経験則が通じない歴史的相場で、ドル/円は何に相関するのか? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2020.03/27 辻留奈 記事URL

こんばんは、辻留奈です。
「岡安盛男のFXトレンド」最終回となりました。
岡安さんがマーケット・トレンドで為替の解説をして6年!
私はそのうちの2年半ご一緒しましたが、
岡安さん本当にありがとうございました!お疲れさまでした!


コロナショックを受けて、株も為替もボラティリティの高い歴史的相場が続いています。

今週の注目点は、先週までの金・債券・株の「全部売り」
ドル一強(とにかく現金化)の流れが収まったことです。
有事の金買い、円買いの流れが戻ってきています。

しかしドル/円はこれまでの経験則が通じません。
米金利や株との相関性が薄れ、
何を頼りに為替取引をすればいいのかわからない状況です。

米国の新規失業保険申請件数は328万件と
リーマンショックの10倍の数値となっても
ドル/円は「知っていました」という織り込み済みの反応でほとんど動きませんでした。

経済指標に反応するような、マーケットの正常化には
「WTI原油価格が45ドル付近(急落する前の水準)に戻ることが条件」
と岡安さんは話していました。


また週明けに無制限QE(量的緩和)を打ち出したFRBですが、気になるのはその行方。
世界中から金利が消え、QEで完全に緩和競争へ。
金融緩和の出口が見えなくなっているという指摘もあります。

そんななか岡安さんはFRBパウエル議長の
「新型肺炎問題がなければ、本来米国経済は強い」という発言に注目しています。
新型肺炎問題が落ち着いてくる頃には
「米国は早期の利上げを視野にいれているのではないか」と話していました。
米国が利上げをすれば、追随する国もでてくるでしょう。
ただし今回のコロナショックを受けて、新興国に体力があるかは疑問が残ります。

FRBの総資産は5兆ドルと過去最高水準。
FRBの無制限QEは、新型肺炎が終息したときに、緩和しすぎた副作用がでてくるのか、
あるいはこれだけ緩和してもまだ足りないのか。

この番組では見届けることができませんが、
ドルを歴史的な水準で供給し、量的緩和をしている以上、
「巻き戻し」や「逆回転」の動きへの警戒感が必要ですね。

「ドル/円を取引する上での新しいセオリーとして、どんなものがでてくるのか」
転換点にいる今、この答えを番組で見届けられないのが残念です(涙)


最終回、岡安さんのメッセージは
radikoタイムフリー・Podcast・Spotifyからもお聴き頂けます。


長らくお聴き頂きまして、本当にありがとうございました♪

日本株・円・債券・NYゴールド全部売り!ドル/円上昇は有事のドル買い? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2020.03/13 辻留奈 記事URL

こんばんは、辻留奈です。

今週のドル/円は、101.10台前半~106.56で動きました。
(相当なボラティリティですので、ブログを読む時間によってはどうなっていることやら...)

米株・日本株ともに1000ドルを超える乱高下が常態化し、
各国でサーキットブレーカーが発動しました。
NYダウは2352ドル安と過去最大の下げとなりました。

危機が高まるなかでのゴールド売り(=現金化)
今日の日本市場では、株・円・債券のすべてが売られる全部売りの状態となりました。


日経平均が1800円超下げるなかで、ドル/円が106円まで上昇していく動きは
従来の「リスク回避の円高」では説明できない現象です。

一体何が起こっているのでしょうか?
まさか日本売りの円売り?
岡安さんによると「有事のドル買」の動きだと解説していました。


各国中銀も強調緩和に動きました。
・英は全会一致で0.5%の緊急利下げ・300憶ポンドの景気刺激策
・ECBは金利すえおきでQE(量的緩和)
・米は4月13日まで1.5兆ドルのレポオペ
 ⇒国債買い入れは600億ドル短期債に加え、中長期債まで拡充

コロナに対して金融緩和が効果がないとしても、中銀は何かしらやらざるを得ない状況です。
といっても、金利を下げるより、お金をばらまく(QE)のほうが効果的で、
リバーサルレート(金利の下げすぎが金融機関を弱体化させてしまう)を気にするECBが
金利を据え置いてQEのみを選択したことは良い選択だと岡安さんは話していました。

欧州株・米株は(20時現在)プラス圏で推移するなか、
日経CFDだけが売られています。これは一体何を意味するのでしょうか...?
オリンピック中止リスク?日銀に手立てがないから?

歴史的な動きのなか、わからないことばかりですが、
トレードをいったんお休みする方もそうでない方も
radikoタイムフリーかPodcastでぜひお聴きください。
(Spotifyでも聞けます)

それではまた♪

新型肺炎で壊れたマーケット。104円台へ。 [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2020.03/06 辻留奈 記事URL

こんばんは、辻留奈です。

今週のドル/円は、105.70台~108.50台で動きました。
(放送後からこの記事を更新するまでに、104.99をつけています)

ダウは先週-1190ドルと過去最大の下落幅を記録しましたが、
今週もボラティリティの高い1週間でした。

 2日 +1293ドル ⇒週末にパウエル議長が利下げ示唆、緩和期待で過去最大上げ幅
 3日 -785ドル ⇒FRB 0.5ポイント緊急利下げ 株は下落
 4日 +1173ドル ⇒スーパーチューズデー バイデン氏勝利で安心感?
 5日 -968ドル ⇒ドル/円 105円割
れ 米金利過去最低


「このNYダウの異例の乱高下は何を意味しているのか?」
岡安さんに伺いました。

世界的な協調緩和を行っても、利下げを行える余地がない
=金融政策の限界をマーケットが感じ出したのではないか?
と岡安さんが話していました。

先週に引き続き、米金利は日々過去最低を更新し、
現在は0.7%台まで下がり、債券買いの動きが加速しています。

今朝、106円を割り込みましたが、
このまま円高の動きは加速していくのでしょうか?
世界的に利下げを行えば行うほど、日銀は打つ手がなく、円高が進みそうです。

今晩の雇用統計は、来月分が落ち込むことが予想されることから
結果に関係なくあまり反応をみせないと岡安さんは話していました。


さらに「来週は105円割れをみにくる」といいます。
既にブログ更新中に割り込んでしまいましたが、
岡安さんのドル/円の予想レンジお聴きのがしなく。

来週のドル/円の予想レンジやお話の詳細は、
radikoタイムフリーかPodcastでお聴きください。
(Spotifyでも聞けます)
来週も聴いてくださいね。

新型肺炎が世界のリスクへ、ダウは史上最大の下げ幅も底はまだか? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2020.02/28 辻留奈 記事URL

こんばんは、辻留奈です。

今週のドル/円は、108.50~112円台で動きました。

28日の日経平均株価は一時1000円を超える下げ幅となりました。
日本の小中高校は春休みまで休みという異例の措置がとられ、
WHOは「パンデミックになる可能性がある」と発表。
ダウは売りが売りを呼ぶ展開となり、
過去最大の下げ幅1190ドル安で27日の取引を終えました。

今週は米10年債・米30年債金利も過去最低となりました。
放送時間中にもどんどん金利は低下し、1.15%台まで下げ、
リスクオフの債券買いとなっています。

為替相場では、先週まで日本売りの「円売り」が囁かれていたものの、
今週はリスクの高まる場面ではしっかりと円高に振れていました。
1日の中でのドル/円のボラティリティも高くなってきています。

新型肺炎の影響で、マーケットは「米国今年3回の利下げ」を催促しています。
米国は次回FOMC利下げ確率が79%まで、
6月までの利下げ確率は97%まで上昇してきています。
ここから3月11日(FOMC前のブラックアウト期間)までの
FOMC理事の利下げに対する発言にも要注意です。

ユーロ/ドルは、これまで下落トレンドが発生していましたが、
(ファンダメンタル的にはユーロ買い要素はありませんが、)
売られすぎた反動で1.10台までユーロ買いが進んでいます。

原油安を背景に資源国通貨も売られています。
(南アランド、豪ドル、カナダドル)

一方、「ドル/円は出遅れ感がある」と岡安さん。
ここから仕掛けてくるとすれば「ドル/円の下落に要注意」と話していました。
もし107.70を下抜ければ、年初来安値も視野に入るといいます。

ただし月末、週末なので、仮にダウがプラス転換することがあれば、
売られすぎた買戻しが入る可能性が残る点にも注意が必要とのことでした。

新型肺炎の先行指標となる豪ドル/円は、
74円台から70円台後半まで売られていますが、来週はRBAがあります。
森林火災や洪水の影響もあるなか、
モリソン首相は「新型肺炎はパンデミックの可能性が高い」と発言していました。
RBAは利下げの可能性が高いのでしょうか?


来週のドル/円の予想レンジやお話の詳細は、
radikoタイムフリーかPodcastでお聴きください。
(Spotifyでも聞けます)
来週も聴いてくださいね。

囁かれる「日本売りの円売り」ではない?ドル一強! [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2020.02/21 辻留奈 記事URL

こんばんは、辻留奈です。

今週のドル/円は、109.50台~112.23で動きました。

ドル円は19日水曜日から、謎の上昇相場が始まりました。
勢いは止まらず、節目とされていた価格帯を
ストップロスを巻き込みながら次々と上抜けて、
ついに年初来高値を更新しました。

ドル/円の上昇を横目に、米金利は動かず、ゴールドも買われるという
セオリー通りではない動きに、マーケットではある仮説が囁かれ始めます。

新型肺炎を受けて、
「円が安全資産ではなくなった、円売り=日本売り」を意味しているのではないか?

たしかに消費増税を受け、日本のGDPは-6.7%と、
次の四半期もマイナス成長ならば日本はリセッション入り、
新型肺炎の国内罹患者は増え、売られる材料はそろっているともいえます。

しかし放送前、
新たな罹患者の情報で112円台から一気に111.49までドル/円が急落、というヘッドライン。
これは今までどおり、リスク回避の円買い(?)の動きとなり、
もう何がなんだかわからない状態です。

さて、今週の謎のドル/円上昇を、岡安さんはどう捉えているのでしょうか?
巷で囁かれる、日本売りなのでしょうか?


「ドル一強という意味でドル高、日本売りではない」


ドル/円が上昇した要因として、以下をあげていました。

1 ショートスクイズ
2 GPIFの外債買い(ドル買いきり)
3 米国経済の強さ
4 セブン&アイによる米企業買収の思惑買い


ドル/円が上昇するなかで
新型コロナ関連の先行指標となるオセアニア通貨は売られています。

豪ドル/ドル 月足は
最後の節目である0.6670を下抜けもうサポートがありません。
豪州は利下げ観測があり、新型肺炎の影響も受けやすく、下値不安があり
まだ豪ドル売りとなる可能性があります。

来週のドル/円の予想レンジやお話の詳細は、
radikoタイムフリーかPodcastでお聴きください。
(Spotifyでも聞けます)
来週も聴いてくださいね。

ユーロ売り、どこまで続く? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2020.02/15 辻留奈 記事URL

こんばんは、辻留奈です。

今週のドル/円は、109.60~110.13で動きました。

ドル円は木曜日の夕方に、米金利の上昇とともに
いったん110.13まで急伸しましたが、滞空時間は短く、
結局1週間を通して、ほぼ109円台後半で推移していました。

新型コロナウイルスの感染者数とにらみあいのなかでも
ドル/円は逆に下値が堅いとみることもできる1週間でした。

週末もコロナウイルスの感染者が増えています。
オセアニア通貨の動向は、先行指標となるのでチェックしたいと
岡安さんは話していました。(特に流動性の薄いNZドル)


そして、2月14日は世間的にはバレンタインですが、
今日から米中関税が引き下げられています。
新型コロナウイルスのことでもちきりですが、
これが一段落すると米中問題が焦点として戻ってくるので忘れずに。


今週、為替相場で注目を集めたのは、ユーロ/ドル。
節目を下抜けてからは、日々安値を更新し続けていますが、
来週は米国が3連休ということで、
一時的に買い戻しが入る可能性に注意が必要とのことでした。
ただしユーロは長期的には売りトレンドが続いています。
果たして、ユーロ売りはどこまで続くのでしょうか?
ユーロ/ドルの次の節目は音声でご確認ください~!

政治面では、独メルケル首相の後継者とされていた
クランプカレンバウアー党首が2021年の選挙戦に出馬しない意向を明らかにして、
ユーロ売りのきっかけとなりました。
独やユーロ圏の鉱工業生産指数などの指標もさえません。
(しかし、独の株価は今週最高値をつけていました!)
独ダイムラーの業績もさえません。

一方でポンドは買いで反応。
英財務省が、歳出拡大を巡り、ジョンソン首相と衝突し辞任、
それにより財政支出拡大期待でポンド買いに。
EUを出ていく英ポンドが買われ、EU側のユーロが売られるという皮肉。
ユーロ/ポンドの下落も顕著でした。

動かないがために、ドル/円の話はあまり書いていませんが、
放送ではもちろん触れています!

来週のドル/円の予想レンジやお話の詳細は、
radikoタイムフリーかPodcastでお聴きください。
(Spotifyでも聞けます)
来週も聴いてくださいね。

ドル/円 110円ワンタッチも、ここから先はもう一段の材料がほしい! [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2020.02/07 辻留奈 記事URL

こんばんは、辻留奈です。

今週のドル/円は、108.30~110.01で動きました。

週明けは春節明けの上海市場がついにオープン、
固唾をのんで見守りましたが
週末に発表された「中国人民銀行の18兆円の資金供給&空売り禁止指令」などで
上海総合指数は-7.7%で踏みとどまりました。

翌日以降は日本、上海、米国(米国3指数は最高値更新!)と株価は持ち直し、
「新型コロナウイルスに効果のある薬が開発された」という報道も好感し
ドル/円は右肩あがりに上昇する1週間となりました。

さらに昨日「中国が、対米追加関税の一部引き下げ方針を示した」ことで
110円をうかがう動きとなりました。
今朝110円にワンタッチしたものの、現在は上値が重い展開が続いています。


アイオワ州党員集会の結果は、中道派のブティジェッジ氏が
サンダース氏を僅差でおさえトップになりましたが、
トランプ大統領にとっては敵にあらず。

弾劾裁判を無罪評決で乗り切り、
米国の貿易赤字は3年ぶりに減少、ISMも好調、
一般教書演説でも「有言実行」した実績を並べ強気でした。


岡安さんは「ドル/円は買い遅れている人が多い印象」と話していました。
買戻しが一巡し、ここから110円をしっかり上抜けるには
もう一段の材料がほしいところでしょうか。


今晩22:30には雇用統計を控えますが、
ADP雇用統計は29.1万人(予想15.6万)と非常に強い結果でした。
雇用統計は来週以降のドル/円上昇を後押しする結果となるでしょうか?



ユーロ/ドル、ポンド/ドルが軟調です。
ユーロ/円、ポンド/円などクロス円の動きがドル/円上昇の勢いを鈍らせるかもしれません。
各通貨のテクニカル的な解説などは音声でどうぞ~


さらに来週はパウエル議長の議会証言にも注目です。
新型コロナウイルスに関して、利下げを示唆するような発言があれば
ドル/円を動かすファクターとなりそうです。

来週のドル/円の予想レンジやお話の詳細は、
radikoタイムフリーかPodcastでお聴きください。
(Spotifyでも聞けます)
来週も聴いてくださいね。

新型コロナウイルス&利下げ観測で売られる豪ドル、RBA控え来週の戦略は? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2020.01/31 辻留奈 記事URL

こんばんは、辻留奈です。

今週のドル/円は、108.58~109.25で動きました。

新型コロナウイルスの影響が世界中に広がった1週間となりました。
週末には中国が春節を2月2日まで延長すると発表。
週明けの為替相場は、ドル/円、豪ドル/円をはじめ、
クロス円はほぼ全通貨ペアで下方向への窓空けとなりました。
ドル/円は、コロナウイルスの感染者数と広がりをにらみながら、
上下に振れる1週間でしたが、
WHOが緊急事態宣言を発表しいったん戻す動きとなっています。


疑似人民元として扱われる豪ドル/円は、
先週から大きく売り込まれ、週明けに下に空いた
窓も埋められないまま、
来週火曜日にRBA(豪政策金利発表)を迎えます。
さらには月曜日は春節明けの上海市場にも注目が集まります。
森林火災に、コロナウイルスと利下げの材料が揃う一方、
小売売上高や雇用統計などの指標は予想外に強かったことから「すえおき」の声も。
豪ドル/ドルは日足でヘッド&ショルダーのネックライン(0.6750)を下抜けていますが、
この動きを岡安さんはどのように捉えたのでしょうか?
続きは音声で確かめてくださいね。


さらに注目は、日足で三角保ち合いが収束しつつあったポンド/ドルです。
まだ保ち合いが続いていますが、どちらに保ちあい放れするか、お話いただきました。

BOE(英政策金利発表)は7対2で据え置きとなりました。
利下げ予想が多かったことからも、発表後はポンド買いで反応しました。
現在もポンド買いが続いていますが、果たしてポンドドルの行方は?


来週のドル/円の予想レンジやお話の詳細は、
radikoタイムフリーかPodcastでお聴きください。
(Spotifyでも聞けます)
来週も聴いてくださいね。

コロナウイルス、過去の経験則からはドル/円は買い?三角保ちあい収束のポンド/ドルはBOE待ち! [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2020.01/24 辻留奈 記事URL

こんばんは、辻留奈です。

今週のドル/円は、109.26~110.22で動きました。

110円台にのせている時間が長くなってきたなぁと思っていたら...
今週の火曜日に、突然ドル/円が30銭ほど理由なく下げ、110円値固めならず109円台へ。
同時に日経平均株価も下げ幅を広げました。
これといった材料はないなか「中国武漢市のコロナウイルスが意識されたのでは」
という解説が多く聞かれました。

SARSが流行したときは、不良債権の処理でその後のドル/円は上昇しました、
MERSのときは、その後アベノミクスでドル/円上昇。
今回のタイミングでは、米国は税制改革第2弾に着手することを表明。
これは今後のドル/円をサポートする材料です。
コロナウイルスによる下げが一時的だすると、
過去の経験則から、下げた場面ではドル/円は買い?


ECB理事会は金利据え置きとされましたが、
ラガルド総裁の発言でユーロ売りが進みました。
「物価目標含む戦略的な検証をスタート」などの発言がありましたが、
これは年末までに結果をだすとのことで、
つまり実質1年間政策金利の変更がないことになります。

ユーロ/ドルはヘッド&ショルダーを形成、
ネックライン1.10に注意したいと岡安さんは話していました。
1.10を完全に下抜ければ、ユーロ売りが進みそうですが、
1.09にも強いサポートがあるとのこと、
またユーロ/円は、120.70付近が底固そうなラインとのことでした。


そんななか来週の注目点はポンド。
日足で三角保ちあいが収束しつつあるポンド/ドルは、
そろそろどちらかに大きく動きそうなチャートとなっています。

30日には英政策金利発表が控えています。
これをきっかけにどちらの方向へブレイクか?
中銀メンバーの利下げ発言も多く聞かれるなか、果たして英中銀はどう動くのか注目です。
利下げ観測のあるポンドですが、どの程度現在のポンドに織り込まれているのでしょうか?
岡安さんの答えを聞くと展望できそうです。


来週のドル/円の予想レンジやお話の詳細は、
radikoタイムフリーかPodcastでお聴きください。
(Spotifyでも聞けます)
来週も聴いてくださいね。

昨年5月以来の節目109.70を上抜けたドル/円、110円値固めか? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2020.01/17 辻留奈 記事URL

こんばんは、辻留奈です。

今週のドル/円は、109.43~110.28で動きました。

今週のドル/円のポイントは2点、
①昨年5月以来の節目109.70を一気に上抜けたこと
 ⇒これでドル高円安に方向性は変わったのか?

②米中貿易交渉、第1段階署名
 ⇒織り込み済みの内容ばかりで、これで為替が動くことはありませんでした。
  大きな材料がいったんなくなった!

米国と中国の間で貿易拡大(中国は米国からの輸入を2000億ドル以上増やす)、
知的財産、技術移転禁止、金融サービスの開放(今年4/1までに外資出資規制を撤廃)などの
約束が交わされました。

また署名の前には、米国が中国を「為替操作国から解除」しました。
かわりにスイスが追加され、全通貨に対して、今週スイスフランは買われています。

そのほか、南アフリカは6.5%→6.25%へのサプライズ利下げ、
トルコも11.50%→11.25%と、5会合連続の利下げとなりました。
エルドアン大統領の利下げ圧力に対して、
ウイサル総裁はギリギリのバランス感を発揮しているともいわれますが

利下げにも関わらず、リラ買いで反応。
世界的に見ると高金利通貨であるこれらの国は
たとえ利下げをしても金利を求めて買いが入りやすいということでした。


ドル/円はここからまだ上値トライがあるのか
112.20~112.50はなかなか買いにくい水準とも捉えられますが、
史上最高値を更新していく米国株と同様、
「高値圏ではなく、出遅れ感がある=まだ買えていない人がいる」
と岡安さんは話していました。


110円を割りこめば買いが入ってきやすく、
週足ボリンジャーバンドやフィボナッチ76.4%戻しである
111.50付近はやや重たいとも。

岡安さんの来週のドル/円の予想レンジやお話の詳細は、
radikoタイムフリーかPodcastでお聴きください。
(Spotifyでも聞けます)
来週も聴いてくださいね~

 全30ページ中1 ページ   [1] 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 次の10件