ドル円、今夜は正念場? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2018/09/07(金) 20:20 辻留奈
こんばんは、辻留奈です。
「今夜は正念場」なんて、タイトルをつけてしまったからには、
雇用統計の結果がでるまでには、ブログアップしなければっ!急げ~!!!!


さて、現在のドル円には充分すぎるほどの悪材料(円買い材料)がずらり。

① ついにアメリカが日本を貿易戦争の標的に?
② なかなか合意できないNAFTA(アメリカ・カナダ)
③ 新興国通貨安(南アフリカはリセッション入り)
④ アメリカの対中関税2000億ドルは今日にも発動か?
 
しかし、これらは「悪い材料がでる→良い材料がでる」の日替わりメニュー状態。
悪材料が好材料に変われば、円安ドル高要因に。

日米の貿易問題についても
「最初に大きく脅して譲歩していく」トランプスタイルを考えると、
ここからさらなる追撃ショックはないと岡安さん。


逆に好材料として、あげられたのが今晩の雇用統計。

今週発表されたISM製造業&非製造業景況指数の結果は
アメリカ経済の強さを物語っていて、
雇用統計も良い結果になる可能性が高いとお話していました。

岡安さん、下値では押し目買いという内容のお話でしたが、
果たしてその下値とは具体的に?
予想レンジとともに、オンデマンドからお聴きください。

それではまた来週~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
コモディティ投資をじっくり学べる一日。
毎秋恒例の「コモディティフェスティバル」今年は、9月22日(土)東京で開催!
竹中平蔵さんの基調講演をはじめ、当番組コメンテーターでもお馴染みの小次郎講師・江守哲さんが、
ファンダメンタルズ・テクニカルの両面からじっくりと解説します!
詳しくは下記のバナーをクリックしてください(外部サイト)。

コメント