ドル円再び100円台へ~7月イベントどうこなす?! [大橋ひろこコラム]
2016.07/06 大橋ひろこ 記事URL

ドル円相場が再び100円台へと下落しています。6月24日の英国の国民投票でEU離脱が決まった際には1ドル98円台示現となりましたが、その後103円台まで反発、それから2週間日本株とドル円相場は半値程度までの戻りを見せてからは上値重く推移していましたが、再下落の様相を呈している背景には何があるのでしょうか。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。

今日は外為どっとコム総合研究所 シニアFXアナリスト
石川久美子さんにドル円相場の動向と今後のポイントを伺いました。

ドル円相場は、リスク回避ムードが強まるたびに
下落を強いられていますが、上値が輸出の売りに抑えられる中、
英国の商業不動産ファンドの解約停止が相次いでいることや
イタリアのモンテ・パスキ銀行の不良債権問題などが報じられたことで
5日の欧米株式市場が下落したことが引き金となって
再びリスクオフの様相が強まったことで、円買い圧力が強まったものと思われます。


英国の通貨ポンドは下げ止まる気配はなく、
BOEイングランド銀行のカーニー総裁はこの夏の利下げの可能性に
言及しているため、英国の株式市場は堅調であることが皮肉ですね。

再び100円大台割れが時間の問題というムードとなってきましたが、
ここからのポイントは何でしょうか。

石川さんは、今週の雇用統計で強い数字となれば、特に5月分の予想外に
悪かったNFPが上方修正されるなどの驚きがあれば、再びマーケットの焦点は
米国の利上げに向かう可能性もあるとして、
年内の利上げの可能性がかなり後退している現状の利上げ織り込み度の
修正によるドル高のシナリオも否定できないと解説くださいました。

では7月日銀は動くでしょうか?!

石川さんに詳しく伺っています。
詳しくはオンデマンド放送で石川さんの解説をお聞きくださいね。

小次郎講師のトレードラジオ講座~フィボナッチとは [『小次郎講師のトレードラジオ講座』第1期(~16年8月)]
2016.07/05 大橋ひろこ 記事URL

日本橋堀留町のTOCOMスクエアから毎日公開生放送。マーケット・トレンド毎週火曜は「小次郎講師のトレードラジオ講座」です。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。今回のテーマはLesson9「投資を科学する!フィボナッチとは?」



まずは、クイズです。
「1、1、2、3、5、8、13、21、・・・・・」

次に続く数字を答えよ。

これは某有名私立中入試問題なのだそう。

答えは 21の次が「34」
そして「55」「89」「144」と続きます。

難しいことはありません。単純な法則に気が付けば足し算で答えがでます。

「前の前の数」+「前の数」=「次の数」

この数列が、相場を支配する基本数列フィボナッチです。

レオナルド・ダ・ビンチの人体構成図、ミロのヴィーナス、パルテノン神殿や

エジプトのピラミッド、、、といった人工物だけではなく
そして花の花弁やヒマワリの種、松ぼっくりに至るまで自然界も
このフィボナッチ数列に支配されています。
では、このフィボナッチ、相場の世界ではどのように使われているのでしょうか。

このフィボナッチ数列の前の数字を次の数字で割ると、
その比率はどんどん0.618に近づいていきます。

さらに、数列の前の数字を次の次の数字で割ると、
その比率はどんどん0.382に近づいていきます。
これは是非、テキストでその一覧表をご覧くださいね。
テキストはこちら


この38.2% 61.8%というのが重要。
この黄金比が「押し目」や「戻り」の目安となるのです。


押しの第1段階~第3段階のパターンについて、小次郎講師に解説いただきました。
詳しくはオンデマンド放送で小次郎講師の解説をお聞きくださいね。

高止まりの原油、需給がバランスするのはいつ?! [大橋ひろこコラム]
2016.06/30 大橋ひろこ 記事URL

5月、カナダの森林火災やナイジェリア国内の反政府、武装組織のパイプライン攻撃で原油減産が進み上昇した原油価格。6月のOPEC総会では何も合意がなかったにもかかわらず原油価格は下げることなく50ドル台で堅調に推移していましたが英国のEU 離脱が決まると原油価格は急落となりました。しかしながら、高値圏でのもみ合いが続き、市場関係者の間では60ドル近辺までの上昇を見込む声も少なくありません。


皆さん、ご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。 今回はオイルエコノミスト藤沢治さんに原油価格動向と今後の見通しを伺いました。

現在、カナダやナイジェリアなどの突発的要因で予想外に
減産となっている状況は今後も続くでしょうか?

ナイジェリアの政府と武装勢力の戦闘中止は合意されたと
報じられていますが何時再燃するかわからない状況です。
しかしイランの増産は続き、制裁前の水準に近づいています。
$50/バレルを超えて7-9月も推移するようであれば、
米国のシェールオイル生産も戻ってくるでしょう。

サウジ、イラン、カタール、クエートなどがシェア獲得競争を続ける中、
供給は充分すぎるほどであり、突発的減産が価格を押し上げている状況は
長く続かないのではないか、と藤沢さん。上値は限定されるとお話くださいました。

アナリストの多くは、現在はリバランスの過程にあると見て、
年末には$60/バレルに近くなるとしていますが、藤沢さんは
現在の在庫状態から見ると、リバランスは来年頃になるのでは?としています。

英国のEU離脱は米国も含めて、英国、欧州、BRICS諸国、
日本および新興国の経済成長率を押し下げると思われ、
日本は、年間でマイナス0.4%、米国もマイナス0.2%の影響が
出るとの試算も。新興国にこの影響が及び石油需要が伸び悩む
可能性もあり、原油市場にとってはマイナス要因。

また中国の石油需要に関する疑義があるとか。
中国の原油輸入は、1-5月の累計で前年同期比17%増ですが
この増分の殆どは戦略備蓄と小規模製油所(Teapot Refineries)の
処理に回されています。軽油、ガソリン等の製品輸出が、
今年に入って急増しており、中国国内の石油需要は伸び悩んでいる
物と思われます。今後中国が備蓄用にどの程度の原油輸入を
継続できるのか、という点も注目となってくるでしょう。

需給のファンダメンタルは、短期的には過剰状態から脱却できておらず
米国の商業在庫は、相変わらず5億3千万バレルで史上最高です。
147ドルまで上昇した2008年の在庫は2億7000万バレル程度でした。

今後の価格見通しは?
詳しくはオンデマンド放送で藤沢さんの解説をお聞きくださいね。

ブレグジット受け金急騰~天候相場、穀物市場のポイント [大橋ひろこコラム]
2016.06/29 大橋ひろこ 記事URL

ブレグジットに揺れる金融市場。英国がEU離脱を決定したことで、英国と欧州の今後の経済への不透明感が増しています。欧州通貨ユーロと英国通貨ポンドが急落した反面、ゴールドが急騰。リスク回避の波は債券市場とゴールド市場への資金流入を招いています。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
日本橋堀留超TOCOMスクエアから公開生放送。
今日はコモディティインテリジェンス代表取締役 近藤雅世さんに
金、そして天候相場期の穀物市場についてお話を伺いました。

近藤さんによると、英国の経常赤字、貿易赤字を補っていたのが
欧州からの投資。英国に対する海外投資の54%が欧州からで輸出も輸入も
およそ半分が欧州という構造。原材料を欧州から購入し、製品を欧州に
売るという過去貿易型なのだそうです。今回のEU離脱はこうした構造である
英国経済に暗い影を落とすとみられます。

またEUにとっては13%を占めていた英国からの歳入がなくなるため
予算を縮小せざるを得ないことからギリシャやウクライナなど
歳入不足を抱えた国をサポートする資金が足りなくなる、、、ということで
ギリシャ債務危機の再燃などが懸念されます。

こうした不安が金価格を押し上げたとみられますが、
ここからの金相場は?!今後は米国の利上げの可能性が
著しく後退したこともポイントとなってきそうです。

また、明日6月30日にはUSDAから発表される四半期在庫と
作付確定面積が注目となる穀物市場。

まずは3月30日の作付意向面積の数字とのギャップに注目ですが、
最終的には7月のトウモロコシの受粉期の天候が重要です。
ここからのポイントを近藤さんに伺っています。

詳しくはオンデマンド放送で近藤さんの解説をお聞きくださいね。

小次郎講師のトレードラジオ講座~ダウ理論とは [大橋ひろこコラム]
2016.06/28 大橋ひろこ 記事URL

日本橋堀留町のTOCOMスクエアから毎日公開生放送。マーケット・トレンド毎週火曜は「小次郎講師のトレードラジオ講座」です。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今回のテーマは「Lesson8 ダウ理論」

ダウ理論とはウォールストリート・ジャーナルの創設者であり
ダウ指数の考案者、チャールズ・ヘンリー・ダウのチャート分析理論。

小次郎講師は「ダウ理論」「エリオット波動」「ギャン理論」は
必須科目、これらを勉強せずにトレードの成功はないとピシャリ!

相場には時代によって変化するものと不変なものがありますが
相場に関わる人の心理はどのような時代でも変わりません。
不変です。「ダウ理論」「エリオット波動」「ギャン理論」の中には
時代を超えた不変性を見出すことができるのです。

では簡単に「ダウ理論」とは・・・      

1、価格(チャート)には全ての材料が織り込まれている。 

2、上昇トレンドとは高値・安値がその前の高値・安値より上にあるもの

3、トレンドは3段階からなる

・第一段階・・・早耳投資家の買い
・第二段階・・・トレンドフォロー型投資家の買い
・第三段階・・・一般投資家が参加、その他の投資家は利食い

4、トレンドの変化は出来高でも確認されなければならない

5、トレンドは継続する。 

 (明確な転換シグナルが発生するまでは継続する)

詳しい解説はオンデマンド放送で小次郎講師の解説をお聞きくださいね。

英国国民投票直前、ゴールド失速~ここからのポイント [大橋ひろこコラム]
2016.06/23 大橋ひろこ 記事URL

23日、まさに今夜から明日にかけてのEU離脱を問う英国の国民投票を控え、英国を2分する論争が繰り広げられています。離脱支持が優勢と伝えられていた先週までの金融市場はリスクを回避する動きとなり、ドル建て金価格は1300ドル大台超えとなりましたが、残留派支持の議員の射殺事件がセンチメントを変えました。残留派が優位となった足もとのマーケットでは、金市場からの資金流失を招き、これまで売り込まれてきたリスクアセットの買戻しにつながっているようです。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はみんかぶ 投資調査部門 アナリスト 森成俊さんに
金価格の今後のポイントを伺いました。

ブレグジットリスクが英国国民投票直前に急速に後退していることで
1300ドル台まで上昇していた金価格は1260ドル近辺まで緩んでいます。

国民投票の結果如何では、再上昇の芽もありますし、リスク回避相場の
終焉をみるかもしれません。。。

ブレグジットとならなかった場合に限定して、今後のポイントを伺いました。

森さんは、もし残留が決まれば今後は米国の利上げが焦点と指摘。
まずは7月8日に発表される6月の米雇用統計が注目です。

前回5月分の数字があまりにも悪かったために、ドル安が進行、
これが金価格上昇の燃料となりましたが、次回も同様の雇用の悪化が見られるのか
否かが重要なポイントとなってきます。7月26、27日に開催されるFOMCで
利上げ観測が強まると、ドル買い=金売りのシナリオが濃厚となります。

森さんにはゴールドETF市場の動向、ファンド筋の動向などを解説いただいたほか、
今後の値動き野ポイントとなるイベント、そして円建ての金価格についても
詳しくお話しいただいています。

是非オンデマンド放送をお聞きくださいね。

********************************************************************

ゴールドについて、楽しみながら学ぼう!


7月2日土曜日、東京・よみうり大手町ホールにて
「TOKYO GOLD FESTIVAL 2016」が、開催されます。


金現物、金箔、アクセサリーから投資商品まで、限りなき可能性を持つ
「金(ゴールド)」について学べる日本で唯一の「金(ゴールド)」の祭典です。


当日は、ゴールドのスペシャリスト亀井幸一郎さんの講演や、
当番組コメンテーターでもお馴染み池水雄一さん、
元衆議院議員・杉村太蔵さんによる、
金投資のポイントがわかるスペシャル公開授業など
内容盛りだくさんです。


豪華グッズが当たる抽選会もあります。

友人・ご家族連れでぜひお越しください
私、大橋ひろこが総合司会を務めます!!


参加は無料、事前申し込み制です。
お申し込み・イベントの詳細は下記のバナーをクリック!!


天候相場前の急落、穀物相場波乱の背景 [大橋ひろこコラム]
2016.06/22 大橋ひろこ 記事URL

6/21、シカゴコーンが25セントもの急落となりました。1日の下落幅としては過去3年で最大となります。

4月から上昇を続けていたトウモロコシ相場の急転直下の下落にはいったいどのような理由があったのでしょうか。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はコンチネンタルライス代表の茅野信行さんに天候相場前の急落、穀物相場波乱の背景について伺いました。


そもそも、4月からの大豆、コーン相場の上昇の背景には
アルゼンチンの洪水による南米産大豆の減産思惑で
(洪水の影響で品質劣化も懸念)大豆相場が急上昇を始めたことにあります。

ブラジルの干ばつも穀物生産リスクを強めたことも相場を加熱させました。

しかしながら、米国産穀物市場の作付は順調、豊作予想です。
南米の天候リスクが米国産穀物にも及ぶのではないかという思惑に繋って
相場が過熱していましたが、昨日、米国穀物生産地の天候予報で
天候リスクがないだろうことが明らかになったことで
一斉に手仕舞い売りが出たものと思われます。

シカゴ大豆の投機筋(ファンド勢)のポジション動向をみると
5/17時点で22万6,002枚だった買い越し幅が6/14には24万7,108枚にまで増加
していました。茅野さんによれば、通常相場で20万枚を超えることは稀で
7~8万枚から15~16万枚の間で推移するのが平常時の相場。
20万枚を超えて買い越し幅が積みあがっていたというのは
やはり相当に買われすぎの印象が強いですね。

そして、シカゴコーンに至っては
5/17時点で14万5,372枚だった買い越し幅が
6/14にはなんと36万2,525枚にも膨れ上がっており、
ぱんぱんにロングが積みあがっている状態でした。
この内部要因(買い方と売り方の需給)が
今回の急落の構造的背景にあったのは間違いありません。

では、ここからの穀物相場のポイントは?!

6/30に作付確定面積と四半期在庫率が発表されます。
どのように注目なのでしょうか。

また7月の受粉期リスクなどについても茅野さんに伺っています。

詳しくはオンデマンド放送で茅野さんの解説をお聞きくださいね。

********************************************************************

ゴールドについて、楽しみながら学ぼう!


7月2日土曜日、東京・よみうり大手町ホールにて
「TOKYO GOLD FESTIVAL 2016」が、開催されます。


金現物、金箔、アクセサリーから投資商品まで、限りなき可能性を持つ
「金(ゴールド)」について学べる日本で唯一の「金(ゴールド)」の祭典です。


当日は、ゴールドのスペシャリスト亀井幸一郎さんの講演や、
当番組コメンテーターでもお馴染み池水雄一さん、
元衆議院議員・杉村太蔵さんによる、
金投資のポイントがわかるスペシャル公開授業など
内容盛りだくさんです。


豪華グッズが当たる抽選会もあります。

友人・ご家族連れでぜひお越しください
私、大橋ひろこが総合司会を務めます!!


参加は無料、事前申し込み制です。
お申し込み・イベントの詳細は下記のバナーをクリック!!

小次郎講師のトレードラジオ講座~大陽線・大陰線を探せ! [『小次郎講師のトレードラジオ講座』第1期(~16年8月)]
2016.06/21 大橋ひろこ 記事URL

日本橋堀留町のTOCOMスクエアから毎日公開生放送。マーケット・トレンド毎週火曜は「小次郎講師のトレードラジオ講座」です。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今回のテーマは「Lesson7 まず大陽線大陰線を探せ」です。

大陽線・大陰線とは強力な上昇エネルギー、強力な下降エネルギーを象徴する線。
大陽線大陰線がトレンドの始まりを示すことが多くありますが
どの位置に出現したのかが、ポイントとなってきます。
同じ大陽線大陰線がトレンドの終わりを示す場合もあるのです。

「ひげ」がない大陽線・大陰線が強力なのですが
「ひげを蓄えた大陽線・大陰線」が出現した場合、
それが天井圏、底値圏であればトレンド転換のサイン。


また、天井圏底値圏に「連続陽線・連続陰線」が出現することがあります。
2連続間では、ままあることですが3連続以上ともなると
これはトレンド転換のサイン。小次郎講師は相撲の白星・黒星に例えて
その連なりが出現する意味を解説くださいました。

詳しくはオンデマンド放送で小次郎講師の解説をお聞きくださいね。

********************************************************************

ゴールドについて、楽しみながら学ぼう!


7月2日土曜日、東京・よみうり大手町ホールにて
「TOKYO GOLD FESTIVAL 2016」が、開催されます。


金現物、金箔、アクセサリーから投資商品まで、限りなき可能性を持つ
「金(ゴールド)」について学べる日本で唯一の「金(ゴールド)」の祭典です。


当日は、ゴールドのスペシャリスト亀井幸一郎さんの講演や、
当番組コメンテーターでもお馴染み池水雄一さん、
元衆議院議員・杉村太蔵さんによる、
金投資のポイントがわかるスペシャル公開授業など
内容盛りだくさんです。


豪華グッズが当たる抽選会もあります。

友人・ご家族連れでぜひお越しください
私、大橋ひろこが総合司会を務めます!!


参加は無料、事前申し込み制です。
お申し込み・イベントの詳細は下記のバナーをクリック!!

ドル建て金1300ドル大台回復、2016年4つのCリスク [大橋ひろこコラム]
2016.06/16 大橋ひろこ 記事URL

毎日日本橋堀留町TOCOMスクエアから公開生放送。マーケット・トレンド、木曜は金融・貴金属アナリスト亀井幸一郎さんに「上昇続く金、金融市場に何が起きているのか」伺いました。皆さんご機嫌いかがでしょうか大橋ひろこです。

6月FOMCでは、大方の予想どおり米国FF金利は据え置かれました。予想通りの結果でしたが金は上昇に勢いがついて、再び1300ドル大台を回復しています。

FOMCで利上げが実施されないだろうことは、事前予想通りでしたが、
今後の見通しが示される「ドット・チャート」で、
年内1回の利上げを見込むとしたメンバーがなんと6人に急増。
3月時点ではたった一人だったはずですが...。



またイエレンFRB議長の会見では英国のEU離脱リスクに言及。
外部要因が

亀井さんは「4つのCリスク」が2016年の世界マーケットのかく乱要因である、
と解説くださったことがありますが、現在はその一因である「China」
中国リスクの影が薄くなっているとして、これが再びクローズアップされる
リスクは常に孕んでいると解説くださいました。

◇4つのC◇

China 中国
Currency 通貨
Commodity 商品(原油)
Central bank 中央銀行

原油価格下落リスクは足元では沈静化していますが
中国リスクは構造的問題。今はブレグジットリスクと
米国金融政策が焦点となっており、中国発のニュースに
あまり大きく反応しない地合いとなっています。

金価格上昇の流れは続くでしょうか。

亀井さんにファンドのポジション状況、
ブレグジットリスクなどについても詳しく解説を頂いています。

是非オンデマンド放送をお聞きくださいね。

*****************************************



ゴールドについて、楽しみながら学ぼう!


7月2日土曜日、東京・よみうり大手町ホールにて
「TOKYO GOLD FESTIVAL 2016」が、開催されます。


金現物、金箔、アクセサリーから投資商品まで、限りなき可能性を持つ
「金(ゴールド)」について学べる日本で唯一の「金(ゴールド)」の祭典です。


当日は、ゴールドのスペシャリスト亀井幸一郎さんの講演や、
当番組コメンテーターでもお馴染み池水雄一さん、
元衆議院議員・杉村太蔵さんによる、
金投資のポイントがわかるスペシャル公開授業など
内容盛りだくさんです。


豪華グッズが当たる抽選会もあります。

友人・ご家族連れでぜひお越しください
私、大橋ひろこが総合司会を務めます!!


参加は無料、事前申し込み制です。
お申し込み・イベントの詳細は下記のバナーをクリック!!

ブレグジットリスクに上昇の金、一方プラチナは... [コモディティの見通し(大橋ひろこ)]
2016.06/15 大橋ひろこ 記事URL

今夜はFOMC,明日は日銀の金融政策決定会合。そして今週はBOE、イギリスの金融政策委員会もありますね。日米英の重要な政策会合が集中する週ですが、マーケットはすっかり来週23日のイギリスのEU離脱を問う国民投票へのリスクに備えて冷え込んでしまっています。足元のイベントの注目度が下がっているように感じますが、、、。ここからのポイントは何でしょうか。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はエモリキャピタルマネジメント代表江守哲さんをお迎えし、イベントリスクと、ゴールド、プラチナについてお話しを伺いました。

現在、ブレグジットリスクから先進国債券に資金が集中。
ドイツの10年物利回りもいよいよマイナス圏に突入してきました。
そして、リスク回避時に選好されるのが金、ゴールドです。
ゴールド価格は今月3日に発表された5月の米雇用統計の数字が
ネガティブサプライズであったことを受け、急反発。

米利上げが緩慢なペースとなるとの見方からドル安が進行、
ゴールド高となったのですが、この流れは足元でリスク回避、
有事のドル買い基調となってきた今でも変わっていません。

ドル高でもゴールドが下がらずしっかりとした値動きとなっています。
一方プラチナ価格は下落基調が鮮明となってきており、
ゴールドとプラチナの価格差は再び拡大のトレンドに入ってきました。

今日はすでに300ドルを超えるスプレッド(価格差)にまで
プラチナ安、ゴールド高が進んでいます。

この鞘拡大傾向はまだまだ続くのでしょうか?

また、WTI原油価格が50ドル大台を達成しましたが、その後冴えません。
まだ大きな下落となってはいませんが、足元で再び40ドル台へと軟化しており、
ここが押し目なのか、いよいよ天井うちとなったのか、見方が分かれるところ。

江守さんに原油価格を見るうえでのポイントを伺いました。

今夜23:30にもEIAから米週間在庫統計が発表されますが、
ここで出てくる指標の中で、最も注目の項目は?!
50ドルまで原油価格が回復してきたことで、需給にわずかに
変化の兆候が出始めています・・・。

詳しくは、オンデマンド放送で江守さんの解説をお聞きくださいね。

*****************************************



ゴールドについて、楽しみながら学ぼう!


7月2日土曜日、東京・よみうり大手町ホールにて
「TOKYO GOLD FESTIVAL 2016」が、開催されます。


金現物、金箔、アクセサリーから投資商品まで、限りなき可能性を持つ
「金(ゴールド)」について学べる日本で唯一の「金(ゴールド)」の祭典です。


当日は、ゴールドのスペシャリスト亀井幸一郎さんの講演や、
当番組コメンテーターでもお馴染み池水雄一さん、
元衆議院議員・杉村太蔵さんによる、
金投資のポイントがわかるスペシャル公開授業など
内容盛りだくさんです。


豪華グッズが当たる抽選会もあります。

友人・ご家族連れでぜひお越しください
私、大橋ひろこが総合司会を務めます!!


参加は無料、事前申し込み制です。
お申し込み・イベントの詳細は下記のバナーをクリック!!

 全80ページ中42 ページ   前の10件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 [42] 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 次の10件