「大納会」から今年最後の生放送!2018年予想レンジも必聴! [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2017.12/29 辻留奈 記事URL
今日は16時から大納会がありました!

来年は電力先物の上場と中国市場に力をいれるとTOCOMの濵田社長から挨拶がありました。
手締めを行った小野里執行役は
「来年はイヌ年だけにワンダフルな年になるでしょう」とのこと。
戌笑う1年となるでしょうか!?


年内ラストですが、岡安さんは、肩が痛そうです。
でも、この写真だと腕を固定しているギプス風なものがカバンにみえてしまうのが不思議?
(岡安さん、今日の放送は気合をいれて、出演してくださいました!)


クリスマス休暇明けも、海外勢は静まり返ったまま。
ドル円はほとんど動かない1週間でした。
「今年は、日米ともに株高で、もう充分に収益が得られた投資家が多く、
クリスマス休暇以降もマーケットに参加せず、お休みに入った」と語る岡安さん、
そんななかでも、今週のドル円レンジは、これからのトレードで重要だと教えてくれました。



クリスマス前後のレートは大事

 ↓
なぜ?
 ↓
クリスマス休暇前は、ポジションを軽くした(=ポジションに偏りがない)ニュートラルなレート。
つまり、上下しても、また戻ってくるレベル。
「このレンジは頭にいれてトレードすべし!!!」と岡安さん。




2018年のドル円の見通し、予想レンジもうかがいました。


岡安さんのレンジ予想、けっこう強気(!?)なんじゃないでしょうか!
そして、高値と安値をつけるのは1年の、どの時期なのか、もうかがっています。

にわかにマーケットに広がる「日銀のテーパリング」論について、
それが現実になるときのドル円の水準を織り交ぜながら、お話いただきました!

聴き応え満載ですので、ぜひオンデマンドで内容をご確認ください!
新年入りして、すぐ参考になる情報も入っています。


それでは皆さん、良いお年を~
今年もマーケットトレンドをお聴き頂き、ありがとうございました!



---------------------------------------------------------------------------

ラジオNIKKEIからお知らせ

今週1週間は「ラジオNIKKEIリスナー感謝祭」と題して、
リスナーの皆さまに感謝の意を込め、各番組から、たくさんのプレゼントをご用意いたしました。
「マーケット・トレンド」からも岡安盛男さんの新版をプレゼント!
詳しくはこちらのページをご覧ください。
http://www.radionikkei.jp/kanshasai/
米税制改革は「織り込み済み」なのか、どうか? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2017.12/22 辻留奈 記事URL
こんばんは、辻留奈です。
岡安さんが欲しがっていた「CX・FX・ストックダイアリー2018」
私もさっそく使っています。

経済指標のでる時間などが書いてあって便利なんですよ~
「データブックとしてご利用ください」と岡安さん。
私も番組進行のおともに使っています。
(この手帳に色々書き込んでいくと、岡安さんにつっこまれても大丈夫!なはず 笑)
先着順とはなりますが、12月28日(木)のマーケットトレンド公開放送に
お越し頂いた皆さんへプレゼント!
東京・日本橋のTOCOMスクエアでお待ちしています♪
みんなでオソロにしましょ~う





さて、今週はなんといっても「米税制改革が両院で可決」されたことが大きな材料。

しかしながら、息をひそめるドル円。
なぜ米税制改革後のドルは、思ったほど買われなかったのか?



『 米税制改革は織りこみ済みなのか、否か? 』



今週の岡安さんはここに絞って、徹底的に解説しています!

この丁寧な解説は、来週のドル円レンジ予想だけでなく、
年越し後、新年の予想にまで繋がっていますので、オンデマンドでぜひお聴きください!!!




【そのほか、今週のおさらい】

●南アフリカ 与党党首選でラマポーザ副大統領が勝利。
 (→ランド円は8.95円まで上昇。)
●オーストリア 国民党(中道右派)と自由党(右派)の連立政権。極右が政権入り!
 (ユーロは思ったほど売られず。利上げ期待で上昇。)
●スペイン カタルーニャ州議会選挙 独立派が勝利。
 (ユーロの下げ幅は限定的、利上げ期待で上昇。)
●日銀金融政策決定会合
 「リバーサルレートは学術的な分析にすぎない」と黒田総裁。
 緩和縮小か?というこれまでの市場の思惑を否定し、緩和継続を明言しました。




さて来週は、今年最後の週です。
マーケットトレンドぜひお聴きくださいね!
来週金曜日は、大納会です!




ドル円の上値をおさえたもの、それは・・・ [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2017.12/15 辻留奈 記事URL


こんばんは、辻留奈です。
岡安さんの手元には・・・・・いつもより少しオシャレ度の高いお水。

なぜなら、そう、明日は岡安さんのお誕生日~
(水を注いで飲んでいるのに、日本酒にみえてしまうのは、岡安マジック!?)
年齢は忘れてしまったそうで、教えてもらえませんでした 笑
岡安さんにお誕生日メッセージをお寄せ頂いたリスナーの皆さん、ありがとうございます!



さて、上値が重たいドル円。
週の前半は113円後半を試していたドル円ですが、
FOMCや指標発表などのイベントを通過し、週の後半には112円台前半までドルが下落。


【ポジティブな材料】

●トランプ大統領がインフラ投資計画を発表する方針という報道。
●米PPI(生産者物価指数) 6年ぶりの上昇幅
●米税制改革は、2018年から法人税を21%にさげる案で大筋合意。



【ネガティブな材料】

●米アラバマ州の補欠選挙で、セクハラ問題を抱える共和党議員が敗れ、
 共和党51:民主党49という微妙な議席数に。今後の法案可決や中間選挙には暗雲。
●米CPI(消費者物価指数) コア指数が+0.1%と予想の0.2%を下回り、ドル売り。
●FOMC 予想通り、利上げを実施も(来年は3回の利上げ見通し)ドル売りに。



ネガティブな材料と、ポジティブな材料が同程度あったものの、
「どちらに反応しようか」という投資家の迷いは、
「リスクオフ」として表れ、ドル円の上値をおさえたと岡安さん。


クリスマス休暇を前に、このあとドル円がどのように動くのか?
来週の予想レンジと注意点を岡安さんがお話しています。

またBOEは、ブレグジット懸念から「利上げは慎重に」
という声明をだしましたが、ポンドは強い状況。
その理由も解説しています。


聞き逃した方はオンデマンドでCHECK!


それでは、来週も1週間マーケットトレンドをお聴きのがしなく!!
ドル円上昇の条件、さらにそろう! [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2017.12/08 辻留奈 記事URL
こんばんは、辻留奈です。


先週金曜日にロシア疑惑で急落し瞬間、111円40銭をつけたドル円ですが、
今週は112円台~113円ミドルを中心に推移。
111円台には強い買い意欲があり、ドル円は底堅さを再確認する1週間となりました。



岡安さんのお話では、
ドル円の上値を抑えていたものが少しずつ取り払われているとのこと。


その① アメリカ税制改革は1本化にむけて前進中!

その② アメリカ暫定予算期限の延長!債務不履行を回避!
   (2週間のつなぎ予算で可決)

その③ イギリスのEU離脱交渉が3分野で合意!
   (清算金・在英EU市民と権利・アイルランド国境問題)
    →ユーロ売り、ポンド買いでユーロポンドが動いています。

その④ ドイツ 大連立政権樹立期待
    →ヨーロッパの右傾化懸念の後退。


全般的に安心感が広がっているマーケット、
先週に引き続き、そろうドル円上昇の条件。


トランプ大統領の「エルサレムをイスラエルの首都に!」問題は
長引く可能性がありますが、
今後マーケットにずっと影響を与えるというよりは、
北朝鮮問題のように「突発的」にマイナスに反応する材料となりそうだと岡安さん。


このあと雇用統計やFOMCを控えますが、
はたして岡安さんの来週のドル円予想レンジは?


オンデマンドでご確認くださいね!


それではマーケットトレンド、来週もお楽しみに~


ドル円上昇の条件、整う!! [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2017.12/01 辻留奈 記事URL
こんばんは、辻留奈です。
本日は岡安さんの本、プレゼントDAY!
放送後に岡安さんのサイン入り本をお渡ししました。

岡安さんのファンの方からは、チョコレートの差し入れが。
あれ?バレンタインデーでしたっけ?
(って、ファンの方は男性でした 笑)



さて、今週は北朝鮮がミサイルを発射し、
ドル円は瞬間的に売られましたが、大きな影響はありませんでした。


そして、今週も注目点は「米税制改革」。
共和党上院で可決されるか?という期待でドルが買われる場面もありましたが、
今日1日午前の時点では、上院での採決が延期になったことが伝わっています。
上院で採決されれば、次は上院と下院の案を一本化していく行程に入ります。
来る中間選挙に向けて共和党としては、民主党に負けないために
なんとしても案を通したいところ、「どこかで歩み寄りがある」と岡安さん。


要人発言にも注目が集まりました。
パウエル次期FRB議長の発言は、イエレン議長の路線を踏襲するということで
材料とはならなかったものの、「安心感」が広がりました。

一方で、最後の議会証言となるイエレン議長は、利上げに「非常に前向き」な発言。
また「住宅価格の高さが気になる」と資産バブルについても言及しました。
たしかに直近のアメリカの住宅関連の指標も強いものがでています。


イエレン議長の発言からもアメリカの強さは際立ちますが、
今週発表されたGDPは+3.3%と、
予想を上回る非常に強い数字となり、ドル円は112円台しっかり。
NYダウも節目の24000ドルを越えました。


ここまで、アメリカの強さを裏付ける内容。


ドル円上昇の条件は整った!!!!!!


さて、岡安さんのドル円の予想レンジは?
また長期的な目線で「ポンド」の見通しも伺いました。
さらに来週の注目通貨もオンデマンドでお聴きくださいね!



本日、公開放送にお越し頂いたみなさん、ありがとうございました!
まだ来たことがないという方も、ぜひTOCOMスクエアに遊びにきてくださいね。

ドル売り材料はない? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2017.11/24 辻留奈 記事URL
こんばんは、辻留奈です。
岡安さん、本のプレゼントが今日と勘違いして、おめかししていたそうです笑
「1週間ずれちゃった」なんて、はにかみながら岡安さんが言うので
私もスタッフもみんなクスクスしてしまいました。
みなさん、来るイベントは来週ですよ~!


さて今週は、思いのほかドル安円高が進み、下値は111円07銭をつけました。
この動きは、感謝祭などで商いが薄いなか、
良い材料と悪い材料があるうちの、悪材料にだけ敏感に反応した
「ポジション調整」と話していた岡安さん。


月曜日には、次期政権に向けて、ドイツのメルケル首相の
三党連立協議が決裂したことから、ユーロ安になりました。
このまま少数与党を築くのか、再選挙を選ぶのか、今後が気になるところです。


そして37年の長い政権に幕が降りて話題になった「ジンバブエ」
についても解説して頂きました。
国債の裏づけのないお金を大量にすり続け、
ハイパーインフレに陥ってしまった国です。
1ジンバブエドルが「3.5京」ドルという
天文学的な額になり、ジンバブエドルはなくなってしまった過去があります。
現在の通貨は、米ドルや人民元、日本円などの入ったバスケット制です。


「年末商戦にむけて、アメリカの景気はいい」
ブラックフライデー・サイバーマンデーと消費を喚起するイベントが続き
アメリカの消費は上向いていくとされるなか
ドル買い材料は多いと話していた岡安さんですが・・・

果たして来週のドル円は反発するのでしょうか?
岡安さんの来週の予想レンジと注目イベントはオンデマンドで確認してくださいね!


そして、来週金曜日は、岡安さんも私もおめかしして!?
みなさんが公開生放送に遊びにきてくださるのを楽しみにしています!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
12月1日(金)午後6時~、東京・日本橋TOCOMスクエアへ
「マーケット・トレンド」公開生放送にお越しいただいた皆さまに、
「新版・岡安盛男のFXで稼ぐ51の法則~本当の実戦力をつけるFXトレード教本」をプレゼント!
(※先着順につき、なくなり次第終了です)
ドル円、下落が続くのか? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2017.11/17 辻留奈 記事URL


こんばんは、辻留奈です。
マイクの前にスタンバイすると、ダンディーな岡安さんのお顔がお出迎え~
岡安さん、新版の本だしたんですって!
太っ腹なことにプレゼントしてくれるとか、詳しくはブログの最後へ。


さて今週のドル円は、
安値が112円39銭・高値が113円90銭と狭いレンジでの動きとなりました。
15日水曜日に、NYダウ、日経平均、ヨーロッパ株と軒並み株安となり、
リスクオフの円高に、今週の下値112円39銭をつけました。


そんななか、岡安さんが注目したのは、今週の「ポンド」の動き。

イギリスのメイ首相に逆風。
保守党40人の議員がメイ首相の不信任案にサイン。
政権交代には充分な人数、さらにあと8人でメイ首相交代もありうる状況。
これを受けて、月曜日にポンドは下げましたが、この後からは逆にポンドは上昇に転じました。

なぜ上昇に転じたのか?
「メイ首相の退陣は必ずしも悪材料ではない」
つまり、ブレグジッドしない可能性がでてきて、
そのほうが、イギリスにとって良いのではないか、という思惑からです。
それにより、ブレグッドで売られたポンドの巻き戻しが入ったと岡安さんは話していました。


また、来週からもアメリカの税制改革は引き続き、焦点となりそうです。
今週は下院で予算案が可決されましたが、上院でも可決されるのか?
来週はアメリカで感謝祭があり、それまでに動きがあるのか?

果たして、来週もドル円の下落は続くのでしょうか?

ということで、気になる岡安さんの
ドル円予想レンジ&注目の通貨はオンデマンドでお聴き下さいね。

来週も「マーケットトレンド」聴いてくださいね~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
12月1日(金)午後6時~、東京・日本橋TOCOMスクエアへ
「マーケット・トレンド」公開生放送にお越しいただいた皆さまに、
「新版・岡安盛男のFXで稼ぐ51の法則~本当の実戦力をつけるFXトレード教本」をプレゼント!
(※先着順につき、なくなりしだい終了です)
なぜ動かない? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2017.11/10 辻留奈 記事URL
こんばんは、辻留奈です。
2週間ぶりですね!
岡安さんの「どうだ!!」といわんばかりの表情。
今週のドル円の予想レンジにも期待がもてそう!?


下値は113円10銭、上値は114円74銭と、ドル円はあまり動かない2週間でした。
それでもイベントはもりだくさん!

FRB議長人事はパウエル氏にようやく決まりましたが、
フィッシャー氏とダドリー氏が辞めることも伝わり、今後FRBは少し不安定に?

雇用統計では平均自給は横ばいだったものの、雇用の強さが確認されました。

サウジアラビアは内政混乱が伝わり、WTI原油が57ドル台に。

アメリカの法人税減税額は、当初6兆ドル規模と伝わっていましたが、
いつの間に1.5兆ドル規模に。
さらには1年先送りの報道も伝わり、円買い・ドル安が進みました。
しかし、113円10銭でさげどまったところに岡安さんは注目!



【各国の金融政策決定会合のおさらい】

日銀:現状維持、緩和を続ける。出口戦略を語るのはまだ時期ではない。
FOMC:現状維持、景気判断は上方修正。
BOE:10年ぶりの利上げをするも、ポンド円は151.48→149.63と売られました。
   まさに「噂で買って、事実で売る」の相場格言どおり。
RBA:現状維持。豪ドルはあまり動かず。
NZ:現状維持。薄商いのなか、ニュージーランドドルは上昇。
  

さて、絶好調の岡安さん、今週の予想レンジは?
そして11月のアノマリーとは?
オンデマンドで確認してくださいね!


来週月曜日は、山本かおるさんの担当です!お楽しみに~
決まりそうで決まらないものといえば・・・ [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2017.10/27 辻留奈 記事URL

こんばんは、辻留奈です。
ハロウィンナイトがやってくる~

今週、日経平均は16連騰を記録、
また今日の終値では21年ぶりに2万2000円を回復。
株価が強いなか、ドル円はというと、下値がじりじりとあがってきた1週間でした。

●トランプ大統領の税制改革 
4兆ドルをアメリカに呼び戻す?

●FRB後任人事
「もうすぐ決まる」と言われつつ、決まりそうで決まらない・・・・。
共和党議員の挙手投票では「テイラー氏」が多かったとか、
またある日には、「パウエル氏」か「テイラー氏」に決まりそうという報道も。
全てはトランプ大統領の気分しだい?マーケットへの影響は?

●株高・原油高・米金利高
 リスクオン相場、本来ならドル円118円くらいでもいい?出遅れ感?

●ハト派的だったECB理事会
 予想通り、新規資産購入額を600億ユーロ→300億ユーロに。
 今年末までとしていた買い入れ期限を来年9月末まで延長。
 発表直後、ユーロドルは1.18ドル台から1.17ドル台前半へ下落。

●本日のアメリカGDP(7-9月期)速報値に注目
 予想は+2.6%でしたが、実際は+3.0%と強い指標に。
 ドル円は114円10銭台から114円45銭まで上昇。


さて、来週にむけて、注目ポイントは?
来週のドル円の予想レンジは?
オンデマンドでご確認ください。


アメリカ・日本・イギリスと中央銀行の金融政策決定会合や
雇用統計と控えている来週ですが、
金曜日が祝日のためお休みです。
また再来週~

月曜日は、山本郁さんです!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
番組内でご案内した、10月31日(火)TOCOM×サンワード貿易共催セミナーについて、詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.tocom.or.jp/jp/event/2017/20171019.html
TOCOM×サンワード共催セミナー

とにかく株価が強い!日本橋も賑やか!さて為替は? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2017.10/20 辻留奈 記事URL
こんばんは、辻留奈です。
今日のTOCOMスクエアの背景には提灯がずら~り
「べったら市」が開かれていて、500軒近くの露天が出揃っていました。
岡安さんも私も浮かれ気分で、ついついお漬物を購入。
(手にもっているのは、べったら漬けです)
毎年10月19、20日に開かれるということで、来年も待ち遠しいです!


さて、日経平均は14日続伸、56年ぶりの高値、NYダウも史上最高値をつけています。


●9月アメリカCPIは予想を下回り、ドル売り。
 ドル円は112円20銭→111円70銭に。

●オーストリアの下院選挙では、第1党に「反難民」の国民党、
 第2党は極右の自由党と右傾化し、ユーロ売りに。

●フィラデルフィア連銀製造業景況指数ではアメリカ経済の強さが確認され、
 ドル円は、重たかった112円50銭を突き抜け。

●きょう(20日)午前10時30分ごろ
 アメリカの税制改革 予算決議案が可決されたという報道を受け、ドル円は113円台に。

このような1週間でしたが、岡安さんぴったりのレンジ予想でした。
気になる来週の予想レンジやいかに!?

週明けには日本の選挙の結果が明らかになり、
FRB人事もそろそろ決着をむかえそうな気配。
来週はECB理事会も控え、その動向に注目が集まります。

岡安さんはブルか、ベアか?

オンデマンドでご確認くださいね。

それでは、月曜日の山本郁さんにバトンタッチです!
 全30ページ中12 ページ   前の10件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 [12] 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 次の10件