地政学リスク後退で、結局ドル/円は年末の水準からいってこい。 [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2020/01/10(金) 23:50 辻留奈

こんばんは、辻留奈です。

年始から今日までのドル/円は、107.64~109.60で動きました。

イランがイラクにある米軍駐留基地にミサイルを発射し、
108.50付近から一気に107.64まで円が買われました。
しかし、その日の東京市場前引け後には全戻しとなり、
さらにトランプ大統領がイランへの報復を否定したことで
結局ドル/円は109.24まで上昇しました。

日経平均株価は一時600円を超える下げ幅、
金は1600ドルを突破、WTI原油も65ドル台半ばまで上昇しました。

地政学的リスクが後退し、米株は再び3指数史上最高値を更新し、
ドル/円は109.60をつけました。
これは年末に取引を終えた水準と同じです。

年末の放送で岡安さんは、クリスマス休暇時期のドル/円のレベルは
ポジションが整理されたスクエアな水準として
頭に置いておきたいと言っていました。


中東情勢にとらわれている間に、英は離脱法案を可決。
さらに来週は15日には米中第一段階合意に書名が控えています。
トランプ大統領が第2段階に関しては「大統領選後まで見送り」とも話していますが、
これらは目先のドル円にどう影響するのでしょうか?

ドル/円はちょうど日足で、一目均衡表の雲上限でSTOPしていますが、
来週の岡安さんの予想レンジは?

さらにはブレグジッド次の山場となる6月までのポンドの見通しと、
年末には、日足で200日線を上抜けたかのようにみえたユーロ/ドルの見通し、
などなどお話いただきました。

radikoタイムフリーかPodcastでお聴きください。
(Spotifyでも聞けます)
来週も聴いてくださいね~

コメント