地政学リスクと原油市況、なぜボラティリティは上昇しないのか [投資α情報(大橋ひろこ)]
2019/05/22(水) 19:56 大橋ひろこ

4月23日、WTI原油価格は66ドル台の高値をつけましたが、トランプ大統領がOPECに増産要請したことを明らかにしたことで、原油価格はトップアウト。しかし、5月12日サウジの石油タンカーがUAE沖で水中ドローンにより撃され、破壊工作を受けたことや、14日、サウジアラビアの石油パイプラインのポンプ施設2カ所がドローンによる攻撃を受けたことなどから原油価格は反発となりました。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はエネルギーアナリスト大場紀章氏をお迎えし
原油価格の現状と今後の見通しを伺いました。


米当局者は、サウジの石油タンカーが攻撃を受けた事件について、
イラン軍が直接関与したというより、イランに同調する、
あるいは支援を受けている勢力であるイエメンのイスラム教
シーア派武装組織「フーシ派」によるものである可能性を指摘しています。


米国は原子力空母を中心とする空母打撃群を中東地域に派遣しており、
中東の紛争リスクの高まりが原油価格を下支えしていますが、
足下では原油価格が再び軟化しています。


こうした地政学リスクによる原油価格高騰の懸念は大きくないのでしょうか。

大場さんは、ホルムズ海峡の代替ルートが狙われていることで
広範囲の攻撃に備えよという警告の意味もあるとし、
決して小さくないニュースだが、原油市場のボラティリティは
昨年米国株式市場が急落した際に一緒に売り込まれた時と比較しても
あまり大きくないことについて、ドローン攻撃は報道されていないものを
含めると年間140件にも上っておりイエメン フーシ派によるテロが
常態化していることに、マーケットの感応度が鈍くなっている可能性があると指摘しています。


今後は頻発するタンカー被害で海運業者の保険料が引き上げられる
リスクがあるため、これが実現すれば再度原油価格が上昇する可能性もあると解説くださいました。

しかしながらIMFやOECDなどが貿易摩擦などの影響で世界景気が減退すると見通しを出しており、
エネルギー需要増による原油市場のタイト化への懸念はありません。

世界原油在庫は積み上がる傾向にあり、
原油の需給としては価格は下落しても不思議はないのですが、
足下の地政学リスクやトランプ政権によるイランやベネズエラへの制裁も
原油価格を下支えしていますが、

上振れリスクと下振れリスクが高まる中、
ボラが低下してしまっている現状をどのように考えればいいでしょうか。

大場さんに解説いただいています。

詳しくはポッドキャスト配信で大場さんの解説をお聞きくださいね。

コメント