小次郎講師のトレードラジオ講座~破産の確率 [火曜・「小次郎講師のトレードラジオ講座2018~入門編」第3期]
2019/02/26(火) 22:49 大橋ひろこ

毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座!
2018年度は「入門編」投資における基本を学んでいます.
12月11日から第3期シリーズがスタートしています。
2019年3月までで第3期シリーズをマスターしましょう!

第3期テキストはこちらからからDLできます。(有料)
https://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=137809743

詳しいカリキュラムとオンデマンド等のアーカイブは
こちらのページをご覧ください。
http://blog.radionikkei.jp/trend/2018_14.html


放送は毎週火曜日18:00~東京日本橋TOCOMスクエアから
公開生放送でお送りします。

生放送の観覧は無料ですので、お気軽にTOCOMスクエアまで!
また、生放送終了後、TOCOMスクエアで無料セミナーを開催。
題して「TOCOM投資スクール」2018年度開校です。
小次郎講師から直接投資レクチャーが受けられるセミナーが
無料です。皆様是非TOCOMスクエアにお越しくださいね。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今回はLesson11「破産の確率」です。

破産と聞くとギョッとしますが、これは統計上の理論です。
あるルールの下に賭けをするとどれくらい破産するかを計測するものです。

どんなにエッジの高い局面でエントリーしても、負けが続くと
資金を失ってしまうことがあります。

エッジがある局面でのエントリーですから、
続けていれば確率的には勝てることが分かっていても
連敗することもある、というリスクを前提に投資していかなくてはなりません。

1回あたりのリスクが低ければ、連敗時に資金を飛ばしてしまうことはありません。

要するに、1回あたりの掛け金(1回あたりのリスク)が適正レベルを超えていると、
一時的な連敗で資金を失ってしまう可能性があるということ。
破産してしまう、ということですね。


その手法の勝率が高くても、破産の確率の高い手法を続けていれば
投資を継続できなくなるのです。

1回あたりのリスクを考えることはとても重要なのです。
そして、1回あたりの投資における適正リスクは投資資金の2%。

これをきちんと覚えておきましょう。

詳しくはオンデマンド放送で小次郎講師のお話しをお聞きくださいね。

コメント