タイト感はなかったJM需給レポートも・・・ [大橋ひろこコラム]
2014/11/26(水) 19:40 大橋ひろこ
1180ドルの重要な節目を割り込んだことから総悲観となったドル建て金価格、意外や意外、このところ確り上がっててています。この週末に控えた11月30日のスイスの国民投票が注目されていることからの思惑買いでしょうか?

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はコモディティインテリジェンス代表取締役近藤雅世さんに
お話を伺いました。

右派のスイス国民党が今年3月に、中銀の金準備売却禁止の是非を問う
国民投票を実施するために必要な署名を集めたことから
11月30日「スイス中央銀行が金準備高を増やす法案」を問う
国民投票が行われることになりました。

国民投票が可決されれば、スイス中央銀行は、
国外に保管している全ての金準備をスイスへ持ち帰ること、
スイス中央銀行の全資産の20%を金準備とすること、
スイス中央銀行の金準備の売却を行わないこととなります。

スイス中央銀行の準備高の20%を金にするということは
新たに金を買う必要が出てくるということです。

現在のスイス中央銀行の金準備は世界7位の1040トンですが、
1965年には2703トンありました。

全資産に占める割合は、2010年4月以来20%を割り、
今年4月現在は7.9%まで下げています。
これを20%に戻すためにスイスは今後5年間で約1500トンの金を
購入する必要が出てきます。

このスイス国民投票への思惑から金が買い戻されているという近藤さん。
果たして、可決されるのでしょうか?
先月の世論調査では、賛成が44%を占めていますが、
法案成立に必要な過半数には届いていないようですので、
大きな混乱には繋がらないというのが現在のマーケットのコンセンサス。
日曜日の投票結果が待たれます。

そして下落が続く原油価格。
足元の注目は27日に開催されるOPEC総会で減産提案があるかどうか。

イランが、サウジアラビアは減産するかもしれないと述べたり、
ロシアもOPECの生産調整に同調するなどと事前の口先介入はありますが、
肝心のサウジアラビアが減産に消極的で
実際に減産するかどうかはかなり微妙な情勢のようです。

今夜26日イランのザンギャネ石油相は、サウジアラビアの
ヌアイミ石油鉱物資源相と会談し、
原油価格の下落に歯止めを掛けるために
OPECの原油生産目標の日量3000万バレルを100万バレル
引き下げる提案を行う可能性があると報道されていますが、
昨日はサウジアラビアとロシア、ベネズエラ、メキシコの
4か国が市況対策で協議していますが、決裂しています。

OPECの生産量は7月以降4ヶ月も目標生産量3000万バレルを越えています。
近藤さんは、減産の実現性は低くとも、
口先で目標を下げて一時的に価格を釣り上げることは
あるかもしれないとして、原油をShortしているファンドの買戻しで
価格が反騰する可能性があると解説くださいました。

また、今週はジョンソン・マッセイ社からプラチナの需給予測が出ました。
2014年の供給は、南アの生産量が前年の131トンから108トンに▲23トン減少、
供給合計は159トンと予想しています。

スクラップの供給が昨年より+8トン多い71トンあるので、
供給全体では230トンとなります。

一方昨年272トンあった需要は、投資用が▲18トン減少し、
自動車触媒は+8トン増ですが、需要全体では、265トンに▲7トン減少するため、
需給ギャップは▲7トンの供給不足と意外に小さく見ています。

GFMSが供給は218トン、需要は238トンで▲20トンの供給不足と
見ているのと比べて需要を少なく見積もっている分だけ
需給ギャップのインパクトが小さくなっています。
実際は足りないのではないか?!と近藤さん。

燃料電池車には1台当たり30~50グラムのプラチナが使われるそうですが、
これが事実なら、これまでの自動車触媒の5倍近くのプラチナが
燃料電池車が売れるたびに必要となります。

自動車メーカーとしては何としてもプラチナ価格は抑えたいところでしょう。
つまり、プラチナの製品を生産するジョンソンマッセイ社も
需要を伸ばすためには価格は抑えたいという意向が
働くのではないかと近藤さんは解説くださいました。

詳しくはオンデマンド放送で近藤さんの解説をお聞きくださいね。

******************************

ここでラジオNIKKEIからお知らせです!


ラジオNIKKEIでは、開局60周年を記念し、純金のインゴットが付いた特製カードを限定にて販売しています。

この特製カードは、ラジオNIKKEIの人気マーケットキャスターの写真が入ったオリジナルカードで、日本マテリアル製のゴールドインゴットとともに販売します。本物の金ですよ。

今回、販売するインゴットは100gと10g。
価値あるゴールドを、人気キャスターのカードとともにケースに包んでお届けします。

10gのインゴットが付いたカードは6種類。

「マーケット・トレンド」からは3人のキャスターが登場、山本郁さん、櫻井彩子さん、そして私、大橋ひろこの3人それぞれのデザインのカードがあります。

円安のヘッジに円建ての金が注目。。。と番組でもお伝えする機会が増えていますが、(実際に、円建ての金は現在上昇中)おそらく、これから来るであろうインフレヘッジとしてますます注目が高まると思われます。

この機会に実物資産のゴールドを!
私たち3人娘?のデザインカード付の金インゴットを是非、ご検討ください。

詳しくはネットショップ「さうんろーど」をご覧ください
◆ラジオNIKKEIネットショップ「さうんろーど」公式グッズ
http://radionikkei.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=1407275&csid=0&sort=n

コメント