ゴジラエルニーニョを警戒、農産物市況上昇 [コモディティの見通し(大橋ひろこ)]
2015/10/14(水) 20:02 大橋ひろこ


商品市況が反騰局面に入っていますが、米利上げ思惑後退による巻き返しに終わるのか、それとも新規買いも出て大底確認となるのか正念場となってきましたが、農産物市場には新規買いに繋がりそうな大きなニュースがあるようです。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日は商品アナリスト小針秀夫さんにお話を伺いました。

金やプラチナ、パラジウムなどのメタル銘柄も上昇していますが、
粗糖やコーヒー、トウモロコシなどの穀物、農産品も上昇してきています。

利上げ観測後退からのドル安という側面も大きいのですが、
小針さんによると、農産品は「スーパーエルニーニョ」を警戒
し始めているのだとか。

南米・ペルー沖の東太平洋の赤道付近の海域では、2014年の夏から
海面水温が平年より高くなるエルニーニョ現象が発生しており、
今年5月からは平年との差が拡大し続け、先月は2.6度と8月を上回り、
過去4番目の差となったと指摘しています。
平年との差は今年12月ごろまでさらに拡大する可能性があり、
エルニーニョ現象は来年の春ごろにかけて続く見込みのようです。

中国新聞網は、地球温暖化とスーパーエルニーニョが干ばつや異常気象を引き起こしており、
来年までに少なくとも1000万人の貧困層が飢餓に陥ると警告しています。
エルニーニョ現象が太平洋の水温を上げ、世界各地で干ばつや洪水を引き起こしているためです。

このスーパーエルニーニョをゴジラエルニーニョ、モンスターエルニーニョとも
呼ぶ向きがあるほど警戒され始めているようです。
昨年夏から現在まで1年半にも渡って続くエルニーニョですが、
今年10月から来年1月までがピークとなり影響が深刻化するというのです。
(前回のスーパーエルニーニョは1997年から1998年)

ブラジルのサトウキビ農家は多雨の影響で収穫量が落ち込みかねないと指摘。
一方、オーストラリアやアジア、一部のアフリカ諸国の農家は、
乾燥した天候がパーム油、小麦、カカオ、コーヒー豆などの
穀物生産に及ぼす影響を危惧しているようです。
過去のケースでは、エルニーニョ現象の発生発表から
12カ月間で燃料以外の商品価格は平均5.3%上昇しています。

エルニーニョの影響は地域によって異なります。小針さんによると
南米は長雨となり、北米では干ばつ、アジアでは干ばつ、豪雨など
天候不順となり、農産物生産に悪影響となるようです。
日本では暖冬となるという特徴があるのだとか。

この異常気象による供給不足不安を背景に安値から持ち直している、
との指摘もあり、この3週間で粗糖は31%、乳製品は36%、
パーム油は13.1%、小麦は6.1%それぞれ値上がりしています。

国連食糧農業機関(FAO)は先週、世界の食料品価格が9月に
1年半ぶりに上昇したと明らかにした。粗糖と乳製品の値上がりが響いて
いるようですが、この影響はさらに拡大するリスクがあると小針さん。

小針さんが注目しているのが大豆相場。
昨日900セントを超えるところまで大きく上昇してましたが、
小麦やトウモロコシに比べると出遅れている他、
逆ザヤとなっています。

詳しくはオンデマンド放送で小針さんの解説をお聞きくださいね。

コメント