資源ブーム2020年以降も続く [大橋ひろこコラム]
2010.02/24 大橋ひろこ 記事URL

やはり原油80ドル台というのは頭が重いですね。
原油は再び80ドル台乗せとなっていましたが、昨晩70ドル台へ失速。
金価格も価格を切り上げていましたが調整?が入っているようです。
昨晩のアメリカの消費者信頼感指数が予想を大きく下回ったことで
リスク回避ムードが強まったようです。

年明けから中国の引き締め、南欧のソブリンリスク、
アメリカからはボルカールールと呼ばれる新金融規制法案に
先週の公定歩合引き上げと、マーケットの腰を折るような
大きな材料が次々に飛び出していて二番底形成の声も
高まっていたのですが、このところはこうした材料全てをこなして
再び上昇に転じていたところでした。

今年はとにかく政治的なニュースが次々に出てきます。
金市場では先週18日IMFが近い将来に保有金191.3トンを
市場で売却すると発表し、ショックが走りました。

ただしこれはそれほど懸念されるものではないようです。
IMFは昨年11月に財政再建の一環として保有金のおよそ
8分の1に当たる403.3トン売却を決定。
そのうちインドが200トン購入、またモーリシャス中銀、
スリランカの商業銀行購入とあわせて202トン程度が購入されました。
今回はこの時の残りの分を市場で売るという話です。
あまり心配はいらないというのが専門家の見方。。。

米メリルリンチの商品アナリスト幹部が
来年末から2011年にかけての金価格が1500ドルとなると予測していると
月曜のマーケットトレンドの志田富雄さんがお話されていらっしゃいます。

さらに昨日はオーストラリア中銀総裁が
資源ブームは進行中、2020年以降も続く可能性と
資源価格の高騰が今後10年以上続くと発言。
国内のインフレ抑制のためには豪ドル高を容認するといった
姿勢を見せています。
豪ドル高は商品高って相関は崩れないとみてもよさそう。

さて、今後の商品市場は?
今日はオーバルネクストアナリスト 小針秀夫さんにお話を伺います。
昨日のNYの動きでまた神経質な動きとなりそうですが、

また夕方にお会いしましょう。


TOCOM直接投資の金・白金ETF上場 [大橋ひろこコラム]
2010.01/27 大橋ひろこ 記事URL

NYの金や白金のETF市場はいまや金やプラチナの価格や
今後の動向を占うまでの存在に成長しています。
貴金属ETFはカルパースなどの年金基金等、
機関投資家などに注目される新たな投資先となっているのですが、
来月また世界の投資家の関心を集めるであろうETFが日本に誕生します。

大阪証券取引所は昨日、東京工業品取引所の金および白金の先物取引に
直接投資するETFを、2月15日に上場することを承認しました。
このETFは、国内の商品先物取引に直接投資する
国内籍ETFとしては第1号となります。
 
現在も金や白金価格に連動するETFは存在しますが、
このETFは東工取での値動きをリアルタイムで見ながら売買できるため、
機関投資家だけでなく個人投資家の利便性が高く、人気化しそうです!!
 
現在の金や白金の価格を適用すると、
いずれも3万円程度から投資できそうです。楽しみですね。

金ETFは、みずほ投信投資顧問が設定・運用を行う
「国内金先物価格連動型上場投信 受益証券(コード:1683)」で、
東工取の金先物の期先限月の清算値を対象指標とするものです。

また白金ETFは「NEXT FUNDS 
日経・東工取白金指数連動型上場投信 受益証券(コード:1682)」は、
日経・東工取白金指数を対象指標として、野村アセットマネジメント
株式会社が設定・運用を行うものです。

今日はオーバルネクストアナリスト小針秀夫さんにお話を聞きます。
このETFについても聞いてみますね。また夕方お会いしましょう。


CFTCのエネルギー建玉の影響は? [大橋ひろこコラム]
2010.01/20 大橋ひろこ 記事URL

先週14日にCFTC米商品先物取引委員会が、
原油などエネルギー関連先物の投機的な取引に
持高規制を導入する案を発表しました。
ポジションを持つ総量が規制されるということですね。

2008年夏には147ドルまで上昇し、
これが世界景気の後退を招いたとも言われている原油市場ですが、
今年再び80ドル台に乗せるなど半値近くまで戻ってきています。
今後はこうした取引の過度な集中を避け、
適正な価格を形成する目的での規制導入ということですが、
これが今後マーケットに与える影響はどの程度あるのでしょうか。
 
対象は原油、天然ガス、ガソリン、燃料油それぞれの先物で、
導入されれば資金の流出入が穏やかになり、
先物価格が乱高下しにくくなるといわれていますが、
この規制を嫌ってファンド勢などがポジション調整の売りに動けば、
エネルギー市場から資金が流失し、その他の商品価格も連れて下げるのでは?
という見方や為替市場では豪ドルなど商品市況と関係の深い通貨などにも
影響がでるとの観測もあります。

いまのところ大きなインパクトは内容に見えますが、
原油価格は84ドル近くまで上昇していたのが、
このニュースが出た頃を天井に
80ドル台を割り込む下落となっているんですよね。

今日の番組ではオーバルネクストアナリストの佐藤昌彦さんに
エネルギー市場の動向と今後の見通しを伺います。
また夕方のマーケットトレンドでお会いしましょう。


寒波で原油は高かったけれど・・・中国発調整となるか?! [大橋ひろこコラム]
2010.01/13 大橋ひろこ 記事URL

昔、私の実家の寝室の窓は模様が入ったガラスで
凹凸がある加工でしたから外が見えませんでした。
庭の景色がぼんやりした色で浮かび上がって見えるような
分厚い加工ガラス窓。今はこんなガラス流行りませんよね(笑)
あまり見かけないですもの。
外からも家の中が見えにくく、防犯上も良かったのでしょうけれど、
幼い頃、冬になると、この窓のお陰で毎朝毎朝起きてすぐ窓をパーッと
開けるのが習慣となってしまいました。

どうしてかって?!

この窓だと外が見えないから、雪が積もっているかどうかわからないんです。
カーテンを開けると、冬だからなんとなく外が白っぽく見えるもの。すると、
「わぁー今日こそきっと一面の銀世界だ!きっと!!」
と嬉しくなり、あわてて窓を開けて確認するのですが、
そうなかなか思うようには雪が降らない年もあって(笑)

寒いし、びしゃびしゃになるし、雪かきはしなくちゃいけないし、
今となっては雪に降られるとそれはもう大変なんだけど、
何だってあの頃は雪が積もるのを待ちわびていたんでしょうね。

雪のニュースを聞く度に、窓を開けた瞬間目の前に広がる雪景色に
興奮したあの頃を思い出してしまいます。

それにしても、、、今年は暖冬って予想が出ていたんじゃなかったっけ?!

世界的な寒波の影響で原油価格も80ドル台に乗せたりしていましたが、
昨日、中国人民銀行が銀行の預金準備率を18日から0.5%ポイント
引き上げることを発表しました。
これにより流動性が引き締められるとの懸念から、
昨晩NY市場はリスク資産から資金が流出したのでしょうか、
株式、商品、為替と軒並み下げています。
為替市場では特に中国の主要貿易相手国の
オーストラリアドルの下落が気がかり。
豪経済に大きな調整が入れば金価格に敏感に影響するのでは?!

今日のマーケットトレンドは
オーバルネクストアナリストの東海林勇行さんに
貴金属市場の動向と今後の見通しを伺います。
また夕方の番組でお会いしましょう。


庚寅2010年はガラガラポンでチャンスの年 [大橋ひろこコラム]
2010.01/06 大橋ひろこ 記事URL

皆様あけましておめでとうございます。

2010年寅年。
どんな1年になるでしょうか。今年は60年周期で一度の「庚寅」です。

ある人は「パラダイムシフト」が起きると言い、
ある人は「大人虎変」で世の中が大きく変化すると言い、
ある人は「物事が正しい方向へ改まる年」になると言い、
ある人は「天変地異」が起きると言い、
ある人は「地殻変動」が起こると言い
ある人は「政権交代」の流れが継続すると言い、
ある人は「資本主義経済が崩壊する」と言う。

なんだかスゴイでしょ・・・・。
いろいろと2010年の予測を調べてみると、
今年はとんでもないガラガラポンな年になりそうなんです。

「庚」と「寅」の重なった2010年、
あまり楽観できない大変な1年になりそうですね。

日本株のパフォーマンスをみても寅年は戦後60年を振り返って
通算成績1勝4敗と負け越し。
この60年で負け越しているのは午年(2勝3敗)とこの寅年だけですって。
日経平均の歴史的な安値に相当する
1950年の85円、74年の3355円、98年の1万2879円は
いずれもこの寅年につけたものです。
今年はあまり大きく利益を求めてのトレードは控えたほうがよさそう。

しかし、来年卯年は「卯跳ねる」です。
さらに、その翌年の辰は十二支中最高のパフォーマンスの年回り。
いろいろ言われている2012年は壬辰にあたり、
壬は十干中最高のパフォーマンスなんです。
ということは今年大きく崩れるところがあれば拾っておく!!
絶好の仕込み場がやってくる年と考えてもよさそうです。
これ、株式市場の話ですが・・・。

虎穴に入らずんば、虎子を得ず』です。
恐れていてばかりは何もできません。
恐れず行動する勇気が試される年?!
大変な事が起ころうともひるまず攻めの姿勢で行きましょう。
投資だけでなく、人生においても。

で、、、、金相場はどうなんでしょうか。
新年度入りで金市場にファンドの買いが入っているようですね。
WTI原油価格80ドルを超えて大幅上昇。
ご祝儀相場はどこまで続くかしら?
今日のマーケットトレンドでは
オーバルネクストアナリストの森成俊さんに
2010年の金相場についてお話を伺います。
また夕方お会いしましょう。


半ドンから終日立会いへ [大橋ひろこコラム]
2009.12/30 大橋ひろこ 記事URL

今日は大納会!!

大納会の日は午後からお酒を飲んで関係各所に挨拶回り・・・・。
って言うのが毎年恒例だったのですが、今年から終日立会い。
来年1月4日の大発会も終日立会いとなり「半ドン」って言葉が
なくなります。ん?!
そもそも半ドンってそもそも何処から来た言葉かな?

でも、実は昭和50年代半ば頃までは官公庁の仕事納めとあわせて、
立会いは12月28日までだったはず。
いつから30日までになったのでしたっけ?
証券、商品業界関係者はギリギリまで働きます!
(穀物取引は例年通り)
為替取引従事者は年末年始も関係ないとか。
お疲れ様です。。。。

マーケットトレンドは今日が今年最後の放送です。
私も今年はこの放送が仕事収め。
今日はオーバルネクストの小針秀夫さんに大納会を終えて、
そして2009年のコモディティマーケットを振り返って
お話いただこうかな、、と考えています。

今年最後の放送、17:30~是非LIVEで聞いてくださいね~♪


天井か調整かそれが問題だ [大橋ひろこコラム]
2009.12/09 大橋ひろこ 記事URL

CME金チャート


ようやく金にも調整が入っています。
ん?!調整と呼んでいいのかしら?
ひょっとして天井なんてこともあるのかしら?

ドバイショック時の急落ではすかさず買いが入り、
調整わずか数時間で再び高値を更新する切り返しを見せたのですが、
先週末の雇用統計ショックでのドル急騰にはさすがの金も
大暴落となりました。
ドバイショックに雇用統計ショックって(笑)
このところインパクトの大きい材料が豊富で激しい相場が続いています。
為替市場も乱高下していますが、注目はドル安が止まったのかどうか。
これまで売られ続けてきたドルが巻き返されるなら金市場にとっては
売り要因となります。
金価格はまだまだ高値を追い続けることが可能なのか。
天井をつけてしまったのか・・・。
今後の金市場を占うには為替市場の動向も気がかりですね。

今日はオーバルネクストアナリストの東海林勇行さんに
金市場の動向と今後の見通しと題してお話を伺います。
また夕方にお会いしましょう!!


10年も経つの?! [大橋ひろこコラム]
2009.12/02 大橋ひろこ 記事URL

表参道のイルミネーションが11年ぶりに復活とのニュースを聞いて、
皆さん、どう感じられましたか?

それはステキなことね。
環境問題が叫ばれる時代に逆行してるのでは・・・?
見に行きたいなぁ・・・。

いろいろ思うことはあるのだと思います。
私が瞬間抱いた感想。
「えっ?!11年も点灯辞めてたっけ?」

見物客のマナーやゴミ問題から周辺住民の不満が高まり、
確か木への負担なども問題視されてイルミネーションが取りやめに
なったことは覚えています。でもそれって11年も前の事でしたっけ?
私の中ではつい数年前くらいの出来事のような。。。。
10年ってあっという間ですね。
あれが10年も前の事だったってことが私には衝撃でした。

折角ですから見に行きたい気もしますが、寒空の中の混雑は堪えますよね。
ああ、すっかりロマンチックでなくなった自分にも
なんだか残念な想いがいたします(笑)
今回はLEDランプを使用するとのことで
環境にも配慮した形での復活のようです。

さて、今日のマーケットトレンドでは
オーバルネクストアナリストの森 成俊さんに
貴金属市場の動向と今後の見通しを伺います。
昨晩NYの金価格は1200ドルの大台に乗せました。
ドバイショックなどお構いなし?!

中国の政府高官が2兆ドルを超す外貨準備の運用について
「金の保有量を3~5年以内に6000トン、
8~10年以内に1万トンまで増やすべきだ」
と発言したというニュースも
相当なインパクトとなっているものと思います。
だって、現在の金保有高は約1000トンですよ。

金はこのままどこまで上がり続けるのでしょうか。森さんに伺います。
また夕方の番組でお会いしましょう。


新たな時代へ?!金関連新ファンド設立の話 [大橋ひろこコラム]
2009.11/25 大橋ひろこ 記事URL

銀座のクリスマスツリー天辺が写らない!!

いずれ金は買いたくても買えないくらい高騰する-。
長らく商品市場と対峙してきたアナリストの方々は何年も前からこの時が来る事を予測していました。ラジオNIKKEIの番組でも原油や穀物には懐疑的な相場があっても、金に対してだけは一貫して強気を通された出演者の方々の顔を思い出します。
いよいよ本当にその時が来たようです。
金は現在も史上最高値を更新し続けています。

ジョン・ポールソンをご存知でしょうか?
サブプライム危機をいち早く察知し住宅関連証券や金融株を空売りしたことで
昨年の暴落の中にあっても傘下のヘッジファンドのパフォーマンスはプラス36%!
昨年に関してはヘッジファンド全体のリターン平均が▲19%でした。
今、バフェットやロジャーズらに並んで彼の動向には注目が集まっています。

そのポールソン氏が鉱山会社と金関連デリバティブに投資するファンドを
来年からスタートさせることが明らかになりました。
彼自身、今年から金関連への投資を割合を増やしており、
彼のファンドから数兆円単位の資金が金関連商品に
投資されていると言われています。

でも、、、気がかりなのは来年の設立ということですよね。
現在史上最高値圏にある金価格、金関連商品も軒並み高値をつけています。
こんなタイミングでファンド設立しても儲かるものなのか?
投資の基本は「安く仕込んで高く売る」ですよね。

ところがポールソン氏は「金の上昇サイクルはまだ始まったばかり」
と超強気です。まだまだここからが本番ってこと?!
金がこれだけ高騰する背景には
通貨への信認低下や将来のインフレへの不安など
様々な意味が込められているものと思います。
それは単純に喜ばしいことではないのかもしれません。
歴史の大転換を今、目にしているんですね。

今日はオーバルネクストアナリスト小針秀夫さんに
「工業品銘柄の展望と今後の見通し」を伺います。
金だけじゃなくてTOCOMのゴム価格も高値更新しています。
さて、一体何が起こっているのでしょうか?


原油は本当に不足するのか [大橋ひろこコラム]
2009.11/18 大橋ひろこ 記事URL

何件か忘年会の予定が入っています。
もう忘年会のスケジュール調整をする時期なんだなぁって
思うとちょっとドキドキしてきます。何でしょう、、、焦燥感?(笑)

毎日株や商品や為替などのマーケットを眺めていると
1年なんて本当にあっという間ですよね。

さて金が派手に動いているので、その陰に隠れあまり話題にならない印象があるのですが
原油価格も80ドルまで上昇しています。

昨日の日経新聞に「国際商品にマネー流入 リスクをとって未決済のまま抱えている持ち高の合計は今年の底から金で7割急増し、原油やトウモロコシで1~3割増えた。」という記事がありました。株式を処分して金に資金を移動させて成功しているヘッジファンドもあるそうですが、金が7割も持ち高増となっている中で、原油が1から3割というのがちょっと気になりました。

昨年原油が147ドルをつけてから30ドル台まで急落した際には、原油市場に相当な投機玉が入っていました。需給で形成された価格ではなかったわけです。少なくとも昨年の高値の時点では。でも、再び80ドル台まで上昇してきた過程では投機玉はそれほど原油市場に入ってきていないことになります。

ゴールドマン・サックスは年末までに1バレル=85ドル、来年に95ドルに達するとの見通しています。さらに、「原油は今後数カ月中に世界で不足する」と言っています。
原油や銅、トウモロコシの需要が向こう数カ月間に供給を上回る可能性が高いとみているということで投機で価格が上がるのではなく、需給が逼迫するから値段が上がるとしています。

また、国際エネルギー機関(IEA)は09年版のエネルギー需要予測の中で
20年には、需要増を背景に約130ドル、30年には約190ドルに上昇すると予測しています。30ドル台にまで下落した際には、もう2度と150ドルだなんて馬鹿げた価格があるとは
思いませんでしたが、たった1年でこうした強気予想が出てくるとは驚きです。

確かに新興国の株価の回復は凄まじく、新興国が経済発展を遂げるなら
エネルギーをどんどん消費することは不思議ではないのですが・・・。

今日のマーケットトレンドでは久しぶりに原油価格についてお話を聞きます。
このところ金の話が続きましたものね。
オーバルネクストアナリスト佐藤昌彦さんにお越しいただきます。
また夕方にお会いしましょう。


 全66ページ中59 ページ   前の10件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 [59] 60 61 62 63 64 65 66 次の10件