金融政策の明確な違いが示された中の円高...来週は? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2017.07/21 袰川有希 記事URL

もうやめよう、暑さについてめよう考えるのは。
じゃないと秋まで毎回、"暑さへの愚痴トーク"がこのブログで続くことになる。。

決めた!やめるぞ!



さて。。
先週金曜のイエレン発言でドル安にふれ、さらに月曜の米CPIと小売売上高の弱さが拍車をかけ...

加えて米中対話の不透明感もあり、トランプ大統領がビジネスの分野もFBIの捜査対象となると伝わるなど、ドル安要因に事欠かなかった今週。

日米欧で金融政策に関するイベントが相次ぎ、日本と他国の方向性の違いが改めて示されたにも関わらず、今週のドル円は円高方向でした。

その理由は、各国トップのタカ派かハト派かはっきりしない発言にもあったのかもしれません。

注目だったECB理事会も、内容自体はサプライズなしだったものの、ドラギ総裁の発言はハト派ととられたり、よく理解してみるとやっぱりタカ派では?と解釈されたり...。

今日の豪中央銀行副総裁の発言もそうですが、自分の国の通貨を思わしくない水準から守ろうという思惑がより強くなっているのかもしれません。

これだけ一本調子の上昇が続いてきた豪ドルが、この発言で今日は一服しましたが、果たして市場は来週以降どう評価するのか...。

アメリカではFOMCも予定されている来週、岡安さん曰く、縮小に関する言及が今月の時点であるかも、とのこと。

久々の?ドル買い材料となるのでしょうか。



いやーそれにしても、この異常な暑さ、、まったくもう。。

..................あれ?





☆     ☆     ☆     ☆     ☆

「コモディティ投資をじっくり学べる一日」
東京商品取引所ほか主催「コモディティ・フェスティバル2017」を開催!
世界を動かすコモディティ。その魅力から現在のマーケット、トレード手法まで詳しく取り上げます。
プレゼント抽選会あり!詳しくは下記のバナーをクリックしてください(公式サイトへアクセス)。

ロシア疑惑にイエレン証言で動いたドル円...今夜のCPIでどうなる? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2017.07/14 袰川有希 記事URL
「暑い暑い言うと余計暑くなるから、"寒い"って言おう」

子供の頃、こんなふうに友達と言い合っていたことがありました。

効果はあるのでしょうか...試してみますか?



さて。
先週金曜の雇用統計は、雇用者数が予想を上回ったものの、失業率や平均時給は下回り...ドル円は一旦売られました。

しかし過去分が上方修正されるなど、内容は総合していいと言える、と岡安さん。

その証拠か、その後ドルは戻していきました。

しかし、週明けトランプ陣営のロシア疑惑が再浮上。
ドル円は112円台になる場面も。

しかし113円近辺で踏みとどまり、、このラインは固かったようです。

そして、注目だったイエレン証言。
市場ではハト派との見方が多かったよすが、イエレン議長の言う「数ヵ月物価の様子を見る」というのは、裏を返せば、年内の利上げは可能ということにもなり...。

市場がとらえたほどハト派的内容ではないのかもしれません。

今週はカナダが利上げをし、今後も利上げが見込まれるわけですが、一度は利上げに慎重かと見られたアメリカも、やはり正常化への姿勢は変わらないのかもしれません。

今夜はCPIや小売売上高など、アメリカで重要指標の発表が相次ぎます。

今後の相場を占う上で、特にCPIには注目ですが、もし強い結果にドルが上昇すれば、今週つけた114円半ばを超えることができるのでしょうか。



暑いからこそ「寒い」と言おう。
試してみましたか?

私は......無理でした。

そりゃそうだ。。







☆     ☆     ☆     ☆     ☆

「コモディティ投資をじっくり学べる一日」
東京商品取引所ほか主催「コモディティ・フェスティバル2017」を開催!
世界を動かすコモディティ。その魅力から現在のマーケット、トレード手法まで詳しく取り上げます。
プレゼント抽選会あり!詳しくは下記のバナーをクリックしてください(公式サイトへアクセス)。




各国が金利正常化をにらむ中...雇用統計を受けドル円は? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2017.07/07 袰川有希 記事URL


七夕ですね。
しかも2017年7月7日。

ここまで7が揃えば、なんだかものすごく願いが叶いそう...。

短冊に願いを書いて笹に飾るなんてもう十数年していませんが、心の中で願っとくだけでも効果あるかしら?

よし、今からでも願っとこう...ぶつぶつぶつ.........。


 
さて。。

月曜のアメリカ6月ISM製造業景気指数が約3年ぶりの高水準となったことで、ドル全面高となった週初。

ですが、北朝鮮によるミサイル発射のニュースで円高ドル安に。

その後公表されたFOMC議事要旨がややハト派的に受け取られ、ここでもドル安に。

しかし、アメリカが利上げ、引き締めへと向かうことはもう明白...ということで、強いドル安材料とはならなかったようです。

一方のECBの議事要旨はタカ派的内容。
世界的な金利正常化に向けた動きは、やはりかわらず、のようです。
......日本を除いては。

しかしその日本も、今週はマーケットをざわつかせた、と言えるかもしれません。

長期金利が上昇したにも関わらず日銀が手を打たなかったことで、すわ日本も金利上昇容認か!?と思われた昨日でしたが、日銀は今日になってオペを実施。

このニュースが伝わって、東京市場の午前、ドル高円安が大きく進む場面がありました。

そして今夜は雇用統計。
岡安さんが再三おっしゃっているように、ほぼ完全雇用の今、雇用者数の伸びはあまり材料視されないだろう、とのこと。

失業率や賃金の伸びが注目なのは変わらず、伸び鈍化ならドル売りも有り得ますが、トレンドの変化はあまりないのでは、とのことでした。



さて、そんなこんなで7が揃い踏みな七夕が終わってしまいます。

滑り込みで心の中でぶつぶつと願ってみた私でしたが......。

いやいや......やっぱり、短冊に書いて笹に飾る手順を省略したお手軽すぎる願いじゃ虫が良すぎますね。。

願いは地道に努力して叶えることにします。うん。





☆     ☆     ☆     ☆     ☆

「コモディティ投資をじっくり学べる一日」
東京商品取引所ほか主催「コモディティ・フェスティバル2017」を開催!
世界を動かすコモディティ。その魅力から現在のマーケット、トレード手法まで詳しく取り上げます。
プレゼント抽選会あり!詳しくは下記のバナーをクリックしてください(公式サイトへアクセス)。

ユーロきっかけだった今週...イベントに乏しい中でマーケットに変化? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2017.06/30 袰川有希 記事URL
今週の写真、岡安さんは「芥川龍之介ポーズ」。

袰川は「流行りはとっくに終わってるけど一周まわって逆に新しいといいな、の虫歯ポーズ」です。

...それにしても、本家本元「虫歯ポーズ」とは何かが違う...ま、そこはスルーで。。


さて。
先週の放送で、雇用統計まで目立ったイベントに乏しいとおっしゃっていた岡安さん。
しかし、今週の為替相場は先週よりも動いたようです。

きっかけはユーロだそう。
ECBのドラギ総裁の発言をきっかけに欧州の緩和縮小が意識され、その後関係者によるドラギ総裁発言の市場の誤った捉え方の指摘もあったものの、市場の見方は変わらなかったようです。

そしてBOEのカーニー総裁も一部の刺激策の解除について、カナダからも出口を探る主旨の発言があったようで、ヨーロッパもカナダも...各国が正常化に向け動き出した感がありました。

そんな中で日本だけは緩和を続けている。
ユーロ高米ドル安になっても米ドル円では円安となり、そうなるとクロス円は買われやすいのだそう。

そんな背景から今週は予想されていた以上に相場が動いたようですが、そこからはマーケットの変化が感じられたそうです。

NY株をみても、ダウが毎日のように三桁の上下を繰り返すなど大きな動きに。
こういったこともマーケットが変化のただ中にあるという証なのだそう。

今後そのアメリカで雇用統計発表がありますが、目先の注目イベントだったとはいえ、完全雇用状態の今、たとえ悪くても影響は限定的と言えるのかもしれません。

来週からは年後半に突入。どんな展開になるのでしょうか。


さて、2017年も早くも下半期に突入。
リスナーの皆さま、今後とも『岡安盛男のFXトレンド』をよろしくお願いいたします!







☆       ☆       ☆       ☆       ☆

ここで、東京商品取引所(TOCOM)からお知らせです。

「商品先物取引ナンバーワンの称号をつかむのはだれか?!」
TOCOMリアルトレードコンテスト開催中!

優秀者には、金貨のプレゼントなど豪華賞品を用意。
ただいま参加者をプロ・アマ問わず募集中。
詳しくは下記のバナーをクリック!

ブレグジットから一年...今週注目だったポンド、そして円は? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2017.06/23 袰川有希 記事URL

今日6月23日は、ブレグジットが決定した国民投票から一年なんですねー。
あれから一年...早いです。

この一年で私、ちょっとでも成長したのか......?
............んん?た、大変...なんにも思い当たらない!

そ、そんなはずは......ここは、成長点がないのではなく「思い出せないだけ」ということにしておこう。うん。。



さて。。
ロシアゲート疑惑やら各国の選挙やら...何かと注目イベントが多かった直近でしたが、一転今週はイベントの少ない週だったようです。

その証拠に、ドル円は一週間を通して主に111円台で推移し、値幅はなんと1円未満だったそう。

その代わりに注目だったのが、ポンドなんだとか。
そう、今日ブレグジット決定から一年となったイギリスポンドです。

そんな節目?の日があった今週は、イングランド銀行のカーニー総裁が利上げは急がないといった趣旨の発言をしたと伝わったものの、この発言の信憑性は微妙、と岡安さん。

同じくイングランド銀行のフォーブス金融政策委員が変わらず利上げを主張するなか、先週のBOEでは利上げ派の議員が増え、やはりイギリスも利上げは意識されるようです。

更にもうひとつ、目立ったのが原油安。10か月ぶりの安値水準まで下げました。

同時にやはり株も売られたものの、とは言えNY株は過去最高値圏。
原油安・株安...とまでは言いづらいそうです。

更にカナダなどの産油国通貨も、対円で直近の高値圏にいるのだそう。

原油が売られても産油国通貨が下げないのは、利上げが予想される国だからでは、とのこと。

そうなると、緩和政策を続ける日本は円安基調に?と思いきや、そこは何かというと不安定な局面では買われる円。
慎重に見なければいけないようです。

岡安さん曰く、しばらく注目イベントに乏しいとのこと。
そんな中での来週の動きは、どうなるのでしょうか。



ブログを書き終えても見当たらない、ここ一年での私の成長点......。
覚えていないだけ、と言い訳をしてみせる悪知恵を身に付けたことだけが成長点だったりして。。





☆       ☆       ☆       ☆       ☆

ここで、東京商品取引所(TOCOM)からお知らせです。

「商品先物取引ナンバーワンの称号をつかむのはだれか?!」
TOCOMリアルトレードコンテスト開催中!

優秀者には、金貨のプレゼントなど豪華賞品を用意。
ただいま参加者をプロ・アマ問わず募集中。
詳しくは下記のバナーをクリック!

アメリカ利上げもドル買い進まず......ドルの上値余地は? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2017.06/16 袰川有希 記事URL
岡安さん「写真、いつも同じ構図になっちゃうよね」
袰川「そうですかね?じゃあ、ポーズでもつけてみます?」

そんな会話の流れで撮った一枚が、この写真です。

それなら立ち上がって別の場所で撮ってみましょうか!......とは、わたくし言いません。

ええ、類稀なるモノグサ・面倒くさがりですの。。ほほほ。。。



さて。。

先週末に行われたフランスの選挙は、マクロン氏の圧勝。

18日の二回目投票でもこの勢いが続くことが予想されますが、岡安さん曰く、フランスやドイツの安定はやはりEUにとって重要とのこと。

9月のドイツ選挙でもイエレン氏の優勢が伝わっているなか、ひとつの安心材料となりそうです。

アメリカではトランプ大統領のロシアゲート関連が、一応収束に向かっているという見方。
そんななかで週の中頃には、注目のFOMCが。

予想通り利上げと、今後の利上げ見通しは変わらず、サプライズには乏しかったもの、年内のバランスシート縮小の言及にも及んだタカ派的内容でした。

それでもドル買が進まなかったのは、過去の利上げ局面での動きを振り返っての警戒だけでなく、FOMC直前に発表された小売売上高やCPIの伸びが予想を下回ったことがあるそう。

このことでドル円で1円以上売られる、という事態が起きており、この後のFOMCの結果が警戒されていたのだそうです。

しかし、この先の引き締め...というより正常化は明白。

アメリカの景気は決して悪くはなく、イエレン議長としても、いま正常化へを動かなければ!という焦りがあるはず、と岡安さん。

やはりドルの上値余地はまだまだあるのでは、とのことでした。

利上げといえば、BOEでは現状維持が発表されたものの、この先の利上げが近づいたとの見方。

政局不安のイギリスですが、ポンドの動きも注目です。



モノグサ袰川の手っ取り早い提案で仕上がった、今日の一枚。

相変わらず渋くキマっている岡安さんの隣で、何が言いたいのかよくわからないポーズの私......。

ま、これもこれでアリってことで。。





☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

ゴールドについて、楽しみながら学ぼう!
金の魅力を伝え、関心を深めるためのこの時期恒例イベント
「ゴールドフェスティバル2017」が、6月24日土曜日、東京・よみうり大手町ホールにて開催されます。

金現物、金箔、アクセサリーから投資商品まで、限りなき可能性を持つ「金(ゴールド)」について理解・関心を深め、金の様々な魅力を伝えることを目的に開催している日本で唯一の「金(ゴールド)」の祭典です。

当日は、"ゴールドのスペシャリスト"亀井幸一郎さんの講演や、当番組コメンテーターでもお馴染み池水雄一さんと、お笑いコンビ・パックンマックンによる、ゴールドの魅力を語るスペシャルトークショーなど内容盛りだくさん!
友人・ご家族連れでぜひお越しください!

参加は無料、事前申し込み制です。
お申し込み・イベントの詳細は下記のバナーをクリックしてください。(外部サイトにジャンプします)

見方分かれるスーパーサーズデーそれぞれの結果...来週のFOMCでドル円は上値試すか? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2017.06/09 袰川有希 記事URL

「お得なスーパーサーズデー、実施中!」
なんて、何かの安売りデーのキャッチコピーにありそう......。

米欧で重要イベントが相次いだ8日木曜が「スーパーサーズデー」と呼ばれている聞き、思わずそう思ったことなど黙っていればいいのに、書かずにはいられない私......。

とはいえ、もちろんおふざけを考えてはいけないぐらい重要な日だったわけですが。。


まずはコミー前FBI長官の証言。
前日から既に証言原稿が公表されていましたが、その内容のままとの捉え方から驚きは少ない結果に。

マーケット的にも通過して安心感...というところだったようですが、トランプ大統領の介入についての見方そのものは、意見が分かれるようです。

そりゃそうですよね、言葉のニュアンスなんてその場にいた人にしかわからないわけで。。
この場合の見方って、本当に難しいのだと思います。

そしてECB理事会。
こちらもタカ派的内容か、ハト派的内容かの意見が分かれているようですが、インフレ見通しの下方修正は今回の大きな注目点でした。

とはいえ、スーパーサーズデーの中でこの2件はマーケットにそれほど驚きや影響を与えなかったかもしれません。

影響が最も大きくなる可能性があるのは、やはり与党が議席を減らしてしまったイギリス総選挙。
選挙の前倒しを決めた4月から、たった2ヶ月ほどでこんなに情勢が変わるなんて...ほんとわからないものです。

まだ連立などの行方もわかりませんが、もし総選挙やり直しなどになれば更に混乱するのは必至。
ポンドの不安定さは続くかも...とのことでした。

来週はFOMCがあり、ドル円は上値を試す展開では?と岡安さん。
先週の雇用統計では雇用者数こそ予想を割ったものの、失業率が更に改善するなど、ドル高の要素は他にも。

一応...スーパーサーズデーは去った今、来週のドルは強い動きとなるのでしょうか。






☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

ゴールドについて、楽しみながら学ぼう!
金の魅力を伝え、関心を深めるためのこの時期恒例イベント
「ゴールドフェスティバル2017」が、6月24日土曜日、東京・よみうり大手町ホールにて開催されます。

金現物、金箔、アクセサリーから投資商品まで、限りなき可能性を持つ「金(ゴールド)」について理解・関心を深め、金の様々な魅力を伝えることを目的に開催している日本で唯一の「金(ゴールド)」の祭典です。

当日は、"ゴールドのスペシャリスト"亀井幸一郎さんの講演や、当番組コメンテーターでもお馴染み池水雄一さんと、お笑いコンビ・パックンマックンによる、ゴールドの魅力を語るスペシャルトークショーなど内容盛りだくさん!
友人・ご家族連れでぜひお越しください!

参加は無料、事前申し込み制です。
お申し込み・イベントの詳細は下記のバナーをクリックしてください。(外部サイトにジャンプします)

日米で株価は高値...来週のイベントを控えドル円は? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2017.06/02 袰川有希 記事URL


暑くもなく寒くもなく、そしてまだ湿気などで蒸してもなく......。
秋と並び、一年で一番過ごしやすいこの時期。

袰川「こういう気候が年間通して続けばいいですよねぇ~。暑すぎるとか寒すぎるとか、ほんとムリ!」
岡安さん「でも、暑さ寒さがあるからまたいいんだよ」
袰川「んん~。。そうですかぁ!?」

人間としての資質が表れた、生放送帰りの金曜MC陣の会話でした。



さて今週のマーケット。
週末近くになって、アメリカでは3指数揃って高値。
日経平均は今日、1年半ぶりの2万円台。

岡安さん曰く、ここに来て確実に地合いが変わったのを感じるのだそうです。

トランプ政権の不透明感は払拭されていないものの、アメリカの経済指標は概ね良好。

特に5月のADPの良さは日米の指数上昇に貢献したわけですが、今夜の雇用統計も良い数字が期待されます。

とはいえ、6月利上げはほぼ確実。
たとえ今夜の雇用統計の数字が悪くてもこれは変わらないはずで、完全雇用状態の今はやはり、雇用の伸びより賃金の伸びに注目したいところ、とのこと。

株が高値圏にある中では、来週以降のマーケットはより注目ですが、来週はコミー元FRB長官の証言やイギリスの総選挙投票日が。
更に再来週にはFOMCが予定されています。

利上げだけでなく、バランスシートの縮小についても注目されているわけですが、双方とも実施されればドル高要因。

織り込み済み、とは言われるものの、経済指標も良好な中、ドルの上値余地はまだまだあるのでしょうか。

岡安さん曰く、トランプリスクにも反応しにくくなってきている、という今、ドルがどこまで強くなるのか注目です。



そんなこんなで、はや6月。
この先梅雨でジメジメしても、うだるような暑さになっても......

「こういう季節があるから、この先の秋がより良く感じられるのよね」

......と穏やかな気持ちで言える大人に、今年はな............れないな、まだまだ。うん。





☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

ゴールドについて、楽しみながら学ぼう!
金の魅力を伝え、関心を深めるためのこの時期恒例イベント
「ゴールドフェスティバル2017」が、6月24日土曜日、東京・よみうり大手町ホールにて開催されます。

金現物、金箔、アクセサリーから投資商品まで、限りなき可能性を持つ「金(ゴールド)」について理解・関心を深め、金の様々な魅力を伝えることを目的に開催している日本で唯一の「金(ゴールド)」の祭典です。

当日は、"ゴールドのスペシャリスト"亀井幸一郎さんの講演や、当番組コメンテーターでもお馴染み池水雄一さんと、お笑いコンビ・パックンマックンによる、ゴールドの魅力を語るスペシャルトークショーなど内容盛りだくさん!
友人・ご家族連れでぜひお越しください!

参加は無料、事前申し込み制です。
お申し込み・イベントの詳細は下記のバナーをクリックしてください。(外部サイトにジャンプします)

アメリカ連休を前にした一本調子の円高ドル安...調整か? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2017.05/26 袰川有希 記事URL

スタジオに向かう道で、ちょうど真向かいから岡安さんが歩いてらしたので...。
いち早く見つけた私は、遠くから大きく両手をふって岡安さんにご挨拶。

そのとき横道から私の方へ曲がってきた男性はきっと、知らない女が自分に向かって満面の笑みで手をふる光景にギョッとしたことでしょう。

すみません...不審者では、ありません。。



さて。。
日曜の北朝鮮によるミサイル発射や、イギリス・マンチェスターでのテロ事件などが起きてしまった今週でしたが、岡安さん曰くマーケットへの影響は限定的だったそう。

そんな中、アメリカでは予算教書が示されましたが......。
その内容は、今後10年間での、低所得者層向けなどを含めた大規模な歳出削減と、3%になる成長率が後押しする2兆ドルの歳入増加......などなど。

しかし現状との差などから、見通しが甘いとの声も多いようです。

そして公表されたFOMC議事要旨は、ハト派的との見方。
しかし岡安さん曰く、ハト派的意見があるのは毎度のことで、6月利上げが確実視されていることは変わりないそうです。

そして今週の注目トピックの一つだった、OPEC総会。
減産の9か月延長が決まりましたが、その途端に原油は大きく水準を下げる形になりました。

岡安さんによると、「噂で買って事実で売る」を体現した面もあるが、アメリカのシェールオイル増産が影響している可能性も、とのことでした。

そんなこんなでそろそろ5月も終わるわけですが、来週月曜はアメリカなどが休場。

その連休を前に今日のドル円はほぼ一本調子に円高方向に進みましたが、調整の動きだったのかもしれません。

そして連休明けには、コミー前FBI長官の証言の場が本当にあるのか...。
来週はまず、このトピックに注目となるのかもしれません。



余談ですが。。冒頭のような"街中の気まずいシーン"には、これもありますよね。

「一緒にいた相手とわかれた後、相手に向けた笑顔のまま方向転換した際に目の前にいた人に対する、何とも言えない決まり悪さ」

......ねー!
あるある......。。







☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

ゴールドについて、楽しみながら学ぼう!
金の魅力を伝え、関心を深めるためのこの時期恒例イベント
「ゴールドフェスティバル2017」が、6月24日土曜日、東京・よみうり大手町ホールにて開催されます。

金現物、金箔、アクセサリーから投資商品まで、限りなき可能性を持つ「金(ゴールド)」について理解・関心を深め、金の様々な魅力を伝えることを目的に開催している日本で唯一の「金(ゴールド)」の祭典です。

当日は、"ゴールドのスペシャリスト"亀井幸一郎さんの講演や、当番組コメンテーターでもお馴染み池水雄一さんと、お笑いコンビ・パックンマックンによる、ゴールドの魅力を語るスペシャルトークショーなど内容盛りだくさん!
友人・ご家族連れでぜひお越しください!

参加は無料、事前申し込み制です。
お申し込み・イベントの詳細は下記のバナーをクリックしてください。(外部サイトにジャンプします)






ロシアゲート疑惑でトランプ政権は?それでも割れない110円の意味。 [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2017.05/19 袰川有希 記事URL

本物のイケメンは、時代が変わっても、何十年後の人間がみても、イケメンなのね~。

ウォーターゲート事件を扱った映画『大統領の陰謀』、主演のダスティン・ホフマンとロバート・レッドフォード。

いやイケメンというより、色気のある男前ってこういうことを言うのかしら。。



そのウォーターゲート事件再び!?なんて言われている、トランプ大統領の情報漏洩疑惑。

現役大統領による機密情報漏洩の疑惑、というとんでもない事態に揺れた今週。

先週末の北朝鮮によるミサイル発射で円高懸念から始まった今週も、岡安さんおっしゃるところの「市場がリスクに慣れた」こともあり、週初は113円台と東京では円高は一服。

しかし、安心していたところにロシアゲート疑惑で、ドル全面安に。
ドル円は110円20近辺までドル安が進みました。

情報漏洩が本当ならもちろん由々しき問題ですが、マーケット的にもっと問題なのは、この件が大きくなることで止まってしまうトランプ政策。

あれだけ息巻いてた政策実現はどうなるの!?という不安と不満が、ニューヨーク株の大幅安にも。

来週にはコミー元FBI長官による証言の場があるそうなので、その場での発言や、証拠の提示があるか、などでまたマーケットも動くのかもしれません。

しかし、こんなに大変な事態になっている中でも110円は割れず。

岡安さん曰く、トランプ大統領がもし失脚しても、副大統領が公約を果たせばむしろそれでいい、という思惑が、過度なドル売りに歯止めをかけているのでは、とのこと。

25日はOPEC総会での減産合意があるかも注目されますし、来週もマーケットの大きな材料が多い週となりそうです。



随分前に録画したまま観ずに時間が経ち、消してしまおうかと考えていた映画『大統領の陰謀』。

やっぱり観ようと思ったのは、もちろん勉強のため。

ネットで改めて見た映画情報で、カッコいい主演俳優の画像を目にしたからではありませ......いや、その理由も少し。あは。







☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

ゴールドについて、楽しみながら学ぼう!
金の魅力を伝え、関心を深めるためのこの時期恒例イベント
「ゴールドフェスティバル2017」が、6月24日土曜日、東京・よみうり大手町ホールにて開催されます。

金現物、金箔、アクセサリーから投資商品まで、限りなき可能性を持つ「金(ゴールド)」について理解・関心を深め、金の様々な魅力を伝えることを目的に開催している日本で唯一の「金(ゴールド)」の祭典です。

当日は、"ゴールドのスペシャリスト"亀井幸一郎さんの講演や、当番組コメンテーターでもお馴染み池水雄一さんと、お笑いコンビ・パックンマックンによる、ゴールドの魅力を語るスペシャルトークショーなど内容盛りだくさん!
友人・ご家族連れでぜひお越しください!

参加は無料、事前申し込み制です。
お申し込み・イベントの詳細は下記のバナーをクリックしてください。(外部サイトにジャンプします)




 全17ページ中1 ページ   [1] 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 次の10件