下落に転じた金価格、中国インド勢は・・・ [大橋ひろこコラム]
2014/04/02(水) 20:10 大橋ひろこ
金価格が下落しています。
ドル建て金価格は昨年12月31日に1181ドルまで下落した ものの、この価格は昨年6月28日の1179ドルと面合わせとなり反発。1月は中国勢が安値拾いからの買いを積極的に入れて上昇しました。テクニカル的に W底を形成したことから短期筋のショートカバーが入ったこともあり、金価格は大きな上昇につながりました。ウクライナ問題などの有事も金買いの材料とな り、3月17日には1392ドルと1400ドル大台目前まで上昇していたのですが、、、
 
皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はオーバルネクストアナリスト、東海林勇行さんに金価格の動向と今後の見通しを伺いました。

 
中国やインドの実需筋には米国の金融政策など関係ありません。
「安くなればたくさん買う。高くなれば買わない」という購入スタイル。
 

2014年第1四半期は金価格が下がっていたので精力的に買っていましたが、
1350ドルを超えた高値ではぴたりと買いの手が止まりました。
現在は比較的下落スピードが速いために、下げ止まるのを待っていると見られ、
中国の金現物市場は金はディスカウント状態にあります。
(国際価格より安くなってしまっている)

 
また昨年は貿易赤字を解消するために、金の輸入規制を行っていたインドも
結局は密輸が横行することや、ルピー安が落ち着いていることなどから
輸入規制を緩和。手始めにインドの民間銀行5行に対して
金の輸入許可が出されました。

 
これにより、インドにおいても金のプレミアムは下落に転じていると東海林さん。

 
実需の買いサポートが弱いなか、現在の下落の背景にあるのは
短期筋、ヘッジファンド筋などによる金売りで、
ウクライナ問題が激化しなかったことや、FRBのイエレン議長の
テーパリング終了後6ヶ月程度で金利が引き上げられるとした発言に
「金利がつかない金」からリスク資産へと資金が動いていると思われます。

 
米国の経済指標も改善傾向にあり、1~2月に発表された指標の悪化は
寒波のせいだったとする楽観がマーケットに広がりつつあり、
米株はS&P500が史上最高値を更新するなど、
全般リスクオンの様相と成ってきており、
金市場にはネガティブな環境にあります。
 
ここからの金相場、ポイントは?
 
今週はアメリカの3月の雇用統計が発表されますが、
現在のところかなりいい数字になりそうという予想が大勢です。
 
金はどこで下げ止まるでしょうか。
 
テクニカル的な側面からの重要ポイントなど東海林さんに
伺っています。また円建ての金の勘所も。
 
詳しくはオンデマンド放送で東海林さんの解説をお聞きくださいね。

コメント