プラチナ需給に「スクラップ」の存在感 [大橋ひろこコラム]
2016.06/02 大橋ひろこ 記事URL

毎年5月にロンドンで開催されるプラチナウイークには世界中のプラチナ関係者が集います。本日のゲスト池水雄一さんもそのおひとり。今日はロンドン プラチナウィークから帰ったばかりの池水さんに、プラチナ・PGMについてお話しを伺いました。


皆さんご機嫌いかがでしょうか。大橋ひろこです。
今日はICBCスタンダードバンク東京支店長 池水雄一さんに
プラチナウィークにて、貴金属調査会社であるMetals Focus社が公表した
PGM触媒のスクラップ回収に関してのレポートからのお話。


スクラップとは自動車触媒などに使用されているプラチナが再利用される際に
市場に放出される貴金属のを指します。
それを溶かして再利用することをリサイクルと呼びます。


「過去10年のリサイクルの流れ」

2007年から2016年への10年間、自動車触媒からのプラチナの回収は
290,000toz(約9トン)から、1.2moz(約37トン)に増加する見込み。
一方で南アフリカ(圧倒的に世界一位の生産国)の鉱山生産量は
2007年比で860ktoz(26.7トン)減少、4.2moz (約130トン)になります。

今やスクラップの存在感は2015年、プラチナ供給全体の23~25%がスクラップ供給である、
というレベルにまで増大してきています。全体の4分の1くらいでしょうか。。。

プラチナ価格を読むうえでは、南アフリカの鉱山生産量と自動車などの
触媒需要のバランスを見て、需給予測を立てるのが教科書的でしたが、
年々増加するスクラップが地上在庫として存在することが価格動向にも
影響してくるようになりました。

2014年に南アフリカの鉱山会社で5か月にも及ぶ長期ストライキが
起こったにも関わらず、(生産が停止する)
プラチナ価格は上昇せずに暴落した不可解な値動きも、
地上在庫の存在が背景にあったと考えられます。

その昔、南アの鉱山スト、電力不足がニュースになれば
決まってプラチナが上昇するという相関があったのですけれどねぇ...。


「自動車触媒リサイクルの増減要因」

自動車触媒回収からの供給が増加している長期的要因は、
世界中で導入されているより厳しい排気ガス規制法案が影響しています。
米国と日本で1970年代に、EUで1980年代後半、中国では2000年代前半に
導入されました。プラチナはディーゼルエンジン車の触媒に使われています。
プラチナやパラジウム触媒を使って排ガスをきれいにしているんですね。

厳しい規制によって、プラチナの自動車への使用量が年々増加する一方、
それに使用されたプラチナがスクラップとして再度市場に出てくるのです。

スクラップにされる自動車の平均年数はだいたい12-14年だそうです。
ということは2016年のスクラップを考えるには、
2000年代前半のPGM需要を見ればわかる!ということになりますね。
そのころのPGM需要以上にはスクラップが市場に出てくるはずがないのです。

ということで、スクラップ量は年々増加し、これがプラチナ需給を見るうえでは
重要なファクターとなってきているのですが、どの程度市場に出てくるかを
予測することはそう難しいことではない、ということですね。

今後、自動車触媒からのPGM回収は増加していくとの見通しは、
PGMマーケットにとっては脅威となるのでしょうか。

今後の見通しを池水さんに伺っています。
詳しくはオンデマンド放送で池水さんの解説をお聞きくださいね。

**************************************************

*****************************************


ゴールドについて、楽しみながら学ぼう!


7月2日土曜日、東京・よみうり大手町ホールにて
「TOKYO GOLD FESTIVAL 2016」が、開催されます。


金現物、金箔、アクセサリーから投資商品まで、限りなき可能性を持つ
「金(ゴールド)」について学べる日本で唯一の「金(ゴールド)」の祭典です。


当日は、ゴールドのスペシャリスト亀井幸一郎さんの講演や、
当番組コメンテーターでもお馴染み池水雄一さん、
元衆議院議員・杉村太蔵さんによる、
金投資のポイントがわかるスペシャル公開授業など
内容盛りだくさんです。


豪華グッズが当たる抽選会もあります。

友人・ご家族連れでぜひお越しください
私、大橋ひろこが総合司会を務めます!!


参加は無料、事前申し込み制です。
お申し込み・イベントの詳細は下記のバナーをクリック!!

ゴム急落、輸出削減合意順守に懐疑的・・・ [大橋ひろこコラム]
2016.06/01 大橋ひろこ 記事URL

TOCOMスクエアラジオNIKKEIサテライトスタジオから毎日生放送!水曜ゲストは商品アナリスト、小針秀夫さんです。

皆さん、ご機嫌いかがでしょうか。大橋ひろこです。
今日は小針さんに金、原油、ゴム価格現状と今後について伺いました。


◆金◆

WGC(ワールド・ゴールド・カウンシル)から1~3月期の
金の需給レポート公表 されました。

特筆すべきは投資用、特に金ETF需要が急増したこと。
四半期ベースでは過去2番目の需要増となりました。

12月まで資金流出が続いた金ETF市場に再び資金流入が確認されたのは
米国利上げペースが当初想定より鈍化するとの思惑に加え、
仮に利上げがあった場合でも、米株下落リスクを警戒しているとの見方も。
英国のEU離脱を巡ってのリスクなども金投資を強めているとみられます。

足元では6月のFOMCにて米国利上げがあるかどうか。
5月は1300ドル台タッチから1200ドル割れを試すところまで
金価格は軟化しましたが、まずはFOMCが1200ドルの節目を占う
重要イベントとなりそうです。


◆原油◆

明日2日にOPEC総会を控えてWTI原油価格は50ドル台回復まで
上昇してきましたが、50ドル台滞空時間は短く48ドル台まで下落中。

しかしながら、OPEC総会では減産どころか増産凍結合意さえも困難との
見方が大勢となる中、高止まりともいえます。

ここからの見方は?

小針さんはサウジの生産コストと財政均衡コストに注目されていらっしゃいました。


◆ゴム◆

今日は全限でサーキットブレーカー発動の下落に見舞われたゴム。
内部要因が下落を誘引したと小針さん。

2月4日タイ・マレーシア・インドネシアがゴム価格支援策として
3カ国が合計で毎月10万2500トンずつ輸出を削減することで合意。
3月から実施するということで、5月まで価格上昇となっていました。

小針さんによると輸出削減を遵守しているかどうか疑問が残るようで、
マーケットは輸出削減で合意を好感して上昇した分が剥落する動きとなっているようです。

5月に入って急落、リバウンド相場となっていたのですが、、、
TOCOMの日当業者部門の買い玉が6000枚程度残ったままで
急落でも減少していないのだそう。つまり、相場が戻って来れば
損失が出ている投資家らのやれやれの売りが
上値を抑えてしまう構造となっています。


詳しくはオンデマンド放送で小針さんの解説をお聞きくださいね。

*****************************************


ゴールドについて、楽しみながら学ぼう!


7月2日土曜日、東京・よみうり大手町ホールにて
「TOKYO GOLD FESTIVAL 2016」が、開催されます。


金現物、金箔、アクセサリーから投資商品まで、限りなき可能性を持つ
「金(ゴールド)」について学べる日本で唯一の「金(ゴールド)」の祭典です。


当日は、ゴールドのスペシャリスト亀井幸一郎さんの講演や、
当番組コメンテーターでもお馴染み池水雄一さん、
元衆議院議員・杉村太蔵さんによる、
金投資のポイントがわかるスペシャル公開授業など
内容盛りだくさんです。


豪華グッズが当たる抽選会もあります。

友人・ご家族連れでぜひお越しください
私、大橋ひろこが総合司会を務めます!!


参加は無料、事前申し込み制です。
お申し込み・イベントの詳細は下記のバナーをクリック!!

トレンドとは?~小次郎講師のトレードラジオ講座 [『小次郎講師のトレードラジオ講座』第1期(~16年8月)]
2016.05/31 大橋ひろこ 記事URL

日本橋堀留町のTOCOMスクエアから毎日公開生放送。マーケット・トレンド毎週火曜は「小次郎講師のトレードラジオ講座」です。

今回のテーマは「トレンドとは?」

価格は波打ちながら上昇し、また波打ちながら下降していきます。
そのウェイブの中で目先の天井、目先の底が出来るのですが、

上昇トレンドとは
その目先の天井と天井を比較してみると、切り上がっている状態。

下降トレンドとは
その目先の底と底を比較してみると、切り下がっている状態。


を指します。それをどのように見つけ出すのか。

「トレンドライン」を引いてみましょう。

小次郎講師に「トレンドラインの引き方」
さらに「チャネルラインの引き方」を伺いました。

もちろん線を引くのは事前準備にすぎません。
そのトレンドライン、チャネルラインをどのように使うのかを
解説いただいています。詳しくはオンデマンド放送で小次郎講師の
解説をお聞きくださいね。

また、この毎週火曜日の「小次郎講師のトレードラジオ講座」は
マーケット・トレンドのラジオでの本放送の後、
公開放送スタジオである「TOCOMスクエア」にて小次郎講師による
ミニセミナーを開催しています。放送直後の18:30~毎週開催。

ラジオの公開生放送を見に、そして、その後の小次郎講師による
ミニセミナーを受講しに、是非TOCOMスクエアに来てくださいね。
もちろん、見学、受講ともに無料です。

写真の落花生は千葉県産の「半立ち」落花生の最高級品です!
公開放送と小次郎講師のセミナーに足を運んでくださった投資家様から頂戴しました。

感謝感激雨あられ!!お酒の友にいたします、ありがとうございます♪

*****************************************


ゴールドについて、楽しみながら学ぼう!


7月2日土曜日、東京・よみうり大手町ホールにて
「TOKYO GOLD FESTIVAL 2016」が、開催されます。


金現物、金箔、アクセサリーから投資商品まで、限りなき可能性を持つ
「金(ゴールド)」について学べる日本で唯一の「金(ゴールド)」の祭典です。


当日は、ゴールドのスペシャリスト亀井幸一郎さんの講演や、
当番組コメンテーターでもお馴染み池水雄一さん、
元衆議院議員・杉村太蔵さんによる、
金投資のポイントがわかるスペシャル公開授業など
内容盛りだくさんです。


豪華グッズが当たる抽選会もあります。

友人・ご家族連れでぜひお越しください
私、大橋ひろこが総合司会を務めます!!


参加は無料、事前申し込み制です。
お申し込み・イベントの詳細は下記のバナーをクリック!!





急反騰の大豆相場、16年サイクル初動か?! [大橋ひろこコラム]
2016.05/26 大橋ひろこ 記事URL

1月から急反騰、昨年の安値1040ドル台から5/2にかけては1306ドルまで200ドルを超える大きな上昇トレンドを形成したCOMEX金相場ですが、足元では下落が続いており、1200ドルをサポートできるかどうかが焦点となってきています。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今回は投資日報社 林知久さんにテクニカル/サイクル・アストロロジーから見た
コモディティ市況をお話しいただきました。

まずは3/28の安値1208ドルをサポートできるか否かが最大の焦点ですが、
もし、ここを割り込むと5月高値を天井に、目先は戻しても日柄的に2~3週間程度、
6月末から7月までは安値を指向する展開も想定されると林さん。

しかしこれは、ネガティブなシナリオ。
ポジティブシナリオもあります。

5/27~8/3にかけて「火星のさそり座入居」という天体位相が発生します。
今年1回目の火星のさそり座入居は1/3~3/6。
この期間には2か月で200ドル強の金価格上昇がみられました。
2004年以降の火星蠍座入居はこれまで7回発生していますが、
5回急上昇(約7割)、2回急落(急落)ということで70%確率で上昇しています。

今回5/27~のこの位相では、、、?!

ポイントとなるのは3/28安値1208ドルがサポートされて反転できるか否か、
ですが、先行指標として林さんはシルバー価格に注目されています。

金と連動性の高い銀相場は4月に急上昇、両市場の年初来高値は5/2です。
その後反落した相場は金が2月と3月の高値水準を割り込んでいるのに対し、
銀は16㌦付近にあるこの高値水準を割り込んでいません。
従って銀相場が16㌦を割り込めば金も戻り売り相場入りで目先は下落が継続、
16㌦を維持すれば反転上昇という見方も。先行指標として注目です。

また、穀物相場が動意づいてきましたがシカゴ大豆が大相場初動であると林さん。
メリマン氏の『フォーキャスト2016』では「2016年は干ばつや洪水など水関連のトラブル」を
天体位相から指摘しています。つまり穀物相場の上昇を予測していました。
実際にシカゴ大豆は2/29の852セントから5/10の1091セントまで約28%上昇しています。

およそ30%もの価格上昇、、、となると、ここから買うのが憚られますが、
林さんは長期16年サイクルの大相場の初動であると指摘。

月足では昨年11月に844㌣であった相場が4月に目先の抵抗であった
16カ月移動平均価格を引け値で上回った事で長期16年サイクルのボトムが確認されました。

ちなみに前回の16年サイクルは2002年の415㌣から2004年の1064㌣まで、
2年で649㌣上昇。最終的には2012年9月に1,789セントまで上昇しています。

その前の16年サイクルは1986年9月の467㌣から1988年6月の1099㌣まで、
これも2年弱で632㌣上昇しました。基調の強弱を問わず、サイクルの序盤は
常に強気というのがサイクル論の定石ですので、現在の相場をあてはめて考えれば
相場は2017年の年末までに600㌣、つまり1444㌣まで上昇する可能性がある
ということになります。従って長期サイクル序盤の現在の大豆相場は買いであると林さん。

ただし現在、シカゴ大豆は今週も含めて12週間連続で陽線で、買い難い...。
どこかで押しが欲しいですね。週足レベルで日柄を数えてみると、
2014年後半から相場は11~17週でボトムを確認。
過去のデータでは15~21週ごとにボトムが出現しています。
従って目先は2~5週間の修正場面を待ってから買い参入するのが望ましい、と林さん。
修正目標として、14年11月の高値と15年6月の高値を結んだトレンドラインへの
プルバックがあるのではないか、と解説くださいました。

2月安値から5月高値までの黄金分割38%訂正水準とも近いその水準は
1000±10.8㌣程度。ここが押し目となって再上昇となるか?!
仮にこれを下回るようなら971.75±14.13㌣が次の目標値ということですが、、、

詳しくはオンデマンド放送で林さんの解説をお聞きくださいね。

******************************************

ゴールドについて、楽しみながら学ぼう!


7月2日土曜日、東京・よみうり大手町ホールにて
「TOKYO GOLD FESTIVAL 2016」が、開催されます。


金現物、金箔、アクセサリーから投資商品まで、限りなき可能性を持つ
「金(ゴールド)」について学べる日本で唯一の「金(ゴールド)」の祭典です。


当日は、ゴールドのスペシャリスト亀井幸一郎さんの講演や、
当番組コメンテーターでもお馴染み池水雄一さん、
元衆議院議員・杉村太蔵さんによる、
金投資のポイントがわかるスペシャル公開授業など
内容盛りだくさんです。


豪華グッズが当たる抽選会もあります。

友人・ご家族連れでぜひお越しください
私、大橋ひろこが総合司会を務めます!!


参加は無料、事前申し込み制です。
お申し込み・イベントの詳細は下記のバナーをクリック!!

生き残りをかける石油販売業~どうなるガソリンスタンド [大橋ひろこコラム]
2016.05/25 大橋ひろこ 記事URL
ガソリンスタンド(以下SS)が減っています。ドライバーの皆さんは感じていることと思いますが、「SS過疎地問題」が深刻化しているようです。20数キロ車を走らせないと給油できないような地域もある他、高速道路に200キロ以上走らないとSSがないというような区間があるとか、、、。灯油や農業機械用ガソリン・ディーゼルが買えないという問題にもつながる他、石油とLPガスは災害時の最後の砦、熊本大地震でも少ないSSには長蛇の列ができました。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今回は株式会社セキツウ常務取締役 山内弘史さんに「生き残りをかける石油販売業~どうなるガソリンスタンド」をテーマにお話を伺いました。


◆ピークから半減したSS

1996年度末は60,421店あったSSは2015年度末には33,510店にまで減少。

※2003年度~2014年度のSS経営形態別の減少
元売社有    9,109 ⇒ 6,146  ▲ 2,963
特約・販売店  30,370 ⇒ 19,129 ▲11,241
PBSS 10,588 ⇒ 8,235 ▲ 2,353
SS合計    50,067 ⇒ 33,510 ▲16,557


◆なぜSS減少が止まらないのか?

1・最大の要因はガソリン需要の大幅減少にあります。

2004年度のピーク需要は61,476千klでしたが2015年度53,100千klまで13.6%もの減少。
エネルギー庁の「平成28~32年度石油需要想定」ではガソリン需要は
今後5年間で年率2.5%減を続け,32(2020)年度には46,854千klとなる見通しです。

少子高齢化や若者の車離れの他、 環境対策車(ハイブリッド車など)の普及、
車の燃費向上等で需要が低下しているのです。


2・低マージンに喘ぐSS経営

販売事業者のガソリン・マージンの低下しており、
年間販売量が500kl未満の中小SSのマージンは赤字経営。
大手元売りによるボリュームインセンティブにより安価に価格を
仕切ることが可能であり、低価格競争を招いてしまっています。


3・ 新しい課題への対応の苦しみ

VOC(ガソリンベーパー)規制、水素・EV供給など新しい課題への対応に
設備投資が必要となってきます。
VOC規制というのは、給油時の揮発成分が環境負荷となっている
ことから、キャニスターという器具を取り付け、揮発成分を
タンクに戻すなどの、取組が求められるもの。
この設備投資におよそ1000万円程度はかかるとみられますが...。


もともとタンクの老朽化で土壌汚染問題からタンクの入れ替えを
迫られるSSが多い中、負担があまりにも大きいのが現状。

低価格競争を強いられる中で、新たな設備投資が難しく
SS経営を続けられないということが起こっているのです。

不当廉売や差別対価等不公正取引に対するコンプライアンスの徹底や
公平で透明な卸価格指標の確立などが求められるほか、
SS減少を食い止める施策が急務となっていますが、、、。

詳しくはオンデマンド放送で山内さんの解説をお聞きくださいね。

******************************************

ゴールドについて、楽しみながら学ぼう!


7月2日土曜日、東京・よみうり大手町ホールにて
「TOKYO GOLD FESTIVAL 2016」が、開催されます。


金現物、金箔、アクセサリーから投資商品まで、限りなき可能性を持つ
「金(ゴールド)」について学べる日本で唯一の「金(ゴールド)」の祭典です。


当日は、ゴールドのスペシャリスト亀井幸一郎さんの講演や、
当番組コメンテーターでもお馴染み池水雄一さん、
元衆議院議員・杉村太蔵さんによる、
金投資のポイントがわかるスペシャル公開授業など
内容盛りだくさんです。


豪華グッズが当たる抽選会もあります。

友人・ご家族連れでぜひお越しください
私、大橋ひろこが総合司会を務めます!!


参加は無料、事前申し込み制です。
お申し込み・イベントの詳細は下記のバナーをクリック!!

チャート分析の長所と短所~小次郎講師のトレードラジオ講座 [『小次郎講師のトレードラジオ講座』第1期(~16年8月)]
2016.05/24 大橋ひろこ 記事URL

日本橋堀留町のTOCOMスクエアから毎日公開生放送。マーケット・トレンド毎週火曜は「小次郎講師のトレードラジオ講座」です。

今回は「チャート分析の長所と短所」

チャート分析(テクニカル分析)とは
チャートの動きの変化によって、現状を把握、将来の可能性を分析するものですが、チャートには全ての材料(ファンダメンタル)が織り込まれているとして、チャート分析しかトレードに使わない、という方も存在しますが...。

しかし、チャート分析にも長所と短所があります。

小次郎講師に伺いました。

◆チャート分析の長所

売買のタイミングを知ることができるため、
トレードをルール化しやすく、迷いがなくなる。


◆チャート分析の短所

完璧に将来予測ができる分析はない。
テクニカル指標は多岐にわたるため、使い方が分からない。

小次郎講師は、「チャートには我々が現時点では知り得ることが
できない早耳情報をも織り込んで動く」として
チャート分析によるトレードの優位性を説きます。

番組では、どのような早耳情報がどのような値動きとなって
動いたか、ドル円相場を使って解説くださいました。

番組テキストを是非ご覧いただきながら、お聞きくださいね。
(テキストは有料です。詳細はご覧のブログの右側にある
バナーをクリックして下さい。)

また、この毎週火曜日の「小次郎講師のトレードラジオ講座」は
マーケット・トレンドのラジオでの本放送の後、
公開放送スタジオである「TOCOMスクエア」にて小次郎講師による
ミニセミナーを開催しています。放送直後の18:30~毎週開催。

ラジオの公開生放送を見に、そして、その後の小次郎講師による
ミニセミナーを受講しに、是非TOCOMスクエアに来てくださいね。
もちろん、見学、受講ともに無料です。


*****************************************


ゴールドについて、楽しみながら学ぼう!


7月2日土曜日、東京・よみうり大手町ホールにて
「TOKYO GOLD FESTIVAL 2016」が、開催されます。


金現物、金箔、アクセサリーから投資商品まで、限りなき可能性を持つ
「金(ゴールド)」について学べる日本で唯一の「金(ゴールド)」の祭典です。


当日は、ゴールドのスペシャリスト亀井幸一郎さんの講演や、
当番組コメンテーターでもお馴染み池水雄一さん、
元衆議院議員・杉村太蔵さんによる、
金投資のポイントがわかるスペシャル公開授業など
内容盛りだくさんです。


豪華グッズが当たる抽選会もあります。

友人・ご家族連れでぜひお越しください
私、大橋ひろこが総合司会を務めます!!


参加は無料、事前申し込み制です。
お申し込み・イベントの詳細は下記のバナーをクリック!!

金価格、4月FOMC議事録で急反落も [大橋ひろこコラム]
2016.05/19 大橋ひろこ 記事URL

金ドル建て現物価格は5月2日に1,300ドル超えとなり、1,303ドルまで上伸しましたが1,300ドル台相場は短命に終わり、高値圏での神経質な値動きとなっています。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今回はみんかぶ商品部門アナリスト 森成俊さんに
金価格動向と今後の見通しを伺いました。

足下の金価格下落の背景は4月のFOMC議事録。
これまで次回6月利上げをほとんど織り込んでいなかったマーケットは
議事録のタカ派的内容に驚いた格好です。
6月利上げの可能性を排除できないとしてドルが買われ、金が下落する流れとなりました。

議事録では、雇用等インフレの指標に注目とされていましたので
次回6月雇用統計がカギとなってくると森さん。

金融要因からはドル高となるのかドル高是正ムードが継続するのかが
金市場にとっても大きな材料となっています。


ETF市場への資金流入は継続中。
金ETFであるSPDRゴールの現物保有高は855.89トンとなり、
3月31日現在の819.28トンから約4.5%増加しています。
年初の643.56トンからは約33%増加、しっかりとした買いが入っています。

ワールド・ゴールド・カウンシル(WGC)は
「ゴールド・ディマンド・トレンズ2016Q1」を発表し、
第1四半期の世界の金需要は前年同期比21%増の1,289.8トン。
宝飾需要が19%減の481.9トン、
工業用需要が3%減の80.9トン、
投資需要が同122%増の617.6トンとなったことを明らかにしました。
ETF(上場投信)への流入が363.7トンで
2009年第1四半期以来の高水準となっています。

ここからの金相場の見通しは?!
円建ての金価格は4月8日に円高の進行を受け、4,266円まで下落、
1月29日以来の安値をつけましたたが、その後、ドル建て相場の上昇から
上昇に転じ今月17日には4,478円まで続伸し3月30日の高値4,480円に
ほぼ顔合わせとなっています。

詳しくはオンデマンド放送で森さんの解説をお聞きくださいね。

*****************************************


ゴールドについて、楽しみながら学ぼう!


7月2日土曜日、東京・よみうり大手町ホールにて
「TOKYO GOLD FESTIVAL 2016」が、開催されます。


金現物、金箔、アクセサリーから投資商品まで、限りなき可能性を持つ
「金(ゴールド)」について学べる日本で唯一の「金(ゴールド)」の祭典です。


当日は、ゴールドのスペシャリスト亀井幸一郎さんの講演や、
当番組コメンテーターでもお馴染み池水雄一さん、
元衆議院議員・杉村太蔵さんによる、
金投資のポイントがわかるスペシャル公開授業など
内容盛りだくさんです。


豪華グッズが当たる抽選会もあります。

友人・ご家族連れでぜひお越しください
私、大橋ひろこが総合司会を務めます!!


参加は無料、事前申し込み制です。
お申し込み・イベントの詳細は下記のバナーをクリック!!

ゴールドマン原油見通し上方修正「突然供給過剰ではなくなった」 [大橋ひろこコラム]
2016.05/18 大橋ひろこ 記事URL

日本橋堀留超のTOCOMスクエアから毎日公開生放送。
WTI原油価格が50ドル大台目前にまで上昇してきました。1~2月には26ドル台まで下落していた原油価格ですが、2倍近くにまで上昇してきた背景はなんでしょう?!


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日は商品アナリスト小針秀夫さんに原油、ゴムなどの商品市況について伺いました。

① ナイジェリアの政情不安

ナイジェリアの原油生産は236万バレル/日で世界シェアの2.7%を占めています。
5月4日にシェブロンのオフショア・リグがNDAという武装グループに襲撃され、
5月11日には同国内の別のシェブロンの施設が爆破されました。
ロイヤルダッチシェルは操業を停止、外国人社員を引き揚げたことで
同国の原油生産は1990年代初頭の水準にまで急減しています。

② カナダの山火事

アルバータ州北東部から主要なオイルサンド地帯へと拡大した山火事の影響で、
この地域の原油生産量の40%に相当する日量約100万バレルが影響を
受けているとの報道。


③ ゴールドマン・サックスも原油見通し上方修正

ゴールドマンは今週初発表したリポートで想定より早く供給不足の
状態になったと指摘。市場は供給過剰の状態では「突然なくなった」としし、
2016年の下半期の原油価格見通しを50ドルに引き上げています。

ここからの原油相場の見通し、そしてゴム価格の急反落についても
小針さんに伺っています。詳しくはオンデマンド放送で小針さんの
解説をお聞きくださいね。


*****************************************


ゴールドについて、楽しみながら学ぼう!


7月2日土曜日、東京・よみうり大手町ホールにて
「TOKYO GOLD FESTIVAL 2016」が、開催されます。


金現物、金箔、アクセサリーから投資商品まで、限りなき可能性を持つ
「金(ゴールド)」について学べる日本で唯一の「金(ゴールド)」の祭典です。


当日は、ゴールドのスペシャリスト亀井幸一郎さんの講演や、
当番組コメンテーターでもお馴染み池水雄一さん、
元衆議院議員・杉村太蔵さんによる、
金投資のポイントがわかるスペシャル公開授業など
内容盛りだくさんです。


豪華グッズが当たる抽選会もあります。

友人・ご家族連れでぜひお越しください
私、大橋ひろこが総合司会を務めます!!


参加は無料、事前申し込み制です。
お申し込み・イベントの詳細は下記のバナーをクリック!!

小次郎講師のトレードラジオ講座「ファンダメンタルズ分析の長所と短所」 [大橋ひろこコラム]
2016.05/17 大橋ひろこ 記事URL

皆さんはトレードする際に、何を指標に売買していますか?

ファンダメンタル分析、チャート分析をどのように使えば投資効率が上がるでしょう。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。

日本橋堀留超のTOCOMスクエアから毎日公開生放送。毎週火曜は「小次郎講師のトレードラジオ講座」です。

ファンダメンタルズ分析とは~

企業業績・経済動向・需要と供給を中心とした値動き要因(材料)を元に
分析する手法のことです。株式市場では決算発表などは株価動向には
非常に重要な材料ですね。為替市場では雇用統計やCPI(インフレ率)GDPなど
各国の経済指標が相場を大きく動かすことがあります。
コモディティ市場では原油の生産量や在庫統計などが注目される相場が続きましたね。

このように価格変動の一番大きな要因はなんと言っても
ファンダメンタルズの変化によるところが大きいのですが、
ファンダメンタルズ分析のとおりに動かないことがしばしばあるのが相場の難しいところです。


相場の大きな流れを作るファンダメンタル分析ですが、
トレードする際にはファンダメンタル分析のみでは
なかなかうまく行きません。


今回は小次郎講師にファンダメンタル分析の長所、短所を伺いました。


ポイントは6項目。

①個人が知る情報は出がらしの情報
②値動き要因は千、万ある
③既にどれくらい織り込まれているかが不明
④売買タイミングを教えてくれない
⑤価格は市場センチメントで動く
⑥トレードルールに組み入れられない

詳しくはオンデマンド放送で小次郎講師のお話、聞いてくださいね。


また、この毎週火曜日の「小次郎講師のトレードラジオ講座」は
マーケット・トレンドのラジオでの本放送の後、
公開放送スタジオである「TOCOMスクエア」にて小次郎講師による
ミニセミナーを開催しています。放送直後の18:30~毎週開催。


ラジオの公開生放送を見に、そして、その後の小次郎講師による
ミニセミナーを受講しに、是非TOCOMスクエアに来てくださいね。
もちろん、見学、受講ともに無料です。
(テキストは有料です。詳細はご覧のブログの右側にあるバナーをクリックして下さい。)

******************************************

ゴールドについて、楽しみながら学ぼう!


7月2日土曜日、東京・よみうり大手町ホールにて
「TOKYO GOLD FESTIVAL 2016」が、開催されます。


金現物、金箔、アクセサリーから投資商品まで、限りなき可能性を持つ
「金(ゴールド)」について学べる日本で唯一の「金(ゴールド)」の祭典です。


当日は、ゴールドのスペシャリスト亀井幸一郎さんの講演や、
当番組コメンテーターでもお馴染み池水雄一さん、
元衆議院議員・杉村太蔵さんによる、
金投資のポイントがわかるスペシャル公開授業など
内容盛りだくさんです。


豪華グッズが当たる抽選会もあります。

友人・ご家族連れでぜひお越しください
私、大橋ひろこが総合司会を務めます!!


参加は無料、事前申し込み制です。
お申し込み・イベントの詳細は下記のバナーをクリック!!

6月米利上げ織込み度は10%以下?!ここからのドル円相場ポイント [大橋ひろこコラム]
2016.05/12 大橋ひろこ 記事URL

今週からからマーケット・トレンドは、ラジオNIKKEIのスタジオを飛び出して、日本橋 堀留町の東京商品取引所のTOCOMスクエアから生放送でお送りしております。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日は外為どっとコム総合研究所 シニアFXアナリスト 石川久美子さんを
お迎えして「ドル円市場の動向と今後のポイント」を伺いました。

GW中に105円台まで円高ドル安が進行した為替市場。
年初からの中国リスク、原油下落リスクは後退し、
米株は高値圏揉みあいとしっかりとした推移にもかかわらず、
日本株市場だけが脆弱な地合いが継続し、下値模索の圧力に
さらされ続けています。日本株市場の弱さがドル円相場の上値を
抑えてしまっている側面もあるかと思いますが、、、、。

石川さんは、GW中に円高が進んでしまった背景として
4月の日銀金融政策決定会合にて、とある情報ベンダーによる
観測記事が過剰な期待を生み、現状維持が必要以上に失望された経緯と
米為替報告書にて日本が監視リスト入りしたことで
GW中の日本の為替介入が困難となったと受け止められたという不幸が
重なったというタイミングの悪さなどを解説くださいました。

では、GW明けに109円台まで反発してきたドル円相場が
一段高となるか、あるいはまだ下値リスクは残るのか...?

ポイントとなるのは米国の利上げの思惑。
現在のところ6月のFOMCでの利上げ織込み度は7%程度。
マーケットは6月利上げを予想していません。

つまりは、ここから好調な経済指標が続く、、とか
FRB関係者らによるタカ派発言が市場に織り込まれていく流れと
なれば、ドル主導で買われる可能性は残る、ということになりますが、
そもそも、現状においてもFRB関係者らはタカ派発言を継続しており、
市場の織込み度とはかなり温度差があるんですね。


この温度差が解消に向かうことがあれば、、ということですが、
仮に6月の利上げがなかったとしても7月の可能性はあるのか?
今後のドル円相場のポイントを石川さんに伺っています。

詳しくはオンデマンド放送で石川さんの解説をお聞きくださいね。

**************************************

 

ゴールドについて、楽しみながら学ぼう!


7月2日土曜日、東京・よみうり大手町ホールにて
「TOKYO GOLD FESTIVAL 2016」が、開催されます。


金現物、金箔、アクセサリーから投資商品まで、限りなき可能性を持つ
「金(ゴールド)」について学べる日本で唯一の「金(ゴールド)」の祭典です。


当日は、ゴールドのスペシャリスト亀井幸一郎さんの講演や、
当番組コメンテーターでもお馴染み池水雄一さん、
元衆議院議員・杉村太蔵さんによる、
金投資のポイントがわかるスペシャル公開授業など
内容盛りだくさんです。


豪華グッズが当たる抽選会もあります。

友人・ご家族連れでぜひお越しください
私、大橋ひろこが総合司会を務めます!!


参加は無料、事前申し込み制です。
お申し込み・イベントの詳細は下記のバナーをクリック!!

 全70ページ中33 ページ   前の10件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 [33] 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 次の10件