サウジが原油輸出を減らした背景~増える米国原油輸出 [大橋ひろこコラム]
2017.07/26 大橋ひろこ 記事URL

7月24日 ロシアのサンクトペテルブルクで開催されたOPEC加盟・非加盟国で構成する減産合意の順守状況を監視する共同閣僚級監視委員会(JMMC)を受け、原油価格は反発となりました。

ここで決められたのは

①1月から実施している原油の協調減産の継続と追加策の決定
②2018年3月までの減産継続と、場合によっては再延長。
③ナイジェリアに生産上限枠 180万b/d(リビアは125万b/dまで増産を認める)
④8月のサウジの原油輸出は,前月比100万b/d減の660万b/dに抑制。
⑤UAEも輸出抑制と表明。 

 
などですが、原油価格上昇は続くでしょうか?!
皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
石油ガス・ジャーナル顧問 山内弘史氏に伺いました。

      
 
OPECの6月原油生産量は前月比39.4万増の3,261万b/d。
2017年第1四半期には3,215万b/dでしたが、それを46万b/d上回っています。

増産となっているのは
 イラン 前月比1.7万増の379万b/d 
イラク 同6万増の450万b/d
 リビア 12.7万増の85.2万b/d 
ナイジェリア 9.7万増の173万b/d
 サウジアラビア 5万増の995万b/d
 
サウジは19万増の1,007万b/dと1,000万b/dを超えたとの指摘も。

 減産遵守率は高いとされていますが、生産量は増えています。。。

今回のJMMCでサウジが輸出を減らすと発表しているのですが、
実はこの時期、サウジは冷房需要によりエネルギー消費が急増するため、
原油の生焚(原油やNGLをそのままボイラー燃料として使用すること)で
それらに対応。そもそもサウジは6~8月の大幅減産は不可能な構造。
電力需要の急増で生焚原油が約70万b/d必要。
輸出を減らすというのは原油の内需増に対応したものであり、
決して、積極的に価格を押し上げる材料ではないのです。

 
では、米国の原油生産状況はどうでしょうか。
足元で2週続けて米国の石油掘削稼働リグ数は減少したことや
米国エネルギー情報局のレポートで2018年の原油生産量予測が,
6月の1,001万b/dから990万b/dに下方修正されたことなどを受けて
「シェール生産頭打ち論」が出ています。

しかし、稼働リグ数は2~3基減少したに過ぎず、
直近の原油生産量は前週比5.9万増の940万b/d、
翌週も3.2万増の943万b/dと続増(7月7日,7月14日の週)
山内さんは頭打ち論には懐疑的。

また、米国の原油在庫が減少傾向にありますが、
8月にかけてはガソリン需要期であるため、在庫減は例年のこと。
8月半ばからは再び積み増しされるものとみられます。

しかし、今年は例年より在庫減少が大きいと山内さん。
米国の原油輸出量が急増しているのです。

輸出先は中国やインド。
なんとSPR戦略備蓄まで減少しています。
SPRは2月まで6億9500万㌭あったものが
3月から減少に転じ7月14日現在では6億8900万㌭に。

トランプ大統領は原油在庫は多くは必要ない、輸出して外貨を
稼ぐべきであるとしていましたが、それが具体化しているということでしょうか。
対して中東からの輸出は減少。
サウジの輸出減は、米国からの輸入量が増えたためにサウジからの
輸入を減らした中国の影響があったとみられます。

要するにシェアを米国に奪われたためにサウジの輸出が落ち込んだ、
ということですね。シェア獲得競争は激化しています。
詳しくはオンデマンド放送で山内さんの解説をお聞きくださいね。



※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

「コモディティ投資をじっくり学べる一日」

9月9日土曜(大阪)、そして9月23日土曜(東京)

東京商品取引所ほか主催「コモディティ・フェスティバル2017」が開催されます!


世界を動かすコモディティ。
その魅力から現在のマーケット、トレード手法まで詳しく取り上げます。
プレゼント抽選会ありますよ~!

詳しくは下記のバナーをクリックしてください(公式サイトへアクセス)。

小次郎講師のトレードラジオ講座~一目均衡表 中級編まとめ [「小次郎講師のトレードラジオ講座~中級編」第1期(~17年7月)]
2017.07/25 大橋ひろこ 記事URL

毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座/中級編.
~チャート分析を極める~がテーマです。
18:00~18:15の15分間、毎回TOCOMスクエアにて公開生放送。

(どなたで参加できます。気軽に見に(聞きに)来てください!)
生放送終了後はご来場の皆さまへ1時間程度の無料セミナーを毎週開催。

こちらも、どなたでもご参加いただけます。事前連絡、予約は不要です。
また、このトレードラジオ講座は、より深く学びたい方の為に
講義内容をわかりやすくまとめたテキストを有料販売しています。

こちらから是非お買い求めいただき、
テキストをご覧いただきながらラジオを聞いてくださいね。
テキストはこちらから→http://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=115743699


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今回で 中級編 第1期が終了します。


今回はLesson17 
一目均衡表の5つのラインを究める総まとめ。
簡単に今シリーズで学んだポイントを小次郎講師にお話いただきましたが
もう一度復習したいという方のために。

Lesson1(2017.4.4放送)一目均衡表原論
Lesson2(2017.4.11放送)一目均衡表とは?
Lesson3(2017.4.18放送)一目均衡表の代表的買いサイン、売りサイン
Lesson4(2017.4.25放送)一目均衡表の骨格「半値線」の秘密
Lesson5(2017.5.2放送)「ひとめで均衡がわかる」とは?
Lesson6(2017.5.9放送)「転換線」を究める
Lesson7(2017.5.16放送)「基準線」を究める
Lesson8(2017.5.23放送)均衡表の好転・逆転
Lesson9(2017.5.30放送)遅行スパンを究める
Lesson10(2017.6.6放送)先行スパン2を究める
Lesson11(2017.6.13放送)三役好転・逆転の意味
Lesson12(2017.6.20放送)先行スパン1を究める
Lesson13(2017.6.27放送)一目均衡表の極意『勢力段階』を知る!
Lesson14(2017.7.4放送)もみあい相場での使い方
Lesson15(2017.7.11放送)一目均衡表の正しい分析の仕方
Lesson16(2017.7.18放送)一目均衡表の正しい分析の仕方実践編
Lesson17(2017.7.25放送予定)一目均衡表、まとめ

このすべてのオンエアを オンデマンドでお聴きいただけます。
アーカイブはこちらから→http://blog.radionikkei.jp/trend/post_733.html
ゆっくり復習して、上級編に備えてください。

来週火曜からの第2期シリーズでは一目均衡表の上級編、
そして移動平均線大循環分析をお送りします。
ご期待くださいね。

※「一目均衡表公式ホームページ」はこちら
http://www.ichimokukinkouhyou.jp/



※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

「コモディティ投資をじっくり学べる一日」

9月9日土曜(大阪)、そして9月23日土曜(東京)

東京商品取引所ほか主催「コモディティ・フェスティバル2017」が開催されます!


世界を動かすコモディティ。
その魅力から現在のマーケット、トレード手法まで詳しく取り上げます。
プレゼント抽選会ありますよ~!

詳しくは下記のバナーをクリックしてください(公式サイトへアクセス)。

次世代自動車はEV車に?!原油相場への影響は [大橋ひろこコラム]
2017.07/20 大橋ひろこ 記事URL

原油市場はボラティリティが低下。需給面からは買い材料乏しく、ファンド筋はOPEC総会以降ショートポジションを積み上げており40ドル台での膠着相場が続いています。増加が続いた米国のシェール生産の今後、そしてOPECの減産の枠組外のリビア・ナイジェリアの増産に歯止めがかけられるかが、年後半の焦点となってきますが、超長期的にシェール革命で米国も原油生産大国となったことで将来的に原油価格は上がらないということなのでしょうか。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はエネルギーアナリスト大場紀章さんにお話を伺いました。

2016年は原油価格の急落が株式市場にも波及し混乱をもたらしましたが
このところは原油価格が下落基調となっても、株式市場には影響がありません。
米シェール企業によるヘッジが効いているため、スポット価格が下落しても
問題ないためだという認識が広まっていますが、大場さんによると
現状でのヘッジは1年先くらいまで。
2018年の後半は原油価格下落は株式市場にも影響が出てくるかもしれません。


そもそもシェール革命というのは原油価格が100ドル近辺にあったことで
大きな利益になるという構造であったものでしたが、
価格が半値近くにまで下落してしまうと、生産コスト的には
あまり儲かる構造でなくなりつつあります。

比較的早期に開発され、低コスト化に成功した3大米シェール層のうち
バッケン、イーグルフォードの生産はすでにピークアウトしており、
パーミヤンも先月、そのレベルの生産量に到達。
パーミヤン油田の生産もピークアウトが近いのでは?!と見る向きも。

供給過剰状態が続き原油の低価格が続けば米シェール生産も
減少していく可能性があるのです。

また、次世代自動車はEV車が主流となりそうですが
超長期的にEV車に切り替われば石油需要は減少するでしょうか。

電気で走る自動車ですから、ガソリン需要は減少します。
しかし、その電気を発電する際にエネルギーが必要、、、

ということで結局需要は落ちないとする指摘もあるのですが、

大場さんは、現在発電に使われているのはエネルギーは石油ではなく
天然ガスや石炭であるとして、石油の需要は低下する可能性について
お話くださいました。今、日本の石油火力発電は10%くらいだそうです。
ほぼ緊急時のバックアップ用といった程度で、主力は天然ガス、石炭、水力なんだとか。

もし、本当に世界の自動車がEV車が主流となるとするならば
天然ガスが豊富なロシアそして米国がエネルギー覇権を握ることに?!
中東ではカタール、イランなどが天然ガスが豊富ですが、
それ以外の中東原油生産国のプレゼンスは低下していくものと思われます。

詳しくはオンデマンド放送で大場さんの解説をお聞きくださいね。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

「コモディティ投資をじっくり学べる一日」

9月9日土曜(大阪)、そして9月23日土曜(東京)

東京商品取引所ほか主催「コモディティ・フェスティバル2017」が開催されます!


世界を動かすコモディティ。
その魅力から現在のマーケット、トレード手法まで詳しく取り上げます。
プレゼント抽選会ありますよ~!

詳しくは下記のバナーをクリックしてください(公式サイトへアクセス)。

小次郎講師のトレードラジオ講座~一目均衡表の正しい使い方:実践編 [大橋ひろこコラム]
2017.07/18 大橋ひろこ 記事URL

毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座/中級編.
~チャート分析を極める~がテーマです。
18:00~18:15の15分間、毎回TOCOMスクエアにて公開生放送。

(どなたで参加できます。気軽に見に(聞きに)来てください!)

生放送終了後はご来場の皆さまへ1時間程度の無料セミナーを毎週開催。

こちらも、どなたでもご参加いただけます。事前連絡、予約は不要です。
また、このトレードラジオ講座は、より深く学びたい方の為に
講義内容をわかりやすくまとめたテキストを有料販売しています。

こちらから是非お買い求めいただき、
テキストをご覧いただきながらラジオを聞いてくださいね。
テキストはこちらから→http://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=115743699


また、この講座は オンデマンドでLesson1から全てお聴きいただけます。
アーカイブはこちらから→http://blog.radionikkei.jp/trend/post_733.html
ゆっくり復習もできます。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今シリーズは半年をかけて一目均衡表を徹底マスターしていきます。


※「一目均衡表公式ホームページ」はこちら
http://www.ichimokukinkouhyou.jp/

今回は一目均衡表第16回一目均衡表「正しい分析の仕方~実践編」です。

実践編だけあって、テキストには見極めるポイントが
順序立てて記されています。テキストに沿って
チャート分析をしてみましょう!


①基準線の向きはどうですか?!
 (基準線が横這いの場合は⑥へ)


 
②短期・中期・長期局面で買い勢力、売り勢力どちらが強い?!

③遅行スパンの好転・逆転を確認!

④勢力段階を見極める!

⑤予測の線を引いてみる!


⑥基準線横這いの場合=揉みあい相場
 揉みあいの中心を探る

詳しくは小次郎講師の解説をお聞きくださいね。


※「一目均衡表公式ホームページ」はこちら
http://www.ichimokukinkouhyou.jp/

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

「コモディティ投資をじっくり学べる一日」

9月9日土曜(大阪)、そして9月23日土曜(東京)

東京商品取引所ほか主催「コモディティ・フェスティバル2017」が開催されます!


世界を動かすコモディティ。
その魅力から現在のマーケット、トレード手法まで詳しく取り上げます。
プレゼント抽選会ありますよ~!

詳しくは下記のバナーをクリックしてください(公式サイトへアクセス)。

2017年後半の商品市況~PGM需要は長期的に減少へ?! [大橋ひろこコラム]
2017.07/13 大橋ひろこ 記事URL

2017年上期、様々なリスクが声高に叫ばれたものの米株は史上最高値圏を維持。世界的に株式市場が堅調に推移しましたが、一方で、商品市況は冴えず。本当に景気がいいのであれば、商品需要も旺盛となり商品価格も堅調となるはずですが、、、。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今回はマーケット・リスク・アドバイザリー代表 新村直弘氏に
2017年後半の商品市況について伺いました。


米国の利上げサイクルに入って3年目、いよいよ年内にもバランスシート縮小へ
着手の見込み。またECBドラギ総裁も、6/27のECBフォーラムで量的緩和
縮小の可能性に言及。欧州の長期金利が上昇、これに連れて米国の金利も上昇へ。
年後半には、米欧の金融政策がキーになってきそうです。


新村さんは、引き締めが遅れてバブル化し盛大にはじけるよりも
適度な調整があるほうが好ましいとして、年内には比較的ドラスティックな
ガス抜きとなるような下落リスクも想定しておいた方がいいと指摘。


コモディティ市況にとっては最大消費国である中国の構造的な経済成長ペースの
鈍化が継続する見込みであること、中国政府による住宅セクター過熱鎮静化の
動きが強まると予想されていることなどはネガティブ。
今年10月、中国では党大会が予定されており、足元では政治的な不安定さに
つながる市場の混乱を習近平は回避すると予想されていますが、
党大会終了以降に注意が必要、ということで、年後半の波乱には留意したいところ。


新村さんには貴金属市場の今後についても伺いました。
ゴールド市況のここからのポイント、足元で在庫の減少が材料視されて上昇
しているパラジウム、プラチナなども興味深い動きですが、
金との逆ザヤが長期化は今後も続くのか?!PGM市況の長期展望も頂戴しました。


インドが2030年までに電気自動車のみの販売となる意欲的な計画を示したほか、
大気汚染に苦しむ中国も電気自動車にシフトの傾向、
欧州では2040年までにフランスがガソリン自動車の販売を禁止するほか、
イツ議会も2030年までに内燃系エンジンを禁止する決議案を決議、
またボルボは2019年以降、電気自動車とハイブリッド自動車のみの販売を宣言...。

などなど、次世代自動車はEV車が本流となりそうです。

最終的には中国と米国がどのようなスタンスであるかが大きなポイントだと新村氏は指摘。
今のところIEAの見通しでは電気自動車のシェアは
2030年で10%程度、仮に米国・中国の新車販売の10%が電気自動車、
欧州の半分が電気自動車になったとすると単純計算で25%程度の
PGM需要が減少することになり、PGMの需給は恒常的な供給過剰状態に
なると考えられる、ということですが、
トラックやバスなどの大型車のすべて電気自動車に置き換えることは
燃費や輸送能力面から時間がかかると考えられるほか、
そもそも十分な充電インフラを整えなければならないという別の問題もあります。

また、現状ではまだ補助金でのサポートが必要な技術であるため、
中東やアフリカなどの新興国でこの需要が増加するとは考え難いとして、
喫緊の売り材料ではないと思われますが、
しかし、PGM需給が減少していくという方向ですので、
金との逆ザヤ解消となるような強さはなさそう・・・。


仮にEVではなく燃料電池車が認められるのであれば、
プラチナが電極に使われるため価格は大きく上昇することになるそうですが
現状、全体の流れは内燃系の自動車を見直すという流れが世界的潮流であり
その可能性は高くないだろうと新村さん。

ここからの見通しは是非オンデマンド放送で新村さんの解説をお聞きくださいね。



※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

「コモディティ投資をじっくり学べる一日」

9月9日土曜(大阪)、そして9月23日土曜(東京)

東京商品取引所ほか主催「コモディティ・フェスティバル2017」が開催されます!


世界を動かすコモディティ。
その魅力から現在のマーケット、トレード手法まで詳しく取り上げます。
プレゼント抽選会ありますよ~!

詳しくは下記のバナーをクリックしてください(公式サイトへアクセス)。



天候リスクで穀物高は続くのか?!連れ高のコモディティの今後 [大橋ひろこコラム]
2017.07/12 大橋ひろこ 記事URL

23時のイエレン議長議会証言前に、議会証言の草稿が発表され、意外?というほどではないが、ハト派的な内容に米長期金利が2.30%へと急低下、ドル円が崩れ、円クロスが崩れ、これまで積み上がっていたポジションの調整が進んでます。


ハト派的な内容であれば、ユーロドルは上がっても良さそうですが、ユーロ円のロングが損切りを迫られており、結果的にユーロドルが崩れるという、ちょっと合点が行かない動きになってます。


カナダとの国境近くのノースダコタ州、サウスダコタ州、モンタナ州などで
土壌水分不足が深刻化しており、厳しい干ばつ被害が発生、
小麦相場が急騰した影響で、シカゴ大豆、トウモロコシ相場も連れ高と
なっており、天候相場本番、大相場に発展への思惑も広がりつつありますが
トウモロコシや大豆の生産地の影響は現状ではそれほど甚大ではなく、
小麦相場に連れ高となった側面が大きいため、今まさに本番を迎えている
トウモロコシの受粉に大きな問題がなければ、トウモロコシ相場は大相場に
発展することなく反落する可能性も指摘されています。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日は商品アナリスト小針秀夫さんにお話を伺いました。

2017年1月に天井をつけて下落トレンドが続いているゴム相場。
ここ1か月はレンジ相場入りとなって、下げ止まっています。

足元の下げ止まり、反発基調にも見える動きは穀物高に影響されている
可能性を指摘した小針氏、大豆とゴムは相場のファンダメンタルは
全く関係がないにもかかわらず、相関性が高いことを指摘されています。

しかしながら、世界的な自動車販売台数の落ちこみなど
中国の需要の鈍化はコモディティ市況全般の上値を抑える要因であり
ゴムもまた、その影響は甚大でです。
穀物市況が天候相場後に失速すればゴム相場も再下落か・・・?!

小針さんには原油相場の現状と今後についても伺っています。

詳しくはオンデマンド放送でお聞きくださいね。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

「コモディティ投資をじっくり学べる一日」

9月9日土曜(大阪)、そして9月23日土曜(東京)

東京商品取引所ほか主催「コモディティ・フェスティバル2017」が開催されます!


世界を動かすコモディティ。
その魅力から現在のマーケット、トレード手法まで詳しく取り上げます。
プレゼント抽選会ありますよ~!

詳しくは下記のバナーをクリックしてください(公式サイトへアクセス)。

小次郎講師のトレードラジオ講座~一目均衡表正しい分析の仕方 [大橋ひろこコラム]
2017.07/11 大橋ひろこ 記事URL

毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座/中級編.
~チャート分析を極める~がテーマです。

18:00~18:15の15分間、毎回TOCOMスクエアにて公開生放送。
(どなたで参加できます。気軽に見に(聞きに)来てください!)


生放送終了後はご来場の皆さまへ1時間程度の無料セミナーを毎週開催。
こちらも、どなたでもご参加いただけます。事前連絡、予約は不要です。

また、このトレードラジオ講座は、より深く学びたい方の為に
講義内容をわかりやすくまとめたテキストを有料販売しています。
こちらから是非お買い求めいただき、
テキストをご覧いただきながらラジオを聞いてくださいね。

テキストはこちらから→http://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=115743699

また、この講座は オンデマンドでLesson1から全てお聴きいただけます。
アーカイブはこちらから→http://blog.radionikkei.jp/trend/post_733.html
ゆっくり復習もできます。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今シリーズは半年をかけて一目均衡表を徹底マスターしていきます。

※「一目均衡表公式ホームページ」はこちら
http://www.ichimokukinkouhyou.jp/

今回は一目均衡表第15回一目均衡表「正しい分析の仕方」です。

一目均衡表をつかさどる5本のラインの意味とその見方を学んできましたが
それらを使ってどのように分析をするのか。

今回は小次郎講師流の一目均衡表の分析手法。

1、基準線の勾配を見る

2、短期中期長期の勢力を見る

3、遅行スパンを見る。

4、現在の勢力段階を見る。

5、予測の線を引く

6、もみあい相場の分析

こうしたプロセスで「相場の現在性」を知り、
勢力段階を把握していくのです。

上昇トレンドの場合の基本図は

①転換線を上抜ける
②基準線を上抜ける 
③均衡表の好転 
④遅行スパンを上抜ける
⑤雲に突入 
⑥雲のねじれ 
⑦雲を抜ける(三役好転)
⑧転換線の雲抜け 
⑨基準線の雲抜け 
⑩上昇トレンド(買い)の完成形へ

勿論、テキストではチャートを確認できます。

是非、一目均衡表の小次郎講師オリジナルトレンドの基本図を
見ながらオンデマンド放送を聞いてくださいね。

※「一目均衡表公式ホームページ」はこちら
http://www.ichimokukinkouhyou.jp/


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

「コモディティ投資をじっくり学べる一日」

9月9日土曜(大阪)、そして9月23日土曜(東京)

東京商品取引所ほか主催「コモディティ・フェスティバル2017」が開催されます!


世界を動かすコモディティ。
その魅力から現在のマーケット、トレード手法まで詳しく取り上げます。

プレゼント抽選会ありますよ~!

詳しくは下記のバナーをクリックしてください(公式サイトへアクセス)。

ドライブシーズンピーク、果たして米ガソリン需要は好調なのか [大橋ひろこコラム]
2017.07/06 大橋ひろこ 記事URL

40ドル割れもあるか、と思われたWTI原油は6月下旬から7/4米独立記念日に向けて猛烈に反発しました。四半期末のショートカバーによるものと見られますが、いよいよ米国はガソリン需要期本番です。独立記念日明け、原油価格は力尽き大きな陰線を示現、本格的需要期に入っていますが原油価格反騰局面は終わってしまったのでしょうか。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今回はよそうかい グローバルインベスターズ代表 松本英毅さんに
2017年後半の原油価格見通しを伺いました。

ドライブシーズンがピークを迎える中、製油所の稼働率が高く
原油在庫は減少傾向ですが、ガソリン在庫は高止まりのまま。

EIA米エネルギー省発表の統計では米ガソリン需要は比較的強く
4月のガソリン需要は今年に入って初めて前年を上回りました。

しかし、松本さんは政府データーは「製油所からの出荷」統計であり
第1次貯蔵施設からの出荷量。その後第2貯蔵施設を経由し
川下のガソリンスタンドへと流れていくわけですが、
政府統計は川上のデーターなのだそうです。

松本さんは米東部の石油パイプライン大手が6/22に発表した
ガソリンの輸送需要がここ6年で最低となったとのニュースに注目。

政府データーからガソリン需要増を見込んで製油所が稼働率を上げ
原油からガソリンへと精製を増やしたことで原油在庫が減少傾向も、
実際にはガソリンは消費されず溜まっているのではないか。
松本さんはそれが明らかになれば、オイル市場全般の一段安のリスクもあると指摘。

足元ではサウジがアジア向けの原油出荷価格を引き下げるなど
価格よりシェア獲得に動き出していることから、
現在の価格ではOPECがさらなる減産枠増加などの価格支援策に
動く気配はみられません。ロシアも追加減産には否定的ですね。

松本さんは11月定例総会前には追加減産の催促相場があるのでは?
として30ドル台への下落のリスクに言及。

湾岸諸国のカタールとの国交断交リスクは?
またOPECの減産枠組みから除外されているリビアとナイジェリアの動向
今後の地政学リスクなどについても伺っています。

詳しくはオンデマンド放送で松本さんの解説をお聞きくださいね。



***************************************

ここで、東京商品取引所(TOCOM)からお知らせです。

「商品先物取引ナンバーワンの称号をつかむのはだれか?!」
TOCOMリアルトレードコンテスト開催!中です。

優秀者には、金貨のプレゼントなど豪華賞品を用意。
ただいま参加者をプロ・アマ問わず募集中。
詳しくは下記のバナーをクリック!

皆様のご参加お待ちしております~♪



リスクは買い場に?!金融政策面からの円安は続くのか [大橋ひろこコラム]
2017.07/05 大橋ひろこ 記事URL

7月4日米国独立記念日。北朝鮮によるミサイル発射に、為替市場ではドル円相場が113円台から112円台へと下落、円高に振れる局面もみられましたが、再び113円台へと上昇しています。リスクを警戒する動きは見られたものの、結果的にはいい買い場が提供された格好。北朝鮮のミサイル発射は今年に入って11回目。EEZ内に落下するのは5回目と、マーケットには驚きではなくなってしまったということなのでしょうか。


皆さん、ご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はソニーフィナンシャルホールディングス 金融市場調査部 為替アナリスト石川久美子さんをお迎えして、為替市場の動向と今後を伺いました。



リスクに対しての反応が鈍くなってきた印象の金融市場ですが
米国はこの6月に4回目の利上げと年内のバランスシート縮小に言及。
金融緩和政策の正常化は着々と進められています。

これに続くとみられるのが、欧州、英国、カナダ。
先週開催されたECBフォーラムには各国の中央銀行総裁が顔を合わせ
様々な発言が飛び出してマーケットを動かしました。

BOEカーニー総裁、ECBドラギ総裁、そしてBOCポロズ総裁。
発言詳細は番組の中で石川さんが解説くださっていますが
緩和縮小に言及したことで、当該国債利回りが上昇、
通貨市場ではポンド、ユーロ、カナダドルが
買われる動きが加速しました。

日銀は緩和継続スタンスを変えていません。
日米、日欧、日英、日加の金利差拡大がクロス円上昇トレンドを形成、
これらの国の金融政策の変化が足元の円キャリートレードに繋がっています。
しかし、金利上昇で株式市場が不安定にはならないでしょうか。

また、リスクに対して打たれ強くなってきた金融市場に死角はないのか。
石川さんに伺っています。
詳しくはオンデマンド放送で石川さんの解説をお聞きくださいね。


***************************************

ここで、東京商品取引所(TOCOM)からお知らせです。

「商品先物取引ナンバーワンの称号をつかむのはだれか?!」
TOCOMリアルトレードコンテスト開催!中です。

優秀者には、金貨のプレゼントなど豪華賞品を用意。
ただいま参加者をプロ・アマ問わず募集中。
詳しくは下記のバナーをクリック!

皆様のご参加お待ちしております~♪

小次郎講師のトレードラジオ講座~一目均衡表もみ合い相場での使い方 [「小次郎講師のトレードラジオ講座~中級編」第1期(~17年7月)]
2017.07/04 大橋ひろこ 記事URL

毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座/中級編.
~チャート分析を極める~がテーマです。
18:00~18:15の15分間、毎回TOCOMスクエアにて公開生放送。
(どなたで参加できます。気軽に見に(聞きに)来てください!)
生放送終了後はご来場の皆さまへ1時間程度の無料セミナーを毎週開催。
こちらも、どなたでもご参加いただけます。事前連絡、予約は不要です。

また、このトレードラジオ講座は、より深く学びたい方の為に
講義内容をわかりやすくまとめたテキストを有料販売しています。

こちらから是非お買い求めいただき、
テキストをご覧いただきながらラジオを聞いてくださいね。

テキストはこちらから→http://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=115743699
また、この講座は オンデマンドでLesson1から全てお聴きいただけます。
アーカイブはこちらから→http://blog.radionikkei.jp/trend/post_733.html
ゆっくり復習もできます。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今シリーズは半年をかけて一目均衡表を徹底マスターしていきます。

※「一目均衡表公式ホームページ」はこちら
http://www.ichimokukinkouhyou.jp/

今回は一目均衡表第14回一目均衡表「もみあい相場での使い方」です。

まずは、基準線の勾配を見ましょう。
横ばい状態が続いていれば、それは揉みあい相場。

均衡表の各線(遅行スパン除く)が横ばいとなり
もみあいが長期化すればそれぞれの線の間隔が狭まり、
一本の線あるいは帯のようになってきます。

ポイントは「もみ合い相場の中心」を見抜くこと。
もみ合いを確認したら、次にその中心を探し出します。

横ばいとなっている線がもみあいの中心線。
短期間のもみあい相場の中心は基準線、
長期間のもみあい相場の中心は先行スパン2となることが多いです。

ただし、先行スパン2は26日間先に描かれていますので
中心を探すにはラインを、現時点へと延長して引き直す必要が。

中心がわかれば、
「中心から上がった分だけ下がる、下がった分だけ上がる」ことが多く、
この法則から外れた瞬間がみあいの放れとなると、予兆出来ます。
価格がもみ合いを放れた方にトレンドが出来ますので
もみあい放れで仕掛ければいいのです。

この法則から外れた時!!というのが超重要なポイント。
もみ合い放れの高値超え、安値下抜けの「前」にそれが解るんです。
レンジブレイク前に、レンジの終焉が近いことが解れば仕掛けは早くなりますね。
その法則が崩れた時、、、というのは・・・?!

詳しくはオンデマンド放送で小次郎講師の解説をお聞きくださいね。

***************************************

ここで、東京商品取引所(TOCOM)からお知らせです。

「商品先物取引ナンバーワンの称号をつかむのはだれか?!」
TOCOMリアルトレードコンテスト開催!中です。

優秀者には、金貨のプレゼントなど豪華賞品を用意。
ただいま参加者をプロ・アマ問わず募集中。
詳しくは下記のバナーをクリック!

皆様のご参加お待ちしております~♪

 全54ページ中1 ページ   [1] 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 次の10件