最終確定生産高報告で大豆上昇も [大橋ひろこコラム]
2017.01/18 大橋ひろこ 記事URL

足元で大豆価格が急伸しています。

1月12日に発表されたUSDA穀物需給報告で
2016/17年度大豆期末在庫を6000万Bu下方修正して 4.20億Buと発表。最終生産高は43.07億Buに下方修正されました。

一方とうもろこし2016/17年度期末在庫は4800万Bu下方修正され23.55億Bu。最終生産高は7800万Bu下方修正の151.48億Bu。

史上最高の豊作は確定したものの単収を引き下げ、作付面積を削減されたため需給は11月に比べ大幅に逼迫したことが、ファンド勢のショートカバーを誘いました。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はコンチネンタルライス代表取締役 茅野信行氏をお迎えし
2017年穀物市場の展望を伺いました。

足元では1月のUSDAの最終確定生産高報告が11月時点の数字とギャップがあったために
売り方が踏まされる結果となり、特に大豆が大きく上昇していますが、
茅野さんはこの上昇には懐疑的。需給相場の中で(春先まで)
大豆相場は昨年秋のもみ合いの水準である9~9.5ドル程度まで弱含むと指摘。

すでに10ドル超え示現となった大豆は、需給からみても、とうもろこしとの比価から
見ても割高で、価格の修正があるとみられます。

大豆、とうもろこしの比価フェアバリューは2.4程度。
現在の比価は2・6~2・7にも登っています。
大豆が割高で、とうもろこしが割安、ということになりますね。

大豆、とうもろこし相場ともに4年連続の豊作となっていますが、
過去、5年続けて豊作となったことはなく、今年2017年が豊作となる確率は
あまり高くないとのこと。減産とはならないまでも、平年作程度となるとみられます。
しかし、5年連続の豊作は絶対にありえないということではないのでご注意を。

茅野さんは、2017年平年作となると仮定すれば、今年の穀物相場には上昇の妙味も
あろう、としながらも、それは足元の上昇には全く関係のないものであり、
天候相場で示現する可能性の話であるため、需給相場で示現した高値には
注意したいとお話くださいました。

今年の穀物市場の展望は是非オンデマンド放送で茅野さんの解説をお聞きくださいね。

小次郎講師のトレードラジオ講座~移動平均線大循環分析基礎編 [『小次郎講師のトレードラジオ講座』第3期(~17年3月)]
2017.01/17 大橋ひろこ 記事URL

毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座。トコムスクエアにて公開生放送終了後、ミニセミナーでより詳しい解説を行っています。たくさんの受講生が毎週、トコムスクエアにご来場くださっています。投資をより深く学びたい方は、是非お気軽にトコムスクエアまでお越しくださいね。もちろん、公開生放送揉みにセミナーも無料です。

また、講座内容をわかりやすくまとめたテキスト販売中です。
テキストを見ながらお聞きいただけますとより理解が深まります。
テキストは有料ですが、内容充実、大変お得なラジオ講座資料です。
http://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=110845976Lesson4

今回はLesson5「究極の移動平均線分析 『移動平均線大循環分析』基礎編」です。

移動平均線はテクニカル分析の基礎中の基礎というイメージですが、
それを正しく使いこなせている人はあまり多くありません。

小次郎講師オリジナルの大循環分析は、移動平均線を正しく理解したうえで
トレードで勝てるところまで徹底して使いこなしていく手法です。

移動平均(EMA)を3本使い、中期線と長期線の間を「帯」と定義します。
移動平均線のパラメーターは 5日、20日、40日

設定、表示までなら誰でもできますが、これをいかに使いこなし、
エッジのある局面を見出していくのか。。。

詳しくはオンデマンド放送で、小次郎講師の解説をお聞きくださいね。

2017年の原油市況展望~減産の実効性は [大橋ひろこコラム]
2017.01/12 大橋ひろこ 記事URL

初のトランプ次期大統領の記者会見以降、ドルが下落しています。ビジネスと大統領職の利益相反の問題やロシアによるサイバー攻撃の問題が中心となり、市場の関心が高かった減税やインフラ投資など経済政策に関しての言及はほとんどなかったことから、金利が低下。これによって米国週間在庫統計では予想外に在庫増となった原油相場は反発上昇しています。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今回は三菱UFJリサーチ&コンサルティング 主任研究員 芥田知至さんに
2017年コモディティ市況の展望を頂戴しました。

もっとも、トランプラリーが終了しリスクオフが進んだというほどのものではなく、
米国株は、まだ堅調さを保ち2万ドルの大台を伺う展開が続いています。

ドル高が進行していたことで下落を強いられてきたゴールドが
年明けから反転上昇しているのも、ドル高が調整気味に推移していることが
関係しているものと思われます。
果たしてトランプ氏はドル高をどこまで黙認するのか、
2017年のコモディティ市況はこの点にも留意しておく必要があるでしょう。

需給面から見る原油相場。1月から合意された減産が開始されます。
すでに12月から、サウジアラビア、クウェート、アラブ首長国連邦、オマーンは、
米欧の製油所に対して1月分から供給を削減するとの通知を行い、
サウジ、クウェート、アンゴラは1月から減産の割り当て分を履行していると
述べています。ベネズエラも減産の履行を宣言し、
イラクも減産に向けて動き始めたとされますが、足元では減産のニュースにも
相場の反応は鈍くなってきています。


内戦の影響で原油生産に障害が発生していたため、減産対象外となった
リビアやナイジェリアは増産が見込まれ、特にリビアにおいては武装勢力との交渉が進展、
困難だとみられていた重要パイプラインの再開に目処が立ったことで、
12月26日時点の産油量が日量62.8万バレルに回復、
3カ月以内にさらに27万バレルを増産できる見込みとなっています。


また、原油価格上昇で米国のシェールオイルも増産が見込まれており、
石油掘削リグの稼働件数は増加のトレンドにはいっています。
トランプ政権下ではエネルギー開発の促進策が採られるとみられ、
将来の需給緩和が連想されれば、原油価格は上値が重い展開が予想されます。


もっとも、春以降は、夏場にかけてのガソリン需要の増加が意識されることや
5月25日に予定される次回OPEC総会で、減産目標を維持する可能性もあり、
年後半にかけて、中国・インドなど新興国の原油需要が増加していくことで
原油需給は緩やかに引き締まっていくことから、原油価格は持ち直すとの
シナリオも。芥田さんは2017年の原油相場のレンジを、
欧州北海産のブレント原油で1バレルあたり42~67ドル、
米国産のWTIで40~65ドルと予想されています。


芥田さんには、このほか、ゴールドや銅についても伺いました。
詳しくはオンデマンド放送で芥田さんの解説をお聞きくださいね。


2017年マーケット展望~価格に対する理解とは [大橋ひろこコラム]
2017.01/11 大橋ひろこ 記事URL

今日は18:45~TOCOMスクエアにて<劇団:これも何かの円×E-factory>「トランプ大統領誕生! 日本経済これからどうなる!?」新春特別講演。今夕のマーケット・トレンドは講演に先だち、本講演の脚本・構成・解説をされている金融ジャーナリスト 川口一晃さんを番組にお迎えして「2017年マーケット展望」をお話いただきました。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。

2016年はブレグジットや米大統領選挙、OPECの減産合意など、
想定外のことがいろいろとありましたが、それを受けた値動きも
予想を超えるものでした。値動き予想が難しくなっている印象ですが、
川口さんは「価格」を勉強することが重要になってくるお話くださいました。

相場の値動きの基本はファンダメンタルズの理解が重要ですが
景気の良し悪しは常に両意見が存在しています。

テクニカル分析でも上昇トレンド継続と買われ過ぎの判断は常に対立します。
適正価格とは一体、なんなのでしょうか?!
2017年は価格の理解を深めることがより求められるという川口さん。

バブル絶頂の1989年、川口さんは株価の崩壊の時が近いことを
予見されていたそうです。

~794年 桓武天皇は都を平安京へ遷都。
1192年 鎌倉幕府成立(現在は1185年との説もあるようですが)
1550年 豊臣の時代に南蛮貿易始まる
1990年 バブル崩壊へ・・・

マーケットに存在する「400年サイクル」が存在しているとか、、、
それぞれにどんな時代だったのか、そして川口さんが1989年のバブル崩壊を
何故予見できたのかは是非番組のオンデマンドで。

足元の相場では、ペンタゴンチャートのドル円、日経平均の変化日が1/19
ダウ平均の変化日が1/20で奇妙な合致がみられるということで、
トランプ大統領就任式をターニングポイントとして、マーケットはどのように
変化するんでしょうか。解説はオンデマンド放送を是非!

小次郎講師のトレードラジオ講座~トレードエッジが発生する局面 [『小次郎講師のトレードラジオ講座』第3期(~17年3月)]
2017.01/10 大橋ひろこ 記事URL

小次郎講師のトレードラジオ講座。2017年のスタートLesson4は「トレードエッジが発生する局面」です。価格がどのように決められるか、ご存知ですか?基本的に売方と買方の勢力バランスは50%50%、売り方と買い方の勢力の均衡点で価格は成立します。ところが、そのバランスが崩れる時が、、、。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
「売り買い勢力のバランスが崩れ、売りあるいは買いに有利な状態が訪れる」
こうした局面を小次郎講師は「トレードエッジ」と呼んでします。
トレードの優位性が高まる局面ということですが、果たしてそれはどんな時でしょうか。

価格変動の中でエッジのある局面を見つけだすためのツールとして
テクニカル指標を勉強することは非常に重要です。

例えば節目の価格、過去に何度か経験し、そこで売買が多い価格帯は
抵抗線・支持線となりやすいのですが、そのポイントを抜けるとエッジが生じます。

また、移動平均線のゴールデンクロスは買方がマイナスからプラスに変化し、
勢いづく局面。デッドクロスはその逆、というように、テクニカルシグナルから
トレードエッジを見出すことができます。

ただし、トレードエッジが高い局面とはいえ、100%正しいシグナルと
言うものは存在しません。小次郎講師曰く、60~70%程度だとか。

トレードエッジ、詳しくはオンデマンド放送で小次郎講師の解説をお聞きくださいね。

2017年商品市況展望~長期金利上昇がポイントに [大橋ひろこコラム]
2017.01/05 大橋ひろこ 記事URL

2016年は原油価格に世界の金融市場が振り回された1年となりました。OPECと非OPECの協調減産合意が原油価格を押し上げ、年初に示現したWTI原油価格26ドルから年末には50ドル台へと2倍になったのですが、さて2017年の商品市況は何がテーマとなってくるでしょうか。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はマーケット・リスク・アドバイザリー 新村直弘さんに
2017年の商品相場を展望いただきました。

新村さんは、マクロでは長期金利がポイントとなるとして金利上昇が
及ぼす影響に注意が必要としながらも、コモディティ市況は需要サイドの視点が
クローズアップされてくるだろうと指摘。2016年はOPEC減産合意など供給面が
材料視されて価格が大きく動きましたが、
2017年は金利上昇下で景気が、需要が冷え込むリスクはないのか、
という点に注目しておくことが肝要になってきそうです。

1兆ドルの公共投資を掲げて選出されたトランプ次期大統領ですが、
実際に政策に着手できるのは秋以降となるものと思われ、
米国の新たなテーマでの商品需要が具体的にとなるまでは
中国の動向がポイントとなってきます。

中国は過熱する住宅市場の抑制に動くとみられ、これが行きすぎれば
中国発の金融混乱も否定できませんが、、、。

2017年もボラティリティが大きくなりそうです。
新村さんに2017年の商品市況のポイントを伺いました。
金利上昇下で、関心が薄れているように見えるゴールドですが
ゴールドの展望は?!
詳しくはオンデマンド放送で新村さんの解説をお聞きくださいね。

-------------
ここで、東京商品取引所(TOCOM)主催セミナーのお知らせです。

激動の2016マーケットを"寸劇"で振り返り、2017を考える。
<劇団:コレモナニカノ円×E-factory 新春特別公演>
「金融寸劇セミナー:トランプ大統領誕生!日本経済これからどうなる!?」
新年1月11日(水)18:45~ 東京・日本橋TOCOMスクエアで開催します。

激動の2016年マーケットを金融寸劇&解説で振り返りながら、
2017年の展望を考える特別公演を開催いたします!
金融寸劇の脚本・構成・解説は、金融ジャーナリストの川口一晃さんです。
(川口さんは、同日18:00~の「マーケット・トレンド」にご出演予定!)

この公演に50名様を無料ご招待いたします。お申し込み受付中。
詳しくは、下記のバナーをクリックしてください。

不確実性下で続くトランプラリー、2017年ゴールドの展望は [大橋ひろこコラム]
2017.01/04 大橋ひろこ 記事URL

ここ3年の日本市場は大発会から日経平均が下落する展開が続いていたため、警戒も根強くありましたがNY市場でダウ平均が年初の取引で上昇したことから、日本株も全面高スタート。トランプラリー継続で新年相場スタートしていますが、NY金市場も年末比で10.3ドル高で新年取引が始まったことからTOCOMの金市場も大幅高の大発会。トランプラリー継続の裏で、このゴールド上昇は小さな兆しの変化として警戒しなくてはならないかもしれません。


皆さん、ご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
金融・貴金属アナリスト 亀井幸一郎さんにお話を伺いました。

亀井さんは2017年は米欧を中心に政治的要素「地政学的リスク」が
市場の大きな材料になってくると指摘。市場を覆う「不確実性」が
ボラティリティを高めるとして警鐘を鳴らされています。

「不確実性」は必ずしも「リスク」と同意語ではありません。
「リスク」はある程度計測できることから、ヘッジが可能。
しかし「不確実性」にヘッジは難しいというのですが、、、。


その市場を取り巻く不確実性とは、なんでしょうか。

ひとつにトランプラリーの持続性。

トランプ新政権の政策実現度がマーケットに大きな影響を及ぼすと
考えられます。減税、インフラ投資、金融規制緩和などを好感して
株やドルが買われていますが、、、。

通商政策を担う現場のトップに次々と対中強硬派を据えているトランプ政権。
輸出入に政府が関与する「管理貿易」の色彩が強まりそうです。

新設のホワイトハウス直轄の機関「国家通商会議」ピーター・ナバロ氏
USTR(米通商代表部)代表 ライト・ハイザー氏
商務長官 ウィルバー・ロス氏
そして外交面でイスラエル寄りの政策が中東情勢をさらに流動化させる可能性が
あるトランプ氏の娘婿ジャレット・クシュナーの存在などなど、、、。

亀井さんに解説いただいています。

また、11/8の大統領選挙以降、ゴールドのロングは大きく解消されてきました。
現在ネットロングで306トンにまで縮小。これは2015年2/2以来の低水準。
(ロング642トン、ショート337トン)
大統領選以降、130トンものショートが積み増されてきました。

2015~2016年の年末年始は、ゴールドが目覚め、底入れ反転しブレグジットに向け
上昇した経緯があります。米国の利上げが起点となりましたが、さて今回は?

詳しくはオンデマンド放送で亀井さんの解説をお聞きくださいね。

-------------
ここで、東京商品取引所(TOCOM)主催セミナーのお知らせです。

激動の2016マーケットを"寸劇"で振り返り、2017を考える。
<劇団:コレモナニカノ円×E-factory 新春特別公演>
「金融寸劇セミナー:トランプ大統領誕生!日本経済これからどうなる!?」
新年1月11日(水)18:45~ 東京・日本橋TOCOMスクエアで開催します。

激動の2016年マーケットを金融寸劇&解説で振り返りながら、
2017年の展望を考える特別公演を開催いたします!
金融寸劇の脚本・構成・解説は、金融ジャーナリストの川口一晃さんです。
(川口さんは、同日18:00~の「マーケット・トレンド」にご出演予定!)

この公演に50名様を無料ご招待いたします。お申し込み受付中。
詳しくは、下記のバナーをクリックしてください。

OPEC減産合意で上昇した原油相場、ここからの課題 [大橋ひろこコラム]
2016.12/28 大橋ひろこ 記事URL

ダイナミックに動いた今年2016年の原油価格。1月2月にはWTI原油価格は26ドル台にまで下落するも、年末に向けては50ドル台を回復、安値から2倍になっています。OPECと非OPECが協調減産したことが背景ですが、2017年、原油価格に波乱はないのでしょうか。

皆様ご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はオイルアナリスト藤沢治さんにお話を伺いました。

OPECの減産は実施されるのか? 

11月30日のOPEC総会では
リビア、ナイジェリア、インドネシアを除いて、
10月の生産量より日量約120万バレルの減産することで合意しました。
(経済制裁を解かれたばかりのイランは日量9万バレルの増産を認める。)
2017年1月からの生産量は、日量3,250万バレルに設定されています。

サウジ、クエート、アラブ首長国連邦などは、ターム契約の顧客に
1月から供給減を通知するなど減産への動きも出始めました。
各国減産幅は、サウジが日量約50万バレル、イラクが日量21万バレル、
アラブ首長国連邦が日量約14万バレル等となっています。

ワイルドカードは、リビア、ナイジェリア、イラクです。

・リビアの10月の生産量は日量51万バレル、減産の非対象国であり、
西部の油田生産が復活に伴い現在は、日量62万バレル生産にまで増産体制。
1月に日量80万バレル、3月までには日量90-100万バレルを
目指すとしています。リビアの最大生産能力は、平時であれば
日量160万バレル。まだまだ増産余力がありますね。

・ナイジェリアの10月の生産量は、日量約160万バレル。
現在は日量170-180万バレル生産しています。
1月には日量210万バレルを生産する計画。
ナイジェリアの生産能力は、日量240万バレルであり、
この2国だけでも、3月までに合計で日量100万バレル程度の
増産となる可能性があるのです。

となると、日量120万バレルの減産合意は形骸化することに。
イラクも予想外に11月の総会では減産に合意していますが、
国内でのISとの紛争で資金が必要だとして、
総会直前まで減産対象外にしてほしいと要望しており、
価格が上がってくれば減産はしない可能性が大きいのがリスクとされています。

そもそも、OPECの減産ですが
過去に減産枠を厳格に遵守したのは、サウジ、クエートだけなのです・・・。


非OPEC産油国の減産は実施されるか? 


ロシア、メキシコなどのOECD諸国外の産油国、
すなわち国の元首によって生産量が変えられる国々が
OPECと協調減産に合意したことも原油上昇の大きなインパクトとなりました。
非OPECHは日量約60万バレルの減産で合意しています。
ロシアの減産幅はその中で最大で日量30万バレルですが、
徐々に減産するとしています。1月に日量10万バレル程度、
3月までに日量30万バレル程度の減産をする計画のようですが、
その他の国も減産を遵守するかどうかは疑わしいとの指摘が。

米国のシェールオイルの増産は? 


すぐ生産量を増やすとは予想できないが、原油価格が50ドルを
超えているので、徐々に増産体制に入るとみられています。
特にテキサスのパーミアン地域は、油井あたりの生産性が上昇し、
採算分岐点価格は50ドルと言われているのです。

現に、ベーカーヒューズ社の発表では、12月23日現在の
石油掘削リグ稼働数は、523基と8週連続で増加、
5月末の316基から大きく増加中。昨年12月末の536基に迫っています。
また掘削済だが生産していないDUC(Drilling but Uncompleted)と
呼ばれるシェールオイルの油井が1,000程度あるとも。
従って50ドル以上の価格が続けば、3月迄には
シェールオイルの生産が増加することが予想されています。
OPEC, 非OPEC産油国の減産合意を打ち消すものとなり得るのです。


トランプ政権のエネルギー政策


トランプ政権は、国内のエネルギー開発計画の規制を
緩和する方向であり、石油業界には朗報。
議会との関係もあり、すぐにこれが米国の原油生産に結び付くわけでは
ありませんが、カナダからのキーストーンXLパイプラインの敷設に
オバマ政権は反対していましたが、共和党はもともと賛成です。
敷設される見込みは高いとみられます。

米国は原油輸入量を減らすことを目指していますが、
米国の精製会社は、精製装置の構造上、価格の安い重質油が
必要であるため、中東の中重質原油の輸入を継続しなくてはならない事情が。
軽質のシェールオイルの輸出量を促進し在庫を減らす努力をするものと
見られます。また、トランプ大統領誕生で環境問題に関する施策は後退すると思われます。

藤沢さんに2017年の原油価格を予想していただきました。

詳しくはオンデマンド放送をお聞きくださいね。


-------------
ここで、東京商品取引所(TOCOM)主催セミナーのお知らせです。

激動の2016マーケットを"寸劇"で振り返り、2017を考える。
<劇団:コレモナニカノ円×E-factory 新春特別公演>
「金融寸劇セミナー:トランプ大統領誕生!日本経済これからどうなる!?」
新年1月11日(水)18:45~ 東京・日本橋TOCOMスクエアで開催します。

激動の2016年マーケットを金融寸劇&解説で振り返りながら、
2017年の展望を考える特別公演を開催いたします!
金融寸劇の脚本・構成・解説は、金融ジャーナリストの川口一晃さんです。
(川口さんは、同日18:00~の「マーケット・トレンド」にご出演予定!)

この公演に50名様を無料ご招待いたします。お申し込み受付中。
詳しくは、下記のバナーをクリックしてください。

小次郎講師のトレードラジオ講座~複利運用の光と影 [『小次郎講師のトレードラジオ講座』第3期(~17年3月)]
2016.12/27 大橋ひろこ 記事URL

毎週火曜日は「小次郎講師のトレードラジオ講座」
講座内容をわかりやすくまとめたテキスト販売中です。
テキストを見ながらお聞きいただけますとより理解が深まります。
http://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=110845976


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
第3期Lesson3は「複利的運用の光と影!」

Lesson2では複利運用の効果について小次郎講師に解説いただきましたが影、、、つまり落とし穴があるというのは、一体どういうことでしょう。

複利的運用とは儲かったときには元金をその分増やして再投資、
損したときは元金をその分減らして再投資ということで
逆Cカーブで利益は大きく増えて行き、損失額も減少していくという
素晴らしい運用、、、ということでしたね。

しかし、複利的に資金を増やすということは勝ち続けていくことが前提。
勝ち続ける運用、投資というものはありません。
複利的運用では勝ったり負けたりしているうちに
気がつけば投資用資金がどんどん減っていってしまいます。

番組では、その勝率から複利運用の落とし穴がどのようなものか、
そして、その落とし穴に落ちないためには、どのような活用が望ましいのか
小次郎講師に教えていただきました。

詳しくはオンデマンド放送で小次郎講師の解説をお聞きくださいね。

小次郎講師のトレード・ラジオ講座、本年の放送は今回が最後。
来週3日はお正月でお休みとなります。
1月10日火曜に来年最初の放送となります。
また来年もよろしくお願いいたします。
本年はご愛聴、誠にありがとうございました。

-------------
ここで、東京商品取引所(TOCOM)主催セミナーのお知らせです。

激動の2016マーケットを"寸劇"で振り返り、2017を考える。
<劇団:コレモナニカノ円×E-factory 新春特別公演>
「金融寸劇セミナー:トランプ大統領誕生!日本経済これからどうなる!?」
新年1月11日(水)18:45~ 東京・日本橋TOCOMスクエアで開催します。

激動の2016年マーケットを金融寸劇&解説で振り返りながら、
2017年の展望を考える特別公演を開催いたします!
金融寸劇の脚本・構成・解説は、金融ジャーナリストの川口一晃さんです。
(川口さんは、同日18:00~の「マーケット・トレンド」にご出演予定!)

この公演に50名様を無料ご招待いたします。お申し込み受付中。
詳しくは、下記のバナーをクリックしてください。

2017年ドル円相場展望~トランプラリーどこまで [大橋ひろこコラム]
2016.12/21 大橋ひろこ 記事URL

2016年、年初ドル円相場は1ドル120円台でスタートするも、日銀のマイナス金利導入以降、下落が加速。6月ブレグジット後には100円割れ示現となり、アベノミクスの終焉が声高に叫ばれましたが、11月米国大統領選挙でトランプ氏が勝利したことで、マーケットのセンチメントはガラリと変わって、118円台にまでドル高円安が進みました。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はソニーフィナンシャルホールディングス 金融市場調査部 為替アナリスト 石川久美子さんに2017年のドル円相場の展望をいただきました

2016年のドル円相場の変動幅は20円あまりにも上ります。
2015年はわずか10円幅のレンジ内での値動きだっただけに
レンジを下に抜けて下落が加速した相場となりました。
こうしたボラティリティの大きな地合いは2017年も続きそうです。

トランプラリーとも評されるドル高ですが、期待を先取りしている側面が大きく、
就任後の政策によってはリスク商品の下落も大きくなるとの指摘もあります。

とはいえ、トランプ氏の掲げる大型減税やインフラ投資は金利上昇要因。
先週の12月FOMCで2017年の利上げ見通しがこれまでの2回から3回に
引き上げられたこともあり、市場を取り巻く材料はドル高要因が大きく、
まだこのドル高の流れは継続しそうだと石川さん。

欧州リスクも気がかりです。イタリアの銀行問題、そして2017年に予定されている
オランダ、フランス。ドイツなどの選挙の行方によっては
ユーロドル相場はパリティ示現の可能性も?!

石川さんには2017年に想定されるリスク、そしてドル円相場の予想レンジを
解説いただきました。詳しくはオンデマンド放送で石川さんの解説をお聞きくださいね。


-------------
ここで、東京商品取引所(TOCOM)主催セミナーのお知らせです。

激動の2016マーケットを"寸劇"で振り返り、2017を考える。
<劇団:コレモナニカノ円×E-factory 新春特別公演>
「金融寸劇セミナー:トランプ大統領誕生!日本経済これからどうなる!?」
新年1月11日(水)18:45~ 東京・日本橋TOCOMスクエアで開催します。

激動の2016年マーケットを金融寸劇&解説で振り返りながら、
2017年の展望を考える特別公演を開催いたします!
金融寸劇の脚本・構成・解説は、金融ジャーナリストの川口一晃さんです。
(川口さんは、同日18:00~の「マーケット・トレンド」にご出演予定!)

この公演に50名様を無料ご招待いたします。お申し込み受付中。
詳しくは、下記のバナーをクリックしてください。

 全68ページ中22 ページ   前の10件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 [22] 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 次の10件