原油市場、OPEC9月末の非公式会議への思惑 [大橋ひろこコラム]
2016.08/31 大橋ひろこ 記事URL


7月は、英国のEU離脱による金融市場の不安感やOPECの増産、米国の原油/製品在庫増などで原油価格は弱含みで推移。WTI原油の月 間平均価格は$44.80/バレルで6月より$4.05/バレルほど安くなりました。 8月2日には$39.51/バレルまで下落し、$40を割り込んだのですが、11日にはIEA が年内に需給はリバランスするというやや強気のOil Market Reportを発表したこ とや、サウジのエネルギー資源相の需給はリバランスに向かっているという発言 で上昇に転じています。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はオイルエコノミスト藤沢治さんにお話を伺いました。

WTI原油の8月の月間平均価格は、WTIで$45程度と予想され
7月の月間平均とは大差がない水準に落ち着くとみられます。
原油価格は安定してきましたね。

9月26-28日にアルジェリアで開始される国際エネルギー・フォーラムで、
OPECが非公式会議を開き、原油生産の増産凍結や
何らかの価格引き上げに合意するであろうという期待と憶測で
原油価格は下値がたく推移しています。

しかし、需給状況は相変らず供給過剰。
特に製品の過剰傾向が見られます。
ということで、現在価格を押し上げている9月のアルジェリア会合への期待が
剥落すると原油価格は下落リスクが大きいという状況。
この非公式会合は非常に重要な意味を持っています。

この非公式会合はIEF(国際エネルギー・フォーラム) の場で開かれます。
IEFとは、産油国と消費国との対話会議で、安定的で透明性のある
エネルギー市場の促進を目的として、主にフランス、ベネズエラが音頭を取って
1991年7月に第一回会合がパリで開催されてから基本は2年に1度、開催されます。
各国の閣僚級が出席する会議で当然、OPECやロシア、米国などの産油国も参加します。
「産消対話」と呼ばれています。産油国と消費国が対話する場。

ほとんどの先進国が参加、82か国が参加しますので
OPECと非OPECの産油国との非公式会議を開催しようと思えば可能ということですね。

では、どのような動きがあるでしょか。

藤沢さんは、何ら具体的な提言はないとして、生産凍結などの合意は
難しいのではないか、と指摘されます。今回は、イランも参加すると
報道されていますが、イランは制裁以前の原油生産量に達するまでは
生産凍結はしないとの主張を変えていません。
イラクは生産凍結には、反対。ロシアもあいまいな態度です。

増産凍結というのは生産量の削減ではないのですが、
凍結と言ってもどのレベルで凍結するのでしょうか。
7月は、サウジとイラクが、史上最高の生産となっています。
(7月サウジの生産量は、日量1,000万バレル超、
イラクは日量460万バレルを生産)
OPEC全体で、日量3,300万バレル以上を生産しています。

4月のドーハ会議ではイランが参加せず、サウジの"ちゃぶ台返し"で
合意は成立しなかったことを考慮すると、
生産量に関する合意は 難しいと藤沢さん。
たとえ、合意しても内容如何では需給は締まらず、
サウジとイラクが史上最高の生産となった7月の生産量で生産凍結すれば、
需給は緩和するのは必至であると指摘されています。

ただ、4月の会合での増産凍結ちゃぶ台返しで何も決まらなかった時に
原油価格が失望の下落にさらされたか、というとそんなことはありませんでした 。

生産凍結などの合意は難しいと思われますが、価格への影響がどの程度になるのか、
注目ですね。米利上げの思惑が強まっていることで金融要因からも原油には
下落圧力が強まると思われますが、その割にはあまり下がっていない印象です。

また、藤沢さんは中国の需要が鈍っていることも懸念材料として
ここからのポイントを解説くださいました。

詳しくはオンデマンド放送で、藤沢さんの解説をお聞きくださいね。

*****************************************************************

ここで「コモディティ・フェスティバル2016」のお知らせです。

コモディティ投資が学べる1日。コモフェス、今年も東京・大阪で開催します。


9月17日土曜日、大阪・本町 大阪科学技術センタービル
9月24日土曜日、東京・御茶ノ水 ソラシティホール

世界を動かすコモディティ。

コモディティを知り尽くした専門家やファンドマネージャーによる、今後の原油、金投資の講演。
豪華グッズがあたるコモディティ抽選会もあります。

「マーケット・トレンド」でもおなじみの小次郎講師、池水雄一さん、江守哲さんが登壇されます。
ご友人・ご家族連れでぜひお越しくださいね。

私、大橋ひろこもイベントに参加しますよ~!

参加は無料ですが、事前にお申し込みが必要です。
東京・大阪両会場のお申し込み、
イベントの詳細は下記のバナーをクリックしてくださいね!

小次郎講師のトレードラジオ講座~信用取引入門 [『小次郎講師のトレードラジオ講座』第2期(~16年12月)]
2016.08/30 大橋ひろこ 記事URL

日本橋堀留町のTOCOMスクエアから毎日公開生放送。マーケット・トレンド毎週火曜は「小次郎講師のトレードラジオ講座」です。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
小次郎講師のトレードラジオ講座、第2期新シリーズlesson2は「信用取引入門」。

信用取引とは証券会社を通じて資金や株式を借りて売買する取引です。

本日TOCOMスクエアの公開生放送と小次郎講師のミニセミナーに
ご来場くださった投資家の皆さまに伺ったところ、信用取引を実践されている方は
10人に一人くらいの割合でした。

信用取引は「買い」だけでなく「空売り」ができて、
投資資金の約3倍の取引が可能。

取引所で用意している「制度信用(期限6カ月)」と
各社で運営している「一般信用(原則期限なし)」がありますが、
買方は配当相当額(配当調整額)を受け取ることができることに対して
売方は配当相当額を支払うこととなります。
株主優待はありません。

保障金として取引金額の30%が必要で最低30万円から。
(約3.3倍の取引が出来るということ)
有価証券を代用することも可能です。


では信用取引のメリット、そしてリスクは?!

小次郎講師に解説いただきました。
詳しくはオンデマンド放送をお聞きくださいね。

*****************************************************************

ここで「コモディティ・フェスティバル2016」のお知らせです。

コモディティ投資が学べる1日。コモフェス、今年も東京・大阪で開催します。


9月17日土曜日、大阪・本町 大阪科学技術センタービル
9月24日土曜日、東京・御茶ノ水 ソラシティホール

世界を動かすコモディティ。

コモディティを知り尽くした専門家やファンドマネージャーによる、今後の原油、金投資の講演。
豪華グッズがあたるコモディティ抽選会もあります。

「マーケット・トレンド」でもおなじみの小次郎講師、池水雄一さん、江守哲さんが登壇されます。
ご友人・ご家族連れでぜひお越しくださいね。

私、大橋ひろこもイベントに参加しますよ~!

参加は無料ですが、事前にお申し込みが必要です。
東京・大阪両会場のお申し込み、
イベントの詳細は下記のバナーをクリックしてくださいね!



揉みあい続く金相場、注目はファンドポジション [大橋ひろこコラム]
2016.08/25 大橋ひろこ 記事URL

ドル建て金価格は6月24日ブレグジット決定で1,358ドルまで暴騰。押し目を形成後、7月6日には2014年3月以来の高値となる1,374ドルまで上伸しましたが、その後は揉みあいに終始しています。8月24日に1,323ドルまで下落しており、7月21日安値1,311ドル近くまで下落の可能性が出てきました。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はみんかぶ商品部門アナリスト森成俊さんに
貴金属市場の動向と今後の見通しを伺いました。

現在の金市場は米金融政策待ちの揉みあい。
市場は9月の早期利上げはないとの見方が優勢でドル安が進みやすい環境と
なっていますが、26日のジャクソンホールでのイエレン議長の講演を前に
金には利食い売りが出やすい環境となっています。

ブレグジット後金市場へ中期投資資金が流入しましたが、その流れも一服。
ETFの金現物保有高は7月20日現在、1,302.05トンありましたが
現在は1,300トン割れの状態が続いています。

ただし年初の974.68トンからは約33%増加水準で高止まり中。
金ETFであるSPDRゴールの現物保有高は958.37トンとなっており、
年初の643.56トンからは約49%増加しています。

投機筋ポジションは今月16日現在、28万3,851枚の買い越し。
8月2日現在の29万4,183枚をピークに減少はしているものの依然、高水準です。
積みあがったヘッジファンドらの金ロングのポジション整理が続くかどうかが
足元の金相場にとっては大きなポイントとなっています。

ここからの金価格展望は?!
詳しくはオンデマンド放送で森さんの解説をお聞きくださいね。

*****************************************************************

ここで「コモディティ・フェスティバル2016」のお知らせです。

コモディティ投資が学べる1日。コモフェス、今年も東京・大阪で開催します。


9月17日土曜日、大阪・本町 大阪科学技術センタービル
9月24日土曜日、東京・御茶ノ水 ソラシティホール

世界を動かすコモディティ。

コモディティを知り尽くした専門家やファンドマネージャーによる、今後の原油、金投資の講演。
豪華グッズがあたるコモディティ抽選会もあります。

「マーケット・トレンド」でもおなじみの小次郎講師、池水雄一さん、江守哲さんが登壇されます。
ご友人・ご家族連れでぜひお越しくださいね。

私、大橋ひろこもイベントに参加しますよ~!

参加は無料ですが、事前にお申し込みが必要です。
東京・大阪両会場のお申し込み、
イベントの詳細は下記のバナーをクリックしてくださいね!




ジャクソンホール会合前、原油再上昇か?! [大橋ひろこコラム]
2016.08/24 大橋ひろこ 記事URL

オリンピックも終わり、そろそろマーケット参加者が戻ってくるかと思っていましたが、まだまだ商い閑散。動意にかける値動きが続いています。特に今週は26日金曜日のジャクソンホールシンポジウムでのイエレン議長の講演に注目が集まっており、様子見気分も強い展開となっています。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今回はエモリキャピタルマネジメント代表の江守哲さんに
金、原油市況について伺いました。


ダドリーNY連銀総裁、FRB副議長のフィッシャーさんなどFRB高官らが
タカ派発言を繰り返しているのに、ドル高機運が高まりませんが
イエレン議長はどのような発言をされるでしょう・・・。

江守さんは、金の投資家らのロングポジションが過去最高レベルに
積みあがっているリスクに言及し、長期的には金が最もいいパフォーマンスを
上げることができる投資先となるとしながらも、短期的には調整が必要な
ポジションの偏りがあると解説くださいました。

金が一時的に大きく調整するということがあるなら、
一時的なドル高がある、ということなんでしょうか?!

また、WTI原油相場は50ドルがマジックナンバーとされていましたが、
再び50ドルを目指す展開に入っているようです。
9月のOPECの非公式会合での増産凍結に向けた期待が高まる中、
積みあがったショートカバーが原油価格を押し上げています。

コモディティ市場は、投機筋のポジションの偏りのアンワインドで
価格が大きく動く市場ですので、金のロングポジション解消にも
注意が必要かと思われます。

現状の原油相場を動かす材料はシェール生産や米国在庫水準よりも
OPECの生産量がポイントだと江守さん。
特に足元ではイランの増産や凍結に向けての姿勢などが
価格変動要因となっていますね。

ここからの見通しは?!
詳しくはオンデマンド放送で江守さんの解説をお聞きくださいね。

*****************************************************************

ここで「コモディティ・フェスティバル2016」のお知らせです。

コモディティ投資が学べる1日。コモフェス、今年も東京・大阪で開催します。


9月17日土曜日、大阪・本町 大阪科学技術センタービル
9月24日土曜日、東京・御茶ノ水 ソラシティホール

世界を動かすコモディティ。

コモディティを知り尽くした専門家やファンドマネージャーによる、今後の原油、金投資の講演。
豪華グッズがあたるコモディティ抽選会もあります。

「マーケット・トレンド」でもおなじみの小次郎講師、池水雄一さん、江守哲さんが登壇されます。
ご友人・ご家族連れでぜひお越しくださいね。

私、大橋ひろこもイベントに参加しますよ~!

参加は無料ですが、事前にお申し込みが必要です。
東京・大阪両会場のお申し込み、
イベントの詳細は下記のバナーをクリックしてくださいね!

特別企画「投資、ここだけの話」 杉村富生氏登場 [大橋ひろこコラム]
2016.08/18 大橋ひろこ 記事URL

今日のマーケット・トレンドは特別企画。
経済評論家 杉村富雄さんをお迎えして日本市場、ドル円相場と日本株の行方についてお話をいただきました。番組にご出演いただいた後は、「投資、ここだけの話」と題して杉村さんの特別講演会を開催。東京は午後から激しい雷雨となる中、たくさんの方にTOCOMスクエアにお越しいただきました。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。

ドル円相場が100円割れを示現、8月は例年円高圧力が強いという
アノマリーがありますが、杉村さんは円高はここがピークとなると指摘。

2月11日日本の祝日で日本勢がお休みを取る中、海外投機筋に円高を仕掛けられたことが
記憶に新しく、8月11日も円高アタックがあるのではないか、と身構えていた向きも
多かったと思いますが、8月11日祝日には大きな動きはありませんでした。

杉村さんは、海外勢は8月11日が祝日となるとは知らなかった、とお話くださいましたが、
なるほど、山の日は今年からできたお休みですね(笑)
例年通り、お盆に仕掛けてきたということで、この時期アノマリー通りの円高です。

「いつまでもあると思うな親と低金利」

杉村さんは、この低金利(債券バブル)はそろそろ転換期を迎えると指摘されます。
為替市場での円売り介入ができないだろうと海外勢に足元を見れらている日本。
しかし日銀は7月の金融政策決定会合でETF購入額を従来の3.3兆円から6兆円に拡大。
株式市場を通じて、過度な円買いが起こらないような政策を講じています。

杉村さんは番組後の講演会では日米の年内の政治的なイベントを絡めて
日本市場の今後を展望くださいました。安値を売り込むトレードはリスクが
大きいかと思われます。「国策に逆らうな」

公開放送の模様はオンデマンド配信しております。
詳しくはぜひオンデマンドをお聞きくださいね。

*****************************************************************

ここで「コモディティ・フェスティバル2016」のお知らせです。

コモディティ投資が学べる1日。コモフェス、今年も東京・大阪で開催します。


9月17日土曜日、大阪・本町 大阪科学技術センタービル
9月24日土曜日、東京・御茶ノ水 ソラシティホール

世界を動かすコモディティ。

コモディティを知り尽くした専門家やファンドマネージャーによる、今後の原油、金投資の講演。
豪華グッズがあたるコモディティ抽選会もあります。

「マーケット・トレンド」でもおなじみの小次郎講師、池水雄一さん、江守哲さんが登壇されます。
ご友人・ご家族連れでぜひお越しくださいね。

私、大橋ひろこもイベントに参加しますよ~!

参加は無料ですが、事前にお申し込みが必要です。
東京・大阪両会場のお申し込み、
イベントの詳細は下記のバナーをクリックしてくださいね!

原油価格上昇、9月アルジェリア非公式会合への期待 [大橋ひろこコラム]
2016.08/17 大橋ひろこ 記事URL

原油の上昇が続いています。WTI原油は気がつくと45ドル台にまで上昇してきました。4月17日のドーハでの産油国会合では、増産凍結で合意することが出来ず、原油市場でそれまで続いていた著しい「供給過剰」が継続することが懸念されるような状況でしたが、米国、インド、中国などの原油需要が堅調に推移したことに加え、カナダの森林火災やナイジェリアでの武装勢力による石油施設への攻撃などから、原油生産が落ち込み原油需給が予想されたよりもタイト化したことで52ドル台にまで上昇した原油相場。

6月に入ると最大消費国の米国で、ガソリンの需要期にも関わらず、ガソリン在庫が増加したことや、シェール掘削稼働リグが増加に転じたことなどを嫌気して39ドル台にまで下落していました。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日は三菱UFJリサーチ&コンサルティング主任研究員 芥田知至さんに
原油市場の動向と今後の見通しを伺いました。

足元の原油上昇は、再びOPEC,非OPECの増産凍結の期待が高まっているため。
9月26~27日に開催される非公式会合にむけて、各国が足並みを揃えて
増産凍結に向けて前向きなコメントを出しています。

今回は、4月のドーハ会合では経済制裁解除されたばかりのイランが不参加。
サウジがイランの参加なしでの増産凍結はあり得ないとして、合意ならず。
という結果を招きましたが、今回はサウジが比較的前向きなスタンスにあります。

イランは現在日量385万バレル原油を生産しており、ほぼ制裁前の水準に
戻っていることから、増産凍結に応じる可能性に期待がされていますが、
しかし、イランは今後5年間で日量460万バレルにまで増産したい意向を示しており、
9月のアルジェリア会合が合意となるのか懐疑的な声も。

しかし、足元原油価格は期待を織り込む形で上昇していますね。

ここからのポイントを芥田さんに伺っています。
詳しくはオンデマンド放送で芥田さんの解説をお聞きくださいね。

*****************************************************************

ここで「コモディティ・フェスティバル2016」のお知らせです。

コモディティ投資が学べる1日。コモフェス、今年も東京・大阪で開催します。


9月17日土曜日、大阪・本町 大阪科学技術センタービル
9月24日土曜日、東京・御茶ノ水 ソラシティホール

世界を動かすコモディティ。

コモディティを知り尽くした専門家やファンドマネージャーによる、今後の原油、金投資の講演。
豪華グッズがあたるコモディティ抽選会もあります。

「マーケット・トレンド」でもおなじみの小次郎講師、池水雄一さん、江守哲さんが登壇されます。
ご友人・ご家族連れでぜひお越しくださいね。

私、大橋ひろこもイベントに参加しますよ~!

参加は無料ですが、事前にお申し込みが必要です。
東京・大阪両会場のお申し込み、
イベントの詳細は下記のバナーをクリックしてくださいね!

小次郎講師のトレードラジオ講座~ギャン理論 其の2 [『小次郎講師のトレードラジオ講座』第1期(~16年8月)]
2016.08/16 大橋ひろこ 記事URL

日本橋堀留町のTOCOMスクエアから毎日公開生放送。マーケット・トレンド毎週火曜は「小次郎講師のトレードラジオ講座」です。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
小次郎講師のトレードラジオ講座、今回を持ちまして第1期シリーズが終了、来週から第2期、新シリーズがスタートします。第1期シリーズ締めくくりは「ギャン理論、ギャンのトレードルール後編」ですが、ギャン理論の第28条をすべてご紹介するには番組の時間が限られているため、特に重要なポイントを抜き出してご紹介いただいております。その全ての理論とその解釈を勉強したいという方は、番組テキストをご覧ください。テキストにはギャン理論第28条の全てと、今回オープニングでご紹介いただいたギャンの「勝てる投資家の姿勢~ギャンの教え」11項目の全てが網羅されております。
テキストはこちら→http://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=101721296


今回は特に小次郎講師がトレードの心構えとしての礎としている
ギャンの投資の教え11項目を、どうしてもご紹介したいということで
駆け足ではありますが、、、小次郎講師からご紹介いただきました。

1、何ごとにも乱されない強靭な心を持つ。
2、友人との付き合いでは自分にない何かを発見するよう努力する。
3、物事は全て良い方に考える。良いイメージを持つことが成功の秘訣だ。
4、最善を考え、最善を尽くし、努力した後に最善を期待する。
5、他人の成功を心から喜ぶ。
6、過去の失敗にくよくよせず、輝かしい未来のことを考える。
7、常に元気で笑顔を忘れない。
8、他人を非難する暇があったら自分の仕事に没頭する。
9、心配しすぎず、間違いも認め、怖いものは怖いと言う。 そして過剰な幸福は求めない。
10、自分を信じ、信念を貫く。
11、そして自分が正しいと信じてやっている限り、 必ず良い結果が生まれると信じる。

え?これって投資の教えなの??というような項目も多いですね。
こうした心構えが生き方だけでなく投資の成果にも通じるということでしょうか。
奥が深いです...。詳細はテキストでご確認ください。

また第2期シリーズテキストは来週の放送までにはUPいたします。
継続して毎週火曜の「小次郎講師のトレードラジオ講座」をご愛聴くださいね。

テキストはこちら→http://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=101721296

*****************************************************************

ここで「コモディティ・フェスティバル2016」のお知らせです。

コモディティ投資が学べる1日。コモフェス、今年も東京・大阪で開催します。


9月17日土曜日、大阪・本町 大阪科学技術センタービル
9月24日土曜日、東京・御茶ノ水 ソラシティホール

世界を動かすコモディティ。

コモディティを知り尽くした専門家やファンドマネージャーによる、今後の原油、金投資の講演。
豪華グッズがあたるコモディティ抽選会もあります。

「マーケット・トレンド」でもおなじみの小次郎講師、池水雄一さん、江守哲さんが登壇されます。
ご友人・ご家族連れでぜひお越しくださいね。

私、大橋ひろこもイベントに参加しますよ~!

参加は無料ですが、事前にお申し込みが必要です。
東京・大阪両会場のお申し込み、
イベントの詳細は下記のバナーをクリックしてくださいね!

大豆・とうもろこし相場の下値模索続く [大橋ひろこコラム]
2016.08/10 大橋ひろこ 記事URL

春先、エルニーニョの影響でアルゼンチン、ブラジルの穀物生産に影響が出たことから大豆、とうもろこしが大相場を演じましたが、米国産の大豆、とうもろこし生産には天候リスクが全く生じることがなく、現状では過去最高の豊作予想。相場は一転下落基調を強めており、とうもろこし相場は春先の暴騰前の価格を下回って底値を模索する展開に入っています。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今回はコンチネンタルライス代表取締役 茅野信行さんに
ここからの大豆、とうもろこし相場についてお話を伺いました。

茅野さんは、とうもろこしは底練りの展開。
市場の一部には3ドル割れの予想も

出てきたが、3ドル割れ示現はないと指摘。現在のとうもろこし価格は3.25ドル近辺です。


というのも、農家のとうもろこし生産の採算コストラインは3.60ドル前後。
すでに農家にとっては市場に出せば赤字になる価格にまで下落しているのです。

収穫が終わると「ハーベストプレッシャー」といって、
農家が収穫した農作物を売りに出すことから価格下落時期に入ります。
これが例年10月頃からになるのですが、今年はそれを先取りして夏場に安値を
出し切った後に反発するのではないか、とのこと。

農家が安値では売りを出さないという価格帯に入っているというのがポイント。

では大豆はどうでしょう。

茅野さんは、まだまだ安値模索の展開が続くと指摘。
来年の今頃には8ドルにまで下落するとか・・・?!

その背景など、詳しくはオンデマンド放送で茅野さんの解説をお聞きくださいね。


*****************************************************************

ここで「コモディティ・フェスティバル2016」のお知らせです。

コモディティ投資が学べる1日。コモフェス、今年も東京・大阪で開催します。


9月17日土曜日、大阪・本町 大阪科学技術センタービル
9月24日土曜日、東京・御茶ノ水 ソラシティホール

世界を動かすコモディティ。

コモディティを知り尽くした専門家やファンドマネージャーによる、今後の原油、金投資の講演。
豪華グッズがあたるコモディティ抽選会もあります。

「マーケット・トレンド」でもおなじみの小次郎講師、池水雄一さん、江守哲さんが登壇されます。
ご友人・ご家族連れでぜひお越しくださいね。

私、大橋ひろこもイベントに参加しますよ~!

参加は無料ですが、事前にお申し込みが必要です。
東京・大阪両会場のお申し込み、
イベントの詳細は下記のバナーをクリックしてくださいね!

小次郎講師のトレードラジオ講座~ギャン理論 其の1 [大橋ひろこコラム]
2016.08/09 大橋ひろこ 記事URL

日本橋堀留町のTOCOMスクエアから毎日公開生放送。マーケット・トレンド毎週火曜は「小次郎講師のトレードラジオ講座」です。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。Lesson14は「ギャン理論~その1」


ギャンの名前くらいは知っているけれど、一体どんな教えなのかはよくわからない、、という方、是非テキストをご覧ください。ギャン理論28条のポイントが解りやすくまとめられています。

小次郎講師のトレードラジオ講座にはテキストがございます。テキストをご覧いただきながらお聞きいただければ、さらに理解が深まります。是非テキストをお手に取って聞いてくださいね。


テキストはこちら→http://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=101721296

ウィリアム・デルバート・ギャンは1878年米国テキサス州生まれのトレーダー。
大英博物館に通い何百年にも及ぶチャートを作り生涯儲けた金額は
当時のお金で5000万ドル超とされています。
1929年の世界恐慌を事前に見抜き「投資家たちはその年から路頭に迷う」
と予言したことで知られています。


ギャンはチャートを作成していて聖書の一節から悟りを開いたとされています。

「かつてあったことはこれからもあり、かつて起ったことはこれからも起こる。
太陽の下、新しいものは何ひとつない。見よ、これこそ新しいと言ってみても、
それもまた永遠の昔からあり、この時代の前にもあった。」
聖書にそんなフレーズがあるんですね。
学生時代聖書を読む授業がありましたが、気が付きませんでした...。

ここから数々のギャン理論が生まれたのですが、
要するに世界で一番最初に体系的なトレードルール作りを提唱した方なんです。

ではその28条とは...。

詳しくはテキストをご覧いただき、オンデマンド放送をお聞きください。

*****************************************************************

ここで「コモディティ・フェスティバル2016」のお知らせです。

コモディティ投資が学べる1日。コモフェス、今年も東京・大阪で開催します。


9月17日土曜日、大阪・本町 大阪科学技術センタービル
9月24日土曜日、東京・御茶ノ水 ソラシティホール

世界を動かすコモディティ。

コモディティを知り尽くした専門家やファンドマネージャーによる、今後の原油、金投資の講演。
豪華グッズがあたるコモディティ抽選会もあります。

「マーケット・トレンド」でもおなじみの小次郎講師、池水雄一さん、江守哲さんが登壇されます。
ご友人・ご家族連れでぜひお越しくださいね。

私、大橋ひろこもイベントに参加しますよ~!

参加は無料ですが、事前にお申し込みが必要です。
東京・大阪両会場のお申し込み、
イベントの詳細は下記のバナーをクリックしてくださいね!

金はまだ上がるのか?!原油下落どこまで [大橋ひろこコラム]
2016.08/03 大橋ひろこ 記事URL

8月に入りました。足元ではドル安が進行していますが、金やプラチナ・パラジウムなど貴金属市場は高値水準にあるものの、原油市況は冴えません。WTI原油は40ドル大台をも割りこむところまで下落してきました。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
コモディティインテリジェンス代表取締役社長 近藤雅世さんに
コモディティ市況の現状と今後について伺いました。

近藤さんは、金価格はWトップの形状となり反落が近い一方で、
原油価格は30ドル台まで下落すれば反転近し、と指摘。

金市場は、英国のEU離脱や欧州の金融機関の債務問題などの
リスクを嫌気してセーフヘイブン的に買われていたが、
ブレグジットの余波もほぼ出尽くし。
また欧州金融機関のリスクも限定的だとお話くださいました。

欧州銀行監督機構(EBA)は29日、銀行51行を対象とした
健全性審査(ストレステスト)の結果を公表。
イタリアの大手銀行モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナがマイナス2.44%で
最下位だったほか、アイルランド、スペイン、オーストリアの銀行も下位に並んでいます。
特にモンテ・パスキ銀行の昨年末時点の不良債権額は融資の35%に相当する
€469億と悲惨な状況にあり、不良債権比率は41%、今後3年間で
€100億の不良債権削減を求められています。

これはリスクではないのでしょうか?

近藤さんは、日本が過去に経験したような銀行再編があるだろうけれど
クレジットリスクに発展することはないとしています。
イタリア最大の銀行UniCreditが救済するなどの案が出ているようですね。

米国や欧州の経済は確りしているとして金融不安になるほどの
材料ではなく、金にはリスク回避的な資金流入はないとお話くださいました。

また、原油はファンドが盛んに空売りしているとか。
30ドル台まで下げたいのでしょう、と近藤さん。
価格を崩そうと思って下を攻めてもあまり下がらないようなら
買戻しで急騰する局面もある?!

中国とインドは略備蓄を積み増しつつあり、中国は7つの港で、
インドは3つの港で戦略備蓄を貯蔵し始めている分だけ仮需が発生しています。

ここからの金、原油、そして穀物相場は?!
詳しくはオンデマンド放送で近藤さんの解説をお聞きくださいね。

*****************************************************************

ここで「コモディティ・フェスティバル2016」のお知らせです。

コモディティ投資が学べる1日。コモフェス、今年も東京・大阪で開催します。


9月17日土曜日、大阪・本町 大阪科学技術センタービル
9月24日土曜日、東京・御茶ノ水 ソラシティホール

世界を動かすコモディティ。

コモディティを知り尽くした専門家やファンドマネージャーによる、今後の原油、金投資の講演。
豪華グッズがあたるコモディティ抽選会もあります。

「マーケット・トレンド」でもおなじみの小次郎講師、池水雄一さん、江守哲さんが登壇されます。
ご友人・ご家族連れでぜひお越しくださいね。

私、大橋ひろこもイベントに参加しますよ~!

参加は無料ですが、事前にお申し込みが必要です。
東京・大阪両会場のお申し込み、
イベントの詳細は下記のバナーをクリックしてくださいね!

 全80ページ中40 ページ   前の10件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 [40] 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 次の10件