予想外のロウ総裁発言、各国見通し引き下げで相対的ドル高 [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2019.02/08 辻留奈 記事URL


こんばんは、辻留奈です。
先週、番組では「豪ドル」に注目したのですが...
まさしく今週は豪ドルが主役の1週間となりました。

利上げが期待されていた豪ドルですが、RBAの結果は現状維持でした。
しかし、予想外はこの次の日「利上げも利下げもあり得る」というロウ総裁の発言。
これを受けて豪ドルは大きく売られ、オセアニア通貨をはじめ、クロス円全面安となりました。
岡安さんは豪ドルに関して「いったん底値をつけたのではないか」と話していました。
来週は春節あけとなりますが、どうなるでしょうか?


また今週は、インフレ見通しや成長率の引き下げが相次いでいます。

まずはイギリス。
政策金利決定会合は金利据え置きとなったものの、
インフレ見通しは2019年を1.2%、2020年も1.5%に下方修正。
イギリスも次の政策アクションとしては利上げと、つい最近まで考えられてきましたが
「今後3年間で1回の利上げが基本」という声明がでました。
ブレグジット問題が混沌としている現状が影響しているようです。


ユーロ圏も成長率を引き下げ。
最近、指標や景気が冴えないドイツは 1.8%→1.1%へ
イタリアは 1.2%→0.2%へ
ユーロ/ドルはこの1週間、みごとに右肩下がりのチャートでユーロが売られています。


一方のアメリカも、利上げは棚上げか?とされていますが、
そのなかでも雇用統計は16万人の予想を大幅に超える30万人、
平均時給も6ヶ月連続の3%台、ISMも良好な結果がでて、ドル高となっています。

ところが米金利は下がってきていても(本来はドル安になるはず)ドル高、
これは相対的に他の通貨より、ドルが強くなっている面もあるといいます。
ただクロス円が全面安となっていて(=円高)
ドル高円高の綱引きとなり、結果的にドル/円が膠着状態に陥っているといいます。

ところが、今月は「円高」要因のイベントがまだたくさんあるとか。
聞き逃した方、詳しくはradikoタイムフリー音声からどうぞ~


それではまた来週!


ドル底堅さを確認、ドル安円安続く。市場の関心はある通貨へ? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2019.02/01 辻留奈 記事URL

こんばんは、辻留奈です。
TOCOMから歩いて5分くらいのところにある「柳屋」さんのたい焼き、
今日も列が折り返すくらい並んでいました。おいしいですよ~


さて、利上げ棚上げを示唆するハト派のFOMC結果を受けて、
USD/JPYは一時108.50をわりこみました。
このまま円高方向か?と思いきや、良好なADP雇用統計でドル需要を確認し、
もとのレンジ相場に戻ってしまいました。

岡安さんは今回のFOMCは
「なぜ株が下がっていた12月に決めなかったのか?後手に回ってタイミングを逸した印象。
 メンバー全員ハト派はやりすぎでは?」と話していました。

FOMCを受けてドル安に傾いている一方、
アメリカ決算をはじめ、景気は悪くない点を見るとドル高が進みそうな一面も。

今晩の雇用統計は良い数字が出そうな予想ですが、そうなるとドル高に触れるのでしょうか?
しかしながら、一目均衡表を日足で見ると、来週はずーーっと109円付近に雲があります。
来週も膠着状態が続く?

USD/JPYは動かず、投資妙味がやや薄れ気味のなか、岡安さんが注目している通貨とは?

それは・・・・

●EUR/GBP  ブレグジットでなぜかポンド買い?
       マイナス成長に入ったイタリアや弱い指標の続くドイツなどユーロ売り?
●AUD/USD  金融政策の違いに着目!

聞き逃した方、詳しくはradikoタイムフリー音声からどうぞ~


それではまた来週!


ドル/円は109円値固めか? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2019.01/18 辻留奈 記事URL

こんばんは、辻留奈です。 岡安さんの本プレゼント、下記リンクからどしどしご応募ください!
http://www.radionikkei.jp/news/present/trend_present201901.html
どしどしこないと、岡安さん拗ねちゃうかも?!笑

さて、英議会でEU離脱案は否決されましたが
ポンドはすぐに買い戻されました。
まさに、「噂で売り、事実で買う」

メイ首相はなんとか続投、
次は離脱代替案の提出となりますが、まだまだ長い道のり。
岡安さんは最終的には「合意できる」と見ています。

ユーロ/ポンドを見ると、
ドラギ総裁が利上げ観測後退という悲観的見通しを示したユーロが売られて、
ブレグジット混乱が続くポンドが不思議と買われています。

来週はECB理事会がありますが、
利上げ後退を匂わせる内容となれば
ユーロ売りの流れが続くかもしれません。

放送時間中にドル/円は109.50を上抜け、
ようやくフラッシュクラッシュ前の水準まで戻りました。

マーケットには「一度つけた104円台は必ずもう一度つけにいく」
という声もありますが、岡安さんはどう考えているのでしょうか。



聞き逃した方はradikoタイムフリー音声からどうぞ~


それではまた来週!


円高材料が多いわりにドル/円は下げず? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2019.01/11 辻留奈 記事URL
こんばんは、辻留奈です。

ボラタイルだった株価はずいぶん落ち着いてきました。
WTI原油は42ドルを底に9日続伸、オイルマネーも戻りつつあること、
パウエル議長の「利上げは辛抱強く」というハト派発言などを好感し、
少しセンチメントが変わってきたと考えていいのでしょうか?
しかし岡安さんは「あや戻しにすぎないかもしれない」と警戒しています。

フラッシュクラッシュから1週間が経ち、
ドル/円も108円台で落ち着いてきました。
しかし109円に2回タッチするも、上値が重い状態です。

先週ドル/円は、薄商いの中104円をつけたことで、
殆どのロングポジションが投げさせられてしまいました。
豪ドル/円・カナダ/円は下落前の水準に戻りましたが、
ドル/円は下落前の水準に戻っていません。
それは、新たな買いが入っていないからだといいます。

なぜ、新しい買いが入ってこないのでしょうか?


・米中貿易協議
(米国が元高を要求する可能性もあると岡安さん。元高は円高を連想させるといいます)
・長引く米政府機関の閉鎖
(メキシコの壁建設費について折り合えず、一部経済統計の発表も止まったままです)
・ブレグジット交渉
(放送後、ブレグジット期限延長という報道がでて、ポンドは乱高下しています)
・日米貿易交渉(TAG)

ファンダメンタル的には円高材料が多い状態です。
ただし円高材料が多いわりに、円高は進まず。
「もう一度104円台を見にいく」という見方もあるなか、
岡安さんは最終的にどちらの方向に見ているのでしょうか?
また、108円台のもみあいはいつまで続くと見ているのでしょうか?

聞き逃した方はradikoタイムフリー音声からどうぞ~


それではまた来週!


ドル/円104円台、薄商いを狙われた暴落の後は? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2019.01/04 辻留奈 記事URL
あけましておめでとうございます、辻留奈です。
新年のマーケットトレンドは今日からスタートです!

東京商品取引所は大発会でした。
(月曜日担当:山本郁キャスターの着物姿が素敵でカメラ小僧になっていた岡安さん)


1月3日のドル/円は、薄商いを狙われて朝方に4円近く暴落しました。

このフラッシュクラッシュを受けて、
まりもっちさん(ラジオネーム)から質問が届きました。
「今回のように窓空けして下落した場合、ストップロスがきかない場合もあるが
 損失を最小限に食い止めるにはどうしたらいいのか」
番組前半で岡安さんが答えています。


番組後半では、今週のドル/円予想レンジと今年の見通しを岡安さんに伺っています。

ドル/円の急激な値動きはいったん落ち着き、
107~108円台でもみあいとなっていますが・・・・このあとの方向感は?

岡安さんの予想レンジは、107.30~109.50

戻り売りを狙っているトレーダーもいるのでは?
なぜこのレンジなのでしょうか?
109.50を上値にした理由とは?
ぜひ岡安さんの考えを聞いてくださいね。

IMM通過先物市場では円ショートに偏っていましたが、
今回の暴落で巻き戻しが起こったのか?
IMMポジション動向は参考にできるのか?なども伺っています。


岡安さんの今年の見通しもどうぞ聴いてくださいね。
聞き逃した方はradikoタイムフリー音声からどうぞ~


それではまた来週!


今週のドル/円は米国株感応度が高かったが・・・? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2018.12/28 辻留奈 記事URL
こんばんは、辻留奈です。

放送中にご案内したTOCOMの大納会の様子も、1つ前の記事でぜひご覧ください!

戌笑う、とはいいますが、戌大泣きの1年だったような・・・
今週はそんな1年を象徴する大波乱の1週間でした。


日経平均株価は20014.77円と、なんとか2万円台を維持して平成最後の大納会を迎えました。

しかし、日本株・米国株ともに落ち着かない1週間で
24日(祝)にNYダウは653ドル安、
この下げを受けて、翌日の日経平均株価は1010円安となり、終値で2万円を割り込みましたが、
その日のNYダウは1086ドルと過去最大の上昇を記録。
翌日の日経平均は756円高、NYダウも800ドル近く変動という激動の週でした。


一時期は株価と為替の連動が薄れていましたが、
今週はダウの動きとドル/円はぴったりと連動していました。
そんなわけで今日は、為替より株価の話をしていた時間の方が長かったかもしれません。
株の下げが大きかったところでは、ドル/円は110円を割りこむ場面もありました。


ムニューシン財務長官の解任報道や
長引く米政府機関閉鎖、
米企業に対し、ファーウェイやZTE製機器の利用を禁止する大統領令検討の報道、
対日通商交渉では為替操作の予防が要求項目に入るなど
悪材料が多くあり、これも株売りを誘う一因となりました。


それにしても、アマゾンやマスターカードなど、年末商戦は好調で、
実体経済は悪くないのに、株価は触れすぎていると岡安さん。

とはいっても、まだリスクオフ気味、
何かをきっかけにこのセンチメントが変わるのでしょうか?

1~3月のスケジュールを見てみると、「円高方向か?」と岡安さん。

ドル/円109.60~110円付近には強いサポートが集まっているといいますが、
(週足ボリンジャーバンドやフィボナッチなど)
果たして岡安さんの来週のドル/円の予想レンジは?

タイムフリーorポッドキャスト音声からどうぞ~


それではまた来年~!


FOMC終えて、三角保ちあい収束から下方ブレイクしたドル/円 [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2018.12/21 辻留奈 記事URL

こんばんは、辻留奈です。


なんだかマーケットのムードが一気に変わってしまいましたね。
今週はダウも、日経平均株価も、年初来安値を更新。
1年の終わりに今年の上昇ぶんを吐き出してしまいました。


注目された今年最後のFOMCはコンセンサスどおりの利上げ、
来年の利上げは、3回から2回へ引き下げ、
2010年の利上げ回数は1回の利上げ見通しとされましたが・・・

岡安さんが今回のFOMCで注目したのは、どの部分だったのでしょうか?


来年1回の利上げもあり得る(=利上げが来年で打ち止め)という声もあったところ、
「利上げは2010年まで」とされた点が好感されてもよかったのに、
ドルが買われることはなく、

むしろ長期見通しが3%→2.75%に引き下げられたという
景気減速の方にマーケットは反応してしまいました。


本来、利上げペースが遅くなることは、株にとってはプラスに働くのですが・・・?

米金利が急激に低下し、2.8%をわりこんだことは、逆イールド(景気後退)を意識させ
株価にマイナスに働きました。
さらにWTI原油価格が下げ止まらないことも、株価の底が見えない要因に。
先を見通せない様々な不安感は株価の頭をおさえ、センチメントを悪化させているといいます。


ドル/円は、短期的には三角保ちあいの収束を下抜け、110.81をつけました。
(※長期でみると、上昇トレンドはまだ続いている)

200日移動平均のところで、なんとか下げ止まっているドル/円ですが
来週はクリスマス休暇の薄商い、
110円という心理的節目の下抜けには注意したいところです。

岡安さんの予想レンジは、タイムフリーorポッドキャスト音声からどうぞ~


それではまた来週~!


来年のリセッション囁かれるも、FOMC後もドルは強い? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2018.12/14 辻留奈 記事URL
こんばんは、辻留奈です。

放送前に発表された仏や独の弱いPMIを受けて、ユーロ/ドルが急落し
1.13を割り込んでいます。
つられてポンドも売られ、ドル全面高となっています。

今週目玉となったポンドは、
英議会の延長&メイ首相信任で買い戻されていましたが、
放送前のユーロ/ドル急落の影響で、
買い戻した人の損切りを巻き込む形で再び下落しています。

昨日のECBでは、予定通り資産買い入れを終了。
2019年夏までは緩和を継続。
GDP見通しとインフレ見通しは引き下げと、ハト派の内容となりました。


先週の雇用統計は、雇用者数は予想を下回りましたが、
「けして弱い内容ではなく、どう見ても良い内容」と語る岡安さんに、ずばり尋ねました。

「来年、米経済はリセッション入りか」という声の高まりをどう感じているのか?

この続きは音声できいてくださいね~


岡安さんによると、ドル高の流れは崩れていないとか。
米金利がさがっても、ドルが買われる(=ユーロやポンドが売られている)
株価がさがっても、ドル/円しっかり


ドル/円日足チャートは、三角保ちあいが収束しつつあるということですが
このあとは・・・?

来週FOMC週のドル/円の予想レンジを聞き逃した方は
音声で聞いてくださいね。


それではまた来週!


逆イールドに、米利上げ打ち止め観測、ファーウェイショックに、来るブレグジットでリスクオフムードか。 [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2018.12/07 辻留奈 記事URL

こんばんは、辻留奈です。

たった今、OPECと非加盟国は減産で合意という速報が!

11月の米雇用統計は、15.5万人 失業率3.7% 平均時給3.1%

発表直後、25pips近く下に動きましたが、すぐに発表前の水準に戻してきています。
これに対し、今夜米株が好感するのか、あまり反応しないのかに注目してほしいと岡安さん。



米中協議が終わって週明けのクロス円は、上に窓を空けスタート。
しかしリスクオンに傾いたように見えたのもつかの間、
トランプ大統領の「私はタリフマン(関税マン)」ツイートや
ファーウェイショックから米株は800ドル安、一気にリスクオフへと反転しました。
やはり米中は一筋縄ではいかないようです。

「12月利上げ以降、米は利上げ中止か?」という思惑と
米10年債金利が低下し、
イールドカーブのフラット化から景気後退も意識されました。


マーケットのセンチメントを「リスクオフ」に傾けるものは、これだけではありません。


来週、一番の山場となるイベント
「12月11日 英議会でEU離脱案を採決できるか」

このところの報道を見ていると、なんだか否決されそうな雰囲気も?
今週のポンド/ドルは、1.2690~1.2840のレンジでしたが
注意したいのは、3回跳ね返された1.2650を下抜けしてしまうこと。


こうした不安感はドル/円の上値を抑えそうですが、
可決ならばその壁は取り払われるとのこと。
来週は11日のブレグジット問題の行方が為替相場の鍵を握りそうです。

そんなわけで、岡安さんのドル/円の予想レンジは、音声できいてくださいね~

それではまた来週!




米中首脳会談、一部でも合意あれば円安へ [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2018.11/30 山本郁 記事URL


今週は辻留奈アナウンサーが出張のため、山本郁が代わりを務めさせていただきました!

28日にトランプ米大統領が、パウエルFRB議長について「全く満足していない」と利上げへの不満を示したことへの
忖度でしょうか?
FRBのパウエル議長の発言で米国利上げの早期打ち止め観測が市場に広まり、米金利が低下。
ドルが売られ、株価が上昇しました。
そしてドル売りと同時に、株価上昇リスクオンの円安。
ドル安・円安が進みました。
というわけで、ドル円余り動きはありませんが底堅いですよね...と岡安さん。

では今後はどうでしょうか。
このところ株価が不安定な状況が続いていますが、その最大の理由が米中貿易摩擦、そして米金利の引き上げ。
金利の方は、今回の発言で少なくとも来年の利上げペースは鈍化すると見られますが
注目は1日に予定されている米中首脳会談。
トランプ大統領も二期目を狙っているので、株価を上げて自身の株もる上げたいところ。
貿易摩擦について完全合意はあり得ませんが、一部でも合意があれば株価が上がってきます。
来週は米株価は一段高となり円安が進むと考えられます。

ドル円の動きが分かり辛いときは、ドルを除いたクロス円の取引が面白いということで
岡安さんはニュージーランドドル(NZドル)に注目しているそうです。
理由は、流動性が低いので反応しやすい、地理的にBrexitやイタリア問題の影響を余り受けないこと。
また、一日の内で、世界で最初に開く市場であるという点でも注目しておくと良いということ。

来週はRBA、BOCの政策会合があるので、利上げに少しでも前向きな話があればクロス円で買いをいれておくと面白いかも...ですって!

詳しくはオンデマンド放送でお聞きくださいね。
 全29ページ中5 ページ   前の10件 1 2 3 4 [5] 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 次の10件