ドル/円、天井か?調整か? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2018/10/12(金) 22:15 辻留奈
こんばんは、辻留奈です。

米長期金利上昇から831ドルも暴落したダウを皮切りに、世界同時株安へ。

そんななか、今週は岡安さんにずばり伺いました!

「114円ミドルは天井か?それとも今は単なる調整なのか?」


昨年7月、11月と押し戻されている114ミドルは、このままドル円の天井となるのか?
それとも、現在は上昇トレンドのなかの「調整」局面にすぎないのか?

果たして、岡安さんの答えは?
聞き逃した方はオンデマンドでぜひお聴きください!


岡安さんに来週のドル円の予想レンジも伺っていますが、
「重要なのは111.40~60」

111.60は、フィボナッチ61.8%戻し
111.40~50にはボリンジャーバンドの下限と一目均衡表の雲上限

様々なテクニカル的なサポートが働くラインですが、
ここを下抜けてしまうとトレンド転換の可能性ありとのこと。

今晩のダウ終値が下げ止まるかも、ドル円上昇のための大事な要素です。

来週15日前後には、半期に1度の為替報告書の提出があり、
中国が為替操作国に認定されるかどうかも気になりますが、
「米中貿易問題では一通り応酬し終え、互いに実質的な報復行為がもう思い当たらない」
と岡安さんは比較的楽観していました。

日本時間12日の夕方から始まっているトルコの米国人牧師解放をめぐる裁判は、
22時現在まだ結果がでていません。
今週、世界同時株安のなか、18円台をキープし続けたリラ/円ですが、
19円台に上昇してきています。

それにしても、結論がでるまで長いですね~
見守りたいと思います!

それでは、また来週も聴いてくださいね~


コメント