FOMC通過でどうなるGold~2017年コモディティ市況 [コモディティの見通し(大橋ひろこ)]
2016/12/14(水) 20:19 大橋ひろこ

今夜の12月FOMC,利上げはほぼ織り込みも、株式市場の強気が続いています。利上げが織り込まれる過程では米長期債利回りも大きく上昇、ドル高となっていることからゴールド市場は売りが優勢となっています。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はマーケット・アナリスト 菊川弘之さんにお話を伺いました。

ゴールド市場は2015年12月の利上げの時とよく似た値動きとなっています。
利上げ前にドル高が加速、ゴールドが下落し1040ドル近辺にまで値を沈めていました。
ゴールドの時代は終わったとの声が大勢だったのですが、実際に利上げが実施されると、
ゴールドは急反騰となったことは記憶に新しいのですが、さて、今回も同じように
利上げがきっかけとなってゴールドの下落が止まるでしょうか。

菊川さんは2017年相場はボラティリティが大きくなり
まさにトランポリン相場となるとして、そのリスクとなるうる事象について
解説くださいました。2016年がそうであったように、2017年もまた
点在するリスクに神経質な値動きを強いられそうです...。

また、OPECと非OPECの協調で日量180万バレルの減産合意があったことで
原油価格も上昇しています。これを受けてIEAは月報で需給が均衡する時期を
2017年後半から、上期へと変更しました。
原油価格はさらに上昇するでしょうか。
米国シェール生産は?!
そしてトランプ次期大統領のエネルギー政策は?!

また、上海コモディティ市場が高騰しています。
2017年は5年に1回、1週間ほど開催される共産党大会があることも
来年のマーケットに影響しているようです。

詳しくはオンデマンド放送で菊川さんの解説をお聞きくださいね。

--------------------
東京商品取引所・TOCOM製作協力の、
「CX FX STOCK DIARY 2017」番組プレゼントに、たくさんのご応募ありがとうございました。

当選者には、本日東京都内から賞品を発送しました。
なお、当選者の発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。

コメント