金上昇一服、白金騰勢強める~鞘縮小局は本物か [大橋ひろこコラム]
2016/07/14(木) 23:05 大橋ひろこ

米株が史上最高値を更新、日本株にも見直し買いが入り、ブレグジットショックによるリスクオフの大きな修正が入っているようです。金価格上昇はストップ、調整局面入りとなっていますが、大きく売り込まれる気配はありません。下がれば買いたい向きが拾っているという印象。ファンドの買いが膨らんでいることがリスクとされていましたが、手仕舞い売りがあっても再度買いなおされ、回転が効いているようです。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。

今日はマーケットアナリスト菊川弘之さんにお話を伺いました。



菊川さんは、米株高と金高、どちらかに修正が入るなら
むしろ株ではないか、として米株高に警鐘を鳴らす一方、
金は世界が低金利時代に突入する中にあって、
まだまだ上昇の初動であると解説。日欧がマイナス金利、
英国は、0.5%の政策金利をゼロ金利にするとみられています。

米国利上げにも懐疑的となってきた金融市場、通貨の信認低下で
金には見直し買いが続いていますね。

プラチナ価格も堅調です。

世界第1位のプラチナ生産国・南アフリカ。
南ア最大の産金業界労働組合である全国鉱山労働者組合(NUM)の
プラチナ部門の賃上げをめぐる労使交渉が始まり、プラチナ価格を押し上げています。

現在のインフレ率を大幅に上回る賃上げ要求を
経営者側に突き付けており、交渉は長期化の様相を呈するとみられます。

株価が上昇し、需要増期待が高まる中、ストライキによる
供給への障害が懸念されているということですが、
では、プラチナ価格は金価格を上回るところまで
正常化に向けて上昇が継続するでしょうか・・・。

菊川さんには原油相場についても伺っています。
詳しくはオンデマンド放送で菊川さんの解説をお聞きくださいね。

*****************************************************************

ここで「コモディティ・フェスティバル2016」のお知らせです。

コモディティ投資が学べる1日。コモフェス、今年も東京・大阪で開催します。


9月17日土曜日、大阪・本町 大阪科学技術センタービル
9月24日土曜日、東京・御茶ノ水 ソラシティホール

世界を動かすコモディティ。

コモディティを知り尽くした専門家やファンドマネージャーによる、今後の原油、金投資の講演。
豪華グッズがあたるコモディティ抽選会もあります。

「マーケット・トレンド」でもおなじみの小次郎講師、池水雄一さん、江守哲さんが登壇されます。
ご友人・ご家族連れでぜひお越しくださいね。

私、大橋ひろこもイベントに参加しますよ~!

参加は無料ですが、事前にお申し込みが必要です。
東京・大阪両会場のお申し込み、
イベントの詳細は下記のバナーをクリックしてくださいね!


 

コメント