進化するコモディティAIトレーディング [投資α情報(大橋ひろこ)]
2019.09/04 大橋ひろこ 記事URL

コモディティ取引ではAIトレーディング(自動取引)化が遅れているとされてきましたが、近年比較的に進んでいるようです。

2019年3月にCMEが、CME銘柄のトレーディング状況を公表したレポートによると、2013年と2018年比で通貨先物市場は75%→90%に、株や国債市場は、75%→80%へと自動取引化が進んだことが確認されましたが、目を見張る自動化が進んだ分野がコモディティ市場。エネルギー取引が2013年時点では60%程度だったのですが、2018年には80%が自動取引化されました。穀物市場においては同50%が80%となっており、株や債券市場と並ぶAIトレーディング化の実態が明らかとなったのです。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はエネルギーアナリスト大場紀章氏をお迎えし
「進化するコモディティAIトレーディング」をテーマにお話を伺いました。


コモディテイの変動要因とされる需給ですが、
需給状況のデーター、材料は即時性がありません。
米国の石油在庫も週に1度ですし、OPECなどの産油国の生産状況も
月に1度程度しか出てきません。穀物需給も然り、です。

材料に乏しく、データーに先行性がないことが一つの障壁でしたが
エネルギー、貴金属、穀物といった商品セクター毎に情報が
縦割りとなっており、情報共有があまりなされてこなかったために
コモディティ市場の自動取引化が進まなかったという事情もあるようです。


一概にAIトレーディングと呼んでいますが、この言葉の裏には二つのアプローチが。

①取引の機械化、自動化(アルゴリズム)
②相場の先読みをAIが行う

自動化という意味では、人間が裁量で取引するシェアは10~20%にまで低下、
あらゆるアセットクラスでのAI化が進みましたが、
②の相場の先読みに関しても目覚ましい進化がみられます。


過去の価格推移と膨大な変動要因となった材料、いわゆるビッグデーターを
AIに解析させて先行きを予測するケースだけではないようです。
大場さんによると、従来の材料ではない新たな材料が
AI予測に組み込まれるようになってきているとか。

気象レーダーによる5分毎の降水強度分布観測と、
5分毎の60分先までの降水強度分布予測を連続的に表示するナウキャスト。
これは気象予想のモデルですが、Tradingの世界でも
人工衛星の映像を使ったりするのだとか。


港湾の石油タンカーの増減、煙突から製油所の稼働率を予測するなど
衛星データ-からは様々な情報を読み取ることができるようです。

こうした情報を収集し解析するベンチャー企業が
英国、イスラエルには多いようですが、
こうなってくると人間の相場予測など必要なくなってしまうのでは、
と心配になりますが、大場氏は
短期ディーリングの世界では裁量取引はAIのスピードに適わないとしながらも、
中央銀行の金融政策変更や、政治リスクなどは人間の決定、関与によるものだとして
人間の関与が未来を変えていく世界である長期トレンドの未来予想は
まだまだAIには難しいのではないか、とお話しくださいました。

詳しくはSpotifyのポッドキャスト配信で
大場さんの解説をお聞きくださいね。

https://open.spotify.com/show/230k9NexbGZ5g1h4uBShSk


本日ご出演の大場紀章氏にもご登壇いただくコモディティフェスティバル。

大場氏には新テクノロジー次世代自動車を切り口にコモディティ展望をいただきます。

是非ご参加ください ↓

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

コモディティ投資をじっくり学べる一日。
毎秋恒例の「コモディティフェスティバル」今年は、9月28日(土)東京で開催!
竹中平蔵さんの基調講演をはじめ、当番組コメンテーターでもお馴染みの
小次郎講師・江守哲さん・松本英毅さん・小菅努さん・大場紀章さんらが、
ファンダメンタルズ・テクニカルの両面からじっくりと解説します!
詳しくは下記のバナーをクリックしてください(外部サイト)。

104.44はベアトラップか?ここから1ヶ月、ポンドのトレード戦略は? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2019.08/30 辻留奈 記事URL

こんばんは、辻留奈です。
岡安さん、来るなり、私の服をじーーーーーーっと見ているので、理由を尋ねてみると...
まったく同じコーディネートで来る予定だったんだとか!
ニアミスでペアルックではなくなりましたが、それでも上下反転の似たような装いです。


さて、今週のドル/円は、104.44~106.73で動きました。
注目されたジャクソンホール寸前に、
中国が、米国からの輸入品750億ドルぶんに追加関税をかけることを表明。
NY引け後に、米国はその応酬として関税引き上げを発表。

週明けのドル/円は、この米中対立をを受けて、オセアニア時間に104.44をつけました。
しかしその後、米中協議再開への言及があり、その日のうちに2円戻して、行って来い。
この後もトランプtwitterに一喜一憂、戦々恐々のマーケット。

今週は米金利2年と10年の逆イールドが常態化しました。
FRBの予防的利下げを織りこみながら金利は下げ続け、催促相場状態。
トランプ大統領の利下げ圧力に抗いたいFRBですが、
米金利の動きを見ると、利下げせざるを得ない状況に追い込まれていると岡安さん。


しかしながら、ドルインデックスや米国の経済をみると、ドルが強い状態。


では、104.44はベアトラップとなるのでしょうか?
市場は1月のフラッシュクラッシュの水準を一度は見に行きたがるといいますが、
これでいったん達成感となるのでしょうか?

岡安さんは「104.44は、ドル/円の当面の底値となりそう」と話していました。

ということは来週以降のドル/円はまたレンジ相場?

詳しくはradikoタイムフリーorポッドキャストでお聴きください。
(Spotifyでも聴けるようになりました!)



一方、先週あたりからいったん下げ止まりの兆しがある「ポンド」
ジョンソン首相は、EU離脱を確実に進めるために、英議会を閉会。
これにより議会でブレグジッドについて話しあう期間は短くなり、
野党からの反発を封じ込めようとするジョンソン氏の思惑通りに事が進みだしました。
議会閉会中は大きな材料がでない可能性が高く、しばらくポンドは上昇する可能性があります。

さらに、ラガルド次期ECB総裁から「ECBはまだ金利の下限をつけていない」と
利下げを思わせる発言があり、ユーロは売られやすい地合い。
つまり戦略としては、ユーロ/ポンドの売りが狙い目でしょうか。

それではまた来週!

-----------------------------------------
コモディティ投資をじっくり学べる一日。
毎秋恒例の「コモディティフェスティバル」今年は、9月28日(土)東京で開催!
竹中平蔵さんの基調講演をはじめ、当番組コメンテーターでもお馴染みの小次郎講師・江守哲さん・松本英毅さん・小菅努さん・大場紀章さんらが、
ファンダメンタルズ・テクニカルの両面からじっくりと解説します!
詳しくは下記のバナーをクリックしてください(外部サイト)。




ジャクソンホールを前にドル/円は小動き、注目は今晩11時! [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2019.08/23 辻留奈 記事URL

こんばんは、辻留奈です。

今週のドル/円は、105.16~106.70とたった50銭の動きしかありませんでした。
ジャクソンホールシンポジウムを前に小動き。

今週の注目はまもなく午後11時から始まる
パウエル議長のジャクソンホールシンポジウム。

「経済は良い」と主張するトランプ大統領、利下げをしたくないFRB、
繰り返されるトランプ大統領からの圧力とどう折り合うような発言をするのか、
あるいはFRB独自路線を貫くのか、がポイントとなります。

岡安さんは、パウエル議長の発言が
○利下げ継続を感じさせるものなら→ドル/円はあまり反応しない(動いても1円)
○利下げに慎重な発言であれば→ドル買戻し

どちらかというと利下げに慎重な発言であるほうが、
為替相場へのインパクトは大きくなると話していました。


今週は、米2年ー5年債のイールドカーブがまたも2度も逆転しましたが、
岡安さんは「独の動きが、米国に先行し影響を与えている」と解説していました。
PMIなど景気の悪化が先にみられたのも、ヨーロッパからでした。
また独は財政出動の話がでたり、マイナス成長となったりと景気悪化が指摘されています。

仮にジャクソンホールで、パウエル議長の発言が利下げに慎重なものになれば、
ドルが買われ、ユーロが売られる展開に。
FRBとECBの金融政策の差からもユーロ売りが進む可能性もあります。

現在はドル/円主導の「ドル高」ではなく、
ユーロやポンドが売られすぎていることで、
相対的にドル高になっていると岡安さんは語りましたが、
その「ポンド」に変化の兆し!
ドル/円上昇には、年初来安値圏にあるクロス円の上昇が不可欠だといいますが、
ポンド/円がドル/円を押し上げ、
来週のドル/円の予想レンジに影響する可能性が!

さて、その予想レンジは?

続きはradikoタイムフリーからどうぞ!
(Spotifyでも聴けるようになりました!)

それではまた来週!

-----------------------------------------
コモディティ投資をじっくり学べる一日。
毎秋恒例の「コモディティフェスティバル」今年は、9月28日(土)東京で開催!
竹中平蔵さんの基調講演をはじめ、当番組コメンテーターでもお馴染みの小次郎講師・江守哲さん・松本英毅さん・小菅努さん・大場紀章さんらが、
ファンダメンタルズ・テクニカルの両面からじっくりと解説します!
詳しくは下記のバナーをクリックしてください(外部サイト)。




イールドカーブの逆転現象が注目されるが、為替相場を引っ張っているのは? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2019.08/16 辻留奈 記事URL

こんばんは、辻留奈です。

今週のドル/円は、105.04~106.97のレンジで動きました。
ほぼ2円のレンジ幅。
様々なニュースで乱高下するお盆休みとなりました。

週明けはアルゼンチンショックもあり105.04をつけましたが、なんとか105円台を防衛。
翌日、トランプ大統領が自国の消費を守るために、
12月15日まで10%の対中追加関税を延期すると発表し、
105円台前半から106.97まで一気にドルが買われました。
そして翌日には米金利2年と10年が逆転、独金利も過去最低を記録。
イールドカーブの逆転は1~2年以内の景気後退を予兆するサインと言われています。
これを受けて、NYダウも800ドル安と今年一番の下げ幅となりましたが、
日経平均はそこまで下落しませんでした。

「ドル/円105円、日経平均2万円はなんとしても●●が買い支える」
そんな声がどこからともなく聞こえてきます。
今週ドル/円は105.05付近を二度試すも、ここが防衛ラインのようになっています。

では来週のドル/円の下値は、105.05なのでしょうか?
チャートの形としては、105.05でダブルボトムをつけて、上昇しているようですが...

岡安さんのドル円の予想レンジは、radikoタイムフリーからどうぞ。


岡安さんによると、今、為替市場を引っ張っているのは「欧州」だといいます。
ユーロ・ポンドともに売られていて、相対的にドル高になっているといいます。

独のマイナス成長や
ECB次期総裁候補であるフィンランド中銀総裁が「大規模な緩和が必要」と発言したことで、
ユーロ/ドルは再び1.110を割り込みました。
さらに独金利は過去最低の0.713%を記録したのをはじめ
欧州の金利が下がってきていて、
「後追いをする形で米国金利もさがっている」と岡安さんは話していました。

では米国のイールドカーブ逆転現象は、リセッションに繋がるのかどうかというと...
続きはradikoタイムフリーからどうぞ!
(Spotifyでも聴けるようになりました!)

それではまた来週!

-----------------------------------------
コモディティ投資をじっくり学べる一日。
毎秋恒例の「コモディティフェスティバル」今年は、9月28日(土)東京で開催!
竹中平蔵さんの基調講演をはじめ、当番組コメンテーターでもお馴染みの小次郎講師・江守哲さん・松本英毅さん・小菅努さん・大場紀章さんらが、
ファンダメンタルズ・テクニカルの両面からじっくりと解説します!
詳しくは下記のバナーをクリックしてください(外部サイト)。




世界通貨安競争へ、ドル/円下値のポイントは? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2019.08/09 辻留奈 記事URL

こんばんは、辻留奈です。

今週のドル/円は、105.49~107.08のレンジで動きました。

週明け早々から米中対立が激化。
中国「米国の農産品を輸入しない」
米国「中国を為替操作国に認定」
中国は輸出競争力をつけるべく米国に対抗(とみられています)し、
11年半ぶりに1ドル7元を超える人民元安を容認しました。
中国が利下げするという噂まで出ていました。

これらを受けて、円が急伸し、月曜日午前にはドル/円は105円台に。

一言で言うならば、今週は
人民元の基準値を受けて、リスクオン/オフを見極める日々でした。
(雇用統計については、まったく影響がなかったので放送でもふれていません!)

さらにもう1つ大きかったのが、ニュージーランドの50pbのサプライズ利下げです。
「さらにもう1回の利下げの可能性」も示唆されました。
続いて、インド・タイ・フィリピンの利下げ、そして......
トランプ大統領のFRBに対する口先介入と通貨安競争に火がついています。

また米金利が1.59%まで低下したことで、ドル売り円買いとなり

105円ミドルの下抜けを試す展開となりました。

このあと3連休、そしてお盆休みですが、
フラッシュクラッシュ後の最安値を更新しているドル/円は
薄商いのなか急動意の可能性をはらむのでしょうか?

それには、今週2度試して、かろうじてサポートされた105.50が
ポイントになると岡安さんは話していました。
「GPIFが買い支えたのではないか?」など様々な憶測がありますが、
とにもかくにもダブルボトムをつけています。

仮に噂どおりだとして、ここを下抜けた場合は、
売りに拍車がかかるため注意だといいます。

また今週は、年初来安値を更新しているクロス/円の通過ペアが多くあります。
クロス円が売られたことも、ドル/円の上値を重くしました。

岡安さんの話では、現在の「ドル高」は、
対ドルでのユーロ売・ポンド売などによるもので、
ドル/円主導のものではないのも特徴です。
仮にFRBが9月に利下げして、ユーロ・ポンドなどの売りが止まり、
ドル安になるのかというと...?
岡安さんの見通しは?

ドル/円の予想レンジはradikoタイムフリーからどうぞ。
(Spotifyでも聴けるようになりました!)


それではまた来週!

-----------------------------------------
コモディティ投資をじっくり学べる一日。
毎秋恒例の「コモディティフェスティバル」今年は、9月28日(土)東京で開催!
竹中平蔵さんの基調講演をはじめ、当番組コメンテーターでもお馴染みの小次郎講師・江守哲さん・松本英毅さん・小菅努さん・大場紀章さんらが、
ファンダメンタルズ・テクニカルの両面からじっくりと解説します!
詳しくは下記のバナーをクリックしてください(外部サイト)。




FRB利下げから一夜、対中制裁で様変わり。ドル/円は2.5円の動意。まだ動きそうだが方向感は? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2019.08/02 辻留奈 記事URL

こんばんは、辻留奈です。
朝起きて、ドル/円レートを見て、あれ??!!
ユーロ/円のレートも見慣れない水準です。

さて、今週のドル/円は、106.84~109.31のレンジで動きました。

FRBは10年半ぶりに0.25%の利下げを行い、
利下げ幅に失望した米国株は急落したものの、
ドル/円は上昇し、あんなに重たかった109円をあっさり上抜け。

しかし、どこまで上値追いできるか?と思ったのもつかの間、
昨日のロンドン時間からドル/円は切り返し、
その後、トランプ大統領が第4弾対中関税を表明しドル/円は急落。
今日の前場には、106円台をつけ、日経平均株価も500円を超える下げ幅となりました。
米金利は1.85%まで低下しました。

パウエルFRB議長の玉虫色の発言
「1回の利下げで終わるともいえない、長期の利下げに入ったわけではない」は
「緩和政策への転換ではなく、利下げは1回きり」と感じさせる内容となりました。

しかし、今後の為替相場の主役は「米中協議」であると岡安さんは話していました。
世界経済の悪化は、米中関係悪化によるものと、FRBも指摘しています。

ここまで膠着していたドル/円が、この1~2日で2円50銭も動きましたが
「まだ動きそう」と岡安さん。
気になるのは、どちらに動くか。
8月は円高アノマリーもありますしね。


円高要因となりそうなものは...

●クロス/円の下落
豪ドル/円は:75円台→72円台へ ユーロ/円:121円台→118円台へ
これはドル/円の上値をおさえる要因となりそうです。

●米国債の償還

●バケーション入りに伴い、休み前にまた切らされる

●今回のドル/円の急落で、108.50には買いが残っている可能性が高く、上値が重いか?


一方で、8月はアノマリー的に円高を見ている参加者が多いので
薄商いの中、逆の動きが生じる可能性にも注意が必要だといいます。

さらに、今回のドル/円の下げは、アルゴリズムによるもので
1方向に進みすぎたという指摘があり、こちらも反動に注意です。

来週は短期取引に徹したほうがベター?

ドル/円の予想レンジはradikoタイムフリーからどうぞ。
(Spotifyでも聴けるようになりました!)


それではまた来週!


FOMCは利下げ幅に限らずドル高か?1.11を死守したユーロ/ドルはどうなる? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2019.07/26 辻留奈 記事URL

こんばんは、辻留奈です。

今週のドル/円は、107.60~108.75のレンジで動きました。

昨日のECBの結果を受けて、ユーロ/ドルの動きにひきづられる形で
ドル/円は上昇しました。

今週の為替の主役はドル/円ではなく、ユーロ/ドル。
ECBは、正常化を探る→利下げ時期を探る方向へと転換しました。
「大規模な金融緩和が必要」
「金利は2020年半ばまで現行か下回る水準」
としながらも、今回で利下げの協議はなかったということで、
政策金利発表後は、かろうじて1.1101を死守したユーロ/ドル(年初来安値)は
その後切り返しました。まさにBuy The Fact。

【2020年半ばまで現行か】
岡安さんはこの部分をハト派と受け止めました。

世界的に緩和方向に進む中、可能なら利下げはしないでおきたい
と一石投じるような文言だったと受け止めました。
欧州は「9月に利下げをしない」可能性が残るといいます。

今日はECBを受けての、ユーロ/ドルとドル/円の動きについて
ラジオネーム:まりもっち さんから質問を頂きました。

岡安さんにファンダメンタル・テクニカル両面から解説して頂きましたので
詳しくは音声でお聴きください!

ここまで今週のECBや、ボリスジョンソン首相誕生時のポンド/ドルなどを見ていると
すべて噂で売って、事実で買う動きに。

来週のFOMCでは0.25%利下げが確実視されていますが、
岡安さんは
●0.25%なら失望のドル買、
●0.5%なら今後の利下げが当分ないとドル買
どちらにしろドル買いになると予想しています。

マーケットが先食いしている状態の
今週のBuy The Factの流れを引き継ぐなら、ドル買の可能性があるでしょうか?

そうなるとドル高ユーロ安になりユーロ/ドルは、再び1.11割れをトライする展開も?

来週の日銀会合~FOMCの流れのなかで、ドル/円・ユーロ/ドルの動きを
岡安さんはどう見ているのでしょうか?


ドル/円の予想レンジなど、この続きはradikoタイムフリーからどうぞ。
(Spotifyでも聴けるようになりました!)


それではまた来週!


今晩ブラード総裁発言に注意「ウィリアムズ発言下げて、ブラード発言で反発?」 [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2019.07/19 辻留奈 記事URL

こんばんは、辻留奈です。
もう7月も半ば。
岡安さん、このあとビールだそうです~でも雨が・・・

今週のドル/円は、107.21~108.37のレンジで動きました。

ウィリアムズ総裁の発言で、50bp利下げへの市場期待が高まり、
一気に107.21までドル売りが進みました。
しかしその後、ウィリアムズ総裁の発言は、
学術的な見解であって、金融政策には関係ないと否定があり、
ドル/円は107ミドルまで持ち直しました。

しかしFOMC前のブラックアウト期間を前に、
あえてこの発言をこのタイミングで行った意味はあるのでしょうか?
ただ市場が利下げを催促し、過剰に反応しただけと捉えればいいのでしょうか?

岡安さんは、これは催促相場に陥っているマーケットが過剰に反応しただけで、
FRBが50bp(0.5%)の利下げを表明しているのではないと捉えています。

ウィリアムズ発言によって、0.5%の利下げ確立が60%近くまで上昇し、
かなり利下げを織り込んだ状態になってきました。

しかしこうなると利下げ幅が

025%なら→ドル買い戻しに
0.5%なら→このあと当分利下げはないだろう→ドル買

どちらにしろ最終的にドル買いなってしまうという
FRBにとって苦しい展開が待っている可能性が高いと岡安さん。

うっかり岡安さんも私も、肝心なことを放送で言いそびれてしまったのですが
(ごめんなさい!)
今晩、ハト派のブラード総裁の発言があるということで
それによっては「ドル/円反発の可能性がある」ということでした。
ウィリアムズ発言でさげて、ブラード発言で反発に要注意です。


また、どの国も米国に遅れまいと利下げに動いています。
韓国、南アフリカの利下げに続いて、来週はECBがあります。
ECBもインフレ目標の修正があるのではないかとささやかれていますが...

年初来安値を更新したポンド/ドルの今後についても伺いました!

ドル/円の予想レンジなど、この続きはradikoタイムフリーからどうぞ。
(Spotifyでも聴けるようになりました!)



それではまた来週!


次の注目は米利下げ幅、0.25%か0.5%か? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2019.07/12 辻留奈 記事URL

こんばんは、辻留奈です。
7月だというのにずいぶん涼しい日が多いですね~

今週のドル/円は、107.86~108.98のレンジで動きました。

今週の注目はなんといっても、パウエル議長の議会証言。
それまでに109円を何度か試すも、109円突破ならず。

パウエル議長の発言は利下げを示唆するハト派のものとなりました。
一報が伝わると、ドル/円は一気に40銭ほどドル安に動きました。
翌日の東京市場では今週のドル/円の安値、107.86をつけました。
米金利低下、米株高で反応しました。

ここからしばらくイベントがなく、FOMC待ちになりますが
それまでは109円が重たく、108-109円のレンジ相場が続くのでしょうか?


焦点は、次回の米利下げ幅へ。

25bp(0.25%)の利下げは確実とされていますが、
果たして50bp(0.5%)となる可能性はあるのでしょうか?
市場予想では、50bpが30%程度となっていますが...


ずばり、岡安さんに伺いました!


「予防的利下げとするならば25bpだ」と岡安さん。


その理由は、現在は既に
マーケットが先走り、利下げを催促する「催促相場」になっているため、
もし50bpの利下げをしてしまうと、その次に利下げするべきでないのに
市場に催促された場合に手立てがなくなってしまうためだといいます。

50bpだと株がバブルになってしまうのでは?と
岡安さんは話していましたが、既に米株3指数は今週最高値を更新しています。
果たして利下げ自体必要なのでしょうか...????

米だけでなく世界的に金融緩和の方向ですが、
カナダやユーロなどは後から利下げに追随していく可能性が高いため、
その頃には相対的に再びドルが高くなっていると岡安さんは話していました。

このほか来週のドル/円の予想レンジのほかにも、
注目通貨をあげていますので、続きはradikoタイムフリーからどうぞ。

(Spotifyでも聴けるようになりました!)


それではまた来週!


株高・債券高・ゴールド高。利下げペースを占う雇用統計に注目! [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2019.07/05 辻留奈 記事URL

こんばんは、辻留奈です。
じめじめ、梅雨が続きますね。

さて今週のドル/円は、107.53~108.53のレンジで動きました。

G20米中首脳会談は、「追加関税見送り」と「ファーウェイ制裁解除」という
ややサプライズの結果となり、週明けのドル/円は窓をあけて上昇しました。
しかし、その窓は水曜日には閉めることに。
G20前と大して変わらない景色が広がっています。

今週は米金利が1.94%まで低下、
欧州主要国の利回りも軒並み低下。
独は-0.4%とECB中銀預金金利を下回り、
仏は過去最低、あの伊ですら2.02%。

次期ECB総裁に、IMFのラガルド専務理事が選ばれたことで
ECBの緩和姿勢が継続されるという期待感がマーケットに広がっています。
FRB理事もハト派の2名が選出されました。

世界的に金融緩和の流れはとまりません。

一方で、ADP雇用統計が予想を大きく下回り、
ISM非製造業景況指数も予想から下振れましたが、
それが逆に利下げ期待へとつながり、米株は3指数とも最高値を更新中。
マーケットが利下げを要求する催促相場の様相をみせています。

もはや指標が良くても、悪くても、米株は上がるのかもしれません...
バブルの到来?
債券高、株高、ゴールド高、原油高、
リスク商品も、そうでないものも全てが買われて、金余りの状態です。

そんななか、米利下げの行方を占う
このあとの雇用統計にはいつも以上に注目が集まります。

仮に結果を受けて、大きな反応を見せなかったとしても、
来週予定されているパウエル議長の議会証言(7月10日)や
ブラード総裁の発言(7月9日)があるため要注意です。

「雇用は強い、利下げは継続的なものではなく様子を見たい」
という趣旨の発言があった場合には為替が逆方向に動き出す可能性があります。


続きはradikoタイムフリーからどうぞ。
(Spotifyでも聴けるようになりました!)


それではまた来週!


 全29ページ中2 ページ   前の10件 1 [2] 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 次の10件