トランプ劇場、本当のディールはこれから? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2018.05/25 辻留奈 記事URL

こんばんは、辻留奈です。
昨日は、のんきに長風呂をしている間に「米朝首脳会談中止」のニュース。
私は、えぇえぇ!!!という感じだったのですが、
皆さんは「びっくり派」でしたか?「やっぱり」派でしたか?


週の中頃から米朝首脳会談見送りの可能性を匂わせてはいましたが、
昨日の夜、米朝首脳会談中止が発表されました。

ただしトランプ大統領は、完全に会談の可能性を閉ざしたわけではありません。
「もし北朝鮮にその気があれば、手紙でも電話でもしてください」

それに対し、北朝鮮はこう返しました。
「突然の会談中止は予想外で遺憾、大胆で開かれた心で米国に時間と機会を与える用意がある」

どちらも上からの応戦ですが、中止というより「延長」ともとれるやり取りです。
ここから会談開催にむけて、
いつものトランプディールが始まる可能性も否定できないと岡安さん。



もうひとつのトランプ劇場は、
「米国が25%の自動車輸入関税引き上げ」を検討しているというニュース。
これは、中国に対してだけでなく、日本を含む世界中がターゲットです。

ムニューシン氏からは「長期的に強いドルは米国にとって良いこと」という発言も
飛び出していましたが、岡安さんはこんな考察をしていました。

輸入が増えるなら、ドル安をのぞむ理由もなく、ドル高の方がいい。
トランプ大統領はドル安をのぞんでいるようですが、
米国債を他国からの資金に頼る米国は、
ファイナンス面を考えると、そもそもドル高のほうがいい。

逆に自動車を多く米国に輸出する日本は、
貿易黒字が縮小するので、円安にふれることになり、
長期的には、ドル高円安という見通しになります。


それにしても現状2.5%の関税が25%引き上げは、あまりに大きい数字では!?!?


こちらも最初に大きくでて、徐々に歩み寄るトランプディールの始まり?


トランプ劇場を受けて、ドル独歩高から円全面高となった今週ですが、
この動きは、来週以降どうなると岡安さんは考えているのでしょうか。


さらに今、話題のトピック、
「米金利上昇による、アルゼンチンやトルコなど新興国からの資金流出」ですが
岡安さんの注目する新興国通貨とは?その通貨の見通しはどうでしょうか?
オンデマンドからどうぞ~


それでは、来週も聴いてくださいね。

111円、値固めなるか? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2018.05/18 辻留奈 記事URL













こんばんは、辻留奈です。
今日はTOCOMのお隣、椙森神社(すぎのもりじんじゃ)で
「わっしょい!わっしょい!」と御神輿を担いでいるところに遭遇。
なんでも3年に1度しか見られないとか。
次は3年後か~ 何をしているかな~
3年後のドル円、いくらになっているのでしょう?


さて、今週の話題は
●米金利が3.1%台まで上昇
●ドル円111円タッチ


ドル高円安が進む一方、
ユーロドルはイタリアの五つ星と同盟の連立政権が合意し、
EUに2500億ユーロの債務免除申請を協議しているとされ
(その後否定していますが)これを嫌気して、
ユーロドルは1.17台へと下落しました。


ドル円のほうは、放送が終わった直後も、再び111円にのせてきていて、
ここから上値をめざそうとする勢いを感じます。


小売売上高(先月分が上方修正)や、
NY連銀・フィラデルフィア連銀製造業景況指数が強かったことが
米金利上昇の一因となりました。


先週から続く原油高は(北海ブレントは80ドル台をつけました)
イランをはじめとした中東情勢が背景にありますが、
「ドル円には中東より北朝鮮のほうが影響を与えそう」と岡安さんは話していました。


また本日から明日は、米中通商協議が行われています。
米はZTEへの制裁を緩和することで、
中国からどのような譲歩をひきだすのでしょうか?


引き続き、米金利の動向が気になりますが、来週は調整に入るのでしょうか?
岡安さんはどこまでのドル高をみているのでしょうか?
オンデマンドでお確かめください!


それでは来週もお聴きください~
ドル円はしばらくレンジ?レンジブレイクの条件は? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2018.05/11 辻留奈 記事URL
こんばんは、辻留奈です。
2週間ぶりの放送で、岡安さんも私もディレクターも、
ウキウキで張り切っていたのですが、伝わりましたか~????


さて、直近の話題は「イラン核合意から米が離脱」したこと。
中東の地政学的リスクが懸念されて円高となりそうなものですが、
意外と円高にはならなかった点がこれまでと違いました。
(シリアのイラン軍事施設をイスラエルが攻撃したという報道もあったのに)
ただ中東情勢への懸念を受けて、WTI原油は3年ぶりに70ドル台へと上昇しています。

原油高が為替にどう影響するのか、岡安さんが解説しているので
詳しくはオンデマンドでお聴きください。

GWから今日までの2週間のドル円の動きは、
109円割れも、110円タッチもありましたが
基本的には109~110円を行ったり来たり。
1日の中での動きは大きくても、レンジとしては動かない週でした。

ドル円のレンジが狭かった理由とは?

●ドルインデックスは92とドルはしっかり(昨年12月以来のドル高値)
●一方のクロス円(特にユーロ・ポンド)は下がり、円高に。

つまり、【ドル高・円高】の状態。
この綱引きのせいで、ドル円のレンジが狭かったと岡安さんは解説しています。


来週は108円方向か?110円方向か?あるいは、今週と同じ状態か?
岡安さんはどう考えているのでしょうか。
またどうなるとドル円がレンジブレイクする可能性があるのか?
オンデマンドで聴いてくださいね~


それではまた来週!
ドル円は110円をめざす! [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2018.04/27 辻留奈 記事URL
こんばんは、辻留奈です。

今日はTEAMマーケットトレンドのメンバーが、
勤続●●年(!)を勤め上げたということで
日本橋のフラワーショップに駆け込んできました~!
トルコキキョウをメインに花束を作ってもらいました!


さて、GW中は円高にふれやすいと言われていますが、
今回も仕掛け的な動きがあるのでしょうか?
それともこの「ドル高」の勢いのまま、一気にドル円は110円を目指すのでしょうか?


本日は注目の南北首脳会談が友好ムードで開催されました。

先週末に北朝鮮は、ICBMの実験中止&北部の核実験施設の廃棄を発表しました。
しかし「核実験中止=核兵器は既に完成したから、施設はいらない」ともとれます。
核放棄に対して、どこまで進展するかが焦点になりますが・・・
今後は米朝首脳会談、米との関係が注目点になります。
「少なくともそこまでは地政学的リスクは後退し、円売りになりそうだ」と岡安さん。


さらに今週、米金利は3%をつけましたが、
2月のように株価が急落することはなく、落ち着いた動きをみせました。
米企業の決算が好調なことも手伝いましたが、
株・為替・債券の連動性が正常化してきています。
これはドル円の買い安心感にも繋がるということでした。


ドル円が上昇していく材料はたくさんあるようですが、
それでは、GW以降のトレード戦略は?
(来週はお休みなので、岡安さんには2週間ぶんのドル円予想をして頂きました)


ドル円は110円を目指すのか?
だとすれば、何をきっかけに動き出すのか?
どの水準で頭を抑えられそうなのか?
上値の目処は?


これらはすべてオンデマンドで確認してくださいね!


来週の金曜日は番組がお休み、次回は5月11日です。
それではまた~

鍵となるのはポンド! [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2018.04/20 辻留奈 記事URL
こんばんは、辻留奈です。

今週の材料は「シリア軍事攻撃」と「日米首脳会談」でした。

材料は豊富だったのですが、1円しか動かなかったドル円。
ドル円は、これまで円が買われすぎていたこともあり、
悪材料がでても反応が鈍かったといいます。

それに対し動きが激しかったのは、ポンド。
先週から引き続き、武田薬品によるシャイアーの買収報道や
カーニーBOE総裁の発言などから、思惑が交錯しています。


「シリア軍事攻撃」は1回限り、
東京マーケットが開くまで1日あったこともあり、
週明けにマーケットが荒れることはありませんでした。


「日米首脳会談」は無難に通過。
①拉致問題を米朝首脳会談でとりあげる
②為替について言及されなかった
安倍首相は日米の蜜月ぶりをアピールすることができました。


さて、2つの大きな材料がなくなった今、
まもなく本格化する決算発表へ目が向けられています。

米長期金利も上昇してきましたが、
長らく崩れていた、株・為替・債券の関係はどうなっているでしょうか。


「ドル円は107.80が重い、ここを抜けられるとしたら、
 その理由は、ポンドにある」


岡安さんの言葉の意味とは?
ドル円の予想レンジもオンデマンドからご確認ください!

それではまた来週~

トランプ大統領で始まり、トランプ大統領で終わる。 [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2018.04/13 辻留奈 記事URL
こんばんは、辻留奈です。
『トランプ大統領で始まり、トランプ大統領で終わる。』
そんな1週間でしたね。


シリア問題を受けて、ゴールドや原油が動いているのに比べると、
ドル円は1週間で1円の動き、意外と底堅かったのではないしょうか?


今週、円安に進んでいった要因は3つ
①貿易摩擦への懸念が後退
 中国が、自動車の輸入関税の引き下げなどでアメリカに歩み寄り、
 貿易戦争懸念が遠のきました。

②地政学リスクの後退(シリア問題)
 シリアでの化学兵器使用疑惑から始まった問題ですが、
 注目されたのはトランプ大統領の挑発的なTwitter
 「ミサイルがくるのでロシアは準備せよ」
 48時間以内の攻撃ということでしたが、まだ何もしていません。
 水面下ではアメリカとロシアは、偶発的な衝突をなくすよう連携をとっている模様です。

③アメリカがTPP復帰を検討


来週は日米首脳会談、
日本も貿易不均衡に対して、「何か」言われるかもしれません。
それとも何か高~~~~いものを買わされるのでしょうか。


しかし
「マーケットはそれもおそらく既に織り込み済みだろう。
初動は売られたとしても、過度な円高懸念は後退している」と岡安さん。


さらに、武田薬品工業のシャイアー(アイルランドの製薬会社)買収検討報道
による巨額のポンド買い(買収額は5兆円規模!?)や
日本の新規外債投資やアメリカ企業のレパトリ(海外の資産をドルにかえる)などが
ドルを押し上げる一因となりそうです。


さぁ、岡安さんが考える来週のドル円の予想レンジやいかに!?
オンデマンドでどうぞ!!!


それでは、来週もきいてくださいね~




米中貿易問題、105円台で峠は越えたか? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2018.04/06 辻留奈 記事URL
こんにちは、辻留奈です。
一見、まじめにパソコンでデータを見ている風ですが、
2人のうちのどちらかは、うっかり既にシャットダウン済み。
さぁ、どっちが役者でしょ~う?



さて、今週の為替相場を動かした主役は、アメリカと中国の貿易問題。


「最初に強くでた後に、譲歩をひきだす」というトランプ流の取り引きに、
マーケットも慣れてきたのか、この問題に関するドル円の上下は
ピークを過ぎたようにも見えると岡安さん。

ただ正式決定となる6月までは、まだまだニュースはでてくることでしょう!
日米首脳会談も控えていますが、そのあたりの為替トレーダーの心構えに関しては
オンデマンドでお確かめくださいね!


また日銀短観の企業の想定為替レート109円66銭も、
「輸出企業のドル売り」がでてくる水準として抑えておきたいと岡安さん。


さらに現在、ドル円のポジションはフラットに。
テクニカル的にみると、107円ミドルが強いレジスタンスになっているとのこと。
「日足ボリンジャーバンドの上限を上抜ければ、さらに上値トライで
底堅い動きになりそう」ということでした。


予想レンジをあてて、今週は岡安さんから「ほめて~」オーラがたくさん出ていましたが、
気になる来週のレンジ予想は、オンデマンドからどうぞ!



それではまた来週~


新年度のドル円トレード戦略とは? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2018.03/30 辻留奈 記事URL
こんにちは、辻留奈です。
岡安さんとディレクターの色つき眼鏡姿が、あまりにも迫力がありまして・・・
その眼鏡を拝借した1枚です。
ね、怖いでしょ~ 笑



さて、今週は107円をつける場面もあったドル円ですが
ドル円上昇の理由は大きく2つ。


①中国と北朝鮮が会談、地政学的リスクが後退!
 『朝鮮半島の非核化は解決可能な問題だ』
 北朝鮮の非核化、とせず、朝鮮半島の非核化、とした点に、
 「アメリカが在韓米軍をどうするのかしだい」という北朝鮮の本音が見えます。
 
②森友問題が峠を越えた!
 「改ざんは理財局の中で行われた」
 佐川氏は証人喚問で、安倍首相・麻生大臣の関与を否定しました。



さて、早いもので、来週からは新年度です。

新年度が始まるにあたって、投資家が注意するポイントとは?!


3月は本邦投資家のレパトリで円買いに傾きやすいという話でしたが、
来月からは風向きが変わります。
「新年度の新たな外債投資期待でドルを買いやすい」と岡安さん。


さらに来週のドル円相場をみるうえで、
テクニカル的な注目点を2点、解説しています!


オンデマンドで内容&ドル円の予想レンジを確かめてくださいね。


それでは、新年度もよろしくおねがいします!
104円の先はどっち? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2018.03/23 辻留奈 記事URL
こんばんは、辻留奈です。

今日はTOCOM自慢のコーヒーメーカーの前で1枚パシャリ。
コーヒーが格別においしいのです!もちろん無料!!
春休みの皆さんも、そうでない皆さんもいつでも遊びにきてくださいね。



さて・・・・・
「トランプ大統領、またですか?!」
岡安さんも、スタッフも、私も、みんな思いましたよ。


貿易戦争への懸念を受けて、ダウは700ドル以上の下げとなり、
ドル円は104円台に突入、
日経平均株価も一時1000円以上、下げる場面がありました。


オプションが並んでいると言われていた、重要なポイントである
105円台を下抜け、ドル円は今朝、104.63をつけました。

岡安さんは「105円を抜けてからは、意外と走らなかった」と話していました。


105円を下抜けてからの動きは限定的だと感じた一方で、
そもそも105円を割れた動き自体に関しては・・・

「年度末はレパトリで(年度末には日本企業が円を必要とし、円転需要が高まる)
 もともと円高になりやすいが、さすがに無理して売られすぎているのでは?」

というのが、岡安さんの考えです。


果たして、ドル円はこれで下げ止まるのでしょうか?
それとも、このまま円高トレンドとなるのでしょうか?


岡安さんは「今晩のNYダウの終値に注目すべし!」と話していました。
その理由とは? NYダウの何に注目すればいいのでしょうか?
具体的な内容はオンデマンドでどうぞ!
来週のドル円の予想レンジもお聴き逃しなく。


それではまた来週~
そして、誰もいなくなった・・・ [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2018.03/16 辻留奈 記事URL
こんばんは、辻留奈です。


今週は、日米ともに「政治」が為替相場を主導していましたが、
ドル円は方向感のない1週間でした。

岡安さんは、どう感じていたのかというと・・・・

「いつもどおりだよね~笑」と脱力系の回答を頂きました。



今週のマーケットといえば、
多くの方が思ったことは「またか!?」ではないでしょうか。

一体トランプ政権から、1週間で何人いなくなるのでしょう!?

もう覚えきれないよ~!というのは、私や岡安さんだけではないはず。

ということで、
この1週間でトランプ大統領の解任&任命人事をまとめました。



●ティラーソン国務長官→ポンペオCIA長官
●コーンNEC委員長→ラリー・クドロー氏
●マクマスター大統領補佐官→まだ未定


ラリー・クドロー氏はトランプ氏と同じく「中国に厳しい」姿勢、
さらに『キングドルを買って、ゴールドは売る』なんて口にしてしまう【ドル高】派です。

中間選挙をみすえて、票を稼ぎたいトランプ大統領は
その1つの策として、中国に対して厳しい姿勢をとっています。

①ハイテク・通信機器を中心に600億ドル相当の関税を検討
②中国に対して、貿易黒字1000億ドルの削減を求める

自身の意に沿う側近で固めるトランプ大統領、
ペンシルベニアの選挙結果は僅差で敗北となりそうで(まだ集計中)、
この結果が中間選挙を暗示しているのでしょうか?果たしてその行方は?


さて、今週方向感のなかったドル円は
来週はどちらに動く(あるいはまた動かない)のでしょうか。

パウエル議長になってからの初めてのFOMCが控えています。
岡安さんのドル円の予想レンジと、ドル円以外の注目通貨も話しています。


続きは、オンデマンドでお聴きください!


それではまた来週~!

 全30ページ中10 ページ   前の10件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 [10] 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 次の10件