次の注目は米利下げ幅、0.25%か0.5%か? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2019.07/12 辻留奈 記事URL

こんばんは、辻留奈です。
7月だというのにずいぶん涼しい日が多いですね~

今週のドル/円は、107.86~108.98のレンジで動きました。

今週の注目はなんといっても、パウエル議長の議会証言。
それまでに109円を何度か試すも、109円突破ならず。

パウエル議長の発言は利下げを示唆するハト派のものとなりました。
一報が伝わると、ドル/円は一気に40銭ほどドル安に動きました。
翌日の東京市場では今週のドル/円の安値、107.86をつけました。
米金利低下、米株高で反応しました。

ここからしばらくイベントがなく、FOMC待ちになりますが
それまでは109円が重たく、108-109円のレンジ相場が続くのでしょうか?


焦点は、次回の米利下げ幅へ。

25bp(0.25%)の利下げは確実とされていますが、
果たして50bp(0.5%)となる可能性はあるのでしょうか?
市場予想では、50bpが30%程度となっていますが...


ずばり、岡安さんに伺いました!


「予防的利下げとするならば25bpだ」と岡安さん。


その理由は、現在は既に
マーケットが先走り、利下げを催促する「催促相場」になっているため、
もし50bpの利下げをしてしまうと、その次に利下げするべきでないのに
市場に催促された場合に手立てがなくなってしまうためだといいます。

50bpだと株がバブルになってしまうのでは?と
岡安さんは話していましたが、既に米株3指数は今週最高値を更新しています。
果たして利下げ自体必要なのでしょうか...????

米だけでなく世界的に金融緩和の方向ですが、
カナダやユーロなどは後から利下げに追随していく可能性が高いため、
その頃には相対的に再びドルが高くなっていると岡安さんは話していました。

このほか来週のドル/円の予想レンジのほかにも、
注目通貨をあげていますので、続きはradikoタイムフリーからどうぞ。

(Spotifyでも聴けるようになりました!)


それではまた来週!


株高・債券高・ゴールド高。利下げペースを占う雇用統計に注目! [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2019.07/05 辻留奈 記事URL

こんばんは、辻留奈です。
じめじめ、梅雨が続きますね。

さて今週のドル/円は、107.53~108.53のレンジで動きました。

G20米中首脳会談は、「追加関税見送り」と「ファーウェイ制裁解除」という
ややサプライズの結果となり、週明けのドル/円は窓をあけて上昇しました。
しかし、その窓は水曜日には閉めることに。
G20前と大して変わらない景色が広がっています。

今週は米金利が1.94%まで低下、
欧州主要国の利回りも軒並み低下。
独は-0.4%とECB中銀預金金利を下回り、
仏は過去最低、あの伊ですら2.02%。

次期ECB総裁に、IMFのラガルド専務理事が選ばれたことで
ECBの緩和姿勢が継続されるという期待感がマーケットに広がっています。
FRB理事もハト派の2名が選出されました。

世界的に金融緩和の流れはとまりません。

一方で、ADP雇用統計が予想を大きく下回り、
ISM非製造業景況指数も予想から下振れましたが、
それが逆に利下げ期待へとつながり、米株は3指数とも最高値を更新中。
マーケットが利下げを要求する催促相場の様相をみせています。

もはや指標が良くても、悪くても、米株は上がるのかもしれません...
バブルの到来?
債券高、株高、ゴールド高、原油高、
リスク商品も、そうでないものも全てが買われて、金余りの状態です。

そんななか、米利下げの行方を占う
このあとの雇用統計にはいつも以上に注目が集まります。

仮に結果を受けて、大きな反応を見せなかったとしても、
来週予定されているパウエル議長の議会証言(7月10日)や
ブラード総裁の発言(7月9日)があるため要注意です。

「雇用は強い、利下げは継続的なものではなく様子を見たい」
という趣旨の発言があった場合には為替が逆方向に動き出す可能性があります。


続きはradikoタイムフリーからどうぞ。
(Spotifyでも聴けるようになりました!)


それではまた来週!


G20噂に振り回され乱高下のドル/円、米中首脳会談の結末は? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2019.06/28 辻留奈 記事URL

こんばんは、辻留奈です。
早いもので、2019年ももう半分終わってしまいました~早いですねぇ。


さて今週のドル/円は、106.77~108.15のレンジで動きました。
(岡安さん、予想ピッタリ★)

G20を前にヘッドラインの噂で乱高下の1週間。
「トランプ大統領が日本との安保条約破棄の可能性を示した」
という報道で106円台へ、
その後否定される報道が出ると107円台を回復。

翌日にはムニューシン発言「米中通商交渉は90%完了した」で一気に107円後半へ、
米中貿易戦争停止という香港紙の報道を受け、108円台まで吹き上げました。

もう明日の米中首脳会談の結果待ちであることは言わずもがな。
こればっかりは結果がどうなるかわからないので
トレードせずに、様子見したい気持ちになってしまいますよね...。


米中首脳会談に関して、
岡安さんは「関税面」では譲歩し妥結できるとみています。

ただそれだけではなく、中国はファーウェイの制裁解除を条件として求めています。
スパコンや5Gなど次世代技術に関しては
米国が中国に譲ることは考えにくく長期戦になると岡安さん。
仮に「関税面」だけ譲るという結果でまとまったとして、
来週広がっているであろう景色を語っていただきました。

ドル/円の予想レンジ、お聴きのがしなく!
そして米中の結果次第で、大きく影響を受けそうなのが「豪ドル」

来週はRBAもあります。
3回の利下げ予想で豪ドルは売られていましたが、
米中会談がうまくいけば、利下げ期待が後退し、豪ドル買いという展開も。
ちょうどレジスタンスとなっている
75円ミドル付近で推移する豪ドル/円ですが、ここを上抜けできるか注目です。

それにはユーロ・ポンドの動きも注視してほしいと岡安さん。
ユーロ・ポンドは金利差では動いていないとか...

続きは、radikoタイムフリーからどうぞ!
(Spotifyでも聴けるようになりました!)


それではまた来週!


フラッシュクラッシュ後の安値を切り下げたドル/円の行方は?! [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2019.06/21 辻留奈 記事URL

こんばんは、辻留奈です。
明日は夏至ということで、写真の背景をご覧ください!
18:20でもこんなに外が明るいなんて!幸せだ~遊びにいきたくなっちゃいます~

今週のドル/円は、107.05~108.72で動きました。
先週のレンジから、安値も高値も切り下げています。
「G20にむけて米中電話会談」報道で、ドル/円が上昇したのもつかの間、
FOMCでは利下げが示唆され、米金利は2%を下回り、
あっという間にあわや107円割れ寸前。

フラッシュクラッシュ後の安値(107円ミドル)を割り込んだことから
いよいよドル/円は円高方向に動き出したのでしょうか?


注目されたFOMCは、人によって、受け取り方が異なったのではないでしょうか?
「利下げが示唆された」と伝えるものが多いですが、
本当のところはパウエル議長も迷い気味だったのかもしれません。

次の行動様式として
「辛抱強くなる(patient)」の文言が削除され、
「適切に行動する(appropriate)」へと変化。
ドットチャートの中央値自体は2.25-2.50%と変わらなかったものの、
年内に金融緩和へ転じる可能性が示され、7月の利下げは100%とも言われています。


しかしS&Pは史上最高値を更新、ダウもあと75ドルあまりで史上最高値。
本当に利下げがふさわしい環境なのでしょうか?

金利がさがる、株は上昇、ゴールドも1400ドルに上昇と
教科書的ではない動きをみせています。
この違和感はすべて、
「米中貿易問題の先行きが見通せない不安感」に帰結すると岡安さん。

世界の中央銀行が利下げ方向である理由も貿易問題が根底にあるといいます。

FOMC前日には、ドラギ総裁から
「ECBは追加緩和できる」発言がありユーロが急落しました。
これに対して、後日トランプ大統領が通貨安誘導だとかみついていましたが
何より注目するべきは、トランプ大統領の他国の為替への言及回数が増えていることです。

岡安さんは、これらのトランプ発言は、G20前の「とあること」への布石だと話していました。
果たしてそれは?

ドル/円はフラッシュクラッシュ後の安値を完全に割り込んでしまいました。
岡安さんは、下値のターゲットをどこまで切り下げたのでしょうか?

来週のドル/円の予想レンジは?
radikoタイムフリーからどうぞ!
(Spotifyでも聴けるようになりました!)


それではまた来週!


ドル/円膠着状態、来週もレンジ取引? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2019.06/14 辻留奈 記事URL

こんばんは、辻留奈です。


今週のドル/円は、107.88~108.80で動きました。
雇用統計が7.5万人と予想18.5万人を下回り、米金利も2.05%まで低下、
107.88までドル売りが進みましたが、
これだけの悪い結果を受けても、107.80台で下げ止まりました。
その後「メキシコ関税見送り」が発表され、週明けはギャップアップし
108.50付近からスタートも、月曜日以降は膠着感が漂っていました。

ホルムズ海峡で日本船が攻撃されるも、為替は動かず。
動いたのはWTI原油価格とゴールドだけでした。
この膠着相場はいつまで続くのでしょうか?

岡安さんはFOMCを飛び越えて、G20まで続くといいます。
つまり、G20まではドル/円はレンジ取引ということです。
108ミドルで売って、107円台に入ったら買うの繰り返し?


ダブルボトムのような形となり下げ止まっていたユーロ/ドルも
短期的には上昇していますが、日足 一目均衡表雲の上限を突き抜け
1.1340付近までつけましたが、また雲の上限まで戻ってきてしまいました。

「ユーロは通貨安誘導をしている!」とトランプ大統領に矛先を向けられたり、
伊の債務問題やECB利上げ時期が遠のいたりと、買い材料はなく...
ユーロ/ドルもまたまたレンジ取引に逆戻り?


先週に引き続き、利下げ期待が高まるFOMC、
来週のFOMCは据え置きの予想ですが、記者会見で利下げ地ならしがあるのか注目です。
「必要であればさらに大規模な緩和を行うことができる、副作用を減らす配慮もできる」
と述べた黒田総裁率いる日銀会合、
さらには、保守党党首選1回めの結果で、強硬離脱派ジョンソン氏がトップとなった英も
金利発表を控えています。
これまでの英は、ブレグジッド次第ではあるものの、利上げスタンスでした。


来週のドル/円は、レンジ取引??
その下限と上限はradikoタイムフリーからどうぞ!

伊のミニBotの話ができませんでした~、必ずや近々放送で。


それではまた来週!


催促相場の様相強まる、ドル/円はレンジ相場か? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2019.06/07 辻留奈 記事URL


こんばんは、辻留奈です。
今日は、なにやら女子高生の間で流行しているらしい
少しだけ盛れるというアプリを使って撮影してみました。
撮影の仕方がわからずあたふたしてしまいました...。

さて、今週のドル/円は、107.81~108.92で動きました。
ADP雇用統計が2.7万人(予想18万人)と予想を大幅に下回り、
ドル売が進み107.81をつけました。
衝撃の数字だった3月の雇用統計を思い出してしまいましたが、
果たして今日このあと、本番の雇用統計はどうなるでしょうか?

チャートをみると、今週は何度か107.80台で踏みとどまっていますが、
果たして岡安さんのドル/円の予想レンジは?

今週に入り、「米国の利下げ」を期待するムードが高まってきています。
4月のFOMCまでは「早期利下げ観測の後退」と文言があったのに、
いつの間にトランプ大統領の思い通りに?なってきました。
5月以降の米中、メキシコへの関税合戦の影響がでてきています。

また豪州に続き、インドも利下げ、
ECBも「2020年上半期までは金利据え置き」と
3月のECB「2019年末まで金利はすえおき」から利上げは半年先延ばしされました。

ECB理事会があったユーロ/ドルですが、
日足でダブルボトムのような形となり下げ止まりました。
4/26と5/23の1.1110付近をボトムに
ネックライン1.1260を抜けて、1.13付近まで来ています。
1.1330からこのまま1.14めざしていけるか、見極めどころです。

来週のドル/円の予想レンジはradikoタイムフリーからどうぞ!


それではまた来週!


メキシコ関税であっけなく108円台。ユーロ/ドルは下降チャネル、1.10射程圏内か。 [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2019.05/31 辻留奈 記事URL

こんばんは、辻留奈です。
うっかり先週土日に霞が関付近を歩いてしまい、警備の厳重さに驚きました...
トランプ大統領へのおもてなしがフィーチャーされましたね。

今週のドル/円は、108.70台 ~109.92のレンジで動きました。
中国が米国に対して「レアアース輸出を規制する!」と社説で反撃しても、
109円の底堅さ、110円の上値の重さ!を確認できていたはずが...はずが...、
トランプ大統領が今朝、8:30頃にメキシコに関税をかけると表明したことで
14時頃には、あんなに堅かった109円をあっけなくわりこんでしまいました。


ユーロも伊の財政規律懸念を受けて軟調な展開です。
ユーロ/ドルはいよいよ1.10が射程圏内に。
ユーロ/ドルは、綺麗に下降チャネルラインを引くことができる状態です。
チャネルをブレイクするまでは、ユーロ売りということでしょうか。


昨日までのドル/円は、ドル高・円高、ポンド安・ユーロ安のなか、
クロス/円に買いが入っていたため、意外と底堅く推移していました。

しかし今朝のメキシコへの5%関税報道で
ユーロ/円、NZ/円も、フラッシュクラッシュ後の安値を確実に下抜け、売りがでてきています。
クロス/円に買いが入るのか、投げられてしまうのかが、来週のドル/円の鍵となりそうです。


果たして、岡安さんのドル/円の予想レンジは?
詳しくは、ポッドキャストもしくはradikoのタイムフリーでお聴きください。


それではまた来週!


メイ首相辞任、ポンドそろそろ反転? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2019.05/24 辻留奈 記事URL

こんばんは、辻留奈です。

今週のドル/円は、109.45~110.67のレンジで動きました。
米中対立がさらに激化し、米グーグル、英アーム、日本はパナソニックと
ファーウェイとの取引停止する企業が相次ぎました。
リスクオフの展開となり、昨晩は原油が6%近く下げ、
米金利も2.3%を下回る水準まで低下し、
109.45をつけました。


岡安さんは米金利が2.3%を下回っているにも関わらず、
ドル買いになっている点に注目していました。
金利が下がればドル売りになるはずが、ドル買いになっているのは、
それほどユーロ(年初来安値更新しました)やポンドが弱いためです。
岡安さんは、教科書的ではないこの動きについて、
「マーケットが先読みしすぎの状態」で
今の動きが終わりに近づいている可能性があると指摘しました。


終わりとは何のことでしょう?

注目通貨は「ポンド」


5月に入ってからずっと右肩さがりで下げ続けているポンドですが、
岡安さんはさすがに売られすぎていると考えています。
一方向に動きやすい特徴があるポンドですが、戻すときもそれは同じで
行ってこいの動きになりやすい通貨です。


ポンド/ドル 1.25
ポンド/円  137.50

ポンドはこのレベルで下げ止まれば、反転の可能性があると話していました。


さらにメイ首相は6月7日に辞任することを表明しました。
これをうけていったんポンドは買われましたが、
岡安さんの予想どおり、ポンドは反転していくのでしょうか?


そして、岡安さんのドル/円の予想レンジは?

詳しくは、ポッドキャストもしくはradikoのタイムフリーでお聴きください。


それではまた来週!


109円台死守できるかは、クロス円しだい [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2019.05/17 辻留奈 記事URL

こんばんは、辻留奈です。

今週のドル/円は、109.01~110.03のレンジで動きました。
月曜日に、中国が米国に対し、6月1日から
600億ドルぶんに25%の報復関税をかけると表明し、ダウも一時700ドル安、
109円割れをうかがう展開となりましたが、なんとか109円を死守!
その後もニュースは色々ありましたが、週末には110円のせまで戻してきました。


ーーー時系列で関税合戦を振り返るとーーー
(金)米→中国 第4弾関税(残り3000億ドルぶんすべて)
(月)中国→米 報復関税(600億ドルぶんに25%)
(水)米国→欧州 輸入車への関税を最長6ヶ月延期
   ⇒ユーロ買戻しへ
(木)米→中国 ファーウェイに対し輸出規制
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

関税合戦の決着には長い時間がかかりそうです...
短期決着の可能性は低いなか、来週のドル/円を動かす材料とは?
岡安さんはクロス円に注目しています!


注目通貨は「豪ドル/円・ポンド/円・ユーロ/円」


どの通貨ペアにも共通しているのは、
フラッシュクラッシュ後の安値でなんとかギリギリ下げ止まっていること。
(※ユーロ/円だけは下抜けてしまっていますが...
 すぐに戻しているので、まだ「だまし」の範囲だそう。)

ユーロ/円 122.50付近
豪ドル/円 75.20付近

ブログを書いている現在、ちょうどこの水準にきています。
ここを完全に下回るとドル/円も引きずられて円高が進むといいますが、
果たしてどうなるでしょうか?

豪州は週末選挙(野党優勢)が控えているため、週明けの動きも忘れずに確認しましょう!

さて、岡安さんのドル/円の下値の目処は?
詳しくは、ポッドキャストもしくはradikoのタイムフリーでお聴きください。


それではまた来週!


対中関税発動、円高方向に動き出すのか? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2019.05/10 辻留奈 記事URL

こんばんは、辻留奈です。

10連休が明けて、今週のドル/円は、109.46~111.12のレンジで動きました。
ついに米国が対中関税を発動しました。
「2000億ドル相当の輸入品に10→25%の関税をかける」というトランプ大統領のツイートから
ギャップダウンして始まったドル/円ですが、
北朝鮮の2度目の飛翔体発射をきっかけに109.47まで円買いが加速。
窓を埋められないまま、今週の取引を終えそうです。


ついにドル/円は、円高方向に向けて動き出してしまったのでしょうか?
円ショートもフラッシュクラッシュ前と同水準の10万枚近くまで積みあがっていますが、
巻戻しを警戒したほうが良いのでしょうか?


ダブルトップをつけていたポンド/円やユーロ/円は
ネックラインで反発できず、
豪ドル/円も何度も跳ね返されサポートされていた77.50を下抜け、
ドル/円もひきずられて、下落する形になりました。


その続きとして、今後のドル/円の動向を探るために
「NZドル/円・ユーロ/円に注目するべし」と岡安さんは話していました。

フラッシュクラッシュの次の日の安値水準まで落ちてきて、
現在はピタッと下げ止まっているといいます。

ここで反転できれば、ドル/円も反転できるということでしたが・・・?
来週はどうなるのでしょうか?

さて、いつもブルの岡安さんですが、今週のドル/円の予想レンジは?
詳しくは、ポッドキャストもしくはradikoのタイムフリーでお聴きください。


それではまた来週!


 全28ページ中2 ページ   前の10件 1 [2] 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 次の10件