42ドル台にまで下落してきたWTI原油 [大橋ひろこコラム]
2016.07/27 大橋ひろこ 記事URL

6月8日に51.23㌦とボトム2月11日の26.21㌦のほぼ2倍まで上昇していたWTI原油価格が,7月26日42.92㌦まで下落しています。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日は株式会社セキツウ常務取締役 山内弘史さんに
原油市場の需給と今後について伺いました。

2014年秋から2016年2月まで下げ続けた要因は供給過剰だった。
供給過剰が在庫過剰につながり,原油価格を急落させてきたのです。

直近の米国原油在庫(7月15日)は519.5万㌭ 前週比230万㌭減,前年比112.0%で
9週続けての在庫減少とはなっていますが、これは季節的要因であるガソリン需要期の
ガソリン増産に備えて3~4月に原油在庫を積み増したことによるものです。
(3~4月が原油在庫積み増しピーク)

そこから旺盛な需要も手伝って原油在庫は減少しています。
在庫が再び積み増しに向かうの冬の暖房油増産に備えが始まる8月半ば以降。

結局は,絶対量が減っても在庫が高水準であることに変わりはありません。

米国の7月第3週の原油生産量は849万㌭/日(2015年4月969万㌭/日がピーク)
2015年ピーク時に比べると120万㌭/日の減産ですが、
原油価格が45~51㌦をしばらく続けたことによって,石油稼働リグ数は横ばいから
やや回復傾向へと向かっています。
リグ稼働数はボトム5.17の316基が7.22には371基に増えました。
これからは減産率の鈍化が予想されます。

一方、米国の石油需要は2005年以来の高水準。米国は景気がいいんですね。
年初から7.15では1,996万㌭/日消費となっていますが、これは前年同期比1.7%増。
仮に秋の寒気の訪れが早くて厳冬となれば2005年以来の2,000万㌭/日超も?!

需要増を支えているのはガソリンです。ガソリン価格が下落したことで
需要が増加しているのです。プリウスより燃費を考えなくてもいい大型車が
売れているとか。引き続き米国ガソリン需要の好調が続くのか否かが
ポイントですが、続くとしてもガソリン在庫が高水準になってきています。

米国産原油は軽質油であるため、米国製油所でガソリンに精製するには向きません。
よって、米国は重質原油を輸入してガソリンに。
この米国輸入も昨今の原油価格上昇の一因となっていたのでしょう。
しかも米国以外ではガソリン需要は伸びていません、、、。
 

EIAの7月の「短期エネルギー見通し」によると
2016年は世界の石油供給量は供給過剰のまま。
バランスするのは2017年に入ってから。

カナダの山火事やナイジェリアのパイプライン爆破の影響などもあって
一時は年内に需給がバランスするという見方が広がっていましたが、
カナダの生産はほぼ回復してきており、
さらにイランやサウジが増産していることなどから
供給への懸念が後退、年内に需給均衡となるという見通しが修正されています。

ではここからの原油価格見通しは?
詳しくはオンデマンド放送で山内さんの解説をお聞きくださいね。

*****************************************************************

ここで「コモディティ・フェスティバル2016」のお知らせです。

コモディティ投資が学べる1日。コモフェス、今年も東京・大阪で開催します。


9月17日土曜日、大阪・本町 大阪科学技術センタービル
9月24日土曜日、東京・御茶ノ水 ソラシティホール

世界を動かすコモディティ。

コモディティを知り尽くした専門家やファンドマネージャーによる、今後の原油、金投資の講演。
豪華グッズがあたるコモディティ抽選会もあります。

「マーケット・トレンド」でもおなじみの小次郎講師、池水雄一さん、江守哲さんが登壇されます。
ご友人・ご家族連れでぜひお越しくださいね。

私、大橋ひろこもイベントに参加しますよ~!

参加は無料ですが、事前にお申し込みが必要です。
東京・大阪両会場のお申し込み、
イベントの詳細は下記のバナーをクリックしてくださいね!




小次郎講師のトレードラジオ講座~トレードエッジの計算式 [『小次郎講師のトレードラジオ講座』第1期(~16年8月)]
2016.07/26 大橋ひろこ 記事URL

日本橋堀留町のTOCOMスクエアから毎日公開生放送。マーケット・トレンド毎週火曜は「小次郎講師のトレードラジオ講座」です。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。今回のテーマはLesson12「トレードエッジの計算式」

小次郎講師が常々重要だとして繰り返しお話されるのが
エッジの効いた局面でのエントリー。

では、そのエッジって一体なんでしょうか?!

今回のテーマは「トレードエッジ」
実はこれ、計算式からはじき出せるんです。

TE(トレードエッジ)=勝率×平均利益-負け率×平均損失

何やら難しそう・・・・と敬遠するなかれ。

凄くシンプル、覚えてしまえばとても簡単な計算です。
ただ、問題はきちんと覚えて常々意識できるまでに活用できるか、
ってところですね。今回、この計算式からはじき出された数字の意味を
理解したところで、実際に自身のトレードで活用できるところまで
到達できるか否か、、、。それは繰り返しこの計算式に沿って
実際のトレードにおける検証をしなければなりません。

これができるかどうかが勝者と敗者の分け目と言っていいでしょう。

勝率が高くても生き残れません。
勝率が低くてもTEがプラスの数値であれば
そのトレード手法を繰り返せば資産は増えていきます。

勝ち組の条件は勝率にあらず、TEにあるのです。

平均利益=トータル利益金額÷勝ちトレード回数
平均損失=トータル損失金額÷負けトレード回数
勝率はトレードした回数で利益になった回数からはじき出せますね。

負け率は1から勝率を引けばOK

はじき出された答えが、プラスの数値ならば大数の法則から
その手法でトレードを繰り返せば利益が増えていきます。
答えがマイナスになるようなら、、、今の手法を変えるべきです。
トレードすればするほど資産は減っていきます。

テキストには例題と練習問題がありますので、
是非テキストをご覧になって、繰り返し計算をして自分のものに
してください。なによりそれが一番重要なことです。

テキスト詳細はこちら。

TEの詳しい解説はオンデマンド放送で小次郎講師の解説をお聞きくださいね。

*****************************************************************

ここで「コモディティ・フェスティバル2016」のお知らせです。

コモディティ投資が学べる1日。コモフェス、今年も東京・大阪で開催します。


9月17日土曜日、大阪・本町 大阪科学技術センタービル
9月24日土曜日、東京・御茶ノ水 ソラシティホール

世界を動かすコモディティ。

コモディティを知り尽くした専門家やファンドマネージャーによる、今後の原油、金投資の講演。
豪華グッズがあたるコモディティ抽選会もあります。

「マーケット・トレンド」でもおなじみの小次郎講師、池水雄一さん、江守哲さんが登壇されます。
ご友人・ご家族連れでぜひお越しくださいね。

私、大橋ひろこもイベントに参加しますよ~!

参加は無料ですが、事前にお申し込みが必要です。
東京・大阪両会場のお申し込み、
イベントの詳細は下記のバナーをクリックしてくださいね!

金は調整か、頭打ちか...。どう読むFOMC [大橋ひろこコラム]
2016.07/21 大橋ひろこ 記事URL

米株ダウ平均は連日の史上最高値を更新、日本株もヘリコプターマネー期待で堅調地合いが継続しています。英国のEU離脱ショックからすっかり立ち直ったかに見える金融市場で、ドル建て金価格は調整局面を迎えています。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はみんかぶ商品調査部門の森成俊さんに
貴金属市場の現状と今後を伺いました。

7月6日には2014年3月以来の高値となる1,374ドルまで上伸した金市場ですが、米株高から高値調整局面入りとなっており20日には1,312ドルまで下落となっています。
当面は1,300ドル台を維持できるかに注目ですが、
来週は26、27日にFOMCの開催、29日に米第2四半期のGDP発表を受け
ドルがどのような反応を示すかがポイント。
ドル高進行なら1,300ドル維持に向けての正念場となる可能性があります。

7月のFOMCでの利上げは見送り予想も、9月20、21日のFOMCで利上げの
可能性は25%程度、年末12月13、14日は50%近い確率で利上げ予想と
少しづつ年内利上げの可能性を織り込み始めています。
夏場の個人消費が旺盛ならば米労働市場は持ち直し、
9月の利上げの可能性が高まってきたと、森さん。

ドル高は金市場上昇にとっては逆境ですが
現在 金市場へ中期投資資金の流入は継続しています。
金ETF市場は5月から再度、買い資金が流入していましたが、
6月に入って資金流入が加速しました。


ETFの金現物保有高は
7月20日現在、1,302.05トン(6月20日現在は1,245.60トン)
3月31日現在の1,153.94トンから約13%増加。
年初の974.68トンからは約34%増加です。

金ETFであるSPDRゴールの現物保有高は965.22トン。
3月31日現在の819.28トンから約18%増加。
年初の643.56トンからは約50%増加となりました。

注意が必要なのは投機資金。
二ューヨーク金市場での大口投機家の買い越しは
7月5日現在、31万5,963枚まで増加しました。
12日現在で29万7,463枚に減少もなお高水準。
先物市場の買いポジションはどこかで必ず反対売買によって決済されます。

ではここからの金価格動向の見通しのポイントは?
円建て金の動向やプラチナ価格との鞘などのお話を含めて
詳しく森さんにお話いただいています。
是非オンデマンド放送で森さんの解説をお聞きくださいね。

*****************************************************************

ここで「コモディティ・フェスティバル2016」のお知らせです。

コモディティ投資が学べる1日。コモフェス、今年も東京・大阪で開催します。


9月17日土曜日、大阪・本町 大阪科学技術センタービル
9月24日土曜日、東京・御茶ノ水 ソラシティホール

世界を動かすコモディティ。

コモディティを知り尽くした専門家やファンドマネージャーによる、今後の原油、金投資の講演。
豪華グッズがあたるコモディティ抽選会もあります。

「マーケット・トレンド」でもおなじみの小次郎講師、池水雄一さん、江守哲さんが登壇されます。
ご友人・ご家族連れでぜひお越しくださいね。

私、大橋ひろこもイベントに参加しますよ~!

参加は無料ですが、事前にお申し込みが必要です。
東京・大阪両会場のお申し込み、
イベントの詳細は下記のバナーをクリックしてくださいね!

穀物生産4年連続豊作も中長期の需給は...。 [コモディティの見通し(大橋ひろこ)]
2016.07/20 大橋ひろこ 記事URL

エルニーニョからラニーニャへ、、、ということで天候リスクが警戒された2016年の穀物市場。実際に南米産の大豆生産には影響が出たことで4月から6月初旬にかけてシカゴ大豆相場が急騰、これに連れてとうもろこし相場も急伸する天候相場期待の値動きもありましたが、米国産トウモロコシの最重要期となるトウモロコシの受粉期の天候にはほぼ問題がなく、とうもろこし相場は上昇分の全てを吐き出す「行って来い」の相場となってしまいました。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日は資源・食糧問題研究所 柴田明夫さんをお迎えして
穀物相場の足元の状況と中長期展望を伺いました。

7月12日発表の新穀需給報告としては3回目のUSDA需給レポートは
前月から需給が一段と緩和する内容となりました。

2016年~2017年度の世界農産物需給は
世界の穀物生産量25.25億トンで史上最高となり4年連続の豊作予想。

しかし柴田さんは生産量にブレはあるものの、おおよそ25億トンくらいが
世界穀物生産の頭打ちとなる水準ではないか、として、
一方で伸び続ける世界の需要(消費)を考えると、将来における需給には
不安がないわけではないと解説くださいました。

穀物貿易量(輸出)は3億8136万トンで過去2番目の水準にまで増えていますが
世界穀物生産量は25億トンです。貿易比率はわずか15%程度にすぎません。

国際も供物市場は生産量に対して貿易量が限定的であることから
「薄いマーケット」と呼ばれているのだそうです。
生産国はまずは自国の消費・備蓄分を確保、余剰分を輸出(貿易)に
回しているに過ぎないためです。

生産効率の向上などで生産量も増加している関係で貿易量も
今世紀にはいって2億トンから3億トン台後半へと拡大しているものの
全体で見れば貿易に回る比率は低いままです。


薄いマーケットであるということは、即ち値動きが大きい、ボラティリティが
高くなりがちである、ということでもあります。

特に中国は、90年台半ばの大豆輸入量はゼロだったのですが
前年度は8300万トン、今年度は8700万トンと輸入を一段と拡大するまでの
大豆輸入国となりました。90年台までは自国生産で賄っていたのですが
それでは足りなくなったということですね。


中国の場合、自国で大豆消費するだけでなく、輸入した大豆を搾油し輸出する
ビジネスを拡大しており、中国は世界の搾油工場としての性格を強めている
という背景もあるようです。

どのような理由にしろ、大豆の世界の貿易量の63%が中国という存在感。

こうした薄いマーケットに大国中国が参入してきたことは
将来の穀物価格変動のリスクでもあります。

特に多くを輸入に頼っている日本は、薄いマーケットと呼ばれる
穀物市場の激しい価格変動の影響を受けやすいのです。
自給自足ができるのが一番なのですが...。

短期的には豊作予想で価格下落となっている穀物市場ですが、
将来は。。。?!

詳しくはオンデマンド放送で柴田さんの解説をお聞きくださいね。

*****************************************************************

ここで「コモディティ・フェスティバル2016」のお知らせです。

コモディティ投資が学べる1日。コモフェス、今年も東京・大阪で開催します。


9月17日土曜日、大阪・本町 大阪科学技術センタービル
9月24日土曜日、東京・御茶ノ水 ソラシティホール

世界を動かすコモディティ。

コモディティを知り尽くした専門家やファンドマネージャーによる、今後の原油、金投資の講演。
豪華グッズがあたるコモディティ抽選会もあります。

「マーケット・トレンド」でもおなじみの小次郎講師、池水雄一さん、江守哲さんが登壇されます。
ご友人・ご家族連れでぜひお越しくださいね。

私、大橋ひろこもイベントに参加しますよ~!

参加は無料ですが、事前にお申し込みが必要です。
東京・大阪両会場のお申し込み、
イベントの詳細は下記のバナーをクリックしてくださいね!

小次郎講師のトレードラジオ講座~予想から確立へ [『小次郎講師のトレードラジオ講座』第1期(~16年8月)]
2016.07/19 大橋ひろこ 記事URL

日本橋堀留町のTOCOMスクエアから毎日公開生放送。マーケット・トレンド毎週火曜は「小次郎講師のトレードラジオ講座」です。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。今回のテーマはLesson11「予想から確立へ」

小次郎講師が常に口にされるダジャレ「予想はよそう」ですが、、、
いえいえ、ダジャレじゃないんです。大真面目におっしゃっているのです。

明日上がるか下がるかは50%50%。

しかし、ある局面ではバランスが崩れエッジが生じます。
エッジとは、確率の高い優位性が発生しているということ。
そのエッジのある方向にトレードすれば当たり外れはあったとしても
最終的には資金を残していくことができます。
これが「大数の法則」

大数の法則とは、
データが多くなればなるほど正確に確率が反映されることです。

例えばサイコロを6回振っても必ず1回1の目が出るとは限りませんが
6000回振れば1000回近くは1の目が出るのです。
出口調査や視聴率などはこの大数の法則に基づいています。


予想するのではなく、大数の法則に則ってエッジのある状況を見抜き
トレードすることで勝利の確率を高めることが肝要ですが、
最も大事なのは「資金管理」であるとも...。

詳しくはオンデマンド放送で小次郎講師の解説をお聞きくださいね。

*****************************************************************

ここで「コモディティ・フェスティバル2016」のお知らせです。

コモディティ投資が学べる1日。コモフェス、今年も東京・大阪で開催します。


9月17日土曜日、大阪・本町 大阪科学技術センタービル
9月24日土曜日、東京・御茶ノ水 ソラシティホール

世界を動かすコモディティ。

コモディティを知り尽くした専門家やファンドマネージャーによる、今後の原油、金投資の講演。
豪華グッズがあたるコモディティ抽選会もあります。

「マーケット・トレンド」でもおなじみの小次郎講師、池水雄一さん、江守哲さんが登壇されます。
ご友人・ご家族連れでぜひお越しくださいね。

私、大橋ひろこもイベントに参加しますよ~!

参加は無料ですが、事前にお申し込みが必要です。
東京・大阪両会場のお申し込み、
イベントの詳細は下記のバナーをクリックしてくださいね!

金上昇一服、白金騰勢強める~鞘縮小局は本物か [大橋ひろこコラム]
2016.07/14 大橋ひろこ 記事URL

米株が史上最高値を更新、日本株にも見直し買いが入り、ブレグジットショックによるリスクオフの大きな修正が入っているようです。金価格上昇はストップ、調整局面入りとなっていますが、大きく売り込まれる気配はありません。下がれば買いたい向きが拾っているという印象。ファンドの買いが膨らんでいることがリスクとされていましたが、手仕舞い売りがあっても再度買いなおされ、回転が効いているようです。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。

今日はマーケットアナリスト菊川弘之さんにお話を伺いました。



菊川さんは、米株高と金高、どちらかに修正が入るなら
むしろ株ではないか、として米株高に警鐘を鳴らす一方、
金は世界が低金利時代に突入する中にあって、
まだまだ上昇の初動であると解説。日欧がマイナス金利、
英国は、0.5%の政策金利をゼロ金利にするとみられています。

米国利上げにも懐疑的となってきた金融市場、通貨の信認低下で
金には見直し買いが続いていますね。

プラチナ価格も堅調です。

世界第1位のプラチナ生産国・南アフリカ。
南ア最大の産金業界労働組合である全国鉱山労働者組合(NUM)の
プラチナ部門の賃上げをめぐる労使交渉が始まり、プラチナ価格を押し上げています。

現在のインフレ率を大幅に上回る賃上げ要求を
経営者側に突き付けており、交渉は長期化の様相を呈するとみられます。

株価が上昇し、需要増期待が高まる中、ストライキによる
供給への障害が懸念されているということですが、
では、プラチナ価格は金価格を上回るところまで
正常化に向けて上昇が継続するでしょうか・・・。

菊川さんには原油相場についても伺っています。
詳しくはオンデマンド放送で菊川さんの解説をお聞きくださいね。

*****************************************************************

ここで「コモディティ・フェスティバル2016」のお知らせです。

コモディティ投資が学べる1日。コモフェス、今年も東京・大阪で開催します。


9月17日土曜日、大阪・本町 大阪科学技術センタービル
9月24日土曜日、東京・御茶ノ水 ソラシティホール

世界を動かすコモディティ。

コモディティを知り尽くした専門家やファンドマネージャーによる、今後の原油、金投資の講演。
豪華グッズがあたるコモディティ抽選会もあります。

「マーケット・トレンド」でもおなじみの小次郎講師、池水雄一さん、江守哲さんが登壇されます。
ご友人・ご家族連れでぜひお越しくださいね。

私、大橋ひろこもイベントに参加しますよ~!

参加は無料ですが、事前にお申し込みが必要です。
東京・大阪両会場のお申し込み、
イベントの詳細は下記のバナーをクリックしてくださいね!


 

上値重い原油、下落続くゴムここから [大橋ひろこコラム]
2016.07/13 大橋ひろこ 記事URL

WTI原油市場は50ドル台を値固めできずに失速。カナダの山火事やナイジェリアの武装勢力によるパイプラインの爆破による生産障害懸念などで50ドル台にまで上昇してきましたが、カナダの山火事は鎮静化、生産が戻ってきたことや、ナイジェリアの武装勢力と政府が停戦したことなどで、供給障害への懸念が後退したことも一因ですが、そもそもの需給はどのようになっているのでしょうか。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。今回は商品アナリスト小針秀夫さんにお話を伺いました。

米石油生産向けの掘削設備(リグ)稼働数が増加の傾向をたどっています。
エコノミストの最新号のタイトルは「oil supply,Rigonomics」
石油の供給、リグ経済学、、、と訳されるでしょうか。

リグの数の増減が米国シェール原油生産をはかる一つの目安となっています。
2014年10月の1609基をピークに今年2016年5月27日には316基まで減少していました。
これが6月に入ってから3か月ぶりに増加に転じている、、、これが
足元の原油価格下落の一因ともなっています。

原油価格50ドルを超えてくると生産再開となるということでしょうか。
50ドルというのは今後のマジックナンバーとなるのかもしれません。

また小針さんにはゴム価格についても伺っています。

2016年前半は、供給過剰で下落するゴム価格を支援するために
タイ・マレーシア・インドネシアの生産3か国が
61・5万トンもの輸出削減で合意したのですが、
(この合意でゴム価格は上昇していた)
その後、統計上の数字にも出てこないばかりか、アナウンスもなく
実際に生産輸出抑制は実施されたのか懐疑的状況。

また上海ゴム在庫が急増しているほか、タイでも在庫が増加しており、
供給過剰感は否めません。こうした背景からゴム価格は下落が続いているのですが、、

小針さんはテクニカル的には下げ止まる可能性について解説くださいました。
また中国の自動車販売台数も好調だとか?!

ではここからの見通しは?!
詳しくオンデマンド放送で小針さんの解説をお聞きくださいね。


*****************************************************************

ここで「コモディティ・フェスティバル2016」のお知らせです。

コモディティ投資が学べる1日。コモフェス、今年も東京・大阪で開催します。


9月17日土曜日、大阪・本町 大阪科学技術センタービル
9月24日土曜日、東京・御茶ノ水 ソラシティホール

世界を動かすコモディティ。

コモディティを知り尽くした専門家やファンドマネージャーによる、今後の原油、金投資の講演。
豪華グッズがあたるコモディティ抽選会もあります。

「マーケット・トレンド」でもおなじみの小次郎講師、池水雄一さん、江守哲さんが登壇されます。
ご友人・ご家族連れでぜひお越しくださいね。

私、大橋ひろこもイベントに参加しますよ~!

参加は無料ですが、事前にお申し込みが必要です。
東京・大阪両会場のお申し込み、
イベントの詳細は下記のバナーをクリックしてくださいね!

NYMEX投資家金ロング1000トン、ETF金保有残高2000トンへ [大橋ひろこコラム]
2016.07/07 大橋ひろこ 記事URL

Brexitによりゴールドのレンジは1200-1300から1300-1400へ100ドル切り上がりました。Brexit以降、英ポンドは大きく下落1.48から1.29へ大きく下落しています。



皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。

今日はICBCスタンダードバンク東京支店長 池水雄一さんに騰勢強める金相場についてお話を伺いました。

先物市場、Nymexの投機家らの金ロングポジションは
長らく1000トンが目安となっていました。
1000トンを超えると手仕舞い売りにさらされ
大きく下落に転じるという経験則が存在していたのですが、
足元では、1000トンのくびきを超えて過去最高の1100トンにまで
金ロングが積みあがっています。


ETF市場も同様に資金流入が続いており、年初の1460トンから
足元では2001トンと541トンもの金残高増加となっています。

英国経済の今後の不透明感がポンド売りにつながり、またリスク資産の売却の
流れを作っています。英国では商業不動産ファンドの解約停止措置が相次いでいる
との報道も。逃げ出した資金は金市場に流入しているということですね。

ではここからのポイントは?!

まずは今週末の米6月の雇用統計。
前回発表された5月分がネガティブサプライズとなり、
金相場が急伸したことは記憶に新しいのですが、
5月分の数字がどの程度の修正があるのか、という点にも注目です。

今月のFOMCでの利上げはほぼないと見込まれていますが、
年内1回、もしくは年内の利上げは難しいと、利上げ予想が
過度に後退している現状が継続するのかどうかがポイント。

詳しくはオンデマンド放送で池水さんの解説をお聞きくださいね。

ドル円再び100円台へ~7月イベントどうこなす?! [大橋ひろこコラム]
2016.07/06 大橋ひろこ 記事URL

ドル円相場が再び100円台へと下落しています。6月24日の英国の国民投票でEU離脱が決まった際には1ドル98円台示現となりましたが、その後103円台まで反発、それから2週間日本株とドル円相場は半値程度までの戻りを見せてからは上値重く推移していましたが、再下落の様相を呈している背景には何があるのでしょうか。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。

今日は外為どっとコム総合研究所 シニアFXアナリスト
石川久美子さんにドル円相場の動向と今後のポイントを伺いました。

ドル円相場は、リスク回避ムードが強まるたびに
下落を強いられていますが、上値が輸出の売りに抑えられる中、
英国の商業不動産ファンドの解約停止が相次いでいることや
イタリアのモンテ・パスキ銀行の不良債権問題などが報じられたことで
5日の欧米株式市場が下落したことが引き金となって
再びリスクオフの様相が強まったことで、円買い圧力が強まったものと思われます。


英国の通貨ポンドは下げ止まる気配はなく、
BOEイングランド銀行のカーニー総裁はこの夏の利下げの可能性に
言及しているため、英国の株式市場は堅調であることが皮肉ですね。

再び100円大台割れが時間の問題というムードとなってきましたが、
ここからのポイントは何でしょうか。

石川さんは、今週の雇用統計で強い数字となれば、特に5月分の予想外に
悪かったNFPが上方修正されるなどの驚きがあれば、再びマーケットの焦点は
米国の利上げに向かう可能性もあるとして、
年内の利上げの可能性がかなり後退している現状の利上げ織り込み度の
修正によるドル高のシナリオも否定できないと解説くださいました。

では7月日銀は動くでしょうか?!

石川さんに詳しく伺っています。
詳しくはオンデマンド放送で石川さんの解説をお聞きくださいね。

小次郎講師のトレードラジオ講座~フィボナッチとは [『小次郎講師のトレードラジオ講座』第1期(~16年8月)]
2016.07/05 大橋ひろこ 記事URL

日本橋堀留町のTOCOMスクエアから毎日公開生放送。マーケット・トレンド毎週火曜は「小次郎講師のトレードラジオ講座」です。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。今回のテーマはLesson9「投資を科学する!フィボナッチとは?」



まずは、クイズです。
「1、1、2、3、5、8、13、21、・・・・・」

次に続く数字を答えよ。

これは某有名私立中入試問題なのだそう。

答えは 21の次が「34」
そして「55」「89」「144」と続きます。

難しいことはありません。単純な法則に気が付けば足し算で答えがでます。

「前の前の数」+「前の数」=「次の数」

この数列が、相場を支配する基本数列フィボナッチです。

レオナルド・ダ・ビンチの人体構成図、ミロのヴィーナス、パルテノン神殿や

エジプトのピラミッド、、、といった人工物だけではなく
そして花の花弁やヒマワリの種、松ぼっくりに至るまで自然界も
このフィボナッチ数列に支配されています。
では、このフィボナッチ、相場の世界ではどのように使われているのでしょうか。

このフィボナッチ数列の前の数字を次の数字で割ると、
その比率はどんどん0.618に近づいていきます。

さらに、数列の前の数字を次の次の数字で割ると、
その比率はどんどん0.382に近づいていきます。
これは是非、テキストでその一覧表をご覧くださいね。
テキストはこちら


この38.2% 61.8%というのが重要。
この黄金比が「押し目」や「戻り」の目安となるのです。


押しの第1段階~第3段階のパターンについて、小次郎講師に解説いただきました。
詳しくはオンデマンド放送で小次郎講師の解説をお聞きくださいね。

 全83ページ中44 ページ   前の10件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 [44] 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 次の10件