小次郎講師のトレードラジオ講座~特殊注文 [火曜・「小次郎講師のトレードラジオ講座2019~中級編」第2期 ]
2019/09/17(火) 22:33 野中ななみ

皆さまこんにちは。野中ななみです。

秋らしい気温になったと感じたらまた真夏のような暑さになり、温度差が激しいですね。

皆さまどうぞ体調にお気をつけください。

さて、今日のTOCOMスクエアはお花がたくさん飾られていてとてもいい香りに包まれていました。電力先物取引上場の記念イベントが行われていたそうです!

上場おめでとうございます!

お花が沢山あると華やかになりますね!



今回のトレードラジオ講座では、特殊注文について勉強しました。

イフダン オーシーオー イフオー...

何の呪文ですかという感じでしたが、意味まで知るととても便利な物だと分かりました。

まずはイフダン注文

If(もしも)1つの注文が成立したら、もう1つの注文をdoする。

ということです。

(ルー大柴さんのようになってしまいました。)

日中お仕事をしている人が、あらかじめ指値の買い注文を出しておくとします。

その日は夜まで相場を見る事が出来ないといった時、買い注文が約定された後に暴落したら怖いですよね。そんな時に使えるのがこのイフダン注文です。

1,200円の買い指値を出しておき、もしも約定された後1,100円を下回ったら損切りしたい。

もしくは、買った後1,300円まで上がったら利益確定したいという注文を先に出しておく事も出来ます。

忙しくて相場が見られなくてもタイミングを逃さずにすみますね!

続いてオーシーオー注文

今持っているポジションの利益確定と損切りの注文を同時に出す事ができます。

価格が上昇して利益確定したら、損切りはもう必要ないのでキャンセルしたいですよね。

逆もそうで、損切りした場合には利益確定注文は不要になります。

OCO注文は、

One Cancels the Other=1つが成立したらもう1つはキャンセル

と意味を考えると分かりやすいです!

もみ合い放れを狙いたい時、もみ合いの上限と下限にそれぞれ買いと売りを仕込むなんて事も出来ちゃいます。

最後が組み合わせ技のイフオー注文。

ここまでくればもう簡単ですね。

ある価格をつけたら買いたい、そしてその後上昇すれば利益確定したいし下落すれば損切りしたい。

という時に使えます。

相場に張り付いていなくても、自分が買いたい・売りたい価格になった瞬間にエントリー・エグジットする事が出来るので忙しくても大丈夫ですよね。

使いこなせたらとても便利だと思います。

これらの応用の使い方や、トレール注文についても教えてもらいましたので、詳しくはラジコやポッドキャストで是非小次郎講師の解説をお聴きください!



TOCOM投資スクールは西山くんと3人でお送りしました!




今回は原油を取り巻く環境について深く教えて頂きました。

原油のチャートは今このような動きになっています。

ご存知の方も多いと思いますが、サウジアラビアの石油関連施設が914日に攻撃されました。

ドローンのような無人機による攻撃だそうです。

これにより、国営企業であるサウジアラムコの中心施設が2箇所被害を受けました。

サウジアラビアでとれる石油の量が半減し、世界的には5%減少。

1日量でいうと570万バレル減少しました。

リットル換算をすると、9億リットル

途方も無い数字です。

ただ、これによりいきなりオイルショックが起きるような事ではないというお話がありました。

もう一度チャートを見てみましょう。

今回の動きでは4月につけた高値を更新していないですね。史上最高値も遥か上にあります。

人類が「経験した事のある」価格の範囲でしか上昇が起こらなかったという訳です。

この問題が長期化すれば、中東から石油を輸入している日本にとっては大きな問題になりますが、今現在ナーバスになり過ぎてもいけないという事ですね。

TOCOM投資スクールでは他のコモディティや株価、為替の動きも合わせて詳しくチャートを見ていきました。

今回のクイズは第1問から正解した方が3名さまと難問でしたが、おひとり全問正解の方がいらっしゃいました!

すごい!おめでとうございます!

これからぐっと寒くなるみたいなので、季節の変わり目にお風邪など引かれませんようお気をつけください。

それではまた来週お会いしましょう!

コメント