雇用統計2万人は忘却の相場、ポンド中心も既に材料難か? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2019/03/15(金) 21:30 辻留奈

こんばんは、辻留奈です。

今週のドル/円は、110.74~111.89で動きました。
雇用統計の結果が2万人で驚いたことなんて、
すっかり忘れるほどポンド中心となった1週間でした。

ポンド/円は1週間で上下に5円も動き、
5分足でも100pips以上変動するほど乱高下しました。

もう二転三転のイギリスのニュースを追うのに疲れたというアナタに
15日付のイギリスの状況をまとめました。

===イギリスまとめ===

①EU離脱修正案は否決 

現状のバックストップ案だと(アイルランドの国境復活を防ぐための安全策として、
良い案がみつかるまで一時的にイギリス全土をEU関税同盟に残す)

一時的ではなく、無期限にEUの関税同盟に残るリスクがあるから、
それは嫌だ~!!!と英議会。

メイ首相がEUと、無期限に残り続けることにならないように
「法的拘束力のある形で合意してきた」と言っても、、、
英議会は「NO!!!!」と答えをだしました。


②合意なしの離脱回避案は可決。 

 =ハードブレグジッドの可能性は(ほぼ)なくなった。
  ひとまず良かった!ただし、ヒヤッとするほどのわずかな票差でした。


③EU離脱延期可決。 

→まずは、20日までに①で否決した離脱協定案を英議会で承認するのがメイ首相の仕事。
 そのうえで、3月末の期限を6月末に変えてもらいます!
 しかもEUの全会一致が条件。

 来週の焦点:
 2度も否決された離脱案、メイ首相は今度こそ上手にまとめられるのでしょうか?

===============

もっとも危惧していたハードブレグジッドは回避、ということは
今後ポンドを買ってもいいのでしょうか?

テクニカル的には、ポンド/ドル(日足)は
1.33ミドル付近を頭にしたダブルトップをつけています。
今後下げてきたときに、1.31付近で下げ止まれるかどうかが、
ポイントになりそうです。

そんなイギリスですが来週はBOE、
そしてドットチャートがなくなるという話もでているFOMCがあります。

とはいっても、
ドルを動かしているのはポンドだけ。ドル/円は動かずという相場。


そろそろマーケットもブレグジッドの話題に飽き、
材料難となりつつある雰囲気。
ドル/円の膠着状態は続くのでしょうか?

予想レンジは、radikoタイムフリーからどうぞ!


それではまた来週!


コメント