安値放置からの浮上、動き出した穀物市場 [大橋ひろこコラム]
2018.02/08 大橋ひろこ 記事URL

金利が急上昇してきたことで株式市場が波乱の様相を呈していますが、コモディティ市況は比較的落ち着いています。特に穀物市場の値動きは、マクロ金融の混乱の影響をほとんど受けていないようです。2018年年初から安定した上昇トレンドを強めています。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はコンチネンタルライス代表 茅野信行氏に
穀物市場の現状と今後の展望をお話いただきました。

5年連続の豊作となり、長期に安値放置された小麦、トウモロコシ、大豆の
穀物市況ですが、南米の干ばつの報などに動き出したかに見えます。

茅野さんは、現地の乾燥天候は年明けからの降雨によって緩和されていると指摘。
もし、天候リスクによって上昇開始したというのなら
失望からの穀物反落もあろうかと思われますが
売り飽きたマーケットは、ここより下値を探ろうという気がないようです。


茅野さんによると、現在シカゴの大豆とトウモロコシの比価は2.80。
通常、比価は2.5が中心値となり、これが3.0に接近すれば、
大豆の作付けが有利になり、2.0に近づけば逆に、
トウモロコシの作付けが有利になるという原則からみれば
この春からの新穀の需給予想は大豆作付が増えそうです。


ここからは、この春先からの新穀の生産動向に注目となってきますが
それよりも6年目の豊作の可能性は大きくなく、
天候リスクによる反応が大きいセンチメントとなっていることが
ポイントのようです。つまり、2018年は天候による相場が面白そうだということですね。

詳しくはオンデマンド放送で茅野さんの解説をお聞きくださいね。

小次郎講師のトレードラジオ講座~早仕掛けと試し玉 [「小次郎講師のトレードラジオ講座~中級編」第3期(~18年3月)]
2018.02/06 大橋ひろこ 記事URL

毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座、現在第3期「移動平均線大循環分析」と「大循環MACD」を究めるシリーズ放送中。


※トレードラジオ講座は、より深く学びたい方の為に講義内容をわかりやすくまとめたテキストを有料販売しています。是非テキストをご覧いただきながらラジオを聞いてくださいね。

第3期のテキストはこちらから→https://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=125121862


また、マーケットトレンドは18:00~18:15の15分間、
毎回TOCOMスクエアにて公開生放送。
(どなたで参加できます。気軽に見に(聞きに)来てください!)


生放送終了後はご来場の皆さまへ1時間程度の無料セミナーを毎週開催。
こちらも、どなたでもご参加いただけます。
事前連絡、予約は不要です。お気軽にお越しくださいね。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今回は「早仕掛け・試し玉」についてです。

早仕掛けとは。。。

通常と同量(あるいはやや少ない量)を
通常のタイミングよりワンテンポ早く仕掛けることです。

ワンテンポ早く仕掛けることにより、小さなトレンドを取ることが可能。
そのタイミングを指します。

試し玉とは。。。

通常の量の3分の1から5分の1を打診で仕掛けるポジション。
通常の仕掛けポイントに到達したときに、通常の量をまた仕掛けていきます。

偵察の注文をあらかじめ出しておくことで、
本仕掛けのときに、自信を持って仕掛けることができます。
小さなポジションの量を指します。


移動平均線大循環分析になぞらえて解説すると

早仕掛け局面とは

ステージ5、6で3本の線が右肩上がり。

ステージ1で短期・中期上昇、長期横ばいに変化

ステージ6で短期・中期上昇、長期横ばいに変化

そして試し玉は、、、、試すのですから本仕掛けのポジション量とは異なります。
小次郎講師に解説いただきました。

是非オンデマンド放送で小次郎講師の解説をお聞きくださいね。

***********************

2月13日火曜日18:00~東京日本橋・TOCOMスクエアで
マーケット・トレンド公開生放送&特別番組
「トレードアイデア大公開!~利益を上げるポイントとは?」公開録音開催!

おなじみ小次郎講師と「TOCOMリアルトレードコンテスト(外部サイト)
第1回優秀者がトレードを成功に導くアイデア・手法を大公開します。

ゴールドインゴットカードが当たるプレゼント抽選会あり!
このイベントに30名様無料ご招待。

詳しくは⇒http://blog.radionikkei.jp/trend/180213event.html

小次郎講師のトレードラジオ講座~移動平均線大循環分析総集編 [大橋ひろこコラム]
2018.01/30 大橋ひろこ 記事URL

毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座、現在第3期「移動平均線大循環分析」と「大循環MACD」を究めるシリーズ放送中。



※トレードラジオ講座は、より深く学びたい方の為に講義内容をわかりやすくまとめたテキストを有料販売しています。是非テキストをご覧いただきながらラジオを聞いてくださいね。


第3期のテキストはこちらから→https://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=125121862


また、マーケットトレンドは18:00~18:15の15分間、
毎回TOCOMスクエアにて公開生放送。
(どなたで参加できます。気軽に見に(聞きに)来てください!)



生放送終了後はご来場の皆さまへ1時間程度の無料セミナーを毎週開催。
こちらも、どなたでもご参加いただけます。
事前連絡、予約は不要です。お気軽にお越しくださいね。



皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今回は移動平均線大循環分析を極める!いよいよフィナーレです。

移動平均線大循環分析は6つのステージがありますが、
現状がどのステージにあるのか、一目で判断ができます。

そして、そのステージ移行期がエントリーエグジットの
タイミング。このステージの変化は3つのGCとDCで出来ています。

※GC=ゴールデンクロス
 DC=デッドクロス

 
トレードは確率のビジネス。
トレードの優位性を高めるために、移動平均線の欠点を
克服し精度を高めたのが移動平均線大循環分析なのです。

移動平均線の欠点をどのように補い、克服しているインジケーターなのか。

そして、正しく使うためには?!

詳しくはオンデマンド放送で小次郎講師の解説をお聞きくださいね。
 

------------


2月13日火曜日18:00~東京日本橋・TOCOMスクエアで
マーケット・トレンド公開生放送&特別番組
「トレードアイデア大公開!~利益を上げるポイントとは?」公開録音開催!

おなじみ小次郎講師と「TOCOMリアルトレードコンテスト(外部サイト)
第1回優秀者がトレードを成功に導くアイデア・手法を大公開します。

ゴールドインゴットカードが当たるプレゼント抽選会あり!
このイベントに30名様無料ご招待。

詳しくは⇒http://blog.radionikkei.jp/trend/180213event.html

ドル安金高は長期化も短期調整の暗示~サイクル・アストロロジー・テクニカルから見るマーケット展望 [大橋ひろこコラム]
2018.01/25 大橋ひろこ 記事URL

金価格が上昇してきました。金融要因的にはドル安が大きく影響していますね。ドル指数とドル建て金チャートを比較すればきれいな逆相関であることが確認できます。


昨年9月のご出演時に、ドルインデックスは2017年1月から長期下落トレンド入りしており2024年まで継続すると解説くださった投資日報社 林知久氏。ドル下落で商品価格の上昇を展望していらっしゃいました。足元では、その見通し通りにドル安、商品高が進んでいます。

林氏にここからのゴールド価格を展望いただきました。
足元でドル建てゴールドは1360ドル台にまで急激に上昇してきました。
目先は修正局面の時間帯。しかしながら、押し目は絶好の買い場とのこと。

昨年12月9日から今週末1月26日にかけて、アストロロジーの観点から
火星がホロスコープの蠍座入りしています。

レイモンド・メリマン氏の分析によると、火星が蠍座に入っている時は
金やユーロが上昇しやすく、射手座の序盤に入っている時は下降しやすい傾向が。

2004年、06年、2010年、12年、16年と火星が蠍座に入っている時にゴールドは上昇
。蠍座から射手座に入っている時間帯では下落しています。
1月26日~2月13日にかけては、一時的に金の下落に注意しておきたい時間帯です。

押し目のめどは1300ドル前後と林氏。

12月12日の安値で11カ月サイクルが底打ちした可能性があり
過去の11か月サイクル時のゴールドの値動きから、波動を探ると
2018年の金のピークは8月ころで1450~1550ドル次元の可能性も。


林氏には、ゴールドとともに上昇してきたプラチナについても伺っています。
プラチナは南アフリカの通貨ランドの動向がポイントです。
詳しくはオンデマンド放送で林氏の解説をお聞きくださいね。

------------


2月13日火曜日18:00~東京日本橋・TOCOMスクエアで
マーケット・トレンド公開生放送&特別番組
「トレードアイデア大公開!~利益を上げるポイントとは?」公開録音開催!

おなじみ小次郎講師と「TOCOMリアルトレードコンテスト(外部サイト)
第1回優秀者がトレードを成功に導くアイデア・手法を大公開します。

ゴールドインゴットカードが当たるプレゼント抽選会あり!
このイベントに30名様無料ご招待。

詳しくは⇒http://blog.radionikkei.jp/trend/180213event.html



コメ価格ジワリ上昇~背景に飼料米増産政策 [大橋ひろこコラム]
2018.01/24 大橋ひろこ 記事URL

おコメの値段がここ数年上昇しています。農林水産省の「コメの相対取引価格・数量」によると、2017年産米の全銘柄平均価格(相対価格、10月)は、玄米60㎏当り(消費税込み)1万5501円で前年同月から8%上昇で3年連続の上昇。外食や中食のコメ価格も上昇しており、価格は据え置きでもコンビニのおにぎりのサイズが小さくなるなど実質値上げとなっていることにお気づきでしょうか。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日は資源・食糧問題研究所代表 柴田明夫氏に
「主食用米 3年連続で上昇した背景とその影響」をテーマにお話を伺いました。

足元のコメ市況上昇の背景には、昨年2017年秋からの天候不順で稲の生育が遅れ、
作柄が悪化した影響があげられますが、ここ3年のコメ上昇の主因ではありません。


2015年からのコメ価格上昇には「政府主導による飼料用米の増産政策」が
影響しているのです。農水省は2014年より「減反廃止」政策を本格化し、
主食用米から飼料用米への転換を進めています。
主食用米が供給不足になるよう政策誘導しているのです。

飼料用米増産の駆動役となっているのは農家への助成金。
10a当り単収530kgを挙げると8万円、
最高680kgで10万5000円の助成金が出るため、
農家は単収を上げると助成金が増えることから、
中食・外食などが利用する業務用米が品薄となり、輸入米が急増。
結果、輸入米の入札価格も上昇しているのです。

日本のコメ需要自体は年々減少傾向にあるため
コメの過剰からコメ価格の値崩れに歯止めをかけねば
水田という生産装置を維持していくことができません。
日本の主食であるコメの潜在的生産力を保持するためには、
飼料作物へのスイッチもやむを得ないと柴田氏。
しかし、今後、飼料米への助成金制度による主食米の価格上昇が
続けば、さらなる需要減退につながりかねません。


農務省は2017年9月に「コメ海外市場拡大戦略プロジェクト」を立ち上げ、
輸出用米の安定的な生産に取り組む産地、輸出拡大に取り組む事業者、
輸出ターゲット国を特定し、これら3者が連携した個別具体的な
取り組みを政府が強力に後押しする方針を示しています。

ただ、この取り組みにも様々な障壁が、、、。

詳しくはオンデマンド放送で柴田さんの解説をお聞きくださいね。

------------

2月13日火曜日18:00~東京日本橋・TOCOMスクエアで
マーケット・トレンド公開生放送&特別番組
「トレードアイデア大公開!~利益を上げるポイントとは?」公開録音開催!

おなじみ小次郎講師と「TOCOMリアルトレードコンテスト(外部サイト)
第1回優秀者がトレードを成功に導くアイデア・手法を大公開します。

ゴールドインゴットカードが当たるプレゼント抽選会あり!
このイベントに30名様無料ご招待。

詳しくは⇒http://blog.radionikkei.jp/trend/180213event.html

小次郎講師のトレードラジオ講座~移動平均線大循環分析応用編 [「小次郎講師のトレードラジオ講座~中級編」第3期(~18年3月)]
2018.01/23 大橋ひろこ 記事URL

毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座、現在第3期「移動平均線大循環分析」と「大循環MACD」を究めるシリーズ放送中。

※トレードラジオ講座は、より深く学びたい方の為に講義内容をわかりやすくまとめたテキストを有料販売しています。是非テキストをご覧いただきながらラジオを聞いてくださいね。

第3期のテキストはこちらから→https://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=125121862


また、マーケットトレンドは18:00~18:15の15分間、
毎回TOCOMスクエアにて公開生放送。
(どなたで参加できます。気軽に見に(聞きに)来てください!)


生放送終了後はご来場の皆さまへ1時間程度の無料セミナーを毎週開催。
こちらも、どなたでもご参加いただけます。
事前連絡、予約は不要です。お気軽にお越しくださいね。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今回は移動平均線大循環分析応用編。

移動平均線大循環分析からは様々なトレードエッジを見出すことができます。

1、押し目買い・戻り売りのポイント

2、もみあい放れのポイント

3、取りやすい相場展開・取りにくい相場展開

4、トレンド相場・もみあい相場



現状をしっかりと見極めることで、
トレードのエッジ(優位性高い)の局面を知ることができるのです。
大循環分析から得られる情報は多岐にわたります。

詳しくはオンデマンド放送で小次郎講師の解説をお聞きくださいね。

2018年はコモディティ上昇の年に?!~ゴム市況の今後 [大橋ひろこコラム]
2018.01/11 大橋ひろこ 記事URL

米景気のさらなる回復、また欧州経済の回復が示すとおり、世界経済は最悪期を脱し「世界好景気」が指摘されています。景気拡大による消費の拡大がコストプッシュ型のインフレ化をもたらすでしょうか。景気の動向に強く左右される原油を中心としたエネルギー群や、銅、亜鉛、鉛、アルミ、ニッケルなどの産業素材銘柄が上昇基調に入ってきています。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はトーキョー・トレーダーズ・タイムズ代表 小針秀夫氏にお話を伺いました。

2001年から2008年までの期間、あるい
は2009年から2011年までの期間に示された
大型のコモディティ上昇相場が再現されるシナリオもあるのではないかと小針氏。

先導役となっているのは原油価格。
ゴールドマン・サックスが11月中旬に発表した2018年の予測では、
北海ブレント1バレル当たり58ドルでしたが、
12月5日に価格見通しを62ドルに引き上げました。
ところが、1月4日時点で北海ブレントは68ドル台まで高騰し、
既にゴールドマンの強気な予想を上回っています。

価格高騰の背景に投機マネーの流入も囁かれていますが、
OPECと非OPECの協調減産の効果と世界需要の伸びによって
需給が引き締まっていることに裏付けされているとの見方が
価格をサポートしており、このトレンドはしばらく継続しそうです。

原油との相関関係が強い天然ゴム相場は、原油高にもさえない値動きが続いています。
生産大手であるタイ、インドネシア、マレーシアの3カ国が今年1月から3月までの間、
最大35万トンの輸出を削減することで合意したらしいという情報が
リークされているのですが、まだ価格に織り込まれていません。

2016年3月から8月までの6カ月間にも、合計61万5000トンの輸出削減を実施。
今回の削減期間と削減量は昨年のほぼ半分であるものの
削減の期間に対する量の比率(削減ペース)は前年とほとんど同じです。
出遅れていたゴム市場にとっての買いのきっかけとなるでしょうか。

ゴム相場のアノマリーとして、ゴム価格は1~2月に高値を取りやすいというものがあります。
3~5月がウィタリング(落葉期)でゴム樹液採取が細る減産期にあたるため、
その前に減産を織り込んで価格が上昇しやすいのです。

ここからのゴム市況展望、詳しくうかがっています。
オンデマンド放送で小針さんの解説をお聞きくださいね。

2018年通貨展望~ドル/ユーロ/円/オセアニア通貨ポイント [大橋ひろこコラム]
2018.01/10 大橋ひろこ 記事URL

ドル円相場が短期的にみてレンジ下限であった112円の大台を割り込んで円高となっています。1月9日、日銀は公開市場操作において残存期間10年超25年以下の国債買入を減額しました。

ごく少額ではあるものの、黒田日銀総裁の異次元量的金融緩和策を開始して以降初めて対前期比で買入れ資産額が減少、マーケットはいよいよ日銀の出口戦略を意識し始めたようです。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はソニーフィナンシャルホールディングス為替アナリスト 石川久美子氏をお迎えし2018年為替展望をお話いただきました。

米国が利上げサイクルに入っているにもかかわらず、
なかなか上昇できずにいるドル円相場。
足元では通貨先物市場でのドルロングが整理される流れに押され、
円高気味の推移ですが2018年もFRBは年3回程度の利上げを見込んでいます。

現在金利先物市場での米利上げ織り込みは2回程度まで。

なかなか上昇しない賃金、インフレが落ち着いていることが
年3回の利上げを織り込み切れずにいる背景のようです。

しかしながら、FOMCイベントが近づいてくると急に利上げの折り込みが
強まりドル高基調に入るというパターンが繰り返されており、
注目される3月のFOMCに向けてはドル高となる局面もあろうかと思われますが、
足元では、年末年始に大きく買い上げられたクロス円の手じまい、
ポジション整理にドル円も影響を受けているのではないか、と石川氏。

2018年のドル円相場の展望を伺いました。

また、景気好調で2017年のパフォーマンス1位であったユーロ。
テーパリング開始となりますが、今年はECBのテーパリングと出口論が話題となり
ユーロを押し上げる可能性が大きいともお話くださいました。

豪ドルとNZドルの注目の指標、ポイントについてもわかりやすく解説いただいています。
オセアニアは酷暑による乾燥が懸念材料。
NZは牧草に影響が、、、乳製品価格動向にも注意しておきたいですね。

詳しくはオンデマンド放送で石川さんの解説をお聞きくださいね。

小次郎講師のトレードラジオ講座~移動平均線大循環分析「帯」 [「小次郎講師のトレードラジオ講座~中級編」第3期(~18年3月)]
2018.01/09 大橋ひろこ 記事URL

皆様、新年あけましておめでとうございます。今日から2018年のトレードラジオ講座スタートです。

毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座、現在第3期「移動平均線大循環分析」と「大循環MACD」を究めるシリーズ放送中。

※トレードラジオ講座は、より深く学びたい方の為に講義内容をわかりやすくまとめたテキストを有料販売しています。是非テキストをご覧いただきながらラジオを聞いてくださいね。

第3期のテキストはこちらから→https://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=125121862

また、マーケットトレンドは18:00~18:15の15分間、
毎回TOCOMスクエアにて公開生放送。
(どなたで参加できます。気軽に見に(聞きに)来てください!)


生放送終了後はご来場の皆さまへ1時間程度の無料セミナーを毎週開催。
こちらも、どなたでもご参加いただけます。
事前連絡、予約は不要です。お気軽にお越しくださいね。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今回は移動平均線大循環分析の「三次元分析」における
「帯」について詳しく教えていただきました。

小次郎講師の移動平均線大循環分析では3本の移動平均線を使いますが、
中期線と長期線の間を塗りつぶし、それを「帯」と命名しています。

小次郎k上司曰く
「帯は大河。短期線は道。ろうそく足は人の歩みだと思ってチャートを眺める。」

帯は大局トレンドの状態を示すものです。
上昇帯か下降帯かで大局トレンドの方向性がひとめでわかります。

帯の傾きが大局トレンドの方向性と強さを示す。
(帯が横ばい状態になるともみあい相場)

そして帯の幅が大局トレンドの安定性を示しています。
帯が右肩上がりで幅が広いことが安定上昇相場を示し、
帯が右肩下がりで幅が広いことが安定下降相場を示しますが、
帯の間隔が狭く横ばい状態であれば、もみあい相場であるということがわかるのです。

この帯を使ってどのようにトレードするのでしょうか。

詳しくはオンデマンド放送で小次郎講師の解説をお聞きくださいね。


門倉氏に聞く~2018世界経済の行方 [大橋ひろこコラム]
2017.12/28 大橋ひろこ 記事URL

2017年、米国では0.25%刻みで年3回の利上げが実施されました。2018年も年3回の利上げが予想されていますが、米国景気の足腰はかなりしっかりしたものになっているため、このペースの利上げであれば、米国経済が腰折れすることはなく、米国株も上昇基調で推移するとみられます。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はエコノミストBRICs経済研究所 代表 門倉貴史氏をお迎えし
2018年の世界経済のゆくえ~注目の投資先、注目の国をテーマにお話を伺いました。

米国が利上げをする一方で、日本は依然として金融緩和を継続。
日米の金利差だけを考えると、円安ドル高となるとみられ、
株式市場も堅調に推移すると思われます。
門倉氏は戌年の相場格言は「笑う」なので、世界経済のリスクが顕在化しなければ、
株高が継続する1年となると予想されていますが、リスクはないのでしょうか。

2017年は北朝鮮の相次ぐミサイル発射実験で円が買われる局面がありました。
足元、北朝鮮問題がマーケットでクローズアップされていませんが、
まだ問題が解決したわけではありません。
トランプ大統領がエルサレムをイスラエルの首都認定による
中東情勢の不安定化が懸念材料としてくすぶる中、
リスクが顕在化すれば急激な円高進行も。
門倉氏に、ドル円相場や日経平均のターゲットを予想いただいています。

また、中国経済はこれまでの景気対策の効果浸透によって、底打ちの兆しがみられ、
2018年は株価が上昇する可能性が高いと門倉氏。

中国株では、広東省の深センに本拠を置くIT(情報技術)関連企業に注目。
「第2のシリコンバレー」と呼ばれる深セン。

世界最大手のドローンメーカーである「深セン市大疆創新科技(DJI)」や
通信機器メーカーの「華為技術(ファーウェイ)」、
ネット関連サービスの「騰訊控股(テンセント)」、
ロボットベンチャーの「UBテック・ ロボティクス」など、
多数の業績の好調なIT関連企業が本拠地としています。

近年、深センでは労働者の賃金が急上昇しており、
最低賃金は07年の月額750元から2017年には同2130元へと、10年間で約3倍の水準に。

かつてのように安価な労働力に頼った組み立て製造のビジネスモデルは
成り立たなくなっているため、グローバル製造業は人件費などのコストが割安な
東南アジア諸国へと製造拠点をシフトするかに思われましたが、
実際にはそうはなりませんでした。

深センでは賃金の高騰に見合うような労働生産性の大幅な上昇がみられ、
優秀なIT人材によってドローンやIoT、AIなどのハイテク製品が
次々と産み出されるようになっているのです。

また、2017年は仮想通貨「ビットコイン」の価格が高騰した1年。
門倉さんには、ビットコインや、メキシコの通貨ペソについてもお話を伺っています。
詳しくはオンデマンド放送で門倉さんのお話をお聞きくださいね。

今週1週間は「ラジオNIKKEIリスナー感謝祭」と題して、
リスナーの皆さまに感謝の意を込め、各番組から、たくさんのプレゼントをご用意いたしました。
「マーケット・トレンド」からも岡安盛男さんの新版をプレゼント!
詳しくはこちらのページをご覧ください。
http://www.radionikkei.jp/kanshasai/

 全64ページ中4 ページ   前の10件 1 2 3 [4] 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 次の10件