GW明け、金急落の背景と今後の金のトレンド [大橋ひろこコラム]
2016/05/11(水) 20:32 大橋ひろこ

今週からからマーケット・トレンドは、ラジオNIKKEIのスタジオを飛び出して、日本橋
堀留町の東京商品取引所のTOCOMスクエアから生放送でお送りしております。3回目の放
送となる今日は、ICBCスタンダードバンクの池水雄一氏をお迎えして、貴金属市場の動
向と今後の動向を伺いました。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。

9日(月)夕方から欧米にかけてドル建てゴールドは売りが先行、
ゴールドは大きく値を崩しました。先物6月限は27ドルもの下落で
1260ドル台へと下落、特に金が売られるニュースもなかったのですが、
なぜこれほどの下落となったのでしょうか。

池水さんは「CFTC建玉ポジション」
(投機筋~ヘッジファンドなど~のポジション)を解説くださいました。

商品市場は小さな市場ですので、投機筋ポジションが価格変動に
及ぼす影響はかなり大きいのですが、金市場における投機筋のポジションに
置ける金保有残高が先週の819トンから一挙に1006トンへと190トン近くも
増加していたことが分かったのだそうです。

NYMX金先物市場における投資家らの金買いポジションが
1000トンを超えると手仕舞い売りに押されて相場の調整局面を
迎えるというパターンは過去何度も繰り返されてきており、
今週週初の急落は、おそらく彼らのポジション調整であったと池水さん。

年初から急激に上昇している金価格。
投機筋らの買いがパンパンに膨らんで利食いが入ったということであれば
新規売りではないのでしょうか。ここから金のトレンドが変わるという
ことはないのか池水さんに伺うと、
「昨年までのドル高トレンドが頭打ち。12月のFRBの利上げを機に
材料出尽くしでドル高の是正が起こっており、これが金のみならず、
コモディティ全般の修正高につながっている」と金融要因からみれば
ドル高是正はまだ終わっていないとして、金のサポート材料になると
解説くださいました。加えて、6月のイギリスのEU離脱懸念、
米国の大統領選挙のリスク(共和党トランプ氏は金融市場にとってはリスクと
みなされているようですね(^^;)

などなど、、現在は金を売る環境ではないようです。

詳しくはオンデマンド放送で池水さんの解説をお聞きくださいね。

 

**************************************

 

ゴールドについて、楽しみながら学ぼう!


7月2日土曜日、東京・よみうり大手町ホールにて
「TOKYO GOLD FESTIVAL 2016」が、開催されます。


金現物、金箔、アクセサリーから投資商品まで、限りなき可能性を持つ
「金(ゴールド)」について学べる日本で唯一の「金(ゴールド)」の祭典です。


当日は、ゴールドのスペシャリスト亀井幸一郎さんの講演や、
当番組コメンテーターでもお馴染み池水雄一さん、
元衆議院議員・杉村太蔵さんによる、
金投資のポイントがわかるスペシャル公開授業など
内容盛りだくさんです。


豪華グッズが当たる抽選会もあります。

友人・ご家族連れでぜひお越しください
私、大橋ひろこが総合司会を務めます!!


参加は無料、事前申し込み制です。
お申し込み・イベントの詳細は下記のバナーをクリック!!

 

コメント