トレーディング目線でみる白金需給 [大橋ひろこコラム]
2014/12/02(火) 18:36 大橋ひろこ

ドル高で国際商品価格全般が下落基調が強かった1年でしたが、マクロ要因だけが商品価格を決定するものではありません。物の値段は需給が決定するのが基本です。しかし今年は南アフリカの鉱山会社のストライキが長期化、供給逼迫懸念から上昇予想が大勢であったプラチナ市場でしたが、実際には価格は大きく下落してしまいました。一体何があったのでしょう。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
3回にわたってお送りしてきた
岡藤商事 主席ストラテジスト 郷右近要さんの
「トレーディング目線で見るファンダメンタル分析」シリーズ、
今回は白金の需給要因についてです。

このシリーズは是非、資料をご覧いただきながらお聞きください。
このブログの右側にある「ファンダメンタル分析シリーズ」
という青いバナーをクリックしていただけますと、
今シリーズのオンデマンド視聴とそれぞれの回の資料のDLができます。

およそ半年にも渡った南アフリカの鉱山会社のストライキ。
長くプラチナマーケットを見ている関係者は、定期的に行われる
ストライキが価格を押し上げる要因として、材料視されることを
知っているために、プラチナ価格は大きく上昇するという
展望が大勢と占めていました。しかし、上昇するどころか
大きく下落したことについて、郷右近さんは、
ストライキがあることは昨年から分かっていたため鉱山会社が
事前にリスクを避けるために調達していたことで
在庫が積みあがっていたことで、需給タイト感が出なかったと
解説くださいました。

加えて、プラチナ市場が成熟する過程で
スクラップルートが確立してきたのではないか、とのこと。
スクラップというは、リサイクルのこと。
この市場が大きくなってきたことでバッファーとなる在庫が
昔に比べて増えてきたことが、鉱山生産供給要因だけで
価格が動かなくなってきたと思われます。

【プラチナの供給元】

プラチナが取れるのはほぼ南アフリカとロシアの2か国に限定されています。
そのほとんどが南アフリカであることから南アフリカの鉱山会社の
ストライキがマーケットの大きな変動要因となっているのですが、
昔は鉱山会社対労働組合だった構造が、昨今では
新興労組と既存労組の対立へと変わってきており、
内情はより複雑になってきています。

またロシアはいまだに秘密のベールに包まれており、
どのように掘られているのか、またその生産コストも
明らかになっていません。

プラチナの供給は偏在しているだけでなく、
安定供給が確保された国ではないことがリスク要因でもあります。

【プラチナの需要】

しかしながら、需給がタイトであれば価格は上がります。
今年、価格が大きく下がったということは
需要が伸びなかったことも一因です。

プラチナ需要はその大半が自動車触媒、次いで宝飾需要。
そしてその自動車触媒需要の多くが欧州のディーゼルエンジン自動車です。
欧州債務危機に始まった欧州の景気後退でプラチナ需要が
伸びないのも価格下落の背景にあると思われます。

郷右近さんには2004年から2013年までの世界白金需要と
世界白金供給の推移のグラフを頂戴しましたので、
是非、DLして資料をご覧いただきたいのですが、
供給も伸びて居なければ、需要も伸びていないことが分かります。

対して、掘られた分は再びスクラップ回収され地上在庫として
存在するため、この部分がこれまで供給と需要だけで
語られてきた価格変動要因に加わったことが
今年のプラチナ価格予想を難しくさせたものと考えられます。

郷右近さんには投資需要としてのプラチナのETF市場についても
解説いただいています。
詳しくはオンデマンド放送で郷右近さんの解説をお聞きくださいね。

******************************

ここでラジオNIKKEIからお知らせです!


ラジオNIKKEIでは、開局60周年を記念し、純金のインゴットが付いた特製カードを限定にて販売しています。

この特製カードは、ラジオNIKKEIの人気マーケットキャスターの写真が入ったオリジナルカードで、日本マテリアル製のゴールドインゴットとともに販売します。本物の金ですよ。

今回、販売するインゴットは100gと10g。
価値あるゴールドを、人気キャスターのカードとともにケースに包んでお届けします。

10gのインゴットが付いたカードは6種類。
「マーケット・トレンド」からは3人のキャスターが登場、山本郁さん、櫻井彩子さん、そして私、大橋ひろこの3人それぞれのデザインのカードがあります。

円安のヘッジに円建ての金が注目。。。と番組でもお伝えする機会が増えていますが、(実際に、円建ての金は現在上昇中)おそらく、これから来るであろうインフレヘッジとしてますます注目が高まると思われます。
この機会に実物資産のゴールドを!
私たち3人娘?のデザインカード付の金インゴットを是非、ご検討ください。
詳しくはネットショップ「さうんろーど」をご覧ください
◆ラジオNIKKEIネットショップ「さうんろーど」公式グッズ
http://radionikkei.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=1407275&csid=0&sort=n

コメント