米中首脳会談、一部でも合意あれば円安へ [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2018/11/30(金) 23:01 山本郁


今週は辻留奈アナウンサーが出張のため、山本郁が代わりを務めさせていただきました!

28日にトランプ米大統領が、パウエルFRB議長について「全く満足していない」と利上げへの不満を示したことへの
忖度でしょうか?
FRBのパウエル議長の発言で米国利上げの早期打ち止め観測が市場に広まり、米金利が低下。
ドルが売られ、株価が上昇しました。
そしてドル売りと同時に、株価上昇リスクオンの円安。
ドル安・円安が進みました。
というわけで、ドル円余り動きはありませんが底堅いですよね...と岡安さん。

では今後はどうでしょうか。
このところ株価が不安定な状況が続いていますが、その最大の理由が米中貿易摩擦、そして米金利の引き上げ。
金利の方は、今回の発言で少なくとも来年の利上げペースは鈍化すると見られますが
注目は1日に予定されている米中首脳会談。
トランプ大統領も二期目を狙っているので、株価を上げて自身の株もる上げたいところ。
貿易摩擦について完全合意はあり得ませんが、一部でも合意があれば株価が上がってきます。
来週は米株価は一段高となり円安が進むと考えられます。

ドル円の動きが分かり辛いときは、ドルを除いたクロス円の取引が面白いということで
岡安さんはニュージーランドドル(NZドル)に注目しているそうです。
理由は、流動性が低いので反応しやすい、地理的にBrexitやイタリア問題の影響を余り受けないこと。
また、一日の内で、世界で最初に開く市場であるという点でも注目しておくと良いということ。

来週はRBA、BOCの政策会合があるので、利上げに少しでも前向きな話があればクロス円で買いをいれておくと面白いかも...ですって!

詳しくはオンデマンド放送でお聞きくださいね。

コメント