天然ゴムのファンダメンタル分析① [ファンダメンタル分析シリーズ'15(~16年1月)]
2015/12/16(水) 02:17 大橋ひろこ

毎週火曜の商品先物取引のファンダメンタル分析シリーズ。
今回から12月いっぱいは「ゴムのファンダメンタル分析」シリーズがスタートします。ゴムのファンダメンタルを教えてくださるのは楽天証券の吉田哲さん。1回目の今日は「ゴムの主要用途と生産国、消費国など基礎的ファンダメンタル」について伺いました。

このシリーズは是非、資料をダウンロードしてお聞きください。ご覧の画面の右側にファンダメンタル分析シリーズ」というオレンジ色のバナーがあります。こちらをクリックしていただくと、番組資料をDLすることができます。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
ゴムって最も使われているのはなんだと思いますか?
また、ゴムはどこで生産されているかご存知でしょうか。


ゴム需要の最も大きなシェアを誇るのは自動車のタイヤです。
ゴムには合成ゴムと天然ゴムがありますが、タイヤはそのどちらも
使います。タイヤを組成するカーボンブラックやワイヤーなどと
配合されるのですが、その比率は天然ゴムが27%、合成ゴムが23%程度です。

消費地のメインはアジア。特に中国・インドで40%消費しています。

そして供給元、生産国はタイ、マレーシア、インドネシアなどの
東南アジア諸国。暖かいところでゴムの木は育つのですね。

赤道近辺から北緯15℃までの間のアジア諸国がゴムの生産に適している
気候なのですが、温暖化の影響なのでしょうか。昨今では北緯15℃より
北の中国などでもゴムが生産されているのだそうです。

世界一のゴム生産を誇るのはタイ。1970年代にはマレーシアの生産が
世界シェアの44%を占めていたのですが、2014年にはわずか4%にまで
シェアが低下、マレーシアはゴムからパーム油に生産シフトしています。

こうした独自の需給要因が明確であるコモディティであるため、
ゴムは独自の価格変動をする印象がありましたが、
CRB指数とゴム価格の相関は非常に高く、コモディティ全般の値動きと
大きなかい離は見られません。

詳しくはオンデマンド放送で吉田さんのお話をお聞きくださいね。
今後、第2回、3回でゴムの価格変動要因や、季節性などを
伺っていきますので、今後の放送にもご期待ください!

コメント