LPG価格も下落傾向、そもそもLPGとは... [大橋ひろこコラム]
2014/12/17(水) 20:12 大橋ひろこ
原油安が止まりません。原油価格は今年の高値から50%もの下落となっていますが、原油が安いことでLPG価格も下落しています。LPGって?!マーケット・トレンドで詳しく取り上げるのは初めてかもしれません。今日はLPGのお話。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今回はRIM情報開発のLPGチーム記者、編集長のリム・チーセンさんに
LPGについてお話を伺いました。

LPGとは英語Liquefied Petroleum Gasの略称です。
化石燃料の一種である液化石油ガスのことですが、
「プロパン」と「ブタン」の2種類に分かれています。

LPGは主に油田、ガス田や製油所から生産されています。
油田の発掘によって、原油は大量に生産されますが、
随伴で割と密度が軽いLPGも一緒に出ているのです。
ガス田からは基本的に天然ガスが採掘されますが、
こちらも随伴でLPGも生産されるというわけ。

また、原油を原料として製油所で蒸留することによって、
LPG、ナフサを含む軽質留分、灯油、軽油を含む中間留分
そして重油を産出しています。これが製油所生産分。

日本では、プロパンが家庭のガスコンロや給湯器で使用されていますね。
ライターや鍋料理を食べる時に利用するコンロのカセットボンベ
はブタンです。タクシーもオートガスとしてブタンを使っています。

石化プラントのナフサクラッカーがナフサの代替原料として
使用することも可能なほか、東京電力や中部電力など電力会社は
LPGを発電用の燃料として使う場合もあるのだそうです。
工場などではプロパンとブタン両方を燃料として使っています。

ともかく、持ち運べるためにインフラがなくても使える利便性が高く、
震災後はLPGが注目されました。

日本はエネルギー輸入国ですからLPGも輸入に頼っているのですが、
日本のLPG使用量は年間1千600万トン前後、
そのうち4分の3が輸入されて分です。

輸入の大半は中東からですが、近年アメリカでシェールガスが
大量に生産されており、それに伴って出ているLPGも急激に増加、
アメリカからの輸出増につながっています。
アメリカのLPGの輸出量は2012年、500-600万トンぐらいでしたが
2013年に1千万トン前後に大幅に増えました。
今年の輸出量は1千400万に達しそうだとチーセンさん。
日本もアメリカからの輸入を増やしています。

また、その4分の1は製油所から生産される分だそうですが、
そもそも日本の製油所で精油される原油が輸入されているものですから、
結局はLPGの形で輸入されていないとはいえ、
全てが輸入に頼っているということですね。

では価格はどのように決定されているのでしょうか。
元売はその殆どを中東から輸入しているため、
輸入する際に、そのコストは中東のサウジアラムコ社が毎月発表している
長期契約の公示価格(通称Aramco CP)に連動しています。
これは中東産ガス社と長期契約を結んだ時の値段です。
サウジアラムコは月末に翌月のCPを設定しますが、
長期契約以外の取引もCPに連動される場合が多いので、
Aramco CPの動きは注目されています。

LPG価格は通常、冬場の需要期に上昇して、
夏場の不需要期に下落する傾向にありますが、
今年異常な値動き、、、なのだそう。
Aramco CPはここ半年、ずっと下がっています。

11月末に確定した12月CPはプロパン550ドル、ブタン570ドルで、
11月CPと比べて、それぞれ60ドルと30ドル安くなりました。
1月CPは12月末に発表されますが、今の時点で、
12月CPより100ドルぐらい下がりそうと予想されています。

では何故、LPG価格は下落が続いているのでしょうか。
要因は2つ。
原油の急落とLPG自体の需給状況。
原油は6月以来、50%も下がっており、それに引きずられて
LPGの価格も下落しています。

そしてLPGの需給状況。
冬に需要は強くなるはずですが、供給もアメリカの輸出増で増えており、
結局、供給は需要より多くなっています。
この供給過剰もLPGの輸入価格の下落につながっているのです。

では、ここからの見通しは?
詳しくはオンデマンド放送でチーセンさんの解説をお聞きくださいね。

****************************************

ラジオNIKKEIからお知らせです!

ラジオNIKKEIでは、開局60周年を記念し、純金のインゴットが付いた特製カードを限定にて販売しています。

この特製カードは、ラジオNIKKEIの人気マーケットキャスターの写真が入ったオリジナルカードで、日本マテリアル製のゴールドインゴットとともに販売します。本物の金ですよ。

今回、販売するインゴットは100gと10g。価値あるゴールドを、人気キャスターのカードとともにケースに包んでお届けします。

10gのインゴットが付いたカードは6種類。

「マーケット・トレンド」からは3人のキャスターが登場、山本郁さん、櫻井彩子さん、そして私、大橋ひろこの3人それぞれのデザインのカードがあります。
円安のヘッジに円建ての金が注目。。。と番組でもお伝えする機会が増えていますが、(実際に、円建ての金は現在上昇中)おそらく、これから来るであろうインフレヘッジとしてますます注目が高まると思われます。この機会に実物資産のゴールドを!私たち3人娘?のデザインカード付の金インゴットを是非、ご検討ください。


詳しくはネットショップ「さうんろーど」をご覧ください
◆ラジオNIKKEIネットショップ「さうんろーど」公式グッズ
http://radionikkei.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=1407275&csid=0&sort=n

コメント