ユーロはドラギマジック! [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2018.03/09 辻留奈 記事URL
こんばんは、辻留奈です。
今日のブログタイトルは、岡安さんがドヤ顔で放った一言にしました。


ドイツの大連立政権発足とイタリア選挙というイベントは無事に通過しました。

またECB理事会では、全会一致で、
声明文から「必要に応じ、QE規模拡大」の文言が削減されました。

タカ派の声明文に、ユーロは買われましたが、
その後のドラギ総裁の記者会見では
「物価の見通ししだいでは、量的緩和が拡大する可能性もある」とマーケットをけん制、
またトランプ大統領の保護主義にも言及し、結局ユーロは売られて終わりました。

ユーロ高になると、物価を押し下げてしまうため、
ユーロ高にならないよう上手に発言で調整する「ドラギマジック」となりました。


ユーロドルは日足で、ダブルトップ(1.25)をつけたあと、
ネックライン(1.2150)を割り込まず、
1.25~1.22のレンジ相場に入ったと岡安さんは話していました。


あとはドルしだい。


今週はドルに影響する出来事がたくさんありました。


5月までに応じるとされた米朝首脳会談、
カナダ・メキシコを除外した鉄鋼輸入制限(日本に圧力がかかるならば円高)は
今後のドル円にどう影響していくでしょうか。

さらには今晩の雇用統計の賃金の伸び率に注目ですが、
前回のように2.9%に近い数字がでると、また金利上昇を嫌気して、株価が急落となるのか?
そのあたりの岡安さんの見立て&ドル円の予想レンジは、オンデマンドで聞いてくださいね。


それではまた来週!


アメリカ輸入制限&黒田総裁の出口戦略 [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2018.03/02 辻留奈 記事URL
こんばんは、辻留奈です。
TOCOMスクエアにくると、こんなに楽しいよ~と体いっぱい表現。

コーヒーがおいしい! 本も読みたい放題!
私も実はTOCOMで商品先物入門の本を買いました。
居心地のいい場所ですので、ぜひお気軽にお越しくださいね。



さて、クロス円主導で売りが強まっています。
本日のドル円はさえない動き、
3月2日の日経平均株価は一時600円を超える下げとなりました。


経済指標はISMをはじめ歴史的にみても強い水準、
景気はいいのに、米株・日本株ともにさげています。


その理由は・・・・

●トランプ大統領の鉄鋼輸入制限(対中国)
 
 安全保障上の脅威となっているということで、
 鉄鋼25%、アルミ10%の追加関税を課す方針を発表。
 これに対し、EUやメキシコ、カナダはすぐさま反発。
 
 詳細は来週明らかになるということですが・・・
 状況によっては、日本も含め、為替圧力がかかる可能性も否定できません。
 


●黒田総裁「2019年度ごろ物価目標達成なら出口検討」
 
 なぜ今、このタイミング?と感じた人も多いかもしれませんが、
 常にくすぶる日銀出口戦略へのマーケットの思惑に対して
 「議論は2019年度ごろ」と示されたことがポイントと、岡安さんは話していました。
 
 ドル円に関しては、仕掛け的な動きも入りつつ、
 2週間前につけた155円55銭に近づいてきています。
 そのあたりにはストップロスもあるといいます。
 (と、ブログを作成している間に、下抜けていました・・・)
 
 「ドル円のロングポジションはだいぶ解消されてきているが、
  クロス円で全体的に円高になっているので戻りは鈍そうと岡安さん。 」

では、来週の岡安さんのドル円の予想レンジは?


オンデマンドで確認してくださいね。


それでは、また来週~

ドル円、下げ止まり? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2018.02/23 辻留奈 記事URL
こんばんは、辻留奈です。
カラオケ~と遊ぶ岡安少年に乗っかって、一緒に遊んでみました。


NYダウは今月の暴落、-2300ドル下落からの半値戻しを達成。
ドル円も先週つけた105円55銭を割れることなく、今週は安定した動きに。
「そろそろ恐怖心も薄れ、落ち着いてきたのか?」
長期・短期の目線でドル円へのスタンスを岡安さんに伺いました。


ドル円の買い材料にまったく反応しないという「気持悪さ」が
先週の105円55銭までの投売りに繋がったと話していた岡安さん。
まず、そもそもなぜ円高が進んでしまったのかを解説していました。

①日銀の緩和縮小への期待感&ECBの緩和縮小(ユーロ買いドル売り)
②ロシアゲート不安
③米財政赤字への不安



しかし今後、2つの理由から、長期的には「ドルは強い」と話していました。


①米長期金利の上昇
●「日銀はドル円が120円を目指すくらい円安にならないと緩和縮小しないだろう」
 =日米金融政策の違いからドル買い

②米経済の強さ
●「FRBが米株の暴落を気にして、利上げを抑えるとなると
 悪い金利上昇を招いてしまうため、やはり利上げするだろう」


岡安さんに長期目線でのドル円をうかがったところで、気になるのは来週の動き。
予想レンジと来週の注意点は、オンデマンドで確認してくださいね。


それでは、また来週~
105円台突入!谷深ければ、山高し? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2018.02/16 辻留奈 記事URL
こんばんは、辻留奈です。


今日はドル円レートに釘付けだったのではないでしょうか?
お昼過ぎには、105円55銭まで円高が進みました。

トランプ大統領が当選した直後の107円32銭を下抜け、今日は節目の106円を割り、
さらに105円を試しにいこうとしているかにみえたドル円。


「じりじり下がり、戻しが少ない気持悪い相場。
 この不気味な下げに耐え切れず、ドル円では投売りがでている」と語る岡安さん。

予想を上回ったCPI(消費者物価指数)や黒田総裁の再任など、
本来なら材料となりそうな経済指標や要人発言に反応するわけでもない。
日経平均株価が上昇しても円安にならない。
2.9%まで米金利が上昇してもドル高にならない。

正常な動きがみられない今のドル円相場。

それはつまり『この動きはポジション調整だからだ』というのが岡安さんの見解でした。


では、一体いつどこで、ドル円は下げ止まるのか?
一番気になるこの続き、岡安さんのシナリオは、ぜひオンデマンドでお聴きください。
来週のドル円レンジ予想もお聴き逃しなく!



それではまた来週。素敵な週末を!
下げトレンドの始まりか?調整か? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2018.02/09 辻留奈 記事URL
こんばんは、辻留奈です。
ようやく肩が治った岡安さん、ナナメ45°に腕をあげられるまで、あと一歩です。

ということで、本日のタイトルは「下げトレンドの始まりか?調整か?」


今週は、米金利の上昇により、
NYダウは一時1500ドル、日経平均株価も1日で1600円近く
下げる場面があるボラティリティの高い1週間でした。
VIX指数も50を上回りました。


前回のFOMCから、金利上昇の兆しはあらわれていたという岡安さん。
今回の株安に関しては「マーケットに悲壮感がない、機械的な売り」と話していました。

上下しているということは、買ったり売ったりがあるということ。
それはつまり調整であり、根本が崩れているわけではないとのこと。

株価に関してはファンダメンタルズがいいので『調整中』という見方をしていました。

乱高下する株価に対し、ドル円はこの1週間2円というレンジ幅でしか動きませんでした。
この状況を考えると、ドル円の動きはあまりにも小動きでは?!


こんななか、来週1週間はどういったトレードに徹するべきなのか、
ドル円の予想レンジとともに伺っています。

オンデマンドでお聴きくださいね!


それではまた来週~

次の方向性は? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2018.02/02 辻留奈 記事URL


こんばんは、辻留奈です。
岡安さん、CM中とか今から!ってときに、言うんです。
ダジャレをテヘッて顔で。




さて今週は、何が為替を主導しているのか、わかりづらい1週間だったのではないでしょうか?


ドル高?円安?ドル安?はたまた、ユーロ高?



比較的タカ派のFOMC結果を受けて、ドル高トレンドができたわけでもなく、
強めのISM製造業景況指数でもさほど反応するわけでもない。
米金利は2.8%間近になろうとも、あまり連動しないドル円。


ECB理事からは「債券買い入れを終了すべきだ」と
「緩和維持は必要」の両意見がでたにも関わらず、
市場はテーパリング方向の発言にだけ反応してユーロ高となりました。
「今年9月のことなんて、ユーロはちょっと織り込みすぎでは!?」と岡安さん。


日銀は先週の金融政策決定会合で、あれほど丁寧に緩和縮小を否定したにも関わらず、
市場では黒田総裁の「インフレ率2%に近づきつつある」発言を機に
テーパリングへの思惑が再燃しました。
本日、日銀は国債の指値オペを実施、
金利は下げられたものの、思うように円安にはなりませんでした。


各通貨の動きを見ていても、教科書通りではないアベコベな動きをみせています。


「1月というのは次の方向性を見極めるとき。
 投機筋を中心に神経質な動きをしていたのがこの原因では?」
と岡安さんは話していました。


さて、次の方向性は?
来週のドル円の予想レンジ、方向性をお聴き逃しなく!
オンデマンドからお聴き頂けます。


それでは来週もきいてくださいね。

**********************************
2月13日火曜日18:00~東京日本橋・TOCOMスクエアで
マーケット・トレンド公開生放送&特別番組「トレードアイデア大公開!~利益を上げるポイントとは?」公開録音開催!
おなじみ小次郎講師と「TOCOMリアルトレードコンテスト(外部サイト)」第1回優秀者がトレードを成功に導くアイデア・手法を大公開。
ゴールドインゴットカードが当たるプレゼント抽選会あり!
このイベントに30名様無料ご招待。詳しくは⇒http://blog.radionikkei.jp/trend/180213event.html
「私も強いドルが見たい」の真意は? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2018.01/26 辻留奈 記事URL

こんばんは、辻留奈です。


ドル全面安です。

日銀会合後、とーーっても丁寧な説明で、テーパリングをきっぱり否定した黒田総裁。
一方ECB、ドラギ総裁は「年内利上げの可能性は非常に低い」
「景気はいいが、ユーロ高になろうと、為替は政策に影響しない」と語りました。




さらにドラギ総裁、
『【Someone  else】のコメントで、ユーロが上昇して、ドル安だ(怒)』

通貨安競争は禁止というコンセンサスを破る【誰か】に対して、一言苦言です。



Someone else って、誰のことでしょう?



ダボス会議で飛びでたムニューシン米財務長官の「ドル安は貿易に有利」発言。
ところが、またすぐトランプ大統領がドル高を支持し「私も強いドルを見たい」と逆の発言。


さて、トランプ大統領の真意はどこにあるのでしょう?
気になるその真意はオンデマンドでお聴きください。


さらには、トランプ大統領とムニューシン財務長官、
よくよく考えると、為替についての見解が、2人とも1年前と真逆になっているような・・・
そのあたりを含め岡安さんの考えと
来週のドル円予想レンジも、ぜひお聴き逃しなく!


それでは、また来週~

----------------------------------------------------------------------------------------------
2月13日火曜日18:00~東京日本橋・TOCOMスクエアで
マーケット・トレンド公開生放送&特別番組「トレードアイデア大公開!~利益を上げるポイントとは?」公開録音開催!
おなじみ小次郎講師と「TOCOMリアルトレードコンテスト(外部サイト)」第1回優秀者がトレードを成功に導くアイデア・手法を大公開。
ゴールドインゴットカードが当たるプレゼント抽選会あり!
このイベントに30名様無料ご招待。詳しくは⇒http://blog.radionikkei.jp/trend/180213event.html
ユーロ高STOP?反転のサイン!? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2018.01/19 辻留奈 記事URL
こんばんは、辻留奈です。
岡安さんにメッセージをお寄せ頂き、ありがとうございます!

ところでブログタイトルですが、けっこう悩んでいます。
今日のタイトルは、岡安語録からお借りして
『ユーロ・米株のイケイケドンドンにSTOP』にしようか悩みました。
もう少しの勇気が足りませんでした 笑


さて、最近の為替相場は、ドルというより【ユーロ】が主役になっています。
ドルの重石となっているユーロ、今週は1.23をつけました。
ユーロ高、ドル全面安でしたが・・・反転の兆しがでてきていると岡安さん。


ドル反転に2つののサインとは?


①ECB、ユーロ高けん制発言
 「今はファンダメンタルズに基づかないユーロ高」
 「ユーロ高は輸出に打撃、懸念しているインフレ率も下がる」
 「ECBガイダンスの見直し先送り」


②米株は強いが、1日の値幅が大きく、VIX指数も上昇。
 米長期金利2.6%という水準ながら、ドルが売られている。 




さて、ECB理事会&日銀会合がある来週にむけての注意点は?
来週のドル円の予想レンジとともに伺っています!
オンデマンド&ポッドキャストでお聴き逃しなく!!

そして、もうひとつの注意点、
本日19日、米暫定予算が可決されるかどうかもCHECKです!
(されなかった場合はドル売りに注意)


それでは来週もよろしくおねがいします!

セオリーとは違う円高、何がそうさせた? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2018.01/12 辻留奈 記事URL


こんばんは、辻留奈です。
「アイ~ン」ではなく、、、、
フライングして腕のギプスをはずしたあまり、
完治までの期間が長引いている岡安さんを真似ています。
この角度を死守しないといけないんだそうです。



「株高・原油高でリスクオン」の円安になるはずが!
「米金利高」でドル高になるはずが!
なるはずが、なるはずが!
と今までのセオリーを頭に思い浮かべたあなた、
『なぜ円高だったのか』今日はその理由を岡安さんが解説しています!




今週の為替相場をザワつかせた出来事。

「日銀、超長期債の買い入れ減額」
日銀としてはいつもやっていたことなのに、
マーケットが「ついにテーパリングか!?」と反応。

「中国が米国債購入を減額」
その後、中国は否定も、火のないところに煙はたたないのでは?果たして、その事情は?

「ECB議事要旨の内容」
メッセージの微調整とは?これを受け、ユーロ高ドル安に。


日銀テーパリングと米国債については、岡安さんが「2018年のリスク要因」として
先週あげたばかりでしたが、さっそくやってきました。

番組の最後には、来週のドル円レンジ予想とともに、
「高値圏から調整に入っている」という注目通貨を2つ、あげていただきました。

ぜひオンデマンド&ポッドキャストで聴いてくださいね。


それではみなさん、来週もよろしくおねがいします!
今年の為替相場、注目ポイントは3つ! [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2018.01/05 辻留奈 記事URL
あけまして、おめでとうございます!
辻留奈です。
左肩を痛めたけど、右肩あがりの岡安さんと、今年も金曜日を担当します 笑
(だから肩をおさえてるんですよ~)




株はアメリカも日本もともに強い!
NYダウ・ナスダック・S&P500は史上最高値更新!!
日経平均株価も、大発会と今日の2日間で約950円も上昇!!!

にも関わらず、なぜ今週のドル円は円安にならなかったのかというと・・・

「ユーロ円やポンド円があがったと同時に(円安)、
ユーロドル・ポンドドルもあがり(ドル安)、結果的に相殺されてしまった」と岡安さん。



今晩の雇用統計の注目点は、前回に引き続き「平均時給」。
「現在のマーケットは、強気でセンチメントがいい」という岡安さん、
良い数字がでれば素直に反応するとのことでした。
オンデマンド&ポッドキャストから、来週のドル円予想レンジをお聴き逃しなく!




さて今週は、今年の注目ポイントを3つ、時間をとり、ゆっくりとお話頂きました!



あわせて、今年のリスクについてもうかがっています。

世界が金融引き締めに向かう流れのなか、日銀はどういう道を選択するのか?
アメリカの債券バブルはどうなるのか?などなど
岡安さん独自の分析をおききください。


それではみなさん、今年もどうぞよろしくお願いします!
 全30ページ中11 ページ   前の10件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 [11] 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 次の10件