小次郎講師のトレードラジオ講座~MACDとは・・・?! [火曜・「小次郎講師のトレードラジオ講座~中級編」第3期]
2018/02/13(火) 23:01 大橋ひろこ

毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座、今回から「大循環MACD」を究めるシリーズがスタートします!!!


※トレードラジオ講座は、より深く学びたい方の為に講義内容をわかりやすくまとめたテキストを有料販売しています。是非テキストをご覧いただきながらラジオを聞いてくださいね。

第3期のテキストはこちらから→https://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=125121862


また、マーケットトレンドは18:00~18:15の15分間、
毎回TOCOMスクエアにて公開生放送。
(どなたで参加できます。気軽に見に(聞きに)来てください!)


生放送終了後はご来場の皆さまへ1時間程度の無料セミナーを毎週開催。
こちらも、どなたでもご参加いただけます。
事前連絡、予約は不要です。お気軽にお越しくださいね。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今回から小次郎講師のオリジナルテクニカルインジケーター
「大循環MACD」に入っていきますが、その前に!!

まずは基本の「MACD]というインジケーターについて教えていただきました。

MACDとは、、、
「Moving Average Convergence/Divergence Trading Method」の略です。

なんのことやら。。。。ですが、日本語に直すとこうです。

「移動平均線収束拡散法」

これでも難しいですね💦
これを、小次郎講師が解説するとこうなります。

「移動平均線くっついたり離れたり分析」

おっ、ぐっとわかりやすくなりました。


小次郎講師流のテクニカル分析マスター法は、その計算式を覚えるところから。

①EMA = (EMA y ×(n-1)+ P×2)÷(n+1) 
         *P=本日の価格:n=日数:EMAy=昨日のEMA

②  MACD(以後マックディ線) = EMA(短期)- EMA(中長期)

③  シグナル(SIGNAL)= MACD の EMA

④  ヒストグラム(HISTOGRAM)= MACD -シグナル

※EMA(短期)は 12日
 EMA(中長期)は 26日
 シグナルの EMA は 9日が基本となります。
 
今回はここまで。

何がなんだかわからない~!!ってのが本音ですよね(;'∀')

大丈夫です、みんな同じです。

次回からこの計算式が示すもの、そしてその見方について詳しく番組の中で解説いただきます。
毎週しっかり聞いていただければ、なんだ、こんな簡単なことだったんだ、って思う日がきます。

まずは今回の放送、オンデマンド放送で小次郎講師のお話、聞いてくださいね。

コメント