今週のドル/円は米国株感応度が高かったが・・・? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2018/12/28(金) 21:30 辻留奈
こんばんは、辻留奈です。

放送中にご案内したTOCOMの大納会の様子も、1つ前の記事でぜひご覧ください!

戌笑う、とはいいますが、戌大泣きの1年だったような・・・
今週はそんな1年を象徴する大波乱の1週間でした。


日経平均株価は20014.77円と、なんとか2万円台を維持して平成最後の大納会を迎えました。

しかし、日本株・米国株ともに落ち着かない1週間で
24日(祝)にNYダウは653ドル安、
この下げを受けて、翌日の日経平均株価は1010円安となり、終値で2万円を割り込みましたが、
その日のNYダウは1086ドルと過去最大の上昇を記録。
翌日の日経平均は756円高、NYダウも800ドル近く変動という激動の週でした。


一時期は株価と為替の連動が薄れていましたが、
今週はダウの動きとドル/円はぴったりと連動していました。
そんなわけで今日は、為替より株価の話をしていた時間の方が長かったかもしれません。
株の下げが大きかったところでは、ドル/円は110円を割りこむ場面もありました。


ムニューシン財務長官の解任報道や
長引く米政府機関閉鎖、
米企業に対し、ファーウェイやZTE製機器の利用を禁止する大統領令検討の報道、
対日通商交渉では為替操作の予防が要求項目に入るなど
悪材料が多くあり、これも株売りを誘う一因となりました。


それにしても、アマゾンやマスターカードなど、年末商戦は好調で、
実体経済は悪くないのに、株価は触れすぎていると岡安さん。

とはいっても、まだリスクオフ気味、
何かをきっかけにこのセンチメントが変わるのでしょうか?

1~3月のスケジュールを見てみると、「円高方向か?」と岡安さん。

ドル/円109.60~110円付近には強いサポートが集まっているといいますが、
(週足ボリンジャーバンドやフィボナッチなど)
果たして岡安さんの来週のドル/円の予想レンジは?

タイムフリーorポッドキャスト音声からどうぞ~


それではまた来年~!


コメント