LNG市場って?!LNG価格推移 [大橋ひろこコラム]
2014/10/15(水) 19:36 大橋ひろこ
LNGの輸入増が日本を貿易赤字国に構造的な変化をもたらしています。LNG輸入コストの高止まりに歯止めを掛けるため、経済産業省が旗振り役としてLNGとしては世界初の先渡し市場が開設されました。JOE(Japan OTC Exchange)、LNGのOTC相対取引の市場です。決済価格としてマーケット・トレンドにも定期的にご出演いただいているリム情報開発の価格が採用されています。そこで、今日はリム情報開発のLNGチーム編集記者の植村和司さんにLNG市場を価格についてお話を伺いました。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。

LNGはLiquified Natural Gasの略称で、正式名称は液化天然ガス。
その名のとおり、天然ガスを液化したものです。
その殆どが火力発電の燃料、および都市ガスの原料として消費されます。

東日本大震災後、原発の稼働停止で火力発電エネルギーとして輸入が急増しています。
2010年まではLNGの年間の輸入量は5000~6000万トン台で推移。
ただ震災の発生した2011年には一気に7000万トンを、
2012年には8,000万トンを突破しました。

輸入量の増加とともに、総支払額も一気に上昇しました。
2010年までは3兆円強だったものが、2011年に5兆円弱まで急上昇し、
2012年に6兆円、2013年には7兆円を突破し、年々増え続けています。
このLNG輸入増加が日本の貿易赤字の主因ですが、円安になればなるほど、
総支払額も上昇してしまうというスパイラルに陥ってしまっています。

できるだけ安価なLNG輸入が急務であると思われますが、
JOE市場の発展に期待したいところですね。

LNGは長期契約がほとんど。
売り手は産油国中東・東南アジアなどの国営企業、欧米の石油メジャーで、
買い手は電力会社や都市ガスなどの企業。
実需が全てであり、取引される規模が大きく流動性が高いマーケットではありません。

相対取引ということになりますので、原油やガソリンのように実需から投機家まで
幅広いプレーヤーがいる市場ではないため、国際指標というものが存在しません。
LNGチャートをググってみても出てこないのはそのためです。
(天然ガス市況との相関もそれほど高くはありません)


ちなみにLNG市場では通常、百万英国熱量単位、
通称mmBtuという熱量の単位で取引されています。
LNG船1隻でだいたい6~7万トンを積み込むことが可能で、
これを1カーゴという単位で取引されているのですが、
このLNG船一隻で180万世帯(一か月)の電力が満たせるということです。

リム情報開発では、-北東アジア、インド、中東、欧州および大西洋圏など
世界の主要なスポット市場を網羅してLNG価格を出しており、
これがJOEに採用され今後の取引の指標となっていくのですが、
では今、LNG価格はどのように推移しているのでしょう。

LNGリム価格北東アジア(日本、韓国、台湾および中国)着のスポット相場は、
年初に20ドル強まで上昇していた相場が、3月頃から急落10ドル近辺まで安値がありました。

背景には、韓国で相次いで原発の稼働が再開され、火力発電用としての
LNG需要が急減したことや、
韓国ウォン高による景気減速で、産業向けのガス需要が大幅に低下
したことなどの需要面の減少が一因。


供給面でも米メジャーのエクソンモービルが手掛けるパプアニューギニアプロジェクトが、
予定よりも6ヵ月も前倒しで稼働開始し、わずか2ヵ月足らずで公称生産能力に達したことで、
北東アジアのスポット需給が大きく緩んだことが挙げられます。

しかし、9月頃からは冬場の需要が意識され始め、反発基調あります。
足元では12月に到着するカーゴが商談の中心になっており、
相場は14ドル前後で推移しています。


やはり冬場には需要増の思惑で価格が上がるものなのですね。
現在、需給が緩和状態で原油価格は大きく崩れていますが、
LNG価格はこうした外部要因はあまり影響がないようですね。
詳しくはオンデマンド放送で植村さんの解説を聞いてくださいね。

コメント