昨年5月以来の節目109.70を上抜けたドル/円、110円値固めか? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2020.01/17 辻留奈 記事URL

こんばんは、辻留奈です。

今週のドル/円は、109.43~110.28で動きました。

今週のドル/円のポイントは2点、
①昨年5月以来の節目109.70を一気に上抜けたこと
 ⇒これでドル高円安に方向性は変わったのか?

②米中貿易交渉、第1段階署名
 ⇒織り込み済みの内容ばかりで、これで為替が動くことはありませんでした。
  大きな材料がいったんなくなった!

米国と中国の間で貿易拡大(中国は米国からの輸入を2000億ドル以上増やす)、
知的財産、技術移転禁止、金融サービスの開放(今年4/1までに外資出資規制を撤廃)などの
約束が交わされました。

また署名の前には、米国が中国を「為替操作国から解除」しました。
かわりにスイスが追加され、全通貨に対して、今週スイスフランは買われています。

そのほか、南アフリカは6.5%→6.25%へのサプライズ利下げ、
トルコも11.50%→11.25%と、5会合連続の利下げとなりました。
エルドアン大統領の利下げ圧力に対して、
ウイサル総裁はギリギリのバランス感を発揮しているともいわれますが

利下げにも関わらず、リラ買いで反応。
世界的に見ると高金利通貨であるこれらの国は
たとえ利下げをしても金利を求めて買いが入りやすいということでした。


ドル/円はここからまだ上値トライがあるのか
112.20~112.50はなかなか買いにくい水準とも捉えられますが、
史上最高値を更新していく米国株と同様、
「高値圏ではなく、出遅れ感がある=まだ買えていない人がいる」
と岡安さんは話していました。


110円を割りこめば買いが入ってきやすく、
週足ボリンジャーバンドやフィボナッチ76.4%戻しである
111.50付近はやや重たいとも。

岡安さんの来週のドル/円の予想レンジやお話の詳細は、
radikoタイムフリーかPodcastでお聴きください。
(Spotifyでも聞けます)
来週も聴いてくださいね~

地政学リスク後退で、結局ドル/円は年末の水準からいってこい。 [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2020.01/10 辻留奈 記事URL

こんばんは、辻留奈です。

年始から今日までのドル/円は、107.64~109.60で動きました。

イランがイラクにある米軍駐留基地にミサイルを発射し、
108.50付近から一気に107.64まで円が買われました。
しかし、その日の東京市場前引け後には全戻しとなり、
さらにトランプ大統領がイランへの報復を否定したことで
結局ドル/円は109.24まで上昇しました。

日経平均株価は一時600円を超える下げ幅、
金は1600ドルを突破、WTI原油も65ドル台半ばまで上昇しました。

地政学的リスクが後退し、米株は再び3指数史上最高値を更新し、
ドル/円は109.60をつけました。
これは年末に取引を終えた水準と同じです。

年末の放送で岡安さんは、クリスマス休暇時期のドル/円のレベルは
ポジションが整理されたスクエアな水準として
頭に置いておきたいと言っていました。


中東情勢にとらわれている間に、英は離脱法案を可決。
さらに来週は15日には米中第一段階合意に書名が控えています。
トランプ大統領が第2段階に関しては「大統領選後まで見送り」とも話していますが、
これらは目先のドル円にどう影響するのでしょうか?

ドル/円はちょうど日足で、一目均衡表の雲上限でSTOPしていますが、
来週の岡安さんの予想レンジは?

さらにはブレグジッド次の山場となる6月までのポンドの見通しと、
年末には、日足で200日線を上抜けたかのようにみえたユーロ/ドルの見通し、
などなどお話いただきました。

radikoタイムフリーかPodcastでお聴きください。
(Spotifyでも聞けます)
来週も聴いてくださいね~

クリスマス休暇の静けさのなか、ポンドは怒涛の窓埋め [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2019.12/20 辻留奈 記事URL


こんばんは、辻留奈です。
今日はTOCOM投資手帳を来て頂いた方にお配りしました。
放送後に皆さんとたくさんお話できて楽しかったです♪


さて、今週のドル/円は、109.17~109.70で動きました。

海外勢はクリスマス休暇へ、マーケットは薄商いです。
1週間の値幅は50銭...。
大きなイベントは先週までに消化してしまい、
今週のドル/円はいつ見ても109.50付近でした。


そんななか、英国議会選挙を終え、350pips上に窓をあけたポンド/ドルが
今週はその上昇ぶんをすべて吐き出し、下掘りしている状況です。
EU離脱移行期間の延長を回避する法改正で、
なんとしてもEUから出ていくことを示しましたが、
今度はその期間が短すぎて、EUとのFTA交渉がまとまらず、
ハードブレグジット状態になるリスクが意識されました。
(何をいまさらという感じもしますが)



クリスマス休暇で膠着状態のドル/円ですが、思い返してみると...
この時期は円高方向への警戒は否応なしに高まる時期ではないでしょうか?


① 去年のクリスマスは株の暴落
② 1月3日にはフラッシュクラッシュ


しかし、岡安さんは去年と今年は環境が違うと話していました。


一体どこが違い、今年のクリスマスから年初は、
どのように読み解けばいいのでしょうか?

岡安さんの回答とドル/円の予想レンジ、
詳しくはradikoタイムフリーかPodcastでお聴きください。
(Spotifyでも聞けます)


ちなみに、スウェーデンがマイナス金利から0%の金利に戻したことについて
時間がなくて触れられなかったのですが、
来週、お話できたらいいな~と思っています。



それではまた来週!

 

ビッグイベントを通過してリスクオン! [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2019.12/13 辻留奈 記事URL

こんばんは、辻留奈です。


今週のドル/円は、108.42~109.62で動きました。

今週は米中貿易協議の期限、英国議会選挙、FOMC、
ECB(ラガルド総裁の初会見)と盛りだくさんでした。

週前半のドル/円はイベント待ち状態で、終始108円ミドル付近で停滞していましたが、
昨夜の米中問題に対する楽観的なトランプツイートをきっかけに109円台にのせました。
さらに今朝の「第4弾関税とりやめと追加関税引き下げ提案」という報道で
一気に109円台半ばまで上昇。
ナスダックとS&Pも最高値更新、日経平均株価も600円を超える上昇となりました。
米金利も1.9%と、昨晩から0.1%以上上昇しました。


さらに今朝は、英国議会選挙の出口調査で「与党保守党386議席獲得」圧勝と報じられ、
ポンド/ドルは350pips上に窓をあけました。
この窓はどのタイミングで埋まるのでしょうか?


イベントが多くて、何から尋ねたらいいのか迷いますが、
今日は岡安さんに3点聞いてみました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

①英国議会選挙の結果を受けて、今後のポンド相場は?
 今年の高値を一気に上抜けたポンド/ドル、今後の方向性は?
 

②米中問題、第4弾関税とりやめで合意?
 リスクオンはいつまで?次なる進展は?今度こそドル/円、110円か?
 でも中国側からのコメントがない点が気がかり・・・

③ECBラガルド総裁、初会見。波乱なく会見中のユーロはしっかり。
 日足で200日線に抑えられてきたユーロ/ドルが、200日線を上抜け。
 今後のユーロは戻り売りか、上昇か?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

岡安さんの答えとドル/円の予想レンジ、
詳しくはradikoタイムフリーかPodcastでお聴きください。

(Spotifyでも聴けます!)

それではまた来週!

 

★★★★★★★★★★★★★★★

12月16日月曜日から20日金曜日までの1週間、
「マーケット・トレンド」公開生放送をご観覧いただいた方全員に、
TOCOM投資手帳「CX FX STOCK DIARY 2020」をプレゼントいたします。
この手帳は、2020年の国内外の主な指標発表日をはじめ、
各商品の取引要綱や月足チャート、各種年表も掲載。
商品・為替・株式と、投資に関する情報が網羅されています。
夕方6時、東京・日本橋の東京商品取引所1階TOCOMスクエアでお待ちしております。
非売品の貴重な手帳ですので、是非手に入れてトレードにお役立てください!

★★★★★★★★★★★★★★★
ISM製造業指数の悪化でドル全面安 [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2019.12/06 山本郁 記事URL
今週の「岡安盛男のFXトレンド」は、辻 留奈アナウンサーが出張のため
山本 郁が代理で進行しました。

さて、週明けまでは
来週15日に発動とされてきた中国への追加関税第4弾は回避されるだろうとの観測や
週末に発表された11月の中国のPMI(製造業購買担当者景気指数)
市場の予想を上回って節目の50を超えたことなどで
109.73まで上昇と好調だったドル/円相場ですが、その後、すっかり様子が変わりました。

米国の11月のISM(製造業景況感指数)が4か月連続で節目の50を割り、市場予想をも下回る48.1と悪化し
加えて、米国下院民主党がトランプ大統領の弾劾訴追に向けた手続きを進める中で国民の関心をそらすためか
ブラジル・アルゼンチンから輸入する鉄鋼とアルミニウムに追加関税を課す方針を表明したことでダウ平均株価も3日大幅続落。
ドル/円は108.42まで下げました。
対円だけでなく、ポンド、ユーロ、豪ドル、カナダドル、NZドル...全てに対して下げています。

しかし、先週までは連日史上最高値を更新してきたので、これが良いガス抜きになるのではと岡安さん。
マーケットでは、引き続き15日の中国の追加関税発動は無いだろうと見られていますし
今夜の雇用統計が良ければ、米中協議の進展期待で、ドル/円は109円後半まで試すと見ているそうです。

岡安さんの来週のドル/円予想レンジは、108.00~109.80
110円に乗せるのは15日を過ぎてからということで来週以降ではないかと...。
詳しくはradikoタイムフリーかPodcastでお聴きくださいね。


香港人権法案サインもドル/円は行って来い、リスクオン継続か? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2019.11/29 辻留奈 記事URL

こんばんは、辻留奈です。
だしたてホヤホヤのクリスマスツリー、TOCOMスクエアに見に来てくださいね。

今週のドル/円は、108.50付近~109.61で動きました。

週明け、注目されていた香港区議会選では民主派が圧勝し、
中国に対して国際的に改めて逆風が吹く結果が出ました。
その後、好調な米の経済指標や連日の米株3指数最高値更新で、
リスクオンムードに包まれ109.61をつけました。
しかし翌日、トランプ大統領が香港人権法案にサインし、
いったんリスクオフに転換...したように見えましたが、
一夜あけると再び109.60をつけ、ドル/円は行ってこいとなりました。


ユーロ/ドルは「1.10の攻防」の1週間、
1.10を割り込む場面はあったものの下値追いとはなりませんでした。


今日は岡安さんに、3点聞いてみました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

①香港人権法案サインのタイミングが意味するものと今後への影響は?

②ドル/円 109.61は5月下旬くらいの水準、
 5月下旬の米金利は2.2%に対し、現在の米金利は1.7%、この差から今のドル/円をどうみる?

③中国経済への懸念もあるなか、利下げ観測のある来週のRBAは?
 豪ドルの見通しは?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ドル/円は日足でみると、長らく200日線が一番上を走っていたのですが、
25日線がようやく200日線を上抜きそうなところにきています。
このまま一気に勢いがつくのでしょうか?

3つの質問に対する岡安さんの答え、そしてドル/円の予想レンジは?

詳しくはradikoタイムフリーかPodcastでお聴きください。
(Spotifyでも聴けます!)

それではまた来週!

香港人権法案へのサインは、トランプ大統領のディール材料に [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2019.11/22 辻留奈 記事URL

こんばんは、辻留奈です。

待てど暮らせど為替は動かず。
悲しいかな、どの通貨ペアを見ても動きもトレンドもなく...な1週間となりました。

本日17時ごろには
日韓GSOMIA失効が回避された(条件つきの期限延長)
という一報がはいりました。
ドル/円は10銭程度の反応となりましたが、
週明けのリスク材料はひとつなくなりました。
(といっても、現状何も変わらないまま延期されただけなのですが・・・)

●ユーロ/ドル
日足でダブルトップ(1.1177)をつけ、いったん1.10割れまでさげたユーロ/ドルは
ネックライン(1.1080)まで戻し(プルバック)てきています。
ここを上抜ければトリプルトップ、
上値を抑えられるようであれば再び1.10割れを目指す動きとなる分岐点にいます。

____________________________

●ドル/円
今週のドル/円は、108.27~109.07で動きました。

米中協議に関する一報に一喜一憂。
なかでも大きな注目は米上院で可決された「香港人権法案」
このあとトランプ大統領のサインが必要ですが、
これは米中協議をするうえで
トランプ大統領の「ディール材料」となると岡安さんはいいます。

というのも、
中国にとって香港は「米ドル」を調達するために絶対に必要な国だからだといいます。
トランプ大統領はこの中国の弱みをディール材料の1つとしながら、
香港人権法案へのサイン時期を見極める可能性があると
岡安さんは話していました。

結局、対中関税発動期限の12月15日まではレンジ相場なのでしょうか?
ドル/円の予想レンジは?

詳しくはradikoタイムフリーかPodcastでお聴きください。
(Spotifyでも聴けます!)

それではまた来週!

総楽観ムード、110円は近い? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2019.11/08 辻留奈 記事URL

こんばんは、辻留奈です。

今週のドル/円は、107.92~109.48で動きました。

レンジはほぼ先週と変わりませんが、
200日線をしっかり上抜けし、109円ミドルまで到達。
108円台は値固めでき、レンジに変化はなくとも
明らかにリスクオンムードに変わりました。

今週の主役は「米中は第1段階で、関税を段階的撤廃」という中国側からでた報道。
一気に楽観ムードとなった一方で、米国側のピーターナバロ氏からは
「第1段階合意、関税撤廃はない」という情報がでています。

米中協議に関しては、好材料にのみ反応しているようですが、
きちんと両方の材料が出ています。

「米中の話し合いは進んでいるが、細かい詰めはこれからという印象。
しかし、中国の歩み寄りが感じられリスクは後退」と岡安さんは捉えていました。


米株3指数やSOX指数も、史上最高値を更新、
トランプ大統領も "Enjoy!" とツイートするほど上機嫌です。
日経平均株価も年初来高値を更新、
10年債米金利は9月以来の1.97%まで急騰しました。
(フラットになっていたイールドカーブもたってきました)


そんななか岡安さんが注目したのは、クロス円に動きがなかった点。


つまり、今週のドル/円の上昇は、
「ドルが買われていた」だけで「円安」は進んでいなかったということです。

株高=リスクオンの円安のはずが、
そうならずクロス円の動きが鈍かった点に
「マーケットのひずみ、迷いを感じる」と話していました。

「円安」が進めば、ドル/円の上昇にさらに弾みがつくのですが、
果たして来週もこの楽観ムードは続くのでしょうか?

先週から岡安さんは
109.40付近をフィボナッチやボリンジャーバンド(2σ)が集まり、
上値を抑えられやすい価格帯と指摘していました。
一方ドル/円が下がるとしっかりと買いがでてきているといいます。

果たして岡安さんの予想レンジは、ついに大台到達?

続きはradikoタイムフリーかPodcastでお聴きください。
(Spotifyでも聴けます!)

★本日からマーケットトレンド再放送が始まります★
 放送時間は、21:15~21:30 です。

それではまた来週!

FOMC0.25%利下げに「株高・債券高」とは [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2019.11/01 辻留奈 記事URL

こんばんは、辻留奈です。

今週のドル/円は、107.89~109.28で動きました。
高値は、FOMCのパウエルFRB議長の声明を受けて、
安値は、ブルームバーグの報道を受けたものです。
「中国はトランプ政権と長期の貿易合意を疑問視」
を材料に円高が進みました。

FOMCはコンセンサスどおりの0.25%の利下げ、
パウエル議長は、米中リスク・ブレグジッドリスクともに遠のいたと述べ、
今回で「予防的利下げの打ち止め」としました。
また「利上げ」に関しては2%を超えるような
強い物価上昇がみられない限りはないと述べました。

注目されていたのは「この結果を受けて米株がどう反応するか」でした。

結果的に、米株は上昇・金利は低下(債券買い)となりました。
岡安さんによると、これが意味するものは、
「マーケットはまだ利下げを期待している」ということだといいます。

利下げの打ち止め感から、失望して株は下げるのかと思いきや、上昇で反応。
株が上昇なら、債券売りとなるのがセオリーですが、債券も買われている状況。
月末の特殊要因なのか、雇用統計待ちのポジション調整か...
マーケットとFRBの思いに乖離があるように感じると岡安さんは話していました。

いずれにしろパウエル議長は、
「今後、労働市場と物価動向をみながら金融政策を決める」と発言しているため、
今晩の雇用統計とISMの結果は
今後の流れの見極めのためにも注目が集まります。

さて、岡安さんのドル/円の予想レンジとその理由は?


さらにこの雇用統計の結果に影響を受けそうなのが「ポンド」

現在、英は12月12日の総選挙が承認され、
「合意なき離脱」の可能性が薄まっている状況です。
これは今後「ポンド買い要因」と岡安さんは話していました。

ポンド/円は140円をはさんでのもみあい、
ポンド/ドルは1.30を天井に1.28を底にもみあい、
合意期待から、長期のショートの買い戻しが入っていて高値圏でのもみあいとなっています。

もし雇用統計が良く、リスクオンになれば、
ポンド/円上昇→ポンド/ドルも上昇する可能性があるといいます。
ターゲットプライスも伺いました。

そのほか、今週の政策金利発表後、売られているカナダ/円についても伺っています。

続きはradikoタイムフリーかPodcastでお聴きください。
(Spotifyでも聴けます!)

★本日からマーケットトレンド再放送が始まります★
 放送時間は、21:15~21:30 です。

それではまた来週!

来週はイベントだらけ、三角もちあいが収束しつつあるドル/円はブレイクなるか? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2019.10/25 辻留奈 記事URL

こんばんは、辻留奈です。

今週のドル/円は、108.24~108.75で動きました。
その値幅、わずか50銭。
先週まではドル高トレンドに傾いていたように思えましたが、
今週だけを切り取るとトレンドのない状態でした。

そんな今週のポイントは
「米中問題」と「ブレグジット」
この2つのリスクが後退し、楽観ムードに傾いています。

米中問題は、クドロー氏が12月の関税を見送る可能性に触れ、
また注目されたペンス氏の発言も何事もなく通過し、
米中問題はいったん安心感が広がっています。

一方のブレグジッドは、
10月末のEU離脱が難しくなり、
ジョンソン首相は12月12日に総選挙を提案しました。
ただし英が申請した離脱延期をEUが認めることが前提です。

これを受けて、ポンド/ドルは1.2788まで下落しました。
これまでは「離脱延期」で安心感が広がり、ポンド買いで反応していましたが、
今回はポンド売りで反応しました。
時間稼ぎをし、何かが起こってしまう可能性の方が嫌気されましたが、
依然としてポンドは高値圏。この先の岡安さんの見通しは?

2つのリスクが後退するとなると、
「FRBは今年あと1回の利下げですみそう」と岡安さん。
来週のFOMCは、利下げをするのが規定路線となっていますが、
これで今年最後になるとみています。


そして、日銀会合については
先週末、黒田総裁から
「追加緩和が必要になれば、短期・中期の金利を確実に引き下げる」という発言がありましたが、
現段階では追加緩和見送り観測もでています。


ドル/円は三角もちあいが収束しつつあり、
どちらかへブレイクしそうですが、さてどちらへ...?
ボリンジャーバンドをヒントに来週の予想レンジをお話いただきました。

岡安さんのドル/円の予想レンジは?

そのほかカナダやECBについてなど
続きはradikoタイムフリーかPodcastでお聴きください。
(Spotifyでも聴けます!)

それではまた来週!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

11月3日日曜日午後2時30分から、東京・日本橋「TOCOMスクエア」で、「マーケット・トレンド」の公開録音イベントを開催します。
おなじみ小次郎講師こと手塚宏二さんと、今後の相場展望と投資戦略を考えていきます。
このイベントに、40名様を無料ご招待!
来場者全員にプレゼントをご用意するほか、素敵なプレゼントが当たるお楽しみ抽選会もご用意しております。
詳しくは下記リンクからご確認ください。
お申込み詳細はこちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



 全29ページ中1 ページ   [1] 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 次の10件