小次郎講師のトレードラジオ講座~条件付き注文 [火曜・「小次郎講師のトレードラジオ講座2019~中級編」第2期 ]
2019/09/10(火) 23:57 野中ななみ


皆さまこんばんは、野中ななみです。

台風15号が猛威を振るい、台風一過の猛暑が訪れ、とても暑い1日でしたね。

電気やインフラなどが一刻でも早く復旧するよう祈っております。



さて、今回のトレードラジオ講座では、条件付き注文について教えて頂きました。

寄成(よりなり)引成(ひけなり)を学びましたが、なんだか人の名前のようじゃないですか?

歴史上の人物名に出てきそうな雰囲気があります。



試しに、名字に徳川とつけてみると...
徳川寄成に徳川引成、存在しそうです!!




まずは徳川寄成さんこと寄成の注文ですが、

朝一番の寄付にだけ出す成行注文の事だそうで、もし寄付で約定しなかった場合にはキャンセルされるそうです。
寄付の成行を、略して「寄成」というわけですね。

続いて引成は、午前中の取引終了である前引けとその日の取引が終了する大引けで出す成行注文の事をさします。

寄成と同じように、成立しなかったものはキャンセルとなります。



指値注文にも同じように寄指(よりさし)と引指(ひけさし)があり、寄付と、前引け・大引けで使い分けられます。

デイトレードを行う場合は最終的に大引けで手じまわないと次の日に持ち越してしまうので大引け前に必ず手じまいが必要に成りますが、引指を使えば場中に約定しなくとも大引けで手じまう事ができるので便利ですね。

日中はお仕事をしていて夜にチャートを見るという方も、その日の終値でチャート分析をし売買サインが出ていた銘柄に寄付でエントリーできるようあらかじめ注文を出す事もできるので、使いこなせるようになればとても良いと思います。


この他にも不成(ふなり)や特別気配についても教えて頂きましたので、詳しい解説は是非ラジコやポッドキャストで小次郎講師の解説をお聴きください!


TOCOM投資スクールでは、チャートに現れたある変化に注目しました。

実は、株・為替・貴金属・金利とあらゆる物に変化の兆しが出ています。

これが本物の転換点になるかどうか分かるのはもう少し先ですが、様々なチャートに同時に変化が現れるのは、動きが強い証拠になります。

NYダウは第1ステージまで戻してきました。

国によって上昇力に差はありますが、多くの国が上昇に転じています。

そして為替。

有事の円買いが起こっていた円高相場から、戻しの動きに転じてきました。

ここにはドル円、ユーロ円、ポンド円の3つを出していますが、どれも今までの動きとは様子が違う事が分かります。


金は6月からずっとキープしていた第1ステージを崩し第2ステージになりました。


同じように銀やプラチナも下げています。

そして最後は金利。

10年債の金利が上昇し、「10年債-2年債」の長短金利差は再びマイナス圏を脱しました。

株だけ、為替だけ、というような変化よりもこうやって様々な物に同時に変化が現れる時はその動きが本物になりやすいです。

まだこの変化が本格的な転換点になるかどうかは分かりませんが、変化が起こりつつある事に気がつければ、大きなチャンスをモノにできるかもしれません。

引き続きチャートに大注目ですね。

それではまた来週お会い致しましょう!

コメント