トヨタとソフトバンク提携の意味 [コモディティの見通し(大橋ひろこ)]
2018.10/17 大橋ひろこ 記事URL

10月4日、トヨタ自動車とソフトバンクグループがモビリティサービス事業での提携合意を発表。株式の時価総額の2トップの提携に世界が驚きました。約20年前、トヨタはソフトバンクから販売関連のシステム導入で提案を受けた際に断っていた過去があり、両社は相性が良くないと思われていましたが、この提携の背景にあるものは、、、。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はエネルギーアナリスト大場紀章氏に
「トヨタとソフトバンク提携の意味」をテーマにお話を伺いました。


そもそもトヨタ自動車はKDDIの大株主。グローバル通信プラットフォームは、
KDDIと共同開発を推し進めています。


また、ソフトバンクはホンダとAIの開発で協業していますが、
米ゼネラルモーターズ(GM)のライドシェア専用自動運転車の開発会社である
GMクルーズホールディングスにも出資しています。


トヨタとソフトバンクの提携発表の前日である3日、
ホンダとGMクルーズと、GMが無人ライドシェアサービス用車両の開発で
協業することで合意したと発表しています。


つまり、KDDIからみればトヨタに裏切られた?!ように見えますし
ホンダからするとソフトバンクに浮気されたようなものです。


なぜこのような驚きの提携合意が必要だったのでしょうか。


ポイントとなるのが、 今年1月に開催されたInternational CESにおいて
トヨタが発表した「e-Palette Concept」


トヨタは「e-Palette Concept」で電動化、コネクティッド、
自動運転技術を活用したMaaS専用次世代EVで、
移動や物流、物販など様々なサービスに対応し、
人々の暮らしを支える「新たなモビリティ」を提供するとしています。


※MaaS=Mobility as a Serviceの略。
車を所有せず、使いたいときだけお金を払って利用するサービス


つまりトヨタは、自動車の製造業からサービスへと事業を変化させよう、
ということなのでしょう。
産業革命の流れの中で、消費者は自動車保有するより
シェアして使用することへ意識がシフトしつつあります。


ちなみに、一般自動車の稼働率はわずか4%なのに対し、
事業車の稼働率はその10倍にもなるそうです。

ライドシェア時代に変わりつつある中で
自動車販売台数が減少することは目に見えています。
トヨタは製造販売業からプラットフォーマーとして
利用料を取るという事業に軸足を移さざるを得ないと判断したということですね。


これは世界のどの自動車メーカーにも共通する問題で、
モビリティサービス事業への投資は積極的に行われていますが
トヨタのような大企業がこれだけのプラットフォームを
先陣切って発表したことは大きなサプライズとなりました。


「e-Palette Concept」構想の中で必要になってくる新しいノウハウには
あらゆる「IT」の技術が求められます。


ソフトバンクはトヨタを先回りして自動運転技術の先行企業を買収、投資しており、
結果、トヨタはソフトバンクと提携した方が早い、、、
提携せざるを得なかったと豊田氏が話していますが、
優秀な人材確保にはソフトバンクとの提携が必要だったという側面も。

今や若い技術者はトヨタではなくソフトバンクを目指す時代。
記述者確保も喫緊の課題なのです。


また「e-Palette Concept」のコンセプトはEV自動車ですが
何故トヨタはガソリン車でなくEV車を目指すのでしょうか。

大場氏によると事業車となると年間走行距離が長くなりますが
ガソリンより電気の方が効率よく走行できるのだそうです。
ガソリンには高い税金もかかりますしね。


詳しくはオンデマンド放送で大場さんの解説をお聞きくださいね。

小次郎講師のトレードラジオ講座~カウンティング [「小次郎講師のトレードラジオ講座2018~入門編」第2期(~18年12月)]
2018.10/16 大橋ひろこ 記事URL

毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座!
4月から新しいシリーズがスタートしています。
2018年度は「入門編」投資における基本を学んでいます.


現在、第2期を学んでいます。
第2期テキストはこちらからからDLできます。(有料)
https://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=133955786

詳しいカリキュラムとオンデマンド等のアーカイブは
こちらのページをご覧ください。
http://blog.radionikkei.jp/trend/2018_12.html


放送は毎週火曜日18:00~東京日本橋TOCOMスクエアから
公開生放送でお送りします。

生放送の観覧は無料ですので、お気軽にTOCOMスクエアまで!
また、生放送終了後、TOCOMスクエアで無料セミナーを開催。
題して「TOCOM投資スクール」2018年度開校です。
小次郎講師から直接投資レクチャーが受けられるセミナーが
無料です。皆様是非TOCOMスクエアにお越しくださいね。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今回はLesson11「カウンティング」です。

カウンティングとは酒田罫線以来のろうそく足の計測法の改良バージョン。
陽線で新値が何本あるかを計測し、トレンド転換が起こりやすい時期を見つけるというものです。

日々買方と売方は激しい攻防を繰り広げていますが、
ある時大きくバランスが崩れ、上昇トレンド・下降トレンドが発生します。
そのバランスの崩れをいかに発見するかがカウンティング。

ローソク足の補助を目的とし、ローソク足に含まれる情報を
数値化して視覚化します。

基本は4点カウント。

①高値が切り上がっているか?
②安値が切り上がっているか?
③終値が前日比プラスであるか?
④陽線であるか?

※上記条件を満たせば+1、満たさない場合は-1、同値はゼロ。

さあ、このように日々のろうそく足をカウント(数字をつけていく)
していきます。番組では特別カウントについても解説いただいています。

是非テキストで覚えてくださいね・


第2期テキストはこちらからからDLできます。(有料)
https://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=133955786


詳しくはオンデマンド放送で小次郎講師の解説をお聞きくださいね。

過去最大規模のショートを抱えた金市場 [コモディティの見通し(大橋ひろこ)]
2018.10/11 大橋ひろこ 記事URL

10月10日水曜日、ダウ平均は800ドルを超える大幅下落(3.15%安)となり、翌11日木曜日の日経平均は900ドル超えの暴落となりました。ダウは今年2月のVIXショック以来の下げ幅となり、最高値の26951ドルから5日で1358ドルもの大きな調整となっています。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日は金融貴金属アナリスト亀井幸一郎氏にお話を伺いました。


株とゴールドは教科書的には逆相関とされています。
株の暴落にも、金価格はほとんど動いていません。
COMEX金先物価格は2ドルほど上昇した程度。
株式市場が大きく下落する際には資金の逃避先として
ゴールド市場が受け皿となるとされていますが
なぜゴールドの上昇は限定的なのでしょうか。


亀井氏は、高止まりしているドルインデックスと
米金利について解説くださいました。
特にパウエルFRB議長の講演で、中立金利水準を超えて利上げを進める
可能性あると発言して以降、米金利上昇が加速しています。


ゴールド先物市場はドルインデックスの変動に相関性が高く、
ロボットトレードでプログラムされているようです。
ドルインデックスは10日、11日とあまり大きく動かず
高止まりだったことが、金価格が小動きだった背景にあると思われます。


ただし、金先物市場は過去最高のネットショート。
10月2日時点でロング598トン、ショート666トン、ネットショート68トン。
なんと8週連続での売り越しです。
2001年に7週連続の売り越しがありましたが、それを超えてきました。
1999年以来の記録更新だそうです。


一方、ゴールドのETF市場も4月末の871トンから10月には730トンまで
残高が減少しており140トンもの資金流出となっていました。


ところが、10月10日、まさに米株が暴落した夜のわずか1日で
SPDRスパイダーゴールドシェアのゴールドETF市場の残高が
8.82トンも増加していました。

先物市場がドルインデックスの高止まりで反応が薄かったのですが
ETF市場ではゴールドへの大きな資金流入が見られたのです。


また、米中貿易摩擦の影響が中国の金買いを鈍らせるとの
思惑がありますが、4-6月期の中国需要は落ちていませんでした。
インドも通貨ルピーが安くなる中、買いが鈍っていないとか。


ポイントは過去最高に積みあがったゴールドショートポジション。
きっかけがあれば巻き返しが金価格は押し上げられます。

詳しくはオンデマンド放送で亀井さんの解説をお聞きくださいね。

ドル円相場のポイントとブレグジット交渉 [投資α情報(大橋ひろこ)]
2018.10/10 大橋ひろこ 記事URL

ドル円相場は米中貿易摩擦などを嫌気してこの夏8月に110円割れ示現となりましたが、日米通商交渉では警戒されていた自動車関税がひとまず棚上げされたことを好感し9月は上昇が続き114円台まで駆け上がりました。市場には118円、120円という強気の声が聞こえてきましたが、足元では112円台まで下落してきています。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はソニーフィナンシャルホールディングス シニアアナリスト石川久美子さんにお話を伺いました。


教科書的には日米金利差はドル円上昇の材料とされていますが、
足下では米長期金利が上昇にもドル円相場は上がらなくなってきました。
金利上昇によって米株が調整色を強めています。
ドル円相場は株価下落、リスクオフでは円買いた旺盛となります。
金利より株価下落につれて下げているんですね。


また、IMM通貨先物ポジションで円ショートが積み上がっており、
円の売り越しポジションは10万枚を超えてきています。
投機筋の円ショートが巻き返される過程では円高が進行します。
ここからのポイントを伺いました。


またブレグジット交渉期限が迫る英国とEUですが、
10月19日のUE首脳会議までに合意できるかどうかが焦点。


足下ではポンドがじり高となっていますが、、、
ブレグジット交渉のポイントとポンドの動向についても伺っています。


詳しくはオンデマンド放送で石川さんの解説をお聞きくださいね。

小次郎講師のトレードラジオ講座~エリオット波動 [「小次郎講師のトレードラジオ講座2018~入門編」第2期(~18年12月)]
2018.10/09 大橋ひろこ 記事URL

毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座!
4月から新しいシリーズがスタートしています。
2018年度は「入門編」投資における基本を学んでいます.


現在、第2期を学んでいます。
第2期テキストはこちらからからDLできます。(有料)
https://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=133955786

詳しいカリキュラムとオンデマンド等のアーカイブは
こちらのページをご覧ください。
http://blog.radionikkei.jp/trend/2018_12.html


放送は毎週火曜日18:00~東京日本橋TOCOMスクエアから
公開生放送でお送りします。

生放送の観覧は無料ですので、お気軽にTOCOMスクエアまで!
また、生放送終了後、TOCOMスクエアで無料セミナーを開催。
題して「TOCOM投資スクール」2018年度開校です。
小次郎講師から直接投資レクチャーが受けられるセミナーが
無料です。皆様是非TOCOMスクエアにお越しくださいね。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今回はLesson10「エリオット波動」です。

エリオット波動とは、、、

1930年代、会計士ラルフ・ネルソン・エリオット氏が発表したテクニカル分析の原点で、
潮の満ち引きから相場の流れを読み解く鍵を発見、「波動理論」と名付けました。
そしてそれらがフィボナッチ級数によって成り立っていることを発見するのです。


エリオット波動は、上昇相場においては、上昇5波、下降3波の
計8波が基本の形です。上昇5波は、3つの推進波と2つの訂正波からなり、
下降3波は、2つの推進波と1つの訂正波からなっています。

上昇の5波動下降の3波動で全部で8波動。
この3、5、8という数字全てがフィボナッチですね。

また、エリオット波動は細分化されますが、
そのすべてがフィボナッチ。

是非テキストでその波動カウントをチャートで確認して覚えてくださいね・


第2期テキストはこちらからからDLできます。(有料)
https://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=133955786


詳しくはオンデマンド放送で小次郎講師の解説をお聞きくださいね。

TSRゴム先物、10月9日TOCOMに上場 [コモディティの見通し(大橋ひろこ)]
2018.10/04 大橋ひろこ 記事URL


10月9日火曜日、TOCOM東京商品取引所にTSR「Technically Specified Rubber(技術的規格格付けゴム)が上場されます。TOCOMには66年の歴史を持つRSSゴム先物市場がありますので、TOCOMではゴム2銘柄が取引できるようになります。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はトーキョー・トレーダーズタイムズ代表 小針秀夫氏にTSRゴム先物取引についてお話を伺いました。

TSRゴムはその形状から「プロック状ゴム」と呼ばれます。
RSSゴムは「シート状ゴム」ですから、そもそも形状が異なるのですが
2017年ベースの輸入量は、TSRが全体の78%を占め、RSSは19%。
TSRはRSSに比べ4倍もの水準に達しています。
TSR追加上場は、流通実態に合わせたニーズの高まりによるものなのですね。

これまでTOCOMに上場するすべてのコモディティの受け渡しは日本国内で行われてきましたが、
TSRゴムは日本市場はじめての国際取引ルールでFOBバンコク受け渡しとなります。
渡し方はタイのバンコク港かレムチャバン港で品渡しする決まりとなっています。
TSR上場は、国内の実需筋、投資家だけでなく、
中国など海外投資家層が参加しやすい市場となるとみられます。

天然ゴム先物はシンガポールや上海にも上場されています。
シンガポール取引所では主にインドネシア産が取引されていますが、
TOCOMのTSR先物は指定生産国をタイにすることで差別化を図ります。
日本、シンガポール、上海と市場間の裁定取引なども活発化するとみられ、
注目度は高いようです。取引するためにはどうしたらいいのでしょうか。
小針氏に伺っています。

詳しくはオンデマンド放送で小針さんの解説をお聞きくださいね。

天候相場から需給相場へ~穀物市場は底入れしたのか [コモディティの見通し(大橋ひろこ)]
2018.10/03 大橋ひろこ 記事URL

米穀物市場は天候相場から需給相場に移行する時期です。

9月半ばにはいると、米国産トウモロコシは収穫期に入ります。今年は6年連続の豊作が目される米国産の大豆、コーンなどの穀物市場。


米農務省から発表される9月の需給報告発表のころから、市場は天候相場から需給相場に移行するとされていますが、天候相場は穀物の生産高、供給量が重要視される相場であるのに対し需給相場は消費・在庫など需要量が重要視される相場となります。ここから相場の流れがガラリと変わることも少なくありません。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はコンチネンタルライス代表 茅野信行氏に穀物市場の動向と今後の見通しを伺いました。

農務省から発表される需給報告は毎月10~12日頃。
今年は9月12日に発表されました。

2018~2019年度の米国産トウモロコシの単収予想は
前月発表値の178.4ブッシェルから181.3ブッシェルに引き上げられ、
過去最高の単収となった2017~2018年度の176.6ブッシェルを上回りました。
生産高予想も前月145億8648万ブッシェルから148億8266万ブッシェルへ引き上げられ、
2017~2018年度の146億6040万ブッシェルを上回っています。

単収予想がが引き上げられたことで、シカゴコーン相場は急落。
9月12日の366セントから、18日には342セントまで大きく値を下げました。
しかし、19日から相場は反騰、10月2日現在369セントまで上昇、
発表前の水準を取り戻しています。反発の背景には何があるのでしょうか。

過去最高の豊作となる見込みであることから、発表直後に売り込まれた
トウモロコシ相場ですが、今年もアノマリー通り、9月の需給報告をもって
材料出尽くしとなり、上昇相場にはいるのでしょうか。

茅野さんに伺っています。
詳しくはオンデマンド放送で茅野さんの解説をお聞きくださいね。

小次郎講師のトレードラジオ講座~フィボナッチ [「小次郎講師のトレードラジオ講座2018~入門編」第2期(~18年12月)]
2018.10/02 大橋ひろこ 記事URL

毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座!
4月から新しいシリーズがスタートしています。
2018年度は「入門編」投資における基本を学んでいます.


現在、第2期を学んでいます。
第2期テキストはこちらからからDLできます。(有料)
https://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=133955786

詳しいカリキュラムとオンデマンド等のアーカイブは
こちらのページをご覧ください。
http://blog.radionikkei.jp/trend/2018_12.html


放送は毎週火曜日18:00~東京日本橋TOCOMスクエアから
公開生放送でお送りします。

生放送の観覧は無料ですので、お気軽にTOCOMスクエアまで!
また、生放送終了後、TOCOMスクエアで無料セミナーを開催。
題して「TOCOM投資スクール」2018年度開校です。
小次郎講師から直接投資レクチャーが受けられるセミナーが
無料です。皆様是非TOCOMスクエアにお越しくださいね。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今回はLesson9「フィボナッチ」です。

フィボナッチが人の名前だった、というのをご存知ですか?

レオナルド・ダ・ピサというイタリアの数学者の名前なんだそうです。
どこにもフィボナッチの要素がないじゃないか、と思うでしょ。
実は、「フィ」というのは息子のこと。

レオナルド・ダ・ピサのお父様の名前がボナッチさん。
「ボナッチ」さんの息子(フィ)ということでフィボナッチなんですって。
今日まで知りませんでした・・・!

さて。1、1、2、3、5、8、13、21、、、

この数列、次の数字は?!

「前の前の数」+「前の数」=「次の数」となっている法則に気が付きましたか?

これが相場を支配する基本数列フィボナッチです。
この世で最も美しいバランス、
最も調和の取れたもの=黄金分割(黄金比率)は
フィボナッチ数列から生まれたのです。

レオナルド・ダ・ビンチの人体構成図
パルテノン神殿
ミロのヴィーナス
ギザのピラミッド、、、

自然界にもフィボナッチ数列を見出すことができます。

巻貝の螺旋
ひまわりの種、松ぼっくり、、、

これが、相場にどのような意味をもたらすの?!

トレンドの押し目はフィボナッチになりやすいんです。
さて、これはどういうことでしょうか。

詳しくはオンデマンド放送で小次郎講師の解説をお聞きくださいね。

原油価格上昇、WTI100ドル予想も?! [コモディティの見通し(大橋ひろこ)]
2018.09/27 大橋ひろこ 記事URL

9月27日NYMEX WTI原油価格は72ドル台にまで上昇してきました。JPモルガンは2018年末に75.83㌦,2019年は76.80㌦まで原油価格が上昇すると予測しています。カレンダー的にはガソリン需要期と暖房油需要期の端境期とされる今、なぜ原油価格が急上昇しているのでしょうか。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日は石油ガスジャーナル顧問 山内 弘史氏をお迎えし原油価格上昇の背景と今後について見通しを伺いました。


足下の急上昇の背景は23日にアルジェリアで開かれた
OPECとOPEC非加盟産油国会議で原油増産が見送られたことにあります。
トランプ大統領は原油増産を要望しており、市場も一定の配慮がある可能性を
期待していたのですが、OPEC諸国もロシアなどもこれを拒否。


OPECは6月末の総会で100万㌭/日の増産を決定していますが、
7月の生産量は3,221万㌭/日で8月も7月比で42万㌭増の
3,263万㌭にとどまっています。


リビア,ナイジェリア,コンゴの生産枠外国を除くOPEC12カ国の
合意生産量は2,975万㌭/日,予定減産量(増産)は118万㌭/日でしたが、
実際には136万㌭/日の減産となっています。


つまり、OPECと非OPECは増産したくない、ということ。
その必要はないとの判断を下した背景には、増産によって価格を
下げさせたくないという事情もあるでしょう。
産油国にとっては油価が高い方がいいに決まっています。
会合前は「米国の制裁でイラン産原油の供給が減少する分をカバーする」
としていたのですが、産油国らは70㌦前後の原油価格維持を選択したのです。


米国はイランへの再制裁を実施、同盟国に対しイランとの原油取引の停止を
求めています。これによって既にイランからの輸出量は減少に転じており
8月の生産量は363万㌭/日と7月比15万㌭の減産となっています。

また、経済危機に瀕するベネズエラはピーク時には240万㌭/日原油生産量がありましたが、
2018年8月124万㌭/日まで落ち込んでいいます。


トランプ大統領は中間選挙に向けてガソリン価格を下げさせたいとの思惑があるのですが、、、

切り札とされる戦略備蓄(SPR)の放出で価格は抑制できるでしょうか。

トランプ大統領は10~11月で1,100万㌭のSPRを放出するとしていますが
日量18万㌭程度にすぎず、これでは供給減を到底カバーできないと山内氏。

ここからの原油価格は下がりようがありません。

詳しくはオンデマンド放送で山内さんの解説をお聞きくださいね。

<TOCOM主催セミナーのお知らせ>

10月6日土曜日13:30~のセミナー、是非ご参加ください♪

東京商品取引所・TOCOMでは、TSR(技術的格付けゴム)上場を記念したセミナー
「勝つトレーダーになるために必要なこと<実践編>」を開催します。
場所は東京日本橋・TOCOMスクエアです。
詳しくはこちらから→https://cfes.jp/tsr/

皆様のご来場をお待ちしております。

10月9日TOCOMにTSRゴム先物上場! [大橋ひろこコラム]
2018.09/26 大橋ひろこ 記事URL

10月9日(火)TOCOMに新しいゴム先物としてTSRが追加上場します。現在は天然ゴム先物としてRSSが上場していますが、今後のゴム先物市場はRSSとTSRの二本立てとなります。今日は、同じゴム先物銘柄のTSRとRSSの違いと、上場の意義についてマーケットエッジ(株)代表取締役 小菅 努氏にお話を伺いました。


天然ゴムは大きく分けて三種類あります。


1) ラテックス(latex)
2) 生ゴム 1)RSS(ribbed smoked sheet)=視覚格付けゴム
    2)TSR(technically specified rubber)=技術格付けゴム



ゴムは農産品ですので、生産状況によって品質が異なるため、
品質の格付けがされていますが、TSRととRSSでは
その格付けの手法が異なるんです。

現在上場されているRSSは、
シート状のゴムを公式国際見本に準拠した視覚検査で格付けされていますが、
TSRはゴミ、灰分、窒素含有量、揮発性物質、可塑度、可塑度残留率など
技術的規格で格付けされます。

※RSSは1X号を最上位に1号~5号まで格付けされますが、
国際取引が最も多いのがRSS3号、現在TOCOMで取引されているゴム先物です。

※TSRはCV、Lが上級規格、TSR10、20が標準規格。
今回TOCOMに上場されるのはタイ産TSR20。

元々、世界的にはTSRが主流で、欧州系のタイヤメーカーは
TSRを使用することが多いのですが、日本は伝統的にタイ産への依存度が高く、
タイで主流だったRSSの輸入量が多かったため、これまでTOCOMではRSSが
取引されていました。近年、インドネシア産への依存度が高まってきたおり、
TSRへの需要シフトが発生、TOCOMにTSRも追加上場することとなったのです。

<TOCOM主催セミナーのお知らせ>

10月6日土曜日13:30~さらに詳しく小菅努氏にTSRについて解説いただきます!

東京商品取引所・TOCOMでは、TSR(技術的格付けゴム)上場を記念したセミナー
「勝つトレーダーになるために必要なこと<実践編>」を開催します。
場所は東京日本橋・TOCOMスクエアです。
詳しくはこちらから→https://cfes.jp/tsr/

皆様のご来場をお待ちしております。

 全83ページ中14 ページ   前の10件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 [14] 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 次の10件