金高騰、どこまで? [日経新聞編集委員]
2009.11/30 山本郁 記事URL

暮れなずむ街

去年のリーマンショック以来
何がおこっても驚かないって
思っていたんですが
円高にドバイショック。
ああ、驚いた。

二番底の懸念もいよいよリアリティを増し
失業者数も去年よりも増えている
という現状。

明日から12月。
2009年はどのようにして
暮れてゆくのでしょうか…。

さて、今日は日本経済新聞社の志田富雄さんにお越し頂きました。

このところの金価格。
ニューヨークでは連日の最高値更新。
そして国内でも26年ぶりの高値水準。
円高ドル安が進む中ドル不安が高まって
マネーが金に流入しています。
この金高騰のゆくえ
志田さんは短期でみると年末までは調整局面の警戒あり
中長期では、ドル安はまだ続く見込みで金はしばらく強いと見ています。

ただ、円高で円建ての金価格は下がってくる可能性があるので
金を買いたくても手が届かなかった…という方には
金購入のチャンスもやってくるかも!!
詳しくはオンデマンド放送で。

そして、マーケットトレンド・ワークショップのお申し込み
そろそろ締め切りが迫って参りました。
12月10日18時30分から、木曜コメンテーターの
BRICs経済研究所所長の門倉貴史さんを講師にお迎えして
2010年新興市場はどう動く?というテーマで
注目の新興市場の展望をお話頂きます。
最近、マスコミでもひっぱりだこ
ますます忙しくなってきた門倉さんに
直接質問をぶつけられるまたとないチャンスです!
どうぞ、お時間のある方は
会場の、日本橋堀留町の東京工業品取引所に遊びに来てください。
恒例の美味しいお土産もご用意しております♪♪
参加ご希望の方はどうぞこちらからお申し込みください。


雇用なき景気回復 [日経新聞編集委員]
2009.11/16 山本郁 記事URL

牧内岩夫さん

今日のテーマは
Job-less recovery:雇用なき景気回復。
米の10月の失業率が10.2パーセントと
26年ぶりの高水準となりました。
景気は底入れした…と言われているのに
失業者は増加し、失業期間も長期化する傾向です。

今日のコメンテーター
日本経済新聞社 編集局 編集委員の牧内岩夫さんは
これには『心理的』と『構造的』の二つの要因があるといいます。
『心理的要因』は雇用側の景気に対する不安感
『構造的要因』は人がいらないビジネスモデルの台頭
例えばインターネット販売。
Amazonはこの一年で1200人雇用を増やしたそうですが
その一方でアメリカの書店大手のボーダーズでは
200店舗閉鎖し1500人を削減したのだそうです。
この一例だけで単純に考えても失業者数は300人増えているわけです。
対岸の火事ではありません。
日本だって7月には完全失業率が過去最悪の5.7%となりました。
9月は5.3パーセントと低下しましたが
牧内さんからみると、日本の5%はアメリカの10%に相当する。
日本もアメリカと同じように雇用なき景気回復になりつつある。
そしてこの状況はこれからも続く…と牧内さんは見ているそうです。
失業は決して珍しいことではない。
自分のキャリアアップの為に、リストラをチャンスと捉えられる
パワーを持たなくてはならない…ですって!!
厳しい!!
詳しくはオンデマンド放送でお聴き下さい。

そして、マーケットトレンド・ワークショップの開催のお知らせです♪♪
今回は12月10日(木)午後6時半から
マーケットトレンドレギュラーコメンテーターの
BRICs経済研究所代表の門倉貴史さんを講師にお迎えしてお送りします。
テーマは『2010年 振興市場はどう動く?』

詳しくはこちらから!

♪♪沢山のご応募お待ちしています♪♪


固定か変動か?住宅ローン金利 [日経新聞編集委員]
2009.11/09 山本郁 記事URL

清水功哉さん

憧れのマイホーム。
(大抵の方は)一生に一度の
お買い物ですから
ローンを組むのも悩みますよね。
変動金利ローン型がよいか
それとも固定金利ローン型がよいか。
実は今、変動金利型でローンを組む人が
急増しています。

住宅金融支援機構の8月の調査で
55パーセントの人が変動金利型で借りでいます。
それは超低金利政策により変動金利のほうが低いからですが
みずほ銀行の新規実行金利をみてみると
今、固定金利型は約3.2%なのに対し
変動金利型は約1.5パーセント。
これでは確かに変動金利型を選びたくなりますよね。

ただし、変動型はリスクも大きいと清水さんはおっしゃいます。
住宅ローンは2~30年という長期間借りるもの。
金利がどう動くかはわかりません。
90年代初めには8パーセント前後まで跳ね上がったこともあったとか!

ではどうしたらいいのでしょうか?
日本経済新聞社 生活金融部 兼 経済金融部の清水功哉(しみずいさや)さんに
ローンを組む時の大切なポイントを伺いました。
実は変動金利型のローンを組む時に人間心理による大きな落とし穴があるそうです。
詳しくはオンデマンド放送で!!


今年の年末商戦のゆくえ [日経新聞編集委員]
2009.11/02 山本郁 記事URL

井本省吾さん

寒い一日でしたね。
東京は昨日は夏日で汗ばむ位。
半袖姿の人も見かけたのに
今日は一転して最高気温が10度近くも下がり
厚手のコートを着ている人も。
冬の到来を思わせる寒さとなりました。
明日はさらに寒くなる見込み。
風邪をひかないようにご注意くださいね。

さて、リーマンショックから一年が経ちましたが
この一年、消費は低迷し小売業界は
大変厳しい状況下にありました。
夏のボーナスは全滅、給与は上らない、失業率は上る…。
消費者の財布の紐はますます固くなるばかり。
ユニクロやマクドナルドなど低価格商品を販売する店舗は
過去最高益をあげるなどしていますが
百貨店、コンビニ、スーパーなど軒並みマイナス。
特に百貨店は二桁の減益と大変厳しい状況で
これまで百貨店ではありえなかった低価格専門店を
店内に誘致する店舗も見られるようになりました。
果たして年末商戦は?
来年はどうなるか?
デフレスパイラルを断ち切る手はないのか?
日本経済新聞社 消費産業部の井本省吾さんに伺いました。
詳しくはオンデマンド放送で!!


国際商品全面高の様相に [日経新聞編集委員]
2009.10/26 山本郁 記事URL

純金の千両箱

先日の『世界のGOLD BAR展』で見るけた
純金の千両箱。
安全資産としての金をアピールするために
田中貴金属が2003年に製作したんですって。
木目調に削った板や釘の一本一本すべて純金。
重量約36キログラムで価格は2億円!!
買いたい…と思った方、残念ながらこれ非売品。

安全資産の金。
私も将来の資産にと今年春から毎日コツコツ買い始めましたが
T貴金属の今日の価格はグラム3300円。
積み立てを始めようと思った頃より1000円も高いです。
ひと月一万円の積み立てですから1ヶ月で買える量は約3グラム。
この千両箱分を貯めるには…って
つまらないこと考えちゃったりします。

金も勿論ですが、原油、穀物
このところの国際商品相場、全般に高騰しています。

今日は日本経済新聞社 編集局 商品部の志田富雄さんに
『国際商品全面高の様相に』をテーマにお話を伺いました。
高騰の要因は主にドル安・ユーロ高のマネー流入。
今後も緩やかに上昇するという志田さんの見方は変わっていないようです。
詳しくはオンデマンド放送お聴きくださいね!!


鳩山政権のCO2削減、実現への課題 [日経新聞編集委員]
2009.10/19 山本郁 記事URL

吉川和輝さん

2ヶ月ぶりに、科学技術部編集委員の
吉川和輝(よしかわ・かずき)さんの
ご登場です。

前回は地球温暖化のお話でしたが
今回もそれに関連した
温暖化ガス削減目標のお話です。


9月20日に国連総会の一環として開かれた気候変動首脳会議で
鳩山総理が宣言した
「2020年までに温室効果ガスを1990年に比べて25%削減する」
この国際公約が発言が論議をよんでいます。

25%と言う数字。

今年6月10日に麻生元総理が発表した中期削減目標は15%削減。
しかしこれは2005年比の数字であって
同じ条件にすると8%になるそうです。

8%を25%に!!

段違いに大きな数字であることがわかりますよね。

この数字をこのタイミングで打ち出した狙いは?
どのような方法でこの数字を実現するのか?
経済界はどうのように受け止めているのか?
国民生活への影響はどうなるのか?
…特にこれに関しては麻生政権時に出てきた
25%の削減をした場合の家計への負担36万円という数字は
どうやら計算ミス?というかGDPの伸びが計算に入ってないようで
実際は76万円のプラスという数字も出てきているのだそうです。

詳しくはオンデマンド放送でお聴きくださいね!


さて今日またまた、東京工業品取引所の携帯サイトがリニューアルされました!
今回のリニューアルでは
チャート表示機能や気配値表示、相場情報のメール配信など
投資家の皆さんにとって役に立つ様々な新機能が盛り込まれ
さらに便利になりました♪

画面のサンプルなど、使い方の詳細はこちらの
東京工業品取引所ケータイサイト 新サービスのご案内』を
ご覧くださいね♪♪


金融庁、FXに倍率規制を導入 [日経新聞編集委員]
2009.10/05 山本郁 記事URL

主夫の鏡 清水功哉さん

今日のコメンテーターの清水功哉さん
びっくり!主夫の鏡です。
何がって買い物上手!!
いつも買っている商品は最も安く手に入れた時の
底値のデーターをつけているんです。
その一部を教えてもらいました。
例えば、清水さんが最も利用している●Kマートでは
ペットボトルの水2ℓが税込み69円!!
清水さんが最もお得感を得られるのが嗽薬のリステリン
1ℓに250mℓのおまけつきで658円だそうです。
ちなみに安いお店が遠くても、歩くのは健康に良いから…と
仕事帰りに安売り店まで10分、20分、平気で歩いて買いに行くそうです。
清水さんにはいつも身近な経済のお話を伺っていますが
本当に身近な経済に敏感なんですね!

今日の本題はFX(外国為替証拠金取引)の規制について。
お金(証拠金)を預けるとその何倍もの外貨を売買できる人気のFXですが
過度の投機的取引に歯止めをかけるため
金融庁はその倍率に上限を設けるなどの規制強化の導入を正式に決定しました。
1年後2年後と2段階に分け、最終的に25倍までに引き下げます。
これによって利用者が1日の為替変動で被る損失が証拠金を上回らないようになります。
しかし投資家にとっては高レバレッジという魅力が損なわれることになりますし
今までだってロスカットルールがあったはず。
それなのにどうして?
また規制導入により為替にも影響がありそうです。


『金融庁、FXに倍率規制を導入』と題して
日本経済新聞社 編集局 生活経済部 兼 経済金融部編集委員
清水功哉(いさや)さんに伺いました。
詳しくはオンデマンド放送をお聴きくださいね!


史上最高値更新の金価格 [日経新聞編集委員]
2009.09/28 山本郁 記事URL

オータムジャンボ買いました!!
溜池交差点の売り場です。
10年前にはじめて買った宝くじで
5万円当たってからというもの
年に5回のジャンボをバラで10枚ずつ
欠かさず購入し続けている私。
買わなきゃ当たらないもんね。

しかし、宝くじの売り上げってここ3年ずっと減少しているらしいです。
不況に強い宝くじって言われてきましたがさすがに響いてるのでしょうか?
ちなみに宝くじを買うといつも貰える開運巾着やマグネットなどの
アメニティグッズが、今日は貰えなかった…。
経費削減?

さて、今月16日に金の国際価格が1019.8ドルと一年半ぶりに最高値を更新しました。
金融機関の経営危機、そして、通貨不安が大きな要因としてあげられます。
アメリカが金融緩和策を解除して金利を上げる…となれば下がってくると考えられますが
先日のG20でも金融緩和策維持で合意しましたし、まだまだ上昇を続けそう。
今後の金価格の動きはどうなるでしょうか?
そのポイントは?
日本経済新聞社編集局 商品部 編集委員の志田富雄さんに伺いました。
詳しくはオンデマンド放送で!


鳩山政権と日米関係 [日経新聞編集委員]
2009.09/14 山本郁 記事URL

春原さん半袖がちょっと寒そう!

明後日いよいよ鳩山新政権が発足しますが
アメリカでは新政権による今後の日米同盟に
不安視する声が広がっているようです。
鳩山氏が日本の機関紙に寄せた論文が
翻訳されてNYタイムズに掲載され
「日本がアフガニスタン問題など
米政府の外交最優先課題から距離を置く
懸念が高まっている…」との不安に繫がったようです。

実際、野党時代の民主党は、日米関係において、
●海上自衛隊によるインド洋での給油活動への反対
●沖縄普天間基地の県外への移設要求
●在日米軍に対する日本側の負担「思いやり予算」の反対
●日米地位協定の改定要求
などを掲げてきました。

今回の衆院総選挙でもマニフェストには具体的な内容は明記しないにしても
このような方針で闘ってきて勝利を収めた民主党が政権与党となり
これから実際にアメリカと向き合った時にこの方針を貫けるのかどうか。
また貫くことが国益となるのかどうか。

日本経済新聞社 国際部編集委員の春原剛(すのはらつよし)さんに
春原さんご自身の見解も交えて解説していただきました。
オンデマンド放送でお聴きくださいね。

さて、マーケット・トレンド ワークショップまで
あと2週間余りとなりました。
皆さん、もうお申し込みいただきましたか?
今月29日火曜日夕方6時半から日本橋堀留町の東京工業品取引所で行います。
今回のテーマは金!
講師はマーケットトレンドにも以前ご出演いただいた池水雄一さんです。
まもなく締め切りとなります。
参加ご希望の方はどうぞ急いでお申し込み下さいね。
お申し込みや詳しくはこちらからどうぞ!!


新政権の経済政策をチェックする [日経新聞編集委員]
2009.09/07 山本郁 記事URL

いつもダンディな牧内岩夫さん

昨日の朝、目黒の駅に降り立ったら
ぷわ~んとサンマを焼く匂い。
あ、そうか。
目黒のさんま祭り
この時期の風物詩です。

秋の味覚さんま。
今年は豊漁のようで安いですね。

私の中でのサンマルールは
一匹100円以下なら買って良し!
今年は100円を切るのが
ずい分と早かったようです。
ありがたいです。

さて、まもなく民主党による新政権発足です。
値段を気にする事なくサンマを食べられるような世の中にして欲しい…
切実な願いですが
牧内さんは、結果を急ぎ過ぎないように!と警告します。
民主党のマニフェストに沢山の経済政策が挙げられていますが
マニフェストというものは4年かけて達成するもの
むしろ最初は借金が増えるかもしれません。
でも「すぐに結果がでない」!!と
すぐに不信任の烙印をおしてはいけないといいます。
今まで自民党が築いてきたものを壊してそこから始めるのだから
時間がかかるのは当たり前。
様々な政策の財源の確保にも、今まで自民党には踏み込めなかった分野を
切り開くチャンスでもあるのだから。

詳しくはオンデマンド放送で!


さて、今月29日のマーケットトレンド・ワークショップ
もうお申し込みになりましたか?
今回は『金市場の現状と今後の動向』について
金の専門家、池水雄一さんにお話いただきます。
皆さんの疑問に直接お答えいただくチャンスです。
参加は無料です。
こちらからご応募くださいね!!


 全51ページ中31 ページ   前の10件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 [31] 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 次の10件