投資妙味があるのはクロス円! [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2019/02/22(金) 20:25 辻留奈



こんばんは、辻留奈です。

今週のドル/円は、110.45~110.94、
たった50銭しか動きませんでした!
えー動かなすぎ?


ドル/円に関する材料はいくつかあったものの...動きませんでしたね。
○米中の話し合いは、上手く行きそう→6つの覚書
○FOMC議事要旨はハト派「多くのメンバーが年内のバランスシート解消停止を望んだ」
○日銀黒田総裁「物価目標達成に必要なら、追加緩和も検討」

もはや米中協議も、来週の米朝会議も、どれもドル/円を動かす材料ではなさそう。
政治より、金融政策に関する発言で動く相場になってきていますね。


一方、大きく動いたのはクロス円、
特に話題満載なのがオセアニア通貨!

豪ドル/円は、雇用統計で上昇と思いきや、
8月11月の2回利下げ予想リポートが、とある銀行から発表され急落、
(※オンエアで、私"利上げ"と言っておりました...申し訳ありません!)
さらに中国の港湾局が、豪産石炭の輸入禁止を発表してさらに下落しました。

「豪ドル/円だけでなく、クロス円全般、ダブルトップをつけたあとに
 これらの材料がでて、売りにつながった」と岡安さん。

クロス円の取引をするときは、
豪ドル/ドル・ドル/円・豪ドル/円の3つをきちんと確認してほしいとのこと。

そのほかブレグジット期限が近づくのになぜか買われるポンドや
上昇チャネルが続くカナダ/円にも触れています。
どのポイントで損切り、買いをいれたらいいか、岡安さんが解説してくれています。
詳しくは音声を聴いてくださいね。

それではまた来週!


コメント