小次郎講師のトレードラジオ講座~一目均衡表はまず週足をチェック [「小次郎講師のトレードラジオ講座~中級編」第2期(~17年11月)]
2017.10/17 大橋ひろこ 記事URL

毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座
第2期前半は一目均衡表の中級編です。

マーケットトレンドは18:00~18:15の15分間、
毎回TOCOMスクエアにて公開生放送。

(どなたで参加できます。気軽に見に(聞きに)来てください!)

生放送終了後はご来場の皆さまへ1時間程度の無料セミナーを毎週開催。

こちらも、どなたでもご参加いただけます。事前連絡、予約は不要です。お気軽にお越しくださいね。

また、このトレードラジオ講座は、より深く学びたい方の為に
講義内容をわかりやすくまとめたテキストを有料販売しています。

こちらから是非お買い求めいただき、
テキストをご覧いただきながらラジオを聞いてくださいね。

第2期のテキストはこちらから→https://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=120679807

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
第2期第11回は「週足 一目均衡表」がテーマです。

皆さんは、週足チャートは良くチェックしますか?!
小次郎講師は一目均衡表の週足の優位性についてお話くださいました。

一目均衡表をつかさどる5つのラインのうち下記の3つは「半値線」でできています。

転換線=9週間(2ヶ月)の半値
基準線=26週間(半年)の半値
先行スパン2=52週間(1年)の半値

特に、先行スパン2は52週間の半値。52週は1年です。
つまり「1年間の最高値と最安値の半値」ラインを26週先、
つまり半年先に描いたものが先行スパン2です。

※一目均衡表では短期を9週間、中期を26週間、長期を52週間として
それぞれのトレンドを比較しています。
52週ということは先行スパン2は長期トレンドを見るラインですね。

要するに、長期(1年)のトレンドの均衡点を示しているのが
先行スパン2ということです。

では何故、週足をチェックすることが重要なのでしょう。

企業決算は上半期、下半期などに集中しており、
株価はその影響を受け半年周期になりやすいという側面があります。

また、信用取引・先物取引の期限に影響も需給に及ぼす影響が大きく
半期周期となりやすい側面があるのです。

また、商品市場において、とうもろこしや大豆は1年に1度の収穫。
小麦は1年に2回収穫されます。(春小麦、冬小麦)

大豆やトウモロコシは春に作付が行われ秋に収穫されます。
この周期が価格に及ぼす影響が大きいのです。

これらの例からも、1年という相場の流れと、
その半分の半年という期間が価格形成上重要な日柄(期間)であることが
お分かりいただけるかと思いますが、
一目均衡表の週足は「それまでの1年の中心値を翌年の年央に描いた」
先行スパン2を見ることがポイントです。

詳しくはオンデマンド放送で小次郎講師の解説をお聞きくださいね。

※「一目均衡表公式ホームページ」はこちら
http://www.ichimokukinkouhyou.jp/

供給不足が続くパラジウム、プラチナと価格逆転 [大橋ひろこコラム]
2017.10/11 大橋ひろこ 記事URL

2017年9月27日プラチナとパラジウムの価格が逆転、プラチナ安パラジウム高は今も続いています。パラジウム上昇が顕著になってきたのは2010年ごろ。ガソリン自動車の触媒として使用されるパラジウムは供給不足が続いています。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はICBCスタンダードバンク東京支店長 池水雄一氏をお迎えしPGM市場を取り巻く環境と今後についてお話を伺いました。

パラジウムは2005年の自動車触媒需要が149トンでしたが
2016年は229トンにまで増加。過去11年で50%以上の需要増となっています。


対して鉱山生産は毎年ほぼ200トン前後で一定であり、
リサイクルなどを含めた供給総計でも、伸び続ける需要に対して不足が続いています。
2010年から供給不足状態が常態化。
メタルの金利であるリースレート市場ではパラジウム1年物金利が6%を超えているとか。
一方のプラチナのリースレートは0.4%、、、。
需給状態の違いがリースレートにハッキリと表れています。

プラチナはディーゼル車の相次ぐ排ガス規制の不正で
ディーゼル車のブランドイメージが失墜してしまった影響が大きく、需要が伸びず、、、。

価格逆転は長期化するでしょうか。

コモディティ業界はEV車シフトがテーマとして熱いのですが、
現実の需給に影響が出てくるというところまでEV車は普及していません。
現時点で、全世界のEV車比率はわずか1%に過ぎないのです。

また、プラチナの鉱山生産コストは980ドル程度。
現在生産コストを割り込んだ価格での推移が続いています。

ここからのポイントを伺いました。
詳しくはオンデマンド放送で池水氏の解説をお聞きくださいね。

党大会後の資源価格~原油価格上昇シナリオの背景 [大橋ひろこコラム]
2017.10/05 大橋ひろこ 記事URL

2017年第三四半期は、鉄鉱石、銅、石炭など鉱物資源価格の上昇が印象的でした。10/18からの中国共産党大会を控え、住宅セクターなどのバブルを積極的に抑制してこなかった中国によるところが大きく、その意味では党大会終了後のシナリオが気がかりです、、、。



皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はマーケット・リスク・アドバイザリー代表取締役 新村直弘さんをお迎えし
今後のコモディティ市況についてお話を伺いました。


鉱物資源市況については、中国が党大会後
どのような形でバブル抑制の規制強化に踏み切るかが焦点。

また国際商品市況全般でみれば、米金利動向は無視できません。
にわかに年内の追加利上げが織り込まれ始めましたが、
それでも抑制される米金利の背景に日銀が。
新村さんの解説を是非。

またこのところはEV自動車をテーマにした特集が耳目を集めていますが
新村さんはEV自動車が主流となる潮流であるが、その普及には
コストと時間を要することを指摘。
中国のEV化計画はスローガンであって目標ではないとお話ださいました。

その意味ではまだEV需要を見込んでのコモディティ投資はまだ早いと思われますが
脱ディーゼルの流れは早く、プラチナ下落はこの影響によるところが大きいですね。


また、原油価格の今後についてもお話を伺っています。
2018年は原油市場のボラティリティが大きくなりそう。

OPECのスペアキャパシティの低下が意味するのは?!
一方で待機油田による増産余力のある米シェールオイル。

リスクシナリオが現実となればWTI原油価格の70ドル台もあり得るとした
新村さんの解説は必聴です。原油の世界需要は旺盛です。
是非オンデマンド放送をお聞きくださいね。

福井俊彦氏に聞く世界経済の現状と今後 [大橋ひろこコラム]
2017.10/04 大橋ひろこ 記事URL

米株は連日で史上最高値を更新。世界の株価も堅調です。リーマンショックから9年、ようやく世界はリーマンショックの後遺症からの脱却を成し遂げたように見えますが、一方で長期停滞論も囁かれ、潜在成長率の高まりは感じられません。問題はどこにあるのでしょうか。



皆さん、ご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。


今日はTOCOMサロン特別企画のスペシャルゲスト。
キャノングローバル戦略研究所 理事長 福井俊彦氏をお迎えして
「世界経済の現状と今後」をテーマにお話を伺いました。

福井氏は第29代日本銀行総裁。

バブル崩壊後、失われた10年とも呼ばれ
景気の底となった2003年に日銀総裁に就任された福井氏。

当時、日経平均は8000円前後にまで下落していましたが、
福井日銀による積極的な量的緩和政策が、
福井氏が総裁を退任される2008年までに日経平均を18000円台へと押し上げました。


福井氏は番組冒頭で、日本銀行だけが非伝統的金融緩和を行っていた、
大変孤独な旅であった、と当時を振っ返ってくださいました。

では、現在の世界、日本経済は...。

リーマンショックから9年。長い時間がかかりましたが、世界の株価は堅調に推移。
世界経済は循環的には回復しています。

しかし失業率が完全雇用状態にもかかわらず、賃金、物価が上昇しない点は問題だと福井氏。
生産性の伸び率、潜在成長能力の高まりが感じられないとして、
その背景、問題点についてお話くださいました。

福井氏は18世紀半ばに始まった産業革命後の産業資本主義
(大量生産、大量流通、大量消費)が成熟段階に来ており、
次のパラダイムシフトが求められる時代となったと指摘します。
インダストリー4.0。AI、IOTといった新たな産業革命の時代に、
日本はどのような道を歩むべきか。

生放送でお伺いしました。
皆様是非、オンデマンド放送で福井氏のお話をお伺いください。


小次郎講師のトレードラジオ講座~一目均衡表「変化日とは?!」 [「小次郎講師のトレードラジオ講座~中級編」第2期(~17年11月)]
2017.10/03 大橋ひろこ 記事URL

毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座
第2期前半は一目均衡表の中級編。

マーケットトレンドは18:00~18:15の15分間、
毎回TOCOMスクエアにて公開生放送。
(どなたで参加できます。気軽に見に(聞きに)来てください!)
生放送終了後はご来場の皆さまへ1時間程度の無料セミナーを毎週開催。

こちらも、どなたでもご参加いただけます。事前連絡、予約は不要です。お気軽にお越しくださいね。

また、このトレードラジオ講座は、より深く学びたい方の為に
講義内容をわかりやすくまとめたテキストを有料販売しています。
こちらから是非お買い求めいただき、
テキストをご覧いただきながらラジオを聞いてくださいね。

第2期のテキストはこちらから→https://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=120679807


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
第2期第10回は「変化日とは?!」がテーマです。

相場のトレンドが変わる転換点となる日が事前にわかるでしょうか。

相場の天底及び、過去大きく変化した日を基準にし
基本数値・対等数値を元に「変化しやすい日」を事前に想定しておくことができます。

変化日を想定するにはいくつかの考え方があります。
価格変動の上下の幅飲みに焦点を当てるのではなく、時間の経過という
横軸を分析することも重要です。日柄分析、と呼びます。

日柄分析は、相場の時間軸(横軸)の中に重要なポイントを見つけ出すこと。
そしてその変化日は波動を把握した上で、基本数値と対等数値によって
総合的に判別されますが、変化日といっても下記のようなのパターンがあります。

変化日即変化~変化日でズバリ方向転換、トレンドの終焉と始まり

変化日即加速~変化日から「トレンドが加速」する 転換とは異なるパターン

変化日即延長~トレンドが継続することを指します

変化日即変化の様にズバリ、相場の流れが転換するという変化は分かりやすいですが
変化日即加速、変化日即延長とはいかに?!

ポイントは、前回までで学習した計算値。
第1波動と第3波動が同じ値幅となるN計算値では「価格の目標値(縦軸)」を
事前に把握することで備えるということを学びました。
同様医、第1波動と第3波動の「日柄(横軸)」が同じ日数となると想定した場合、
その到達日数時点で、価格の目標地点に綺麗に到達しているか否か。

これを見極めることで、どの変化日のパターンを用いるのかが分かってきます。

詳しくはオンデマンド放送で小次郎講師の解説をお聞きくださいね。

※「一目均衡表公式ホームページ」はこちら
http://www.ichimokukinkouhyou.jp/

ゴールド再上昇はあるか?!ドル指数から今後を占う [大橋ひろこコラム]
2017.09/28 大橋ひろこ 記事URL

NY金が下落基調にあります。9月8日、1,358.50ドルまで高値示現となった金価格は27日に1,295ドルまで下げてきています。金価格は大天井を付けたのでしょうか、それとも買い場探しとなる押し目形成局面?!

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日は投資日報社の林知久氏にサイクル、テクニカル、アストロロジーからドルインデックスとゴールドについてお話を伺いました。


NY金とドル指数の日足を並列表記すると、
きれいな逆相関の関係になっている事が確認できます。

ドルの価値が弱まると、必然的にドル建て金価格の価値は強まり、
逆にドルの価値が高まれば、必然的にドル建て金価格の価値は弱まっています。


林さんは大統領選16年サイクルから、ドル指数の大底は
2024年前後になる可能性を指摘。


また週足から、おおよそ100週(96±16週)ごとに安値が出現、
更にその間、24週前後で節目となる安値が4回出現するサイクルから
早くて今週、遅くて再来週までにドル指数は目先の高値をつけ反転下落する可能性を指摘。
金相場の目先の下げ場面は買い場となるとして、その戦略を解説くださいました。

また、アストロロジーの側面から木星・天王星のオポジションについても
お話いただいています。これは180度の関係になるということですが、
この天体位相は、これまで3月3日と昨年12月27日に発生。
この時に確認できた事象とは、、、?!


また、29日、冥王星が逆行から順行に戻るほか、30日には
金星も海王星とオポジションの関係になります。
原油の反転ポイントになる可能性似ついても解説いただいています。
詳しくはオンデマンド放送で林さんの解説をお聞きくださいね。

原油価格上昇は続くか?!WTI原油とブレント原油 [大橋ひろこコラム]
2017.09/27 大橋ひろこ 記事URL

WTI原油市況が9/25、52.22ドルまで上昇。エネルギー需給に変化があったのでしょうか。またWTI原油よりさらに上げ幅が大きいのが北海ブレント原油。WTI原油と北海ブレント原油の価格差が大きくなっています。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日は石油ガスジャーナル顧問 山内弘史氏をお迎えしお話を伺いました。

IEAの"Oil Market Report,13September 2017"(9月月報)によりますと
2017年Q2の世界の石油需要 前年比230万㌭(2.4%)増の9,790万㌭となり
前回比50万㌭の上方修正となりました。
これを受けて2017年の需要を前回見通し比で10万㌭上方修正、
前年比160万㌭増の9,770万㌭としています。

一方で8月の世界の石油供給は72万㌭減少となりました。
予期せざる供給停止と定期修理が影響したようです。

こうした中で、10カ国の非OPEC産油国は初めて100%以上の減産を実施。
合意減産量 日量546千㌭のところ、8月減産実績はなんと642千㌭で
減産遵守率118%にも上りました。合意された生産量を下回る生産だったのです。
ちなみに7月の遵守率68%でしたので、8月の減産がいかに大きかったかわかりますね。

OPECも 8月の減産遵守率は82%で7月減産遵守率75%を上回っています。
減産枠から除外されているリビア生産量も8月は87万㌭と7月101万㌭から減少、
武装組織との紛争が影響しリビアの減産も効きました。

こうした中、米国には大型のハリケーンが上陸。
ハリケーン「ハービー」による製油所稼働率の低下が原油在庫の余剰につながり
ガソリンなど製品供給の不安を拡大させたことから
原油安ガソリン高となるなど、ボラティリティの高まりがみられましたが、
足元ではハリケーンの影響は落ち着きを取り戻しています。

米シェール生産状況はどうでしょうか。

一部には、原油価格低迷で投資が鈍ったことが今後のシェール生産に及ぼす
影響を織り込んでの原油価格上昇だとの指摘もありますが、
山内さんはDUC(drilled but completed)=待機坑井が
8/17時点で7,048井もあることに着目。
2017年1/17には5,840井だったのが1,208井もの増加で7,000を超えています。

価格が上昇してくれば、この待機坑井からの原油生産が増加するため
上値追いは難しいとみられます。

ここからの価格予想も含め、現状のファンダメンタルズ分析詳細は
是非オンデマンド放送で山内さんの解説をお聞きくださいね。


小次郎講師のトレードラジオ講座~一目均衡表「E計算値・NT計算値・V計算値」 [「小次郎講師のトレードラジオ講座~中級編」第2期(~17年11月)]
2017.09/26 大橋ひろこ 記事URL

毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座
第2期前半は一目均衡表の中級編です。

マーケットトレンドは18:00~18:15の15分間、
毎回TOCOMスクエアにて公開生放送。

(どなたで参加できます。気軽に見に(聞きに)来てください!)

生放送終了後はご来場の皆さまへ1時間程度の無料セミナーを毎週開催。

こちらも、どなたでもご参加いただけます。事前連絡、予約は不要です。
お気軽にお越しくださいね。


また、このトレードラジオ講座は、より深く学びたい方の為に
講義内容をわかりやすくまとめたテキストを有料販売しています。
こちらから是非お買い求めいただき、
テキストをご覧いただきながらラジオを聞いてくださいね。

第2期のテキストはこちらから→https://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=120679807

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
第2期第9回は「E計算値・NT計算値・V計算値とは?」がテーマです。

前回学んだのはN計算値。
AからBの最初の第1波動に対し、BからCへの下落の第2波動(押し目)
そしてCからDへの再上昇の第3の波動が視覚的に「N」に見えることから
N波動と呼びます。A~Bの上げ幅と、調整後のC~Dの上げ幅が同値となるのがN計算値。

そして、

E計算値。
NT計算値。
V計算値と合計で4つの波動計算があります。

4つの計算値、全部計算すればどれかは当たるよねぇ・・・
などと関心を失ったりしないでください!

大事なのはこの4つの計算値の使い分け。

どの局面で、どの計算値を用いるかを知ることで的確なターゲットを
事前に計算して備えておくことができるのです。

加速上昇のE計算値。
減速上昇のNT計算値。
もみあい相場入りのV計算値。

番組ではその使い分けについて解説いただいています。

詳しくはオンデマンド放送で小次郎講師の解説をお聞きくださいね。

※「一目均衡表公式ホームページ」はこちら
http://www.ichimokukinkouhyou.jp/

FOMC通過でゴールド下落、先物金ロング減もETF残増 [大橋ひろこコラム]
2017.09/21 大橋ひろこ 記事URL

ドル建て金価格は9/8に1362ドルまで上昇するも、足元9/21には1300ドル大台を割り込むところまで下落しています。リスクに怯えた9月前半相場、金市場にはリスク回避の逃避マネーが流入しているとも指摘されていましたが、ここから先の金相場のポイントは...?!


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日は金融貴金属アナリスト亀井幸一郎氏にお話を伺いました。

足元で1300ドル大台を割り込む下落のトリガーとなったのは9月米FOMC
FRBは予定通り10月からバランスシート縮小に着手することを明らかにしたほか、

年内の追加利上げの可能性を確認するものとなりました。
実は6月FOMCの内容と変わっていないのですが、
冴えないインフレ指標が続いた2017年夏、年内の米国追加利上げは難しいとの見方が
大勢となり、長期金利はじりじりと低下を続け、2.05%と2%割れ目前まで下落していました。
北朝鮮の挑発に、リスクを避けんとするマネーが米債に集まってきたという背景も。


マーケットが勝手に年内追加利上げの可能性を排除しつつあったセンチメントでしたが、
FOMCを機に再び年内利上げ思惑が再浮上。これがドル高を誘引し、金売りを誘いました。

金市場、COMEX先物のゴールドネットロングは7/18から8週連続でロング増。
7月時点で187トン程度であったロングポジションが9/12時点では792トンまで増加。
2016年9月以来の1年ぶりの水準にまで金ロングが積みあがっていましたので
FOMCを控えて、ロングの手じまい売りが増えてきていたものと思われます。

しかしながら、ETF市場では1360ドルから下落する過程で、残高が増加。
積みあがった先物市場での金ロングポジションが解消される一方で
ETFゴールド残が増加しているという事実。
この事実はどんな未来を暗示しているのか・・


北朝鮮とビットコイン、そして金価格には値動きに相関性も?!
中国の仮想通貨取引所停止のニュースが今後金市場にどのような影響をもたらすでしょうか。

詳しくはオンデマンド放送で、亀井氏の解説をお聞きくださいね。


原油価格見通し~次世代自動車とコモディティ [大橋ひろこコラム]
2017.09/20 大橋ひろこ 記事URL

WTI原油価格は50ドル大台まで上昇。リビアとナイジェリアがOPECの減産の枠組みから特別に除外されていたため、増産していたことが重しとなっていましたが、武装勢力によるパイプラインの封鎖によりリビアの生産量が減少したことや、サウジやロシアなどによる減産合意への遵守率の高さなどもあって、供給面にタイト感がにじんできたことが背景でしたが、ここから先は...?!

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はオイルアナリスト大場紀章氏に原油、そして次世代自動車とコモディティをテーマにお話を伺いました。

原油についてはIEAやOPECの需要見通しが強いこともサポート要因ですが
7~8月の中国の原油輸入が減少していることが気がかり。
仮に原油価格が上昇すれば米シェールオイルの増産にも繋がると推測され
50ドル台からの高値追いはなさそう。

また、今回は次世代自動車とコモディティをテーマにお話を伺っています。
イギリス、フランスが2040年までにガソリン車、ディーゼル車の販売禁止し
EV普及を促進することが報じられていますが、その影響は?!

ディーゼル車にはプラチナが、ガソリン車にはパラジウムが触媒として
使用されますが、EV車は銅やコバルトの需要が増加します。

また、ガソリンや軽油需要が減少する反面、電力を使用するために
発電所ニーズが増すことになりますが、環境配慮から再生可能エネルギーへの
シフトが考えられるものの、それだけでは到底電力が足りません。
増加する電力需要に応えるためには石炭、天然ガスによる発電需要が
自ずと増加していくと考えられることから
石炭や天然ガスに未来がある、ということになってきます。

足元ではプラチナ安、銅、石炭高となっていますが、
これは世界がEV自動車へシフトする事を織り込んだ動きなのでしょうか。

大場氏は、まだまだその段階にはないとして、
加熱するメディア報道と実態との温度差と、
ハイブリッドカーの未来などについてもお話くださいました。

パラジウム高にヒントが。

詳しくはオンデマンド放送で大場氏の解説をお聞きくださいね。


 全70ページ中14 ページ   前の10件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 [14] 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 次の10件