資金管理が勝敗を分ける~小次郎講師のトレードスクール [大橋ひろこコラム]
2015/08/11(火) 23:53 大橋ひろこ

7月からスタートしてます!
毎週火曜の「小次郎講師のトレードスクール基礎編」

このシリーズはテキストがございます。ご覧の画面の右側にある「小次郎講師のトレードスクール」波の柄のバナーをクリックしていただけるとテキストをダウンロードしてお聞きいただくことができます。只今、4回分のテキストDLできます。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
小次郎講師こと手塚宏二さんのトレードスクール
第6回のテーマは
「資金管理が勝敗を分ける!」です。

皆さんは、トレードの際のポジション量をどのように決定していますか?
自分にとっての適切な取引量を考えたことはあるでしょうか。
~まずこれが大前提の「資金管理」ですね。

では、自分が取っているリスクがどれくらいなのか日々把握できていますか?
リスクは取り過ぎてはだめですが、リスクを取らなすぎるのもだめなのです。
~これが「リスク管理」です。

今回は「ATR」を使って自身が用意できる資金にたいして
どの程度のリスクを取るのが適切なのか、
「1ユニット(取引量)の計算法」を具体的に解説いただきました。
今回はFXトレードを例にお話しいただいています。



必用な情報(数字)はあなたの

①投資用資金
②ATR
③クロス円以外の通貨は円への換算レート

これをどのように計算して、リスク量を図ることができるのでしょうか。


ATRはご存知ですか?アベレージ・トゥルー・レンジと呼びます。
海外ではメジャーなテクニカル分析なのだそう。

投資する銘柄、商品が1日にどのくらい変動するのか?!
これを把握しておかなければリスク管理はできません。
つまり、自分のトレード対象のリスク値を知ることが重要です。
その指標となるのがATRなのです。

◆ATRの計算式は、、、

まずは今日のTR(トゥルー・レンジ)を求めます。
計算に使う数字は前日の終値と、今日の高値・安値だけ。

(1)当日高値-前日終値
(2)前日終値-当日安値
(3)当日高値-当日安値

TRは上記3つの数字のうち最大のものを指します。
そして、当日を含め過去20日分のTRを平均化すしたものが
ATRです。これは一日に動く幅の目安となります。

この数字をもとに、どのくらいのボリュームで取引したらいいのかを
決めるのです。取引量の目安に使うということですね。

◆ではATRを使って具体的にどうやって取引量を決めるかというと。。。
(投資資金額)×0.01÷ ATR = 1回あたりの取引量

簡単ですね。

そして、このATRを使って自身の適切な取引量を知るには?!
詳しくはオンデマンド放送で小次郎講師の解説をお聞きくださいね。

*********************************************************

ここで『コモディティ・フェスティバル2015 in 東京』のお知らせです。

9月26日土曜日、東京・御茶ノ水ソラシティホールにて開催。

世界を動かすコモディティ。

「原油バブル崩壊!? シェール革命の舞台裏と新時代のエネルギー政策」
「富裕層への道をひらく先物金投資~勝つためのルールを知る~」
「買い場到来!?ヘッジファンドマネージャーの金・原油市場の見方」

コモディティを知り尽くした専門家の講演、
ファンドマネージャーによる今後の原油、金投資講演、
豪華グッズが当たるコモディティ抽選会もあります。

マーケットトレンドでおなじみ、池水雄一さん、小次郎講師の講演もあります!
ご友人・ご家族連れでぜひお越しください!

参加は無料ですが、事前にお申し込みが必要です。
お申し込み・イベントの詳細は下記のバナーをクリックしてください。
http://blog.radionikkei.jp/trend/cfes2015_46860.gif

コメント