砂糖と金 [大橋ひろこコラム]
2009.08/19 大橋ひろこ 記事URL

今年は砂糖の値段が高いんですって。ご存知でした?!
我が家に砂糖は置いてません。お料理にもオリゴ糖を使っています。
これは美容のためなんですけれど(笑)
おかげで今、砂糖が高いなんていう実感がないんですね。
でも砂糖は今の時代とても安価なものなので、
スーパーなどの店頭価格は
それほど変わっていないのかもしれませんが。

東京の先物市場の砂糖価格をみても
安値からは既に2倍以上の上昇。
国際価格も28年ぶりの高値となっています。
なぜ、今日は砂糖の話などしているかといいますと、、、。

「砂糖の値段が上がると、金価格は下がるという話」
WGCの貴金属アナリスト豊島逸夫さんの
興味深いコラムをご紹介します。

なんでも砂糖の大生産国インドが今年は
干ばつに見舞われているのだそうです。
インドは生産国でもある一方、砂糖の大需要国でもあり、
その年によって輸出国になったり輸入国になったりします。
今年はインドが天候不順で砂糖の生産が減少する一方で、
需要の方は不況にも係わらず大して減っていないため、
砂糖価格が高騰しているのです。

この干ばつはインドの農家の収入を減らしてしまいます。
これが、金の需要にはマイナスの影響を与えているというのです。
そういえばインドは金の最大の需要国、、、、
おっと~今年中国に抜かれていたわ!
中国の躍進目覚しいですね、今やインドは世界第2の金需要国です。

インドには婚礼需要という金の需要期があります。
これは花嫁に持たせる持参金に金を持たせる習わしで、
娘が何人も生まれると一家は破産だと言われていたりします。
この部分がインドの金需要の主たる部分を構成しているのですから、
干ばつにより農家の収入が減少すると、
金の需要が落ち込み、金価格が下がってしまうというんですね。
面白いでしょ。
豊島さんのコラムはコチラから読む事ができます。

ということは、この先金価格はちょっともたつくのかしら?
今日はオーバルネクストアナリスト東海林勇行さんに
「貴金属市場の動向と今後の見通し」を伺います。
また夕方の番組でお会いしましょう。


ゴーヤな夏 [大橋ひろこコラム]
2009.08/12 大橋ひろこ 記事URL

私は夏野菜がダイスキ。
トマトにナスにきゅうりにみょうが、とうがらし。
そうそう、ゴーヤを忘れてはなりません♥

この時期になると故郷福島の父が自家菜園で作った
きゅうりやナスなどの夏野菜を送ってきてくれるのですが、
今年は育ちが悪いそうで送られて来ません、、、、。
日照不足のせいですね。
スーパーに並ぶお野菜も価格が高騰していて
最近は買い物に時間がかかっています。
高いと買うべきかやめるべきが真剣に悩むんですよ(笑)

ゴーヤはあまり高くはなっていないので、この夏我が家の食卓には
ほぼ毎日ゴーヤ料理が並んでいます。
ゴーヤといえばゴーヤチャンプルですが、
スパムや豚肉が無くたって、ゴーヤだけを炒めても充分美味しい。
鰹節やお醤油で、あるいは味噌炒めもなかなかです。
ピーマンやナスなんかと一緒に炒めても、
みょうがやのりをトッピングしても美味しくなります。
ただざくざく切ってたっぷりの油で炒めるだけでとっても簡単。
あの苦味がたまりませんよね。

今でこそ夏には毎日食べているゴーヤ。
実はその存在を知ったのはかなり大人になってからなんです。
福島に住んでいた頃はゴーヤを見たことが無かったの。
沖縄のお野菜ですものね。
今じゃ全国どこでも手に入るのでしょうけれど
当時は東北地方でゴーヤをスーパーで見かけることはなかったような。

さて、今日夕方はオーバルネクストアナリストの
小針秀夫さんに
「工業品銘柄の分析と今後の見通し」を伺います。
また夕方の番組でお会いしましょう。


暑い夏?! [大橋ひろこコラム]
2009.08/05 大橋ひろこ 記事URL

今年の夏はお天道様が意地悪でなかなか顔を見せてくれず
東京は比較的涼しい夏となっていますが、
先週日曜、銀座では打ち水のイベントが行われていました。

打ち水の模様も写真に収めようと思ったのですが、
合図とともに一斉に水が撒かれると、
皆さんあっというまに解散してしまって、
写真に収める余裕なんかありませんでしたよー。
カメラマンって、そういう「一瞬」をファインダーに
収めることが出来るんですから凄いですよね。

で。私がカメラに収めることが出来たのはご覧の氷の彫刻。

これなら「一瞬」ではなく「数時間」は
シャッターチャンスがありますものね。
溶けてなくなってしまうものだからこそ
なお美しく見える気がしました。
儚きものへの美学って日本人独特のものなんですって。

さて日本は涼しい夏でもマーケットは真夏の様相。
ダウは今年の新高値を更新し続けていますし、
原油は再び70ドル台乗せ。
楽観論が蔓延しつつあります。
金価格も2月20日に1000ドル台タッチしてから
860~980ドルレンジで行ったり来たりを繰り返していますが、
再び1000ドルを目指す上昇波動に入ったようにも見えます。
日足チャートは逆三尊を形成しているような気も、、、?!

さて、ここからの夏本番、マーケットはどう動くのでしょう。
今日はオーバルネクストの森成俊さんに
「金価格の動向と今後の展望」を聞きます。
また夕方の番組でお会いしましょう。


【続きを読む】
堀留探検隊♥チキンスープカリー [大橋ひろこコラム]
2009.07/29 大橋ひろこ 記事URL

看板のいわしの写真と目が合った瞬間に
よし、お昼はいわしに決定!!即決でした。

いわしの蒲焼重や、いわしフライ弁当、いわしなめ汁丼などの美味しそうな写真と「元気を食べよう いわし」の文字。魅力的な店構えです。
ドアを開ける時には私の頭はいわしでいっぱい♥

今日は、昨日のお昼に食べた「堀留ランチリポート」です。

住所は東京工業品取引所のある堀留町から大伝馬町と変わるのですが、取引所から歩く事3分くらい、男性の足なら2分ってところかしら。
「酒場 NAKA 」はきっと取引所の方もよく行くんじゃないかしら?
インターネットで調べると「いわし料理 なか」で紹介されています。

お店に入ると、男性が1名お会計をしている他は誰もいません。
あ、遅かった?!時計を見るともう14時です。
「まだ、大丈夫ですか?」と不安げな私に
「どうぞ~」と明るい女性の店員さん。

よ、よかった~♥
だって、頭の中はいわしでいっぱい。
今から違うお店探すのも、いわしを諦めるのも嫌だもん。


【続きを読む】
日食とマーケット [大橋ひろこコラム]
2009.07/22 大橋ひろこ 記事URL

満月は円高ドル安要因に。
日食は円安ドル高要因に。

アストロロジーではこんな風に言われています。
実際に今月7月7日の満月の時は、
ドル円相場が94円台後半から92円割れまでの
大きな円高となりました。
・・・ホントはその大きな下落は7日ではなくて
8日だったんですけれど(笑)
1日ずれたのでは満月のせいではないのでは?
という声もありますが、
まあ、そんな見方もあるってこと、
知っておいても損はないでしょ。

今日の日食は、ドル高要因とされていますが
さてどうなるでしょう。
また今夜は新月でもあるんです。
新月は満月の反対ということで
満月時と逆のドル高になるとされています。
日食パワーと新月パワーが重なるんですもの、
今日は相当なドル高、円安となりそうですよね。

日食前日、昨日21日(月)の為替市場ではドル円相場
大きく円高進行となりましたが、
日食パワーでこの流れが反転するのかしら?
それとも、天気が優れず日食パワーが消滅してしまうかしら?
そう、気がかりは今日のお天気です。
日食が見られればいいのですけれど、、、。

為替動向は商品価格にも大きく影響を与えています。
円高となればTOCOM価格は下落要因。

夕方に今日の為替と商品市場の流れを検証してみましょう。
今日の放送は「工業品銘柄の動向と今後の見通し」
オーナバルネクストの小針秀夫さんにお話を伺います。
また夕方にお会いしましょう!!


梅雨明けがわからなかった年 [大橋ひろこコラム]
2009.07/15 大橋ひろこ 記事URL

気象庁が昨日「関東甲信地方が梅雨明けしたと見られる」と発表しました。
よく「梅雨明け宣言」という表現を見聞きしますが、気象庁は後にも先にも
「宣言」したことはないのだそうです(笑)
「~したと見られる」という表現に留まるのは、夏が終わる8月末から
9月頭に梅雨入り・梅雨明けの正式な日付を発表するから。

梅雨入り発表したのに快晴が続いたり、
梅雨明け発表した途端に雨の日が続いたりと、
統計として残す確定値は
ひと夏終わってみないとわからないですものね。
確か去年の確定値も全国的に修正されていますし、
1993年には7月末に梅雨明けの発表はあったものの、
最終的には「梅雨明けの日」が確定していません。
気象庁*昭和26年以降の梅雨入りと梅雨明け確定値
そういえばこの年は記録的な冷夏でしたよね、覚えてますか?
米が不作になるというので国産米の価格が高騰、
大量のタイ米が輸入されました。
この時、いち早く米を確保して一儲けした商人もいましたね。
これも一種の先物買いです。
需給バランスが崩れる時は投資のチャンスでもある。
普段米を扱わない業者もビジネスチャンスとなれば米確保に奔走、、、、
これ、今年の新型インフルエンザの際のマスク騒動も同じですね。
景気動向や需給バランスだけではなくて
世の中の事件、天災などあらゆる事が投資の機会となります。
道義的に賛成しかねることもないではないですが、
市場はこうしたリスクをヘッジする機能も持っていることも
忘れてはなりません。当業者は現物価格の価格変動リスクを
先物市場でヘッジしています。

梅雨明け発表があった昨日は株も商品も軒並み高となりましたが
梅雨明けとともに調整局面終了したと見てもいいのかしら?
それとも、、、、?!
今日はオーバルネクストの森成俊さんに
「貴金属市場の動向と今後の見通し」を伺います。
また夕方の番組でお会いしましょう。


ご活躍です!高橋大樹さんと石川久美子さん [大橋ひろこコラム]
2009.07/08 大橋ひろこ 記事URL

原油相場は今年35ドルを割り込むところまで下落していましたが3月から6月にかけての3ヶ月で倍の70ドル台まで上昇。ゴールドマンサックスが85ドルなんて目標数字を出したものだから、どこまで上がるのかしら?と不安にもなりましたが、やはりこのプチバブルそろそろ息切れのようです。先週の雇用統計の数字が悪かったことから大きく下落し始めました。

原油相場って原油の需給を見ていればわかるってものじゃない。
投機資金が商品市場に流れ込むようになってからは、株価にも相関性が生まれ、
雇用統計などの指標にも大きく反応するようになりました。
マーケットというのは時代とともにその変動要因が
大きく変わって来るものですが、今、原油取引をするなら、
是非この本を手にとって見てください。

今年の3月までマーケットトレンドに原油相場についての分析、解説で
ご出演いただいていた高橋大樹氏がこの6月に上梓されたもので、
原油市場を取り巻く様々な要因は勿論、テクニカル分析についてや
相場観の養い方などを解りやすく、そして緻密に紹介されています。
特に原油、ガソリン、灯油などのエネルギー銘柄を使った
クラックスプレッドなどいろいろな鞘取引についても
その手法が解説されていますし、
TOCOMの新システムについての解説などもあって大変読み応えがあります。
これからエネルギー銘柄の取引をするなら必読の書ですよ。

ご活躍されているのは高橋さんだけではありません。
今週、おそらく世界初であろう外国為替専門のシンクタンク
「外為どっとコム総合研究所」の設立記者発表に出席してきたのですが、
この外為どっとコム総合研究所に、
この3月までマーケットトレンドに貴金属相場の分析、解説で
ご出演いただいていました石川久美子氏が研究員として入られました。
今後シンクタンクが発表する外為白書、リポートなどに
石川さんの文章が掲載されるかと思うと楽しみですね。

さて、今日の番組は
「原油市場の動向と今後の分析」
オーバルネクストアナリストの佐藤昌彦さんにお話を伺います。
また夕方にお会いしましょう。


今週の放送予定 [大橋ひろこコラム]
2009.07/06 大橋ひろこ 記事URL

おはようございます。

今週火曜は七夕。
織姫と彦星が年にたった一度だけ
逢うことを許される日だというのに
今年は満月と重なるんですよね。
明るくて見えない。。。

そうでなくても今年の梅雨は本当に梅雨らしい梅雨で
七夕の夜も雨に濡れているかもしれませんね。

さて、今週の予定です。

6日(月) 牧内岩夫さん (日本経済新聞社 編集局  編集委員)
            「2009年の株主総会を振り返る」
                 

7日(火) 島田 知保 さん(『月刊投資信託事情』編集長』 )
            「人的資産~あなた自身が『資産』なんです!」 

 
8日(水) 佐藤昌彦さん (オーバルネクスト・アナリスト)
            「原油市場の動向と今後の見通し」


9日(木)  門倉 貴史さん(BRICs経済研究所代表) 
             「世界の経済ニュースから」

 
10日(金)  田宮寛之さん (東洋経済新報社)
             「マクドナルドの経営戦略」

灼熱の太陽が恋しくなってきました。
梅雨明けまではもうひとふんばりですね。
今週もよろしくお願いします!!


金塊○○キロまでなら持てる?! [大橋ひろこコラム]
2009.06/17 大橋ひろこ 記事URL

梅雨のシトシト降る雨というのも情緒があって悪くないものですが
なんか最近の梅雨って
雷は鳴るし、バケツひっくり返したみたいに乱暴に降り注ぐし
ちょっとオカシイ!
局所的に強まったりするのは温暖化傾向のせいかしら。
今日も傘を差しているのに身体半分ビショビショになりました。

さて先日、区役所から住民税納付書が届いて溜息をついているところです。
これはいつも忘れたころにやってくる、、、、。
毎年なんとか遣り繰りして収めていますが、
世の中には税金逃れをする悪い人もいます(笑)

マルサが今年3月までの1年間に摘発した脱税の総額は
なんと350億円余りだそうです。
これ、見つかっているだけでこの額ですから実質もっと多いんじゃ、、、?!
しかも中には金の延べ棒600キロ余りを隠していたケースもあったとか。

600キロって。私何人分?!

よく金の保有は女房の体重程度までにしておけ。
なんて言うんですけど、
これは何かあったときに抱えて逃げられる目安の重さとして
女房の体重なわけですね。
ロマンチックな喩えですけど、その後に必ず誰かが
「いやーウチのは重過ぎて持てないよ」
とかなんとか冗談を言ってオチがつきます。

600キロなんて抱えて持てるわけがない。

価格にしておよそ18億円分だということですが、
これじゃ札束でも持って逃げられないですよね(笑)

金塊にしていたということは金が上がると見ていたのでしょうけど
買値はどのくらいだったのでしょうね。
いろいろと気になるニュースです。

今日の番組では金をはじめ貴金属市場の動向、
オーバルネクストアナリスト森 成俊さんにお話を伺います。
また夕方の番組でお会いしましょう。


中国の自動車販売増加! [大橋ひろこコラム]
2009.06/10 大橋ひろこ 記事URL

創業から101年アメリカの顔、GMが米連邦破産法11条適用となりました。
これまで世界の自動車産業をけん引してきたGMの破たんは、
石油に依存してきた20世紀型自動車産業の終焉であり、
エコカー時代の到来を象徴するといった論調が目立ちます。

であるならば、原油価格が再び150㌦近辺まで高騰することはないはず。
ところが、既に原油価格は1時70㌦台に乗せるなど再び騰勢を強めています。

中国の5月の新車販売台数は111万9700台と前年同月比34%増加しました。
政府が打ち出した消費刺激策が効果を持続している模様で
2009年通年で1100万台に達するという予測もあります。
一方、08年に世界首位だった米国は1000万台割れの可能性が浮上しており、
中国はすでに米国をしのぐ勢いの巨大マーケットとなってきています。

ここで疑問、、、中国で売れている車って
エコカーなのかしら?!ガソリン車なのかしら?
結局、自動車販売において世界をけん引する国が
アメリカから中国に変わっただけで、
まだまだ安価なガソリン車の販売が伸びるなら、
原油価格が再び上げるのも不思議はありません。

GMの破綻は自動車業界的には
ガソリン車時代の終焉を象徴するような出来事だったかもしれませんが、
今後の最大の需要の担い手がガソリン車を買わないかというと、
そうではないかもしれない、、、なんて思うのですがどうでしょう?!

今日の番組では
オーバルネクストアナリストの佐藤昌彦さんに
「原油市場の動向と今後の見通し」を伺います。
原油価格このまま何処まで上げるのか?!
また番組でお会いしましょう。


 全72ページ中67 ページ   前の10件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 [67] 68 69 70 71 72 次の10件