ドル/円、年初来高値更新続くか?米小売ショックで円高か? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2019/02/15(金) 22:25 辻留奈

こんばんは、辻留奈です。

ドル/円は週の前半は年初来高値を更新し続け、111.12をつけましたが、
政府機関閉鎖で発表が遅れていた12月米小売売上高が予想外に悪化し、円高が進みました。

この動きに、どちらか方向のトレンドが生まれているのでしょうか?

岡安さんの答えとしては
「トレンドではなく、もみあいの中の短期的な動き」ということでした。

それにしても、ずいぶん前の12月ぶんの小売売上高なのに
こんなにマーケットが反応するとは・・・

「経済指標に反応しやすい相場が戻ってきている」と岡安さん。
さらに「材料が何か2つ重なると動く相場だ」とも話していました。
(具体例は音声でどうぞ~)

来週も12月ぶんの指標がでてきますが、結果を確認したいところです。


岡安さんによると、今週の動きにトレンドはなく、あくまでも「短期的な調整」

ということは、
来週のトレード戦略を表現するならば「まだはもうなり、もうはまだなり」
トレンドの発生までは、経済指標を1つ1つ確かめながら小幅なレンジでの取引になりそう?
どれくらいのレンジか、詳しくはradikoタイムフリー音声からどうぞ~

そのほか、先週の豪ドルに続き、
金融政策決定会合で大きく動いたニュージーランドの話も触れています!

それではまた来週!


コメント