックの時がそうであったように、リスク資産の
急落後、一番早く下げ止まって上昇を始めたのが金であったことを
鑑みると、金の下落がどこで止まるかは全般相場を見極めるうえで
ポイントとなってくるとお話くださいました。

原油市況もレンジが続いていますが、9月下旬のアルジェリアの
非公式会合に向けてのポイント、世界需給なども伺っています。

詳しくは、オンデマンド放送で江守さんの解説をお聞きくださいね。

**************************************************************
10月5日・6日は"TOCOMの日"です!

TOCOMの日を記念して10月5~6日は日本橋TOCOMスクエアにて記念イベントを開催します。

この2日間は「マーケット・トレンド」の公開生放送だけでなく、
TOCOMスクエア見学ツアーなど、放送後にも様々なイベントを開催。

5日水曜日
落語家・立川志の春さん、入船亭小辰さんが「TOCOM寄席」で落語を披露。

6日木曜日
ゴールドのスペシャリスト、
池水雄一さん・亀井幸一郎さんのスペシャルトークショー開催。


「マーケット・トレンド」の公開生放送はどなたでもご覧いただけますが、
その後のイベントは事前にお申し込みが必要です。

詳細とお申込みは下記バナー「TOCOMの日」イベントHPをご覧ください。



また9月22日(祝)にはTOCOMスクエアにて「とすの」イベント開催します。
「とすの」は「ト」コム「ス」クエア「の」スタッフによる小さな催し。

Vol.1は「さ、きもので楽しみましょう」

今年最後の浴衣を、自分で着付けして日本橋七福神が祭られた
「椙の森(すぎのもり)神社」を参拝しましょう。

9月22日(木)秋分の日。午後3時~5時(雨天決行)TOCOMスクエアにて開催。
イベント詳細はこちらへ http://www.wordz-on.co.jp/info/tosuno01info/

コメント