オプション取引って?!どこよりも解りやすいオプション解説 [投資α情報(大橋ひろこ)]
2018/08/08(水) 19:50 大橋ひろこ

権利の売買と説明されているオプション取引。難しそうだと敬遠するなかれ。今日の放送を聞けば、たった10分でその仕組みが理解できちゃいます。


今日のマーケット・トレンドは当番組初登場。シンプレクス・インスティテュート代表取締役社長 伊藤祐輔氏をお迎えし、オプション取引の基礎を解説いただきました。

私が、現在1000円の商品を買おうかどうか悩んでいるとします。

そこへ、伊藤さんがやってきて、、、

「50円払ってくれれば、満期日に1000円より価格が上昇した場合、
その差額を大橋さんお支払いしましょう!
その代わり、1000円より安くなった場合50円は返しませんが
追加でお金をいただくことはありません。」

という提案をしてきたとします。

損する可能性があるのは、50円だけ。
もし、将来その商品が値上がりすればするほど、
私は伊藤さんから受け取る金額が大きくなります。
こんなお得な話はありません。これに乗るとしましょう。


これが「コールオプションの買い」です。私大橋はオプションの買い手。
伊藤さんはコールオプションの売り手となります。

伊藤さんは、その商品が上昇すればするほど、私大橋に支払う金額が
大きくなりますね。オプションの売り手は、たった50円の受け取りで、
損失は無限大となります。私大橋は、損失は50円に限定されるだけでなく、
利益は無限大であるとも言えます。

この50円が「プレミアム」と呼ばれるものです。
オプションの買い手にとっては権利を取得するものですが、
売り手にとっては権利行使に応じる義務を負うものですね。


「プットオプション」はその逆。
値下がりの可能性がある商品の権利を買うことで、満期日に
下落幅分を受け取ることができるというわけです。これを権利行使と呼びます。
満期日にのみ行使可能なオプションはヨーロピアンタイプといいますが、
現物を売買するものではありません。
差金決済といって損益の差額を支払うのが基本です。

TOCOMには金のオプション取引がありますが、現物は動きません。
オプションは金を買ったり売ったりするものではないのです。

現物を保有していたとしましょう。
将来金現物価格が下がりそうだな、、、という時に
プットオプションを買っておけば、プレミアムの支払いはコストとなりますが
大きく金価格が下がった時には、利益を手にできます。
現物保有のヘッジにもなるということですね。

オプション取引をやってみたい、もっと勉強したいという方は
TOCOMのオプションシュミレーターで取引を体験を。
デモ取引で実際にオプション取引することができます。

詳しくはオンデマンド放送で伊藤さんの解説をお聞きくださいね。


***************************************

コモディティ投資をじっくり学べる一日。


毎秋恒例の「コモディティフェスティバル」

今年は、9月8日(土)大阪、9月22日(土)東京で開催!

竹中平蔵さん・真壁昭夫さんの基調講演をはじめ、

当番組コメンテーターでもお馴染みの小次郎講師・小菅努さん・江守哲さんが、
ファンダメンタルズ・テクニカルの両面からじっくりと解説します!

詳しくは下記のバナーをクリックしてください(外部サイト)。

コメント