原油安がもたらす金市場への影響 [大橋ひろこコラム]
2014/12/12(金) 23:52 大橋ひろこ

12月に入って金が上昇に転じています。11月30日㈰のスイスの外貨準備における金保有比率を高めるといった趣旨の国民投票が否決されたことを受け、週明け月曜の東京時間で金価格は1141ドルまで急落しました。11月7日につけた安値1130ドルを割り込まなかったことで、反発に転じてはいたものの、本格上昇となったのは欧州時間から。この日はNY時間もショートカバーが続き、結局金は一晩で80ドル近くも上昇となったのです。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
金融貴金属アナリスト亀井幸一郎さんにお話を伺いました。

亀井さんは、週末に金がらみのイベントがあった場合、
週明け月曜日のTOCOM時間に価格が振れやすく、
天底を形成するパターンが多いようです。

行き過ぎる価格を付けるのが月曜の東京時間で、
その後反転することが多いそうですので、覚えておくといいですね。
3月16日のクリミアの住民選挙の時も、週明けに当面の高値を付けて
下落に転じて居ました。

この12月1日の大陽線から相場が底入れしたように見えますが、
亀井さんは金ETFの代表的なスパイダーゴールドの保有残高が
木曜までで3営業日連続で増加していることにも注目だと指摘。

ETF市場からの資金流出は、これまでの金価格下落の大きな圧力と
なってきていましたが、資金流出が止まったのでしょうか?
9月以降3日連続で金ETF保有残が増加したことはなかったのだそうです。
亀井さんは金ETFの残高動向はマーケットの潮目の変化を読むうえで
先行指標となるケースが多いとして注目されています。

また、昨年こそ中国に首位を奪われたものの世界1の金の需要国である
インドが金の輸入規制を緩和したことも、大きな変化だと亀井さん。

インドは巨額の貿易赤字に苦しんでいますが、赤字の最大の原因は
原油です。これは輸入規制するわけにはいかないので
次に赤字の原因となっていた金の輸入に、厳しい規制をかけていました。

輸入関税を1%から10%へと10倍に引き上げたり、
80:20ルールと言って、100の金を輸入したら
そのうちの20%は加工するなどして輸出しなければ、次の輸入ができない、
という規制も施行していました。

これを11月28日に緩和したのです。

すでにインドの金輸入は9月に143トン10月に150トンと増加傾向にあり、
インドの金需要が旺盛であることは、数字にも表れていましたが、
この規制緩和を受けて、おそらく中国から金消費国首位を奪還する
のではないでしょうか。こうした金輸入増を受けて、市場では
インドが金の規制を強めるのではないか、という予想もあったのですが、
その逆でインドは金の輸入規制を緩和したのです。
その背景にあるとみられるのが原油安。

インド当局は規制緩和の理由は明らかにしていないのですが、
亀井さんは原油安によって貿易赤字が縮小する見込みであることが
金輸入規制緩和の背景にあるのではないか、と指摘。

北海ブレント価格も70ドル程度まで下落していますが、
70ドル換算で計算すると2015年のインドの原油輸入による
貿易赤字額は500億ドルも圧縮されるそうです。

ちなみに2013年の金の輸入コストは440億ドル。
来年原油価格下落で圧縮されるであろう赤字額分より
少額ですね。まるまる相殺されてしまう、という試算です。

また、昨今の原油安が今後何をもたらすのか、という点においては
シェール事業に投資していた資金の焦げ付きなどが指摘され
始めており、(シェール掘削事業も原油価格が高いことで成立していた)
すでにジャンク債市場には影響が出始めています。

ロシアも欧州向けパイプラインの事業計画凍結を発表しており、
原油安によってもたらされる地政学上のリスクも懸念されているのです。

こうした金融市場や地政学上のネガティブ材料は
金市場にとっては買い要因なってくるため、
金価格がジワリ買い戻されている背景にはこうしたリスクへの
警戒が強まっているとの見方もできないことはないでしょう。

詳しくはオンデマンド放送で亀井さんの解説をお聞きくださいね。

****************************************

オNIKKEIからお知らせです!

ラジオNIKKEIでは、開局60周年を記念し、純金のインゴットが付いた特製カードを限定にて販売しています。

この特製カードは、ラジオNIKKEIの人気マーケットキャスターの写真が入ったオリジナルカードで、日本マテリアル製のゴールドインゴットとともに販売します。本物の金ですよ。

今回、販売するインゴットは100gと10g。価値あるゴールドを、人気キャスターのカードとともにケースに包んでお届けします。

10gのインゴットが付いたカードは6種類。

「マーケット・トレンド」からは3人のキャスターが登場、山本郁さん、櫻井彩子さん、そして私、大橋ひろこの3人それぞれのデザインのカードがあります。
円安のヘッジに円建ての金が注目。。。と番組でもお伝えする機会が増えていますが、(実際に、円建ての金は現在上昇中)おそらく、これから来るであろうインフレヘッジとしてますます注目が高まると思われます。この機会に実物資産のゴールドを!私たち3人娘?のデザインカード付の金インゴットを是非、ご検討ください。


詳しくはネットショップ「さうんろーど」をご覧ください
◆ラジオNIKKEIネットショップ「さうんろーど」公式グッズ
http://radionikkei.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=1407275&csid=0&sort=n




コメント