ドル指数とゴールド、金星逆行の注意点 [投資α情報(大橋ひろこ)]
2018/10/25(木) 20:27 大橋ひろこ

10月11日、金相場が国内外の市場で急伸しました。一方でドル指数が急落となっています。世界の株式相場が不安定化する中で金相場に資金流入と解説されることもありますが、実はドルインデックスが8月15日に高値を付けて下落した翌日の8月16日、ゴールドはボトムを付けて上昇を開始しています。米ドルとNY金価格は逆相関関係、今日はドル指数の分析から金価格の今後を展望していただきました。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日は投資日報社 林知久氏をお迎えしお話を伺いました。

ドル指数には16.5年サイクルが存在しています。
現在は2008年3月の71.15から10年7カ月経過していますが、
8年10カ月目にあたる2017年1月に103.82をつけて以降、
ドル指数相場は下降トレンドに入っており、この基調は現在も継続しています。
仮に103.82が天井であれば、大底は早くても2022年ごろになると林氏。


週足のサイクルカウントでは、20~28週ごとに安値をつける傾向があるとのことですが
ここ最近は23週ごとに安値が出現しており、現在は7月26日の94.08Pが起点とみられ
このサイクルは今後7~10週後、年末12月から1月に向けて続くことに。


林さんによると現サイクルの起点である7月26日の安値94.08Pを9月21日に
割り込んでしまっていることで、今回のサイクルは弱気型と定義できるといい、
ここからはドル指数は下落基調を強めるものと考えられる、、、となると、
逆相関である金相場には強気の相場が続くということですね。

NY金は8月16日に底打ちしているとみられます。
NU菌には30.5か月サイクルが存在しますが、テクニカル的には1210ドルが
下値サポートとなりそう。詳しくはオンデマンド放送で林さんの解説をお聞きくださいね。


また、アストロロジー面では金星の動きに注目です。
金星は逆行10月6日逆行期に入りましたが、
日経平均は2日、ダウとNY原油は3日、ドル円は4日に高値をつけて下降転換中。
明日26日はこの金星逆行の中間点、11月16日は金星逆行終了日。


この時間帯は逆行開始日と同じく反転ポイントになる可能性が。

10月31日は金星が天王星とオポジション(180度)になる日。
天王星は"ハプニング"と関連性があるため要注意。

金星逆行が終わる11月16日(日本時間では17日)には水星逆行が始まります。
どのように戦略を立てればいいでしょうか?!
是非オンデマンド放送をお聞きくださいね。

コメント