トランプ演説後の注目・イエレン発言と利上げを見据えたドル円相場は? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2017.03/03 袰川有希 記事URL

記憶にないんですけど......
今年、2月ってありましたっけ?

というぐらい、時が経つのがはやい......もう3月って。。



その2月の注目だったトランプ大統領の演説は、岡安さん曰く、「大人らしく、無難に過ぎた」とのこと。

発言内容に目新しさはなかったものの、税制やインフラ、移民対策など、「言いたいことには全て言及していた」そう。

加えて、「党内の融和を強調するような発言もあって、やっぱりこれまでの子供っぽさのない、穏やかな演説だった」とも。

そんなイベントリスクを無事通過した後のドル円は、114円台に。

要人による早期利上げ発言もあったなか、ドルが買われる材料は揃い、114円台半ばまでドル高が進みました。

今夜のイエレン議長の講演などを前に、今日日中のドル円はそれ以上ドル高が進むことはありませんでしたが、それでも今夜タカ派的な発言は予想されるわけなので、ドルが強い基調は続きそう。

更に最近のアメリカには「~ぶり」が多いのだとか。

ダウの連日過去最高値更新についてもそうだし、足もとの経済指標も「〇十年ぶりの高水準...」というものが多い。

それは、アメリカが次のステージに進んだことを意味するのそう。

3月利上げが濃厚と見られているFRBですが、やはりそんな中では、早めに利上げしておかないとタイミングを逃したら大変...!

FRB内にはそんな思惑もあるはず、なのだとか。

利上げとなれば、更なるドル高が見込まれますし、「利上げはまだ現状に織り込まれていない」と岡安さん。

ただ、115円台は近いようで遠いそうで。。
あまり急激な円安も批判対象になりかねないし、ドル高円安は進んでもペースは早くないかも、とのことでした。


その岡安さん、来週はいつもの金曜だけではなく、9日木曜もご登場です~!

*******************************************


イベントのお知らせです。
3月9日(木)午後6時から、東京・日本橋 TOCOMスクエアで、マーケット・トレンド」公開生放送&特別番組「2017年世界経済の動きと投資を考える」公開録音イベントを開催します。
生放送と特別番組の2本立てで、番組コメンテーターとしてお馴染みの池水雄一さん・岡安盛男さんが、相場の動きと今後の投資戦略を語りつくします。
来場者全員にはプレゼントをご用意しております。
詳しくはこちら→http://blog.radionikkei.jp/trend/170309event.html


*******************************************

ダウ30年ぶりの快挙もドル買われず...背景に不透明感? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2017.02/24 袰川有希 記事URL

始まりましたね、賛否両論のプレミアムフライデー。
いや、賛2:否8ぐらいのプレミアムフライデー。

数か月後には、導入を決めたオエライ方たちですらシレッと忘れたフリとかしてたりして......。

おっといけない、こんなナナメな見方ばかりしていないで私も楽しまなくてはね。

......とか言っているうちに、番組が終わればもう"プレミアム"感の去ったいつもの夜。
いや~ざんねん!日本の経済活性化に貢献できずで~。

オエライ方々、フリーランスに優しい政策も、今度ぜひに。


それはさておき......。
マーケットはまさに、静かな一週間。

連休明けのニューヨークは、もう少し動きがあるかと思った...。
と、岡安さんも言われたほど。

アメリカではダウが30年ぶりとなる10日連続過去最高値更新。
しかしアメリカの経済指標も引き続き良いものが多かった中でも、なぜか円の強さが続き......。

その理由は、欧米の不透明感にあるのだそう。

ヨーロッパでは次々と選挙が控えるし、アメリカではトランプ政権にやっぱり不透明感。

FOMCの議事要旨やムニューチン氏の発言など、ドル安に動きやすい材料も。
しかし不透明感が、やはり安全通貨の円に向かいやすくさせたのだそう。

同じく買われたのが豪ドル。
資源国通貨としての強さに加え、同じ資源国であるカナダドルより強さが目立ちました。

背景にあるのは、アメリカとの関係性がカナダより薄いということでは、とのこと。

トランプ氏の厳しい''口撃''を受けた中国やメキシコなどと違い、足もとでは名指し批判に挙がっていない日本の円。

一層「安全通貨」としての見方が強まりましたが、豪ドルも似たような位置づけにあるのかもしれません。

来週には注目されていたトランプ氏の演説がありますが、それを通過したらもう3月。
ヨーロッパの政治シーズン突入です。

岡安さん曰くの「政治相場」は、まだまだ続くのでしょうか。



さてさて、我らが岡安さんご出演情報でございます。
こっちの方がプレミアム!?

*******************************************


イベントのお知らせです。
3月9日(木)午後6時から、東京・日本橋 TOCOMスクエアで、マーケット・トレンド」公開生放送&特別番組「2017年世界経済の動きと投資を考える」公開録音イベントを開催します。
生放送と特別番組の2本立てで、番組コメンテーターとしてお馴染みの池水雄一さん・岡安盛男さんが、相場の動きと今後の投資戦略を語りつくします。
来場者全員にはプレゼントをご用意しております。
詳しくはこちら→http://blog.radionikkei.jp/trend/170309event.html


*******************************************

春一番が吹いた中...春にかけドル円は? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2017.02/17 袰川有希 記事URL
吹きましたね、春一番。

室内にいても、いや室内にいるからこそ、強風ってすごい存在感ですよね。
あの音!

ごおおおぉぉぉぉぉ!!
ぎゅびゅびゅびゅー!!
ぶおおぉぉぉぉぉ~!!
ガタガタガタガタッ!!
ビュウビュ...

...あ、もういい?



さて。
先週末の日米首脳会談は、和やかに...和やか過ぎるほど和やかに進んだようで。

19秒間の握手...トランプさんの握力強そうでしたね(笑)

中国やカナダのトップとも電話会談を行い、軟化した姿勢を見せたというトランプ大統領。

岡安さん曰く、トランプさんの「強硬姿勢から現実路線へ」の変貌が見てとれたのだとか。

就任後も強気強気!
......だったトランプさん、ここにきて徐々に変わってきているのでしょうか。


一方のイエレン議長は、利上げに前向き発言。

岡安さん曰く、バランスシートの縮小は、株安・マーケットのパニックを引き起こし兼ねない、とのこと。

ですが、いつまでも縮小に動かないでいるのもFRBとしては困るのもまた事実、だそうで。。

今週発表されたアメリカの経済指標は軒並み好調だったし、トランプさんの大型減税期待もある......。

利上げへの環境は整っているわけですから、3月利上げはあるのではないか、と岡安さん。

春以降はヨーロッパで選挙を控える国が多数あるなど、利上げに向けての不安材料もある。

ですが、そこは時期を逃さないよう、それこそ「アメリカファースト」でいくのかも!? とのことでした。

週末にかけ弱含んだドルも、来週月曜のアメリカの祝日にかけての調整である可能性があるのだそうで......。

これからまた上向いていくのことがじゅうぶん考えれるのだそうです。




さて、我らが岡安さん。
3月はなんと、木曜にもご登場~♪

詳細はこちら~。

*******************************************


イベントのお知らせです。
3月9日(木)午後6時から、東京・日本橋 TOCOMスクエアで、マーケット・トレンド」公開生放送&特別番組「2017年世界経済の動きと投資を考える」公開録音イベントを開催します。
生放送と特別番組の2本立てで、番組コメンテーターとしてお馴染みの池水雄一さん・岡安盛男さんが、相場の動きと今後の投資戦略を語りつくします。
来場者全員にはプレゼントをご用意しております。
詳しくはこちら→http://blog.radionikkei.jp/trend/170309event.html


*******************************************
いよいよ日米首脳会談...アベトラはシンドナへと変貌するか? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2017.02/10 袰川有希 記事URL


いよいよですね、日米首脳会談。
別名、ゴルフ対談。もしくは、アベトラ会談。。

"アベトラ"ってまだ言っている人少ないですけど、私はなかなか語呂がいいと思っています。
......何目線だか。。


さて、今週のマーケット。

先週金曜発表のアメリカ雇用統計は雇用者数が予想を上回ったものの、賃金上昇率が伸び悩み、結果ドルが売られる展開に。

ヨーロッパでは、ECBが緩和継続を示唆。
更にはフランス大統領選における有力候補とされていた元首相のスキャンダルが報道されるなど、ユーロ売りの材料も。

しかし、なんといっても今週の注目は、これから予定される日米首脳会談。
それまではマーケットは大きく動けない...と思われていたところに、なんとまたまたトランプ発言が。

「税制などについて、向こう2~3週間に驚きの発表がある」

これを受けて、アメリカでは3指数そろって過去最高値更新、東京では日経平均が471円も上昇。

一番様子見かと思われた日が、こんなにも盛り上がる結果に......。

しかしトランプさんが「向こう2~3週間」と言っていたように、しばらくはハッキリしないわけで......。
やはり目下の注目は週末の日米首脳会談。

安倍総理、トランプさんから「シン」なんて呼ばれ、ご自身も"ドナルド呼び"できるぐらいに懐柔...いやいや、打ち解けられるのでしょうか。



アベトラからシンドナへ......こっちの語呂もなかなかではないの。うん。

私「安倍総理、会談が終わる頃には"シン"なんて呼ばれるほどになっているといいですねぇ」
岡安さん「うーん、それはそれでどうだろう」

だ、そうです。
......考えが安直でした。。

主要国イベントを通過し、雇用統計を経てのドル円水準は? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2017.02/03 袰川有希 記事URL

混んでる...デパートの食品売り場、激混みなんですけど、、なにごと!?
今日寄った某店で、目を丸くした私。

なんとその混み具合、各店が売り出していた恵方巻が起こしていました。

恐るべし、日本人の行動力と購買力。。
経済が回るってこういうことね、、と、各店の行列を見ながら日本人の逞しさに感心した私でした。


さて。
日米欧で金融政策に関するイベントがあった今週。

日銀は現状維持、FOMCも「前回を踏襲したような内容だった」と岡安さん。
そしてイギリスでも現状維持。

主要各国の政策に大きな変化が見られなかったなか、マーケットを動かしたのは、やはりトランプ大統領の発言でした。

日中韓を名指ししての「為替操作」指摘は、ドル円を動かしたものの、それでも112円を割ることはなく。

このトランプ大統領の発言に関しても、「日本は何年も為替操作などいしてない」と岡安さん。

単なるトランプ大統領の認識不足なのか、それともわかっていてあえて、の発言か...。

もし後者なら、岡安さん曰く「そうとうなもの」なのだとか...空恐ろし...。。

とは言えドル売りも限定的だったわけなので、かえって底固めしたかもしれないとのことでした。

今夜は雇用統計があり、こちらももちろん注目なのですが、完全雇用状態のいま、例え数字が悪くてもマーケットへの影響は限定的では、とのこと。

それにトランプ大統領があれだけ雇用雇用と叫んでいることから、一時的な悪い数字はすぐ戻るだろう、とも。

今後のドル円の見方としては、雇用統計を通過した時点で114円近辺にいるかどうか、だそう。

来週は今週ほど大きな経済イベントは少ないものの、トランプ発言でどう動くかは相変わらず読めませんね。



ちなみに恵方巻、私はどうしたかというと、、、はい、スルー。

経済活動に貢献せず、ごめんなさい...。
か、関東人なもので......。
トランプ劇場開幕...一週間でマーケットは早くも"霧晴れ"!? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2017.01/27 袰川有希 記事URL


トランプ大統領が誕生して、はや一週間...いや、まだ一週間。

発言がトガりすぎて、他国を置き去りにグイグイと進めすぎて、ツイートも相変わらずで......

トランプさん情報の多さに、なんだかそろそろ新大統領のモノマネができそうな気がしているのは、私だけ?



注目されていたトランプ氏の就任演説から一週間。

その演説内容含め、その後の動きも全てが「保護主義」「自国第一主義」を、まさに地でいくものでした。

NAFTAの見直しやメキシコとの壁、TPP離脱など、様々な問題に対する姿勢はまさに「強行」。

しかし岡安さん曰く、「マーケットは霧が晴れた状態なのでは」とのこと。

マーケットは不透明さを嫌うもの。
トランプさん、やっぱりこんな感じでいくんだな、と判明したことは、逆に市場に今後の方向性を示したことになったのかもしれません。

新財務長官のドル高牽制発言があったなか、ドル円は112円台半ばまで強含んだものの、週後半にかけては再び115円台へ。

更に115円50銭という、テクニカル上強いレジスタンスとなっているラインをもし抜ければ、ドル円は118円...120円......と、スルスルと進む可能性も考えられるのだとか。

そして、イギリスではポンドが強い動き。
英国最高裁がEUからの離脱通知前に議会承認が必要とした、とのニュースが伝わった直後は売られたそうですが、すぐに買い戻されたのだそう。

岡安さんが「ミニドル」と呼ぶポンドは、やはりドルと同じような動きになっているようです。

この先はFOMCや雇用統計が待っており、また中国が長期のお休みに入っていることから不安材料も少ない、と岡安さん。

次の一週間でまた、展開は進みそうです。



「トランプさんの声って特徴ありますよね」

トランプさんの姿を観すぎて、声を聞きすぎて、お腹いっぱいの私がそう言うと、

「聞き取りやすい発音だよね」と岡安さん。

あ、そこね......。

英語ができる人とは、感想まで違うのね。。
大統領就任式目前!今後の展開は、発言次第!? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2017.01/20 袰川有希 記事URL


新大統領が、就任式でどんな発言をするのか→世界の関心
次期ファーストレディは、なぜあんな10㎝ピンヒールで颯爽と歩けるのか→私の関心


...てなわけで、いよいよ日本時間の今夜ですね。
アメリカ大統領就任式。

就任を目前に控え、アメリカに注目が向かいがちだった今週。

先週末にあったというトランプ氏のドル高牽制発言は週を明けて伝わり、ドルは112円台半ば近辺に。

その後、次期財務長官による「強いドルは重要」との発言から今度は買われ、115円台へ。

思えば今年の東京マーケットが始まった頃は118円台でしたから、年が明けても「トランプ混乱相場」は続いている、といえそう。

当選後のうって変わった紳士的な発言から一転、先日の会見では「トランプ節」炸裂...と、そのたび振り回されてきたマーケット。

そんな中ではどうしても、就任式での発言に注目が集まります。

様々な政策、そして金融政策についてどんな発言があるのかで、来週からの動きに影響があるのは確実でしょう。

混乱や不安を招く展開なく、この就任式が無事済むこと...なおかつ、マーケットが再び新大統領に期待が持てるような発言と振る舞いがあること......ほんと、期待したいですね。

アメリカに目が向きがちだった中ではありましたが、今週ヨーロッパでも動きが。

イギリス・メイ首相、そしてECBドラギ総裁の発言。

ドラギ総裁が否定した量的緩和の縮小に関しては、ヨーロッパ各国で思惑が割れているとのことですが、ユーロやポンドの上値の重さはドルの強さに繋がっている、と岡安さん。

ヨーロッパも今年政治イベントが多く控えていますし、今年の世界情勢にはよりマーケットは敏感になりそうですね。


さぁ就任式。
トランプ氏から、どんな発言が飛び出すのか。

メラニア夫人や娘のイヴァンカさんは、なぜあんなバービー人形のようなスタイルをキープできるのか。
なぜ一家あんなに揃って美形なのか......リッチであのルックス、ズルくない!?

......ん?あ、すみません、つい私情が。。
トランプ乱高下相場...来週に迫った就任、その後は? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2017.01/13 袰川有希 記事URL


「黒は女を美しく見せるのよ」
とは、某映画で女性が少女に言ったセリフ。

今日の私は、黒のニットに黒い靴、コートも黒......あら~条件だけは当てはまってたりして!?

といっても私の場合、「迷ったら黒着ときゃ、なんとかなる」という、およそいい女的要素には似つかわしくない理由...。
たとえ汚れても目立たないしね、とか考えている時点で、程遠いったらありゃしない。。くぅ...。


さてさて。
先週末発表された12月の雇用統計は、予想を下回ったものの、失業率の低さや賃金上昇率の改善などから、「雇用の質は高まっている」のだそう。

アメリカはほぼ完全雇用の状態。
大きな企業が人を雇い上げ、より良い人材を求めて企業はお給料を上げ...という構図なのだとか。

そんな中ではドル高に向かいがち...と思いきや、今週の注目イベントだったトランプ氏の初会見は、悪い意味での「注目」となってしまいました。

期待されていた政策への新たな言及はほぼなく、記者たちとの喧嘩腰のやり取りは大統領としての威厳も品格も感じられず...。

唖然とする中、ドル円はみるみる上昇、なんと113円台にまで。

当選後の人が変わったような紳士的な発言はなんだったのか...。

まさかの円安株高になった当選後から、今回の会見で暗転。
そしてやってくる、 20日の就任...今度はどうなるやら。。

その他、今週の注目はポンドなのだとか。
英国メイ首相の発言からハードブレグジッドが懸念され、ポンドが売られましたが、自国通過安の恩恵を見込んで英国株は連日のように過去最高値更新。

ヨーロッパは今年も多くの政治リスクを抱え、ユーロが弱くなることも考えられるため、その時がポンドの動きの転換点かもしれない、とのことでした。


黒を着てもいい女に見えない私ですが、さすが岡安さんは黒がお似合い!

「黒は男を素敵に見せるのよ」ってそういえば、別の映画のセリフで............ないか(笑)
伊勢海老と迎えた新年一回目の放送...今年も相場は騒ぐのか? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2017.01/06 袰川有希 記事URL

こういうの、外国の方が見たら喜ぶんでしょうね~。
「これぞカガミモチ!」と言いたくなってしまう、立派過ぎる鏡餅。

真ん中に飾られている伊勢海老、なんとホンモノなんだとか。
もちろん、何日も飾るので食べることはできないのだそうで。。

この伊勢海老くん、人生ならぬ"エビ生"としては、即食べられるのと、こうしてずっと飾れるのは、どっちが幸せなのかしら......。

やはり、食べられてナンボなのか?いやいや、こんな立派な鏡餅の飾りに選抜されて皆からおめでたがられるなんて、なかなかないエビ生ではないのか?

いやしかし......。。

人生いろいろ、エビ生もいろいろなのね......なんて思わず考えてしまった、年始の私でした。

......え、ヒマ人?


さてさて。
水曜から始まった今年の東京市場。
たった3日間で3円50銭ほども動くなど、年初から大きな動きになりました。

発表されたアメリカの経済指標は軒並みよく、ドル買い要因だったはずですが、今朝は中国元の動きに影響されたとのこと。

そんななか、今夜はアメリカの雇用統計が。
この結果を受け、ドル円は115円を割れるかどうか...これが今後の動きを決めそう、と岡安さん。

ただ、たとえ雇用関連の数字が予想を下回っても、よほど悪い数字でない限りそれを悪材料にする必要はないのでは、とも。

アメリカが完全雇用に近い今、これからは「量より質」で見られるようになるのだとか。

さていよいよ2017年、トランプ政権が始動となります。
ヨーロッパでは、政治イベントも多い年。

トランプ氏が当選した後の相場は意外な円安ドル高となりましたが、実際に誕生した後どんな動きになるのか?

読めません...去年あれだけ予想外の動きになりましたから。
去年に続き、酉年は騒ぐ年、ですから...。

それでもやっぱり聞きたい、今年のドル円予想レンジ。
岡安さんの予想は...

"110~130円、往復40円幅"、なのだそう。
さて、皆さん忘れずメモして年末に答え合わせを...なんて、やめましょう(笑)

「年始の予想なんて、当たらないもの。それでも予想する」by 岡安さん

...とのことですから、お手柔らかにひとつ。。


そんなこんなで始まった、2017年。
いったいどんな動きになっていくか、岡安さんの言う通り読みは難しいものですが。。

リスナーの皆さまにとって少しでも良い年であることを祈っています。

......あ!肝心なことを申し上げるのを忘れておりました。


「新年あけましておめでとうございます!!」






-------------

ここで、東京商品取引所(TOCOM)主催セミナーのお知らせです。

激動の2016マーケットを"寸劇"で振り返り、2017を考える。
<劇団:コレモナニカノ円×E-factory 新春特別公演>
「金融寸劇セミナー:トランプ大統領誕生!日本経済これからどうなる!?」
新年1月11日(水)18:45~ 東京・日本橋TOCOMスクエアで開催します。

激動の2016年マーケットを金融寸劇&解説で振り返りながら、
2017年の展望を考える特別公演を開催いたします!
金融寸劇の脚本・構成・解説は、金融ジャーナリストの川口一晃さんです。
(川口さんは、同日18:00~の「マーケット・トレンド」にコメンテーターとしてご出演予定!)

この公演に50名様を無料ご招待いたします。お申し込み受付中。
詳しくは、下記のバナーをクリックしてください。

達磨と迎えた大納会...今年もありがとうございました! [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2016.12/30 袰川有希 記事URL



触れずにはいられない、このインパクト......。
今日の写真、完全に達磨が主役です(笑)

達磨そのものも久しぶりに見た気がしますが、こんなに大きなものは尚更。
もちろん、スタジオのあるTOCOMスクエアにあります。

目にした段階で、岡安さんも私も「今日の写真は、達磨と」の意見で一致。
ちなみに、スタジオのすぐ横にある正面玄関には、立派な門松も。

そこでの撮影は、異議アリで、却下。
外だし、寒いので。

......はい、"異議"は私が唱えましたが、なにか?笑



さて、2016年最後の放送になった今日は、岡安さんに一年の総括をしていただきました。

120円水準で始まったドル円は、1月のチャイナショックで円高に。
同じ1月に、日銀によるマイナス金利導入決定もありました。

...今年のことだっけ!?と思ってしまうこれらですが、それはひとえに格言通りに「騒いだ」年だったからもしれません。

6月のブレグジットショック。
11月のトランプショック。

歴史に残る、と言ってもいいこれらの出来事のインパクトで、それまでの記憶が薄らいでしまったと言っても過言ではなかったですから。

その結果ドル円は、100円割れ→118円台後半、と大きな動きに。

いわゆる「往って来い」ですが、100円割れの時期を考えると、ほんとに見事なV字です。

そうして迎える来年は、いよいよトランプ大統領が誕生。

まずは"100日間"に注目が集まるのだと思いますが、そもそも全ての公約が守れるのかに疑問符がついているとはいえ、ドルの強さにかげりが出るタイミングがどこかに来るかも、注目点だそう。

ヨーロッパは政局の行方でユーロが弱くなる可能性も、とのことでした。

その2017年も、もうすぐそこ。
申年同様「騒ぐ」年と言われる酉年の来年ですが、良い騒ぎになるといいですね。



改めまして。
リスナーの皆さま、今年一年番組をお聴きくださり、本当にありがとうございました!
感謝感謝です!!

どうか皆さまの2017年が、素晴しく幸せなものになりますように!!!

そして岡安さんが番組最後におっしゃった「抱負」......岡安さん、良いご報告待ってますよー!

それでは皆さま、良いお年をお迎えください。
また来年も、番組をどうぞよろしくお願いいたします!








-------------
ここで、東京商品取引所(TOCOM)主催セミナーのお知らせです。

激動の2016マーケットを"寸劇"で振り返り、2017を考える。
<劇団:コレモナニカノ円×E-factory 新春特別公演>
「金融寸劇セミナー:トランプ大統領誕生!日本経済これからどうなる!?」
新年1月11日(水)18:45~ 東京・日本橋TOCOMスクエアで開催します。

激動の2016年マーケットを金融寸劇&解説で振り返りながら、
2017年の展望を考える特別公演を開催いたします!
金融寸劇の脚本・構成・解説は、金融ジャーナリストの川口一晃さんです。
(川口さんは、同日18:00~の「マーケット・トレンド」にコメンテーターとしてご出演予定!)

この公演に50名様を無料ご招待いたします。お申し込み受付中。
詳しくは、下記のバナーをクリックしてください。

 全30ページ中16 ページ   前の10件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 [16] 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 次の10件