「黒田日銀、デフレ脱却を優先」 [日経新聞編集委員]
2018.02/19 山本郁 記事URL

本日のコメンテーターは、日本経済新聞社 編集委員の 清水功哉(いさや)さんです。
今回のテーマは、今春に再任される方向となった黒田東彦日銀総裁の二期目の課題についてです。
次の5年間の課題は、金融緩和策の出口の模索になるとの見方が多く、清水さんももちろんそれが中心になることは間違いないとした上で、ただし時期については決して早期ではなく、当面はデフレ脱却を優先するとの情報発信に努め、思惑をけん制する構えである、と解説して下さました。

市場では早期緩和修正の思惑が市場にあることは、黒田総裁の再任が報じられた先々週末以降の市場に表れているように、円高基調が強まり、日経平均株価も大きく下落したことで分かります。

もちろん市場の混乱の最大の理由は日銀の政策姿勢ではなく、中間選挙での勝利を狙う米トランプ政権の過度に景気刺激的な経済政策。
大型減税実施などにより景気の過熱感や財政悪化の懸念が広がり、長期金利が急上昇。
世界の市場を大きく変動させました。
ただ、日銀の早期緩和修正の思惑も米金利上昇と無関係ではありません。
日本の超低金利を嫌って米債市場に流出していた資金が、緩和修正を機に日本に逆流する可能性があるのです。

緩和策見直しの観測が出る背景として、出口政策に関する日銀の指針が柔軟対応の余地を残している点についても指摘されました。
詳しい解説はオンデマンド放送をお聴きくださいね。

「金高、原油高のゆくえは?」 [日経新聞編集委員]
2018.01/29 山本郁 記事URL
毎月最終月曜のコメンテーターは日本経済新聞社 編集委員の志田富雄さんです。
前回、昨年末にご出演いただいたときに、原油・金ともに基調が強くなってきたとおっしゃっていましたが原油がここまで強くなったのは想定外だったそうです。
原油相場は昨年6月の42ドルが昨年の安値ですが、今66ドル台まで上げてきています。
ブレントに至っては一時71ドル台にのせ完全に70ドルを超えてきました。
40~70ドルが現行レンジという想定でしたがその上限いっぱいの状態です。
その背景を去年から振り返ると、9月のオペック総会でロシアを巻き込んでの協調減産を決め、そこで潮目が変わってきた感があると志田さん。
その引き締めの中で、世界経済がどんどん強さを増してきて、コモディティーの需要が高まり、需給の均衡が見えてきたと。
しかしその基本線があるとしてもここまで強くなるとは想定外だったというのです。
その裏にあるのはドルの動き。
ドルインデックスは、直近88と3年ぶりの安値をつけています。
今後の原油価格、金価格のゆくえを占うにはドルに注目です。
志田さんの詳しい解説はオンデマンド放送でお聴きくださいね。

------------
2月13日火曜日18:00~東京日本橋・TOCOMスクエアで
マーケット・トレンド公開生放送&特別番組「トレードアイデア大公開!~利益を上げるポイントとは?」公開録音開催!
おなじみ小次郎講師と「TOCOMリアルトレードコンテスト(外部サイト)」第1回優秀者がトレードを成功に導くアイデア・手法を大公開。
ゴールドインゴットカードが当たるプレゼント抽選会あり!
このイベントに30名様無料ご招待。詳しくは⇒http://blog.radionikkei.jp/trend/180213event.html
2018年の商品市場は? [日経新聞編集委員]
2017.12/25 山本郁 記事URL
2017年最後の月曜日。
日本経済新聞社 編集委員の志田富雄さんにお越しいただきました。

去年の今頃は、来年は選挙も多く、地政学リスクも心配されていましたが
終わってみれば(あと一週間ありますが)非常に大人しい一年でした。
それをふまえて来年を展望すると
世界経済は今年よりも更に力強さを増し、株も強い...というのが、大勢の見方。
商品相場も、上値は限られるが、相場展開としては確りとした相場が続く...という見方です。

ただ、前半でも振り返ったように、去年の今頃は欧州を中心に警戒感が強かったにも関わらず、何も起こらなかったため
マーケット全体に安心感が広がってしまい、その結果、ビットコインに象徴されるようにリスクオン相場になってしまった。
そういう時こそ気を付けなくてはならないと思うと志田さん。
2018年は1年前よりも地政学リスクが高まっているのに安心感が広まっている。
恐怖指数(VIX指数)は過去最低に近い水準。
こういう時こそ、リスクに対して敏感になる必要があると。

どんなリスクがあるかというと、まずは、北朝鮮を中心とした東アジアのリスク。
状況は悪い方向に向っているのでいつ軍事衝突が起こるか分からない。
万が一軍事衝突が起きた場合、当然景気に対する警戒感が広がり、商品相場はダウンサイドに向うリスクがあります。
地域的にも一番影響を受けるであろう中国経済への影響も懸念されます。
かつ中国自身も、足元で回復は見られますが、債務拡大などのリスクを抱えている状態であることは間違いありません。
また、中東情勢も緊迫しています。
特にサウジアラビア。王室で起きた皇太子の交代により不安定化していることにも気を付けなくてはならないと指摘されました。
詳しい解説はオンデマンド放送をお聴きくださいね。
2018年の商品市場は? [日経新聞編集委員]
2017.12/25 山本郁 記事URL

2017年最後の月曜日。
日本経済新聞社 編集委員の志田富雄さんにお越しいただきました。

去年の今頃は、来年は選挙も多く、地政学リスクも心配されていましたが
終わってみれば(あと一週間ありますが)非常に大人しい一年でした。

それをふまえて来年を展望すると
世界経済は今年よりも更に力強さを増し、株も強い...というのが、大勢の見方。
商品相場も、上値は限られるが、相場展開としては確りとした相場が続く...という見方です。

ただ、前半でも振り返ったように、去年の今頃は欧州を中心に警戒感が強かったにも関わらず、何も起こらなかったためマーケット全体に安心感が広がってしまい、その結果、ビットコインに象徴されるようにリスクオン相場になってしまった。
そういう時こそ気を付けなくてはならないと思うと志田さん。
2018年は1年前よりも地政学リスクが高まっているのに安心感が広まっている。
恐怖指数(VIX指数)は過去最低に近い水準。
こういう時こそ、リスクに対して敏感になる必要があると。

どんなリスクがあるかというと、まずは、北朝鮮を中心とした東アジアのリスク。
状況は悪い方向に向っているのでいつ軍事衝突が起こるか分からない。
万が一軍事衝突が起きた場合、当然景気に対する警戒感が広がり、商品相場はダウンサイドに向うリスクがあります。
地域的にも一番影響を受けるであろう中国経済への影響も懸念されます。
かつ中国自身も、足元で回復は見られますが、債務拡大などのリスクを抱えている状態であることは間違いありません。
また、中東情勢も緊迫しています。
特にサウジアラビア。王室で起きた皇太子の交代により不安定化していることにも気を付けなくてはならないと指摘されました。
詳しい解説はオンデマンド放送をお聴きくださいね。
シリコンバレー、最新ベンチャー事情 [日経新聞編集委員]
2017.12/04 山本郁 記事URL
シリコンバレーは米国のサンフランシスコを中心とする盆地(バレー)エリアで、スタンフォード大学があるため優秀な技術者が多く集まり、インテルを代表とする半導体(シリコンを使っている)産業が成長したことからその名がついています。
90年代後半からはインターネットが登場し、ドットコムと言われるネット企業が増えてきているそうです。

本日のコメンテーター、日本経済新聞社 編集委員の関口和一(わいち)さんは、先週シリコンバレーに行かれていたそうです。
目的は、「シリコンバレー ニュージャパンサミット」の取材。
シリコンバレーのスタートアップ(創業間もないベンチャー企業)と日本の投資家をマッチングさせることを目的に開催されている、今年で2回目の開催となる新しいイベントで、米国のベンチャー企業65社と日本から500人を超す投資家が集まったそうです。

前述の通り、シリコンバレーは以前からベンチャー企業が育って来た場所ですが、何故今、日本の投資家を対象にしたイベントが開かれるようになったのでしょうか?
実は、ここ2~3年、AI(人工知能)、IoT:Internet of Things(モノのインターネット)、ビッグデータ(大量データ)分析技術が)注目されるようになってきたことで、シリコンバレーには日本企業から見て魅力的なベンチャーが増えてきているのだそうです。
また、米国のベンチャーにとっても、これまでのソーシャルメディアのような、自分たちで技術を開発し、サービスを開始し提供できたものとは違い
AI、IoT、ビッグデータといった技術は、モノ、機械、装置と結びついて初めて商品になるわけで、ハードウエアに強い
日本の企業と組むことはメリットがある。
とても良い組み合わせだということで、スタンフォード大学が音頭をとって、このマッチングイベントを始めたというわけです。

「シリコンバレー ニュージャパンサミット」
実際にどのような内容でどのような企業が集まったのでしょうか。
日本とシリコンバレーとの違いはどんなところなのでしょうか。
関口さんにいろいろ伺いました。
詳しいお話はオンデマンド放送でお聴きください。
金・パラジウム価格逆転はあるか? [日経新聞編集委員]
2017.11/27 山本郁 記事URL
金よりプラチナの方が安い状態がもう3年近く続いていますが、最近ではパラジウムが高騰してきてプラチナを抜き金との価格差を徐々に縮めてきています。
パラジウムは一時、1トロイオンス1,000ドルを超し、足元でも990ドル。
ちなみにプラチナは940ドル、金は1,290ドル。
本日のコメンテーター 日本経済新聞社 編集委員の 志田富雄さんも指摘するように、長い間貴金属市場を見てきた人は一瞬混乱する相場の居所になっています。
パラジウムの価格がプラチナを上回ったのは、金とプラチナの逆転以上にショッキングな現象。
これまでパラジウムの価格はプラチナの4分の1という相場観だったのですから。
過去に一度だけ、パラジウムがプラチナを超えたことがありました。
2001年、ロシアからのパラジウムの輸出が滞ったことなどが原因でした。
そして今年9月27日、再びパラジウムがプラチナを超えて、更に金を捉えようと迫っています。
本当に金を超えることはあるのでしょうか?
志田さんは、金は今の相場水準1,200~1,300ドルで安定が続くと見ているそうです。
そしてパラジウムはあと300ドルぐらいは上げるかもしれないと。
常識的に考えれば、金を抜くことは考えられないけれども、マーケットがリスクオンになっている今なら
投機人気の高まりの勢いで一時的に逆転する可能性はゼロではないと考えるそうです。
詳しい解説はオンデマンド放送でお聴きくださいね!

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

12月1日(金)午後6時~、東京・日本橋TOCOMスクエアへ
「マーケット・トレンド」公開生放送にお越しいただいた皆さまに、
「新版・岡安盛男のFXで稼ぐ51の法則~本当の実戦力をつけるFXトレード教本」をプレゼント!
(※先着順につき、なくなり次第終了です)

日銀が強める緩和けん制、その理由は? [日経新聞編集委員]
2017.11/20 山本郁 記事URL
本日のコメンテーターは日本経済新聞社 編集委員の清水功哉(いさや)さん。
清水さんには身近な経済についてお話を伺っていますが、今日は日銀の金融政策について。

日銀が追加緩和観測をけん制する情報発信を始めたと清水さん。

10月末に開かれた日銀金融政策決定会合の主な意見が公表されました。
「仮に政策を変更する場合には、『(2%の)物価安定の目標』の達成を早め、持続可能性を高めることがより確実なものでなければならない。政策変更の効果に確信が持てない限り、現状維持が適切である」
「(物価2%の)目標達成を急ぐあまり極端な政策をとると、金融不均衡の蓄積や金融仲介機能の低下といった副作用が生じる恐れもある」
「追加緩和に関しては、市場や金融機関への影響、政策の持続性等の観点から、プラスの効果より副作用の方が大きいとみている」

このようは発言により「追加緩和を躊躇する姿勢が明確」というわけです。

この日銀の姿勢の背景として、7月に就任した片岡剛士審議委員の発言...国内需要により物価目標達成時期がずれる場合には、追加緩和手段を講じることが適当...という趣旨の追加緩和論が、その一つにあげられますが、市場の一部でも利下げ観測がでてきたことが関係していると見ているそうです。
ESPフォーキャスト調査で、18年末に日銀の長期金利(10年物国債利回り)誘導目標ががどうなっているのかの予測を7月以降集計していますが、11月に1人のエコノミストが利下げの予測をしたのだそうです。

日銀としては、金融不均衡の蓄積や金融仲介機能の低下といった副作用が生じる恐れがあるため、追加緩和は出来るだけ避けたいところ。
その一方で、物価動向が芳しくないため出口政策への早期着手は慎重な姿勢を取らざるを得ない。
とはいえ、18年末になっても金利を余り上げられないという読みが広がり過ぎることは、デフレの長期化の予想が強まっていることを意味するし、政策の自由度が下がるので望ましくない。

ということで、追加緩和論はもちろん、超低金利の過度の長期化観測も広がらないようにするための舵取りとして、追加緩和策けん制の情報発信を始めたわけですが、うまくいくかを左右するのは賃金動向。当面の焦点は18年の春季労使交渉だそうです。
清水さんの解説はオンデマンド放送をお聴きくださいね。



株高と商品相場 [日経新聞編集委員]
2017.10/30 山本郁 記事URL
日経平均株価、連続上昇は16日でいったん途切れましたが、その後3日続伸して、今日の終値は3円22銭高の2万2,011円67銭。
1996年7月5日以来、21年3カ月ぶりの高値です。
今日のコメンテーターの日本経済新聞 編集局 編集委員の志田富雄さんも、番組冒頭で、足元で気になっていることに株高を挙げていらっしゃいました。
この株高、日本だけでなく米国株も、ブラジル、アルゼンチンといった新興国でも市場最高値をつけています。
景気と株価、景気と商品価格、どちらも景気の先行指標になります。
企業業績は景気の動きから遅れて回復してきますが、株価は先を読んできます。
そして商品相場もしかり。
景気が良くなるな...という雰囲気になると、企業の原料や燃料の調達担当者は
「これから景気が良くなって相場が上がりそうだな...じゃあ早めに調達しよう」と前倒しで動き出してくるので景気の先行指標になるのです。
商品相場が高い、株はもっと高いということで、世界の景気のベクトルは上を向いているというのは間違いないと志田さん。
直近の決算で志田さんが注目したのは、米国の建機大手のキャタピラーの7-9月の決算で、前年同期比で3.7倍の純利益、10億5,900万ドル(日本円にして約1,200億円)だそうです。
これだけ資源活動、鉄鉱石や銅などの鉱山の採掘活動が勢いを取り戻していて、そのための建材機械が売れ始めてきているということです。
かつての資源バブル状態に戻るとは思わないけれど、昨年一月に大底をつけていた資源市場悲観論からは大分修正されてきています。
商品相場で見ると、特に景気に敏感とされる非鉄金属の上昇が目立ってきています。
中でも象徴的なのは鉄のメッキに使う亜鉛の上昇。今月に入って一時、3,300ドル/トンと10年ぶりの高値、リーマンショック以前の高値水準となっています。
銅についても伺いました。
志田さんの解説はオンデマンド放送でお聴きください。

******************************************

11月10日(金)TOCOM×JPXグループ共催セミナーについて、詳しくはこちらをご覧ください。(外部サイト)
http://cfes.jp/option/

日本でも加速するフィンテック導入の動き [日経新聞編集委員]
2017.10/02 山本郁 記事URL
本日のコメンテーターは日本経済新聞社 編集委員の 関口和一(わいち)さん。
関口さんには情報通信分野を中心に産業関連のお話を伺っています。
今回のテーマは「フィンテック」
金融(finance)+技術(technology)、つまり金融とIT融合した金融サービスのこと。

恥ずかしながら「フィンテック」という言葉すら全く知らなかった私。
でも、「Suica」、「PayPal」とか、もう既に「フィンテック」を使って生活していたんですね。

今、この「フィンテック」を導入する動きが日本でも加速してきています。
仮想通貨ビットコインの台頭に加え、中国アリババ集団の電子マネー「アリペイ」の日本への本格参入が明らかになるなど
海外からの勢いが増しているため、金融庁や国税庁も「フィンテック」推進に動き出しました。
金融庁は先月「FIN/SUMウィーク2017」という国際イベントを開催。
楽天も「楽天FinTschカンファレンス2017」を開催。
メガバンクは、ビットコインのような相場が変動する仮想通貨でなく固定制の電子通貨の発行に取り組んでいます。
ただし、現金主義が根強い日本で、いかにフィンテックを根付かせるかが、大きな課題。
「フィンテック」の現状と今後について関口さんに伺いました。
詳しい解説はオンデマンド放送でお聴きくださいね。


金相場、上昇後のゆくえは? [日経新聞編集委員]
2017.09/25 山本郁 記事URL
本日のコメンテーターは日本経済新聞社 編集委員の志田富雄さんです。

この所上昇している金相場。
1か月前に1,300ドルを突破してその後上昇し、9月8日にNY期近で1355.8ドルの高値をつけました。
その後、調整していて今1,300を割るくらいというのが今の局面。
よく言われるのが、北朝鮮を中心とした地政学リスクによる有事の金買いが材料であるということ。
心理的な不安感が増してきているので底上げ要因に間違いはないのですが
志田さん個人的には、今金相場を動かしている一番の要因は、ドル相場。
特にドルインデックスで見ると、この数か月綺麗に逆相関になっているのです。

インターコンチネンタル取引所(ICE)に上場されているドルインデックスは、ユーロの比重が57.6%と非常に重いのが特徴ですが
これで見ると、2002年に120台の高値をつけ、そのあとどんどん下がって2008年に安値の72をつけ、その後上昇基調に転換して去年12月に103という高値をつけ、そこからまた下落基調に入っています。それがここに来て急速に水準を下げ、91を割るか割らないかという水準まで下がってきています。
これが、金が直近の高値をつけた9月8日にぴったり合致。
金はまた調整していますが、逆にドルインデックスは91が底値で現在また92を超えるくらいまで反発し、ちょうど金相場と裏表の関係になっているというのです。
91を割るのは2014年以来...商品相場が崩れてきた時期です。
中国経済に対する不安がおこり、新興国から先進国へとマネーが逆流。中国元も下落しました。

今は、その2014年と裏返しの状況になって、金属相場は上昇基調。新興国にもお金が戻りつつあります。
一例として、ブラジルの株価が最近市場最高値をつけています。
それだけ、新興国にお金が戻ってきている証拠だと志田さんは指摘されていました。
もちろん2014年以前の新興国が絶頂期にあった状態にまでは戻っていないし、新興国の経済成長率が減速していることには間違いありません。
それでも、2014年と逆の動きが起きてきている...新興国にお金が入って、商品にも金を中心にお金が戻って来ている、これが今の構図であることを頭に入れておくといいそうです。

詳しい志田さんの解説は、オンデマンド放送をお聴きくださいね。

 全48ページ中1 ページ   [1] 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 次の10件