OPEC減産合意で原油上昇も疑問残る内容 [大橋ひろこコラム]
2016/10/12(水) 20:21 大橋ひろこ

9月下旬に開催されたOPEC(石油輸出国機構)の非公式会合にて減産合意を契機に原油価格は急反発。WTI原油価格は9/20の1バレル=42ドル台から10/10 には51ドル台まで上昇しています。減産合意というサプライズに加えて、米エネルギー情報局(EIA)が発表した9/30現在の原油在庫が、4週続けて減少、4億9970万バレルと5億バレルの大台を割り込んだことが材料視されたほか、大型ハリケーン「マシュー」が米南東部沿岸に接近したことで、供給懸念が強まったことも、原油の上昇に繋がりました。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
資源・食糧問題研究所代表 柴田明夫さんにお話を伺いました。


OPEC加盟14カ国は9/28、アルジェでの非公式会合で減産に合意。
8月の生産量 日量3324万バレル(過去最高)の生産量を
3250~3300万バレルに減産することで合意しました。
次回11/30の総会で各国の生産量を決める方針です。

4月にもドーハにてOPECの非公式会合が開催されたのですが
減産どころか増産凍結すら叶わず、足並みがそろわなかったことから今回の会合でも、
合意はムリだと思われていたため、
減産合意はサプライズ。実現すれば8年ぶりの減産となります。
しかし、柴田さんは少なくとも問題が3つあると指摘。

①加盟各国に減産分を本当に割り振れるのか、
②最大75万バレルの減産で、どれだけ効果があるのか、
③原油価格が上昇すれば非OPEC加盟国のロシアや米シェールオイルの活動も活発化する

減産という負担は実質的にサウジが担わざるを得ないのですが
それは、サウジが2014年秋口より貫いてきた
「市場シェア重視」から「価格重視」へと戦略を
転換することを意味します。果たしてサウジはこれを
容認、11月のOPEC総会でまとまるのかが注目されます。


また、ロシアは今年に入ってほぼ一貫して日量1100万バレル近い
過去最高レベルの生産を継続しています。
プーチン大統領は「OPECの減産に参加する用意がある」と発言し
OPECに協調する姿勢を見せていますが、老朽化が伝えられる
ロシアの石油掘削装置は、減産することは技術的に困難と
言われています。一度減産してしまうと再び増産することができない
と指摘されているため、本当に足並みを揃えて減産合意するかどうかは
疑問。ただし、表向きのアナウンスメント効果は大きいですね。

では米国シェール生産はどうでしょう。

ベーカーヒューズ社によると、減少傾向にあった米国のリグ稼働数は、
5月の404基から増加に転じ、9月末には522基へ。
価格が上昇してくると、米国が増産してきますので、これが
上値を抑えるという構造にあります。

ただしリグ稼働数の増加が直ちに生産の増加につながるわけではなく、
タイムラグは6カ月程度。リグ1基の生産量は日量600~800バレルで
100基が新たに稼働すれば半年後に日量6~8万バレルの生産増となります。

今後の原油価格の先行きを占う上では金融要因として
ドル高との関係も見ておく必要が。

FRBは9月のFOMCで追加利上げを見送ったものの、
12月のFOMC後の利上げ可能性が高まっています。

こうしたなかでの今回の原油価格の急反発。
このまま原油価格が上昇するとドル高につながりやすく、
それは原油価格上昇の足かせになると柴田さん。

原油の下値は40ドル台に底上げされたものの
上値は重いのではないか・・・。

詳しくはオンデマンド放送で柴田さんの解説をお聞きくださいね。


ここでTOCOMからお知らせです。

10月19日㈬、20日㈭、ここTOCOM周辺では、
「日本橋恵比寿講べったら市」が開催されます。
「TOCOMスクエア」ではギターの生演奏や夫婦漫才などの
ライブイベントでお祭りを盛り上げます。
皆様、是非お気軽に遊びに来てくださいね。
http://www.tocom.or.jp/jp/event/2016/20161005-2.html

コメント