金上昇は継続するか?!テクニカル、サイクル分析とアストロロジー [大橋ひろこコラム]
2016/03/04(金) 23:17 大橋ひろこ


金価格は12月3日の安値1,045㌦を起点に上昇、2月に上昇が加速、1200ドル台に乗せて尚しっかりと推移しています。ここ3カ月の金上昇の要因を一言で表すと"不安感"に集約されるでしょう。世界各国で「景気への不安」があり、この不安を払拭すべく動いている通貨当局への「政策への不安」も存在します。リスクを回避しようとするマネーが金市場に流入しています。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今回は投資日報社の林知久さんに「サイクル、テクニカル分析で見るここからの金相場」についてお話を伺いました。

金価格上昇の反面、ドルは売られています。
ドル指数とNY金の動きは、ここ数カ月綺麗に反比例の関係にあります。

図は、ドル指数チャートを上下反転させたものを並べています。
2月11日、ドル指数は年初来安値を、NY金が年初来高値をつけました。

興味深いポイントは、金は3月3日にこの高値を更新し上昇していますが、ドル指数は年初来安値を更新していません。
値幅は異なるも、こうした値動きは昨年6~8月のパターンに似ていると林さん。
この時、金相場はラウンドパターン、日本では「なべ底型」と呼ばれるなだらかな弧を描く線形を作りました。
金相場は約1カ月底練りして急進して8月24日に高値をつけて反落。そこから約2カ月また底練りして10月にまた急伸しました。


もし、両相場が今後も同じような形状で相場が進行するなら、
相場は目先一回反落し再度底練りして、2カ月後に再度急伸するという仮説も成り立ちます。

 実は、アストロロジーの大家、サイクル論者のレイモンド・メリマン氏も昨年12月に発売された『フォーキャスト2016』の中で金相場に関して"...おそらく2016年2月に向けて反騰し、そこから3~4月に向けて急落し、そこで17ヶ月、並びに(第2)8.5ヶ月サイクルが同時にボトムを付けるということを意味するのではないか"と書いています。


これはチャートパターンではなくアストロロジー、
天体の動きから導き出された記述ですが、今回の金上昇と相関性が高い
イベントは火星の蠍座入居。金相場は昨年12月から現在まで上昇していますが、
火星は1月3日~3月6日まで蠍座に入居しています。


2004年以降の火星蠍座入居は今回も含め7回発生しているのですが、
期間中5回急上昇し2回が急落しています。
どちらの場合も大きく動くという点では共通しています。
今回の場合は急騰でしたね。

もし今回の上昇も火星蠍座入居の影響であるなら、
今回を除いた4回の上昇は、蠍座入居の終了、即ち蠍座から射手座に
サインチェンジする時間帯前後で軒並み反転下落しているという点に
注意しなければならないと林さん。サインチェンジは3月6日です。
ちょうど2月の米雇用統計の時間帯と重なるため、注意が必要ですね。


しかしながら、NY金相場は2月11日の高値とその翌週に急落した16日の
安値を起点としたトライアングル(三角保合い)を3月3日に上放れており、
保合いレンジである72㌦からテクニカル的に算出される上値目標値は
1,316㌦となることから、このレベルまでの高値はあるかもしれません。

ただ日柄から分析すると上昇相場は終盤に近づいてるのだそうです。
NY金は基本15~21週で一つの節目が出現し、その中で8~11週、
もしくは5~7週ごとに小さな節目が出現すると林さん。


現行相場の起点は12月3日ですから今週で13週目、来週で14週目に入るため、
吹き上げた場合はそこがひとまずの天井となる可能性が高いとか。
小さな節目は12月3日から6週目、そこから5週目につけて、
現在の相場は2月16日の安値から今週2週目で来週が3週目となり、
日柄的に再来週以降は注意が必要です。特に3月15~16日はFOMCですね。


米国時間3月16日に木星と冥王星が120度の関係になるのですが、
この天体位相は昨年10月12日にも発生し、10月15日に金は1,191㌦で
昨年最後の戻りを終え145㌦もの下落となっています。
従って強気の見方も再来週までとなります。

では、この上昇の調整の安値、下落の下値はどのあたりでしょうか?
詳しくはオンデマンド放送で林さんの解説をお聞きくださいね。

コメント